哺乳類

2023年1月17日 (火)

九州撮影行/長崎諫早干拓編 ④

今日は、チュウヒ類が飛ぶ葦原の中の小鳥達を掲載しましょう。

Tsugumi202212118576

調整池の手前の潅木の枝先に遣って来たのはツグミでした。

Kawarahiwa202212118391

そしてこれはカワラヒワの群。多分、亜種オオカワラヒワでしょうね。

Kawarahiwa202212128817

何かに怯えて飛び立ちますが、

Kawarahiwa202212129050

また、別の潅木の枝先に戻って来ます。チュウヒ類の餌にもなるんでしょうね。

Kiji202212118333

そしてこれは、手前の葦原から飛び出したキジの雄鳥です。

Kiji202212118335 Kiji202212118339

背打ちが撮れるのも土手の上からです。

そして、そして、

Inoshishi202212118575

何と!大きなイノシシも姿を見せました。土手の道路の上に纏まってあった糞もイノシシの物だったのでしょうね。

Unzendake20221212n1133_20230104102801

諫早干拓の南東にそびえる島原の雲仙岳。本日は快晴でした。

Sunset20221211n1128_20230104102901

一人最後まで残り、夕日の沈む干拓地を後にしました。

明日は、九州撮影行の最終日。吾妻干拓、森山干拓、中央干拓と諫早干拓を南から順に探鳥の予定です。

| | | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

沖縄・粟国島ツアーに参加して ⑳

今日の「粟国島の野鳥」は、再々登場のシマキンパラです。

浜地区の海岸沿いの農道を探鳥していると、道路脇のイネ科の雑草の茂みに群れる小鳥が・・・・・

Shimakinpara202110069621

シマキンパラです。

Shimakinpara202110069629

穂先に実った小さな種子を食べていました。

Shimakinpara202110069638 Shimakinpara202110069653

年中温暖な粟国島にはシマキンパラの餌が豊富にあるのでしょうね。

話は変わりますが、

先日も掲載しましたが、島には島民の食料になるヤギが放牧されていました。

下は偶々出会えたその食用ヤギの決闘シーンです。

Yagi202110069487 Yagi202110069488 Yagi202110069489

お祭りや祝い事、宗教的行事には大御馳走としてヤギが振る舞われるとか。

Yaginikusashi20211007n97189

粟国港そばの 「特産品直売店 海のそば とび吉」の店頭には、やぎ肉、やぎ刺のノボリが出ていました。ガイドさん曰く、世界中で沖縄のヤギが一番臭いのだそう。

| | | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

沖縄・粟国島ツアーに参加して ⑯

今日の「粟国島の野鳥」は、シマキンパライソヒヨドリシロガシラムナグロです。

島に到着した午後は主に西地区の農耕地を回りましたが、鳥影は少ない。

小さな灌漑用の溜池のフェンスにスズメシマキンパラの小群が、

Shimakinpara202110059432 Shimakinpara202110059434 Shimakinpara202110059442 Shimakinpara202110059443

取水のホース口から垂れた水を飲みに遣って来ていました。

島中にイソヒヨドリは無数に居る。

Isohiyodori202110059423

珍しくもないのですが、青空バックに鱗模様のはっきりしたメス鳥を撮影。

Shirogashira202110059421

この子も島に無数に居る珍しくないシロガシラです。

下は、集落の小中学校の庭に二羽居た

Munaguro202110059458

ムナグロです。

マイクロバスを降りて農道を散策してもこれと言った野鳥には出くわさない。

Yagi202110059336

これは、放牧される食用のヤギ

草地にはやたらと入ってはいけません。4,5年前から島に生息していなかったハブが見つかり、島の所々に

Habusignboard202110059344

こんな看板が立てられていました。ガイドさんの話では、沖縄本島から運ばれて来た埋め立て工事用残土に紛れ込んで人為的に入って来たとのこと。

鳥が居ないと、

Oojyorougumo202110059449

こんなものも立派な被写体となります。

Oojyorougumo202110079931

デカイ! メスは全長5cm(足を広げた大きさは最大20cmほど)にもなる日本最大のオオジョロウグモ。この粗い蜘蛛の巣はたいそう丈夫で、小鳥コウモリも捕獲して食べるのだとか。南西諸島には色々な生物が居ますね。

この日は、島の東(浜地区)の粟国漁港にも寄り、

Aguni20211005n9716

美しい外洋を観て、

また、島の西側(西地区)の珍鳥道路とも呼ばれる(?)南の道路も走り、

Yahijyacoast20211005n9720

シロガシラのうるさく鳴くヤヒジャ海岸を観光したりして投宿しました。

長くなりついでに、

Sunset20211005n9732

投宿したプチホテルの窓から夕陽が見えて、

Sunset20211005n9740l

港の堤防の先まで行って

Sunset20211005n9748

マハナ岬筆ん崎)の先の東シナ海に沈む夕日を鑑賞しました。

飲んだくれて寝てしまいましたが、この夜は晴れて満天の星が観られたそうです。

| | | コメント (2)

2021年11月 4日 (木)

隣県に遣って来たハイイロガン(続)

今日の野鳥もハイイロガンです。

遠くで泳いでいたハイイロガンでしたが、中島の向こう側に入って出て来ません。溜池の土手の周りの道を歩いて裏手の見える位置に来ると、

Haiirogan20211011z0515

前に居た所の反対位置の浅瀬に上がっていました。そして其処には、ひょうきん顔のヌートリアと、カイツブリの番(?)が。

Haiirogan20211011z0546

また此処でも長居をするハイイロガンでしたが、翼を伸ばすストレッチを見せてくれました。こう見ると、全身が淡い灰色に見え、ハイイロガン灰色雁)の名の由来に納得しますね。

Haiirogan20211011z0578

何度も現れるデカいヌートリア。この中島では3頭を確認しました。

Haiirogan20211011z0609

鳴くハイイロガンカイツブリ

飛翔姿をものにしたかったのですが駄目でした。

Kakoooike20211011_111256

訪れた溜池。

Hishi202110110206

一面にヒシが繁茂し、

Kawau202110110208

小魚も居るのでしょう、カワウカイツブリが時々ヒシの間から顔を覗かせ、

Ban202110110226

バンが水面を飛び交っていました。

周囲が稲田の刈田で、溜池にも餌が豊富にあるようで、この環境だとハイイロガンは此処で越冬するのかも。

飛翔写真を撮りに再度訪れてみたい隣県に遣って来たハイイロガンでした。

| | | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

石垣・与那国ツアーに参加して ㉕

今日の与那国島の野鳥は、アマサギです。

生息域を北に拡大してきたアマサギですが、南西諸島では少数が越冬するとか。

石垣島で刈取りをするサトウキビに集う群の姿を観ましたが、ここ与那国では、

Amasagi202103284186

ヤギと遊ぶ(?)アマサギや、

Amasagi202103284187 Amasagi202103284192 Amasagi202103284193

オオノスリを探して回る途中に観た、

Amasagi202103294870

放牧された与那国牛どなん和牛)の周りで昆虫類を採餌するアマサギが居ました。

Amasagi202103294871

じっくりと好い写真を撮りたかったのですが、動くバスの中からの撮影です。

Amasagi202103294873 Amasagi202103294878 Amasagi202103294885 Amasagi202103294891

この時期、亜麻色の夏羽に換羽が始まり、間もなくもっと綺麗な夏羽になっていくのでしょう。数年後は牛の背に乗る例のインドハッカの姿が観えるかも。

残酷な話(?)ですが、ヤギはその内、お祭りで伝統のヤギ料理で食され、与那国牛は美味しい肉牛として売られて行くのです。よね。?

| | | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

石垣・与那国ツアーに参加して ⑰

今日の与那国島の野鳥は、亜種ツメナガセキレイキマユツメナガセキレイ)です。

オオチドリを求めて訪れた島の東端の東崎の牧場には、ムネアカタヒバリと一緒に行動するツメナガセキレイが居ました。

Tsumenagasekirei202103273920

お隣の座席の小さな窓の隙間をお借りして、バスの中からの撮影です。

Tsumenagasekirei202103273922

渡り途中の羽色ですので雌雄の区別は分かりませんが、別名キマユツメナガセキレイと呼ばれていただけあって黄色の眉斑が綺麗でした。

Tsumenagasekirei202103273924

そして、しきりに鳴いていたのが印象的でした。

この東牧場は、与那国町指定の天然記念物であるヨナグニ馬の放牧地です。

Yonaguniuma20210327n9228

北に東シナ海、東に太平洋の青い海に臨む草地で、ゆったりと草を食むヨナグニ馬の群の姿には癒されますね。

Yonaguniuma20210327n9224

右は昨年生まれの子馬でしょうか?

Yonaguniuma20210327n9226

追って行った右が母馬でしょうか? オオチドリには出会えませんでしたが、可愛いヨナグニ馬の子馬の写真を撮って引き上げました。

| | | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

真備のアメリカヒドリは

ヒドリガモの群れの中にあの一羽居たアメリカヒドリを探しました。肝心のヒドリガモの群れは池の対岸の西の刈田で採餌をしているようで姿が見えません。周囲約1kmの池。回って行って覗いてみました。

Hidorigamo202102051055

この群れの中に居るはずですが、頭を上げてくれないと分かりません。

Hidorigamo202102051057

少し警戒して頭を上げた瞬間に・・・・・居ました!中央より少し右前方に緑の頭が見えました。

Amerikahidori202102051066

その後近寄っても一向に警戒しません。餌付けで慣れているのでしょうね。

Amerikahidori202102051073 Amerikahidori202102051076

皆一心に刈田に生えた青い草を食べているようでした。

採餌の時間が終わったのか、群は一斉に池に戻り、

Amerikahidori202102051213

いつも居る池の北側に帰って来ました。

Amerikahidori202102051226

ヒドリガモの雌雄と泳ぐアメリカヒドリ♂。綺麗ですね。

(撮影日:2021.02.05)

余談ですが、

刈田にたどり着く前の大根畑で害獣捕獲用の檻をいくつか目にしました。

Nutria20210205_105056

その中の一つに、大きなヌートリアが掛かっていました。

Nutria202102051054

餌は大根。よく見ると畑の大根は地上部が皆食べられていました。

岡山県南はヌートリアの多いところです。

| | | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

コシアカツバメの渡去

今日の野鳥はコシアカツバメです。

先週あたりから、町中の電線に集団で止まるようになりました。 そして、県南の干拓地公園に探鳥に出掛ける朝、実家の前の電線に百数十羽のコシアカツバメが並んで止まっているのを目撃し、車窓からコンデジで撮った写真が下の写真です。

Koshiakatsubame20200928n4559

ざっと数えただけで百五十羽は居ました。

どこから集って来たのでしょうか? 近所の学習センターやマンガ館で繁殖した数の数倍。我が菜園やその上空を飛んでいた数の数倍のコシアカツバメです。

Koshiakatsubame20200928n4562

手持ちでのコンデジ望遠モードでは、

Koshiakatsubame20200928n4558 Koshiakatsubame20200928n4557

これが限界。

Koshiakatsubame20200928n4555

また翌朝にちゃんと撮影しようと出掛けて帰ると、その姿が無い!

どうも、群れで一斉に渡去したようで、次の日もその姿を観ることは出来ませんでした。

時は、9月の28日。今年の私の初認日が4月の25日でしたので、我が郷里の田舎町での滞在は5ヶ月に及んだことになります。その間、巣造りと、繁殖行動を行い、天敵のハシブトカラスどもとの卵、雛を守るバトルにも明け暮れ、無事に南に帰って行きました。

コシアカツバメとは異なり、4月に帰省して、コロナのお蔭でまだ帰宅出来なくて、絵ぶたでのランタン造りや鮎釣り等に惚けていた私ですが、コシアカツバメに先を越されてしまいました。(笑)

また来年も元気な姿を見せてくれることを祈るばかりです。

困ったもので、コシアカツバメが去った菜園には、秋の実りを狙ってイノシシが出るようになりました。

電柵(通電を停止中)や夜間点滅の照明をものともせず、熟れ始めた富有柿や畑地のミミズを狙って夜間に出没します。

Inoshishi20200928_170252

これはイノシシの蹄の跡です。まだ小さくていたずら盛りの子供のイノシシの様ですが、菜園には大好物のサツマイモ落花生を残していますので、急遽、案山子を作って設置することに致しました。

棒切れに要らなくなったハンガーを取り付け、頭と腰の部位に十字に棒切れを打ち付けて簡易の案山子を作りました。制作設置時間はものの4、50分。

Kakashi20200926n4579

案山子1号

Kakashi20200928_165942

案山子2号

2号は、顔を誰かに似せて描きました。

Kakashi20200928_164645

え? あの人に似てるって? (笑)

写真をLINEで娘達に送ったら、

長女からは、「みなさんビックリして転んだりしませんように・・・・・笑」と、二女からは、「怖」との返事がありました。

秘策として、散髪屋で、散髪時の(私の)頭髪(イノシシ避けに効くという)を貰って来て、布袋に入れて中に吊るしております。これでイノシシ避けになれば幸いなんですが・・・・・

| | | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

フクロウランタン制作 ⑥

今日も「フクロウランタン」です。

ここ数日は梅雨の中休みで連日の猛暑。朝方に畑仕事を片付けて、近所で貰ったウインドクーラーを取り付けた小屋で「フクロウランタン」の制作に勤しみ、昼食の後は昼寝して、その後、また小屋に行って遊んで、夕刻に水遣りをして帰るといった生活です。雨の日は一日小屋で遊びます。

どこかに鳥撮りに行きたいのですがね。

さて、「フクロウランタン」ですが、「キノコ」の結果で「止まり木」の構想が決まり、それに合わせて制作台座を改造しました。

Fukuroulantern20200623n4139

本体の下半身の「針金」は不要な針金と支持は整理しましたがまだ途中です。「キノコ」を仮置きして「止まり木」のログの位置を決めました。

Fukuroulantern20200623n4142

これは左横から見たところですが、「止まり木」は蒲鉾型のログとして左右に半月型の年輪を描く予定です。

Fukuroulantern20200623n4143

後から見たところです。「止まり木」の中に「キノコ」を照らす照明を追加し、「止まり木」の「針金」を仕上げ、途中になっているフクロウの尾羽と両翼の仕舞い、それに、「止まり木」をつかむ両足を・・・・・と、「針金」ワークは前途多難です。

下は、[6月23日 現在] の全体像です。

Fukuroulantern20200623n4138

正面と

Fukuroulantern20200623n4141

側面です。

お腹のLED電球は下向きタイプに交換しました。

下は、小屋との往復の途中で観た例のヌートリアの子供達です。

Nutria20200623n4134Nutria20200623n4128

先週の大雨で増水した川には3匹居たスッポンも同じく3匹観えたナマズも未だ確認できませんが、このヌートリア達は久し振りの洪水の難を乗り越えたようです。我が家の菜園に入って来なければ良いのですが。

| | | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

ウナギ放流後の河川では(続々)

今日も昨日からの続きです。

対岸で蠢く物は、

Nutria202005307493

4月の下旬にこの淵で見掛けたヌートリア(沼狸)でした。

沢山の子供を連れて巣穴から出て来たようです。数えると、何と6匹も!

Nutria202005307502

親の背中に乗って遊ぶヌートリアの子供達。

Nutria202005307517

南米原産で戦時中に毛皮採取のために移入され飼育されたものが放たれて野生化したとか。県内の彼方此方で目にします。

Nutria202005307522

川縁の畑の農作物を荒らす害獣ですが、子供の姿は可愛いものです。

早速、大事な農作物のスイカトマトには防獣用のネットを設置しました。

そして、肝心のカワウの対策としては、近々に漁協の役員をやっている幼友達のS君と一緒に川幅一杯に数本のテグスを張ることにしています。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼