石垣・西表島

2013年5月11日 (土)

八重山のカンムリワシ (最終)

ほぼ1ヶ月も八重山の野鳥シリーズを継続してきましたが、本日で最後です。 拙い写真と文面に拘わらず、毎日多くのアクセス、大変ありがとうございました。

この『八重山紀行』の最後を飾って、再々度、八重山を代表する猛禽のカンムリワシを掲載いたします。

Kanmuriwashi5758

電柱の天辺で獲物を探すカンムリワシの成鳥

Kanmuriwashi6081

時々目が合ったりしますが動じません。こちらもです。

Kanmuriwashi5979

幼鳥ですが鋭い目付きです。

Kanmuriwashi5235t

これはグラウンドで、向かって駆け寄ってくる成鳥のカンムリワシ

飛翔写真を2枚

Kanmuriwashi6445 Kanmuriwashi5634

上は幼鳥ですが羽根はボロボロでした。

今回初めてYBのバードウォッチングツアーに参加しましたが、卓越したツアーガイド(お二人)と素晴らしい同行の参加者の皆さんに恵まれ、楽しいツアーを経験することができました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

また、このツアー用に新調しましたSIGMAの望遠ズームレンズ「SIGMA DG 150-500mm 1:5-6.3 APO HSM」のコストパフォーマンスを通り越した性能に満足したツアーでもありました。

Shiisaa4623 

竹富町子午線ふれあい館の屋根のひょうきん顔のシーサー

Wing6677

次回はゆっくりと撮影ツアーに来たいとしきりに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

アトリ他、その他八重山の野鳥

今日の八重山の野鳥は、タイトルの様に、アトリ他、その他八重山の野鳥です。

今回の『八重山紀行』では本土で観られる野鳥も沢山観ることが出来ました。今日は八重山の野鳥の終盤に近付いたこともあり、それらの一部の野鳥をご紹介いたします。

先ずは、西表で宿泊したホテルの近くの、民家の植え込みに居たアトリです。

Atori4897

冬羽のアトリです。棲息分布の広い野鳥ですね。

次は、セッカです。

Sekka5551 Sekka5571

例の「珍鳥牧場」手前の草むらに居ました。いつ見ても可愛い鳥ですね。

次はアオサギ。1月初旬には田植えを終えると言われる青々とした稲が伸びた水田に居たアオサギです。

Aosagi4455

喉の黒い筋羽根も見えない真っ白い首をした綺麗なアオサギでした。

次はアマサギ

Amasagi6149

八重山は牧場が多く、黒毛和牛が沢山飼育されています。その牛の背中の上に止まって居たアマサギも見かけましたが、そこはツアーバス。止まってはいただけません。バスの窓越しに撮ったイマイチの写真です。

次はシロハラ

Shirohara5001

本州中部以南に多いと言われますが、岡山の実家の菜園にもつい先日まで居て楽しませてくれましたが、八重山でもよく見かけました。

次は、

Mahiwa6093

何と、マヒワの群れでした。 120、30羽の群れが、2羽のカンムリワシが居る広々とした畑地を飛び回っていました。

そして最後は、亜種ハチジョウツグミです。

Hachijyoutsugumi4481

低速走行中のツアーバスの中から撮った亜種ハチジョウツグミです。残念ながら特徴の脇腹が写せませんでした。 少し薄色の羽色に、「六畳」とか「四畳半」とか、いつもの例のジョークが飛び出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

ハクセキレイの亜種 ③

今日の八重山の野鳥は、ハクセキレイの亜種の第3弾となります亜種ホオジロハクセキレイです。

西表の別の学校のグラウンドに、(キマユツメナガセキレイと一緒に居ました。

Hoojirohakusekirei6356

残念ながら亜種ホオジロハクセキレイの写真はこの1枚だけ。 

しかしながら、同じ場所(島)で亜種ハクセキレイを入れて4種ものハクセキレイの亜種が観えるなんて西表は素晴らしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

ハクセキレイの亜種 ②

今日の八重山の野鳥は、ハクセキレイの亜種の第2弾の亜種シベリアハクセキレイです。

西表の学校のグラウンドに昨日の亜種タイワンハクセキレイと一緒に居ました。ガイドさんの「タイワンとシベリアが居ますよ。」の説明で、なんとかものにしようと頑張ったのですが、この亜種シベリアハクセキレイは動きが早く、ちゃんとした写真は撮れませんでした。

Shiberiahakusekirei5339

顔に黒い過眼線が無く、背がグレーであることが亜種シベリアハクセキレイの特徴だそうです。

下は、その亜種シベリアハクセキレイが餌の羽虫を追いかけて乱舞する姿です。

Shiberiahakusekirei5327 Shiberiahakusekirei5328 Shiberiahakusekirei5329 Shiberiahakusekirei5334

距離70mほど先の小さなセキレイを手持ち撮影しましたので画像は酷いものですが、あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

ハクセキレイの亜種 ①

今日の八重山の野鳥は、亜種タイワンハクセキレイです。

既に1ヶ月も八重山で撮影した野鳥達を紹介してきましたが、今回のYBの『八重山紀行』では72種類の野鳥を観察することが出来ました。 その内の大半を写真に収めることができたのですが、そろそろ尽きてきました。

最後はハクセキレイの亜種を3種ほどご紹介して、この八重山の野鳥を終了したいと思っています。もう少しお付き合い下さい。

Taiwanhakusekirei5459

カンムリワシが降りていた西表の学校のグラウンドに居た亜種タイワンハクセキレイです。ハクセキレイの亜種は多く、とりあえず写真は撮っておいて、帰宅してから図鑑と照合するといった有様でした。

嘴下から喉にかけて続く黒い羽と、背のグレーの羽色から亜種タイワンハクセキレイの雄の成鳥夏羽です。

Taiwanhakusekirei5477

芝生を闊歩する亜種タイワンハクセキレイ

Taiwanhakusekirei5495

ハクセキレイに似ていますが、図鑑によると、嘴も細くて短いそうです。確かに小さい嘴ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

幅広ネクタイのイシガキシジュウカラ

今日の八重山の野鳥は、亜種イシガキシジュウカラです。

ツアーガイドの方から、「本土のものより体色が濃い亜種を観るのもこのツアーの楽しみですよ。」と言われ、小雨のバンナ公園で最初に観た亜種がこの亜種イシガキシジュウカラでした。

Ishigakishijyuukara3824

おお、さすがに真っ黒! オスでしょうか。 幅広のネクタイです。

実は、このイシガキシジュウカラの番が営巣している施設の坪庭に、例のキンバトが居たのです。 雨宿りをしなければ、そして、このイシガキシジュウカラが営巣していなければ、キンバトには巡り会えなかったのでした。

感謝。

郷里岡山の田舎もやっと5月らしい天候になり、菜園の小屋の側の、私設の電柱に掛けた巣箱に営巣した亜種シジュウカラの雛達が、昨日から今日にかけて巣立っていきました。

Shijyuukara7906

2月の半ばに掛けた新築の巣箱でしたが、早速、シジュウカラの繁殖の用に一役買うことが出来ました。

昨日の巣立ちにはトラブルもありましたが、それはまた後日ご披露するとして、巣箱の作り方を下に開催しておきます。

Subakocutting_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

多かったリュウキュウキジバト

今日の八重山の野鳥は、亜種リュウキュウキジバトです。

八重山ではリュウキュウキジバトをよく見かけました。 道路脇の電線にもよく止まっていて、キジバトには悪いのですが、チュウダイズアカアオバトを期待して探しているので、「なあーんだ、キジバトか。」のセリフが横行していました。

Ryuukyuukijibato5641

枯れ木の天辺に止まる亜種リュウキュウキジバト。 全体に茶色掛かっている羽色です。

Ryuukyuukijibato5639

西表の牧場では、牛舎脇の大王松の枝先にリュウキュウキジバトの群れが止まっていました。キジバトがこんなに群れているのは初めて観ました。

西表では珍しい昆虫を見せてもらいました。

Iwasakikusazemi5409

葉っぱの裏にセミが3匹固まって止まっているのが分かりますか? 体長2cm程の日本に生息するセミでは最小のイワサキクサゼミだそうです。

あそこに居ると教えてもらっても、小さくて、見つけるのに四苦八苦しました。

実はこのイワサキクサゼミサトウキビ等の農作物に被害を与える害虫だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

亜種オサハシブトガラスは小型の烏

今日の八重山の野鳥は、亜種オサハシブトガラスです。

聞いてはいましたが、八重山で観る亜種オサハシブトガラスは、ハシブトガラスの亜種なのに額も出ていなく、南の亜種の特徴として小型化しています。

Osahashibutogarasu5508

比較は出来ませんが、嘴もやや細めでしょうか?

Osahashibutogarasu5513

両島内での生息数は多く、其処かしこで見かけましたが、なぜかデイゴの木に止まる姿がよく目にとまりました。

下は、デイゴの花です。 ご存知のようにデイゴは沖縄県の県花で春から初夏にかけて赤い花を咲かせます。南洋のマメ科の植物で沖縄県が北限だそうです。

Deigo5420

強烈な印象のデイゴにも花言葉があり、「」だそうです。良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

亜種リュウキュウサンショウクイ

今日の八重山の野鳥は、亜種リュウキュウサンショウクイです。

リュウキュウサンショウクイは、南西諸島では留鳥で、今回行った石垣島、西表島ではよく見かけました。

Ryuukyuusansyoukui3755

小雨の降る朝、石垣島のバンナ公園の駐車場の前の木で撮りました。

Ryuukyuusansyoukui3772

亜種サンショウクイと比べると、やはり黒っぽい羽色をしています。

Ryuukyuusansyoukui6404

こちらは西表で撮った亜種リュウキュウサンショウクイです。 胸が黒っぽく、頭の前の白色部がかなり小さいのが分かります。 羽色からして、この子は雄の成鳥のようです。

西表島では哺乳類の亜種まで観察することができました。

Ryuukyuuinoshishi5521

リュウキュウイノシシです。 ニホンイノシシよりも小型で体長1mほど。亜熱帯地方に生息し餌が豊富なことからか、繁殖期は春と秋の2回だそうです。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

南のヒヨドリは真っ茶色

今日の八重山の野鳥は、亜種イシガキヒヨドリです。

南西諸島には4亜種が生息するそうですが、今回の石垣島、西表島で観たヒヨドリの亜種がイシガキヒヨドリであることはよく分かりませんが、そうなんでしょう。

Ishigakihiyodori4609

石垣島のイシガキヒヨドリです。胸から下腹部、脇の羽色は焦げ茶色です。

Ishigakihiyodori5005

西表島で観たイシガキヒヨドリです。 大きさは分かりませんが、南に行くほど体色は暗色になり、小型化するといわれる亜種の特徴ですか、真っ茶色のヒヨドリです。

Ishigakihiyodori4619

これは、西表の例の子午線ふれあい館の前に設置された地球儀の上に止まるイシガキヒヨドリです。

図鑑によれば、日本には8亜種のヒヨドリが居て、その内の4種が南西諸島に分布しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼