ハシボソガラス

2021年12月24日 (金)

観察小屋から撮った野鳥達 ⑤

今日の野鳥は、観察小屋から撮った日野川の野鳥の第五弾で、その他の鳥達です。

オシドリ以外に待っていたのは実はヤマセミでした。

残念ながら今回もお目に掛ることは出来ませんでしたが、今日は残りのその他の野鳥達を一挙に掲載して、明日からは観察小屋前に帰還して来てくれたオシドリを掲載致しましょう。

Kijibato202112102995

これは、河原でオシドリ用の餌の残りに群がっていたキジバト。本来、この枝にはヤマセミが止まる筈だったのですが・・・・・

Ikaru202112102953s

同じく残り餌に遣って来た一羽のイカル

Magamo202112103106

マガモの雄鳥に、

Kinkurohajiro202112102817

川中を泳ぐキンクロハジロの群。

そして、下は、

Hashibosogarasu202112108924

アオサギの居た放水路にやって来て首まで浸かって採餌するカワガラス、じゃなくて、川のカラス。実はハシボソガラスです。(笑)

Hashibosogarasu202112108925 Hashibosogarasu202112108926

アオサギが飲み込んだ物と同じ白い塊を咥えて飛んで行きました。

Kawagarasu202112102518

これが、本当のカワガラス。放水路の上流に今季も営巣するのでしょうね。

Segurosekirei202112102665

これはおなじみの日本固有種のセグロセキレイです。

| | | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

干拓地のミヤマガラス

今日の野鳥は冬鳥のミヤマガラスです。

県南の干拓地にはカラスが多く、ハシブトガラスハシボソガラスは一年中。そして、秋口には冬鳥のミヤマガラスが渡って来ます。

デントコーンを刈り取った畑にカラスの群が居ました。車に驚いて飛び立ち、道路脇の電線に止まったカラスを観ると、

Miyamagarasu202111210912 

ミヤマガラスでした。

暫く観ていると、

Miyamagarasu202111210917

割込んで来たミヤマガラスの隣の個体がやけに小さい。

Miyamagarasu202111210918

騒々しいお隣さん達に追い出されて飛び立つ姿もかなり小さく見えました。

体付きからしてミヤマガラス。同種でもかなり個体差があるのですね。

Miyamagarasu202111210921

ミヤマガラスの頭は叩かれたように頭頂がフラット。そして、成鳥の嘴は基部が灰色で、下への反りは軽度です。

Miyamagarasu202111211736

これは、畑中に佇むミヤマガラスの成鳥。

Miyamagarasu202111211738Miyamagarasu202111211740

頭上の電線に目をやると、

Miyamagarasu202111211757

大きさの異なる二羽のカラスが、

左の個体。あわやミヤマガラスの群に交じることのあるコクマルガラスの暗色型かと思いましたが、どうも、右の個体はハシボソガラスの様です。(汗)

Hashibosogarasu202111211039

ミヤマガラスの群と思っていた先の電線に止まった群は皆ハシボソガラス

Hashibosogarasu202111211762

近くの畑に降り立ったのも、嘴が下に湾曲し、頭頂部がなだらかな弧を描くハシボソガラスでした。

結局、ミヤマガラスの群れの中には期待したコクマルガラスの姿は無く、隣の畑でナベヅルと仲良く(?)採餌していたのは、これまた異なるハシブトガラスでした。

 

| | | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

又々湧水池の子連れのカモ達

湧水池に通いだして4日目。

引っ越ししそうに無い3組の親子連れのカモ達でしたので、水面に映る新緑やツツジの花などを入れての撮影を続けました。

Magamo202104256071 Magamo202104256082 Magamo202104256087 Magamo202104256095 Magamo202104255886 Magamo202104255896 Magamo202104255897 Magamo202104255911

上は皆マガモの親子連れです。雛の数は経時変化があって10~13。(笑)

Hina202104256109

一羽で遊ぶこのきかん坊は誰の子かは分かりません。(笑)

多種のが植えられているこの湧水池の公園ですが、今の時期は花も終わり皆青々とした新葉をつけています。

Sakura202104256206

これは、池の上に張り出した枝先に咲き残る桜花

周囲の木々には、

Kawarahiwa202104225348

カワラヒワの幼鳥や、

Mejiro202104255963

メジロの姿もありましたが、

Hashibosogarasu202104245662

問題はこいつです。

一羽のハシボソガラスの木に遣って来て、サクランボを食べる振りをして、カモの雛を虎視眈々と狙っていました。

(明日に続く)

| | | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

烏の行水

今日の野鳥はハシボソガラスです。

川の堰堤の上の淀みでハシボソガラスが水浴びをしていました。俗に言う「烏の行水」です。

Hashibosogarasu201912049544

番でしょうか? 2羽のハシボソガラスが居て、1羽は既に水浴びを終えて土手上の木立で羽繕いをしているようでした。

Hashibosogarasu201912049547

おもむろに

Hashibosogarasu201912049551

頭から突っ込んで、

Hashibosogarasu201912049553Hashibosogarasu201912049554

バシャバシャやっていましたが、

Hashibosogarasu201912049557

連れのもう一羽に呼ばれたのか、

Hashibosogarasu201912049558

水浴びを切り上げて飛んで行きました。

この間、約1分弱。「烏の行水」、やはり短いのでしょうね。

以下余談です。

烏の行水」で思い出すのは7年前に他界した親父です。何しろ風呂が早かった。もちろん一家の主で一番風呂。しかし、出てからが長かった。後続の家族に「早く入れ、早く入れ!」の長い連呼。今では笑い種ですが、当時は皆閉口したものでした。中に「腰抜け風呂」の妹が居たからかも知れませんが。(笑)

| | | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

巣箱に営巣したシジュウカラは

「北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)」を中断して、今日は、我家の庭先に設けた巣箱に営巣したシジュウカラを掲載いたします。

庭に来るシジュウカラが今年も巣箱に営巣したようです。親鳥が頻繁に出入りするようになってから、その合間を見て巣箱の中を覗くと、なんと親鳥が孵ったばかりの雛を抱えていました。

Shijyuukara20190418a001

こうなると、心配なのが隣の神社に営巣するハシブトガラスです。 過去には、築山のフジの木に営巣したヒヨドリの雛が襲われたことがありました。

Hashibosogarasu201904187450

案の定、お隣のTVアンテナの上に止まってこちらを伺っています。

Hashibosogarasu201904177425

神社のクスノキの高木の枝先に巣を掛けて、どうやらこちらも抱卵中か育雛中のようです。

Shijyuukara20190418a005

何者かによって、巣箱の向きが変えられたのを機に、カラス除けの紐を垂らしました。

Shijyuukara20190418a008

心配しましたが、営巣したシジュウカラには垂れ紐は問題無いようで、

Shijyuukara201904187458

Shijyuukara201904187466

Shijyuukara201904207662

その後、アオムシを咥えて頻繁に給餌に出入りすることが確認されました。

少し様子を見てみようと思いますが、執拗で頭の良いハシボソガラスのことですので、巣立ちの時期をよく知っていて、垂れ紐など無視して襲って来るかも知れません。

Moon201904177449

これは関係の無い、白昼の月です。

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼