舳倉島

2018年6月21日 (木)

舳倉島の鳥(チュウサギ、ダイサギ)

今日の舳倉島の野鳥は、昨日に続き、サギ科チュウサギダイサギです。

Chuusagi201805203001

海岸沿いの草地に別の白鷺の群が居ました。

胸の飾り羽が綺麗なチュウサギです。

Chuusagi201805203003

脇に降り立った個体も

Chuusagi201805203014

チュウサギでしたが、

Daisagi201805203029

上を飛び回るのは、ダイサギ

Daisagi201805203033

Daisagi201805203034

どうも、チュウサギダイサギ、中に数羽のアマサギも入り混じって、十数羽の群で渡っているようでした。

**********************************************************************

下は、舳倉島で見かけたカタツムリ

Heguramaimai201805181561

ヒダリマキマイマイの一亜種で、準絶滅危惧種のヘグラマイマイ舳倉蝸牛)です。

確かに左巻きです。 舳倉島と、舳倉島と輪島との間に在る七ッ島にしか生息していない固有種とか。

そして、下は、郷里岡山の菜園脇の菓子グルミの葉に居た右巻きのカタツムリです。

Katatsumuri180615_173528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

舳倉島の鳥(アマサギ)

今日の舳倉島の野鳥は、アマサギです。

Amasagi201805160244

北の海岸に数羽のアマサギの群が居ました。

Amasagi201805160252

Amasagi201805160257

咄嗟のことで全て白飛びです。

空抜けの飛び物を狙いました。

Amasagi201805169930

Amasagi201805171449

Amasagi201805171450

Amasagi201805171451

Amasagi201805171478

Amasagi201805171479

アマサギの名は夏羽の「亜麻色」からとの説。 しかし、「亜麻色」は比較的新しい造語で、「あめ色」をしたと言うのが名の由来とか?

Amasagi201805202881

海岸縁の草叢で若鳥を観ていたら、何と!ムカデを捕食しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

舳倉島の鳥(カラシラサギ)

今日の舳倉島の野鳥は、カラシラサギです。

Karashirasagi201805192583s

荒天でフェリーの欠航が続く中、港の堤防に現れたのは、婚姻色をしたカラシラサギでした。 ボサボサの冠羽に、橙色の嘴と目先の青灰色が映えて綺麗でした。

Karashirasagi201805192641

ウミネコの群が飛び去った堤防を闊歩するカラシラサギ

少し粘って、港内を飛び回る姿を狙いました。

Karashirasagi201805192694

Karashirasagi201805192695

Karashirasagi201805192701

ウミネコと。 案外小さいのですね。

Karashirasagi201805192705

Karashirasagi201805192710

西の岩場の方に飛んで行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

舳倉島の鳥(ヒレンジャク)

今日の舳倉島の野鳥は、ヒレンジャクです。

前の週にはキレンジャクも出ていたという舳倉島でしたが、民宿の前庭で、草地に来る鳥を観ていると、電線に連雀が1羽。

Hirenjyaku201805192240

ヒレンジャクです。

暫くして、グミの木のブッシュの中に降り立ちました。

Hirenjyaku201805192319s

Hirenjyaku201805192353s

何んと、グミの白い花を食べていました。

Hirenjyaku201805192357

栄養価は高いのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

舳倉島の鳥(キタツメナガセキレイ)

今日の舳倉島の野鳥は、ツメナガセキレイ亜種キタツメナガセキレイ)です。

Kitatsumenagasekirei201805171253

北西のホンダワラが打ち揚げられた浜に、キタツメナガセキレイが出ていました。

Kitatsumenagasekirei201805171411

Kitatsumenagasekirei201805171424

Kitatsumenagasekirei201805171373

ホンダワラに付いた虫を捕食しているようでした。

Kitatsumenagasekirei201805171382

Kitatsumenagasekirei201805171383

時にこんな変顔も見せてくれましたが、

Kitatsumenagasekirei201805171261

浜を飛び回って、採餌に余念が無いようでした。

下は、後日渡って来たキセキレイです。

Kisekirei201805203074

一瞬、亜種マミジロツメナガセキレイかと思いましたが、足が肉色のキセキレイでした。

Kisekirei201805192714

眉斑が白くて短い。この子もキセキレイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

舳倉島の鳥(ヨタカ)

今日の舳倉島の野鳥は、ヨタカです。

舳倉島に行けばヨタカに会えるかも。期待して渡った今回の舳倉島でしたが・・・。 何んと!嬉しいことに、ドリカモとなりました。

Yotaka201805171206

最初は西端の岩場。教えて頂いた岩場の中ほどにヨタカが。よく見付けられたものだと感心しきり。

二回目は、翌日、診療所の裏手で。4人ほどで、コウライウグイスの飛来を待っていた際に、その中に居られた渡良瀬の主のOGさんが見付けて下さいました。 聞くと、岩場のヨタカも見付けられたとのこと。神業です。

Yotaka201805181727

お蔭様で、こんな目開きのヨタカ♂を、それも至近でゲット。

Yotaka201805181944

細い枝で、座り心地が悪かったのか、何度も止まり位置をかえていましたが、

Yotaka201805181970

お蔭様で、短い両足を見せて貰いました。

その後、あくびをしたとの情報を貰い、再挑戦。

待つこと20分。

Yotaka201805181809Yotaka201805181928Yotaka201805181929Yotaka201805181930Yotaka201805181931Yotaka201805181932

大あくびの連続写真を撮ることができました。

そして、三回目は、さんが見付けられた道路脇の茂みで眠るヨタカ

Yotaka201805181998

この子は、雌鳥でしょうか。

やっと撮れたヨタカ! OGさん、さんには大感謝です。ありがとうございました。

下は、コウライウグイスの証拠写真です。

Kouraiuguisu201805181573

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

舳倉島の鳥(ハヤブサ他)

今日の舳倉島の野鳥は、ハヤブサとその他の猛禽類です。

Hayabusa201805169861

東端の神社脇に立つ、古い電柱の上を定位置にしていたハヤブサが居ました。

黒褐色の密で大きな胸の縦斑が異様でしたが、ハヤブサの若鳥です。

飛び立ちを狙って暫し待機することに。

Hayabusa201805169895

Hayabusa201805169896

Hayabusa201805169897

Hayabusa201805169901

飛立ちました! しかも、こちら方向に。

Hayabusa201805169902

Hayabusa201805169903

Hayabusa201805169905

最後はズームダウンも利かず、フレームアウト。 下面も真っ黒い若鳥でした。

以下は、島で観た前出のハチクマ以外のその他の猛禽類です。

Misago201805148245

ミサゴに、

Nosuri201805158929

ノスリに、

Tsumi201805181818

ツミ♂です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

舳倉島の鳥(ハチクマ他)

今日の舳倉島の野鳥は、ハチクマと、同じハチの付く亜種ハチジョウツグミです。happy01

上空を注意していると、猛禽が渡って行くのを目にすることがあります。

Hachikuma201805169915

はるか上空を飛ぶ猛禽を捉えて、モニターで確認すると・・・

淡色型の綺麗なハチクマの雄鳥でした。

Hachikuma201805169917

運良く島の上空を旋回してくれたので、何とか、証拠写真は撮れました。

Hachikuma201805169918

Hachikuma201805169920

Hachikuma201805169921

Hachikuma201805169927

そして、下は、

夕暮れ時、民宿の東の電線に止まっていた亜種ハチジョウツグミです。

Hachijyoutsugumi201805161031

Hachijyoutsugumi201805161037

この子も綺麗な個体でしたが、電線から降り立った場所を探しても、なかなか見付けることは出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

舳倉島の鳥(オオヨシキリ)

今日の舳倉島の野鳥は、オオヨシキリです。

北西の海岸道路脇の笹薮の先に、毎年決って一羽のオオヨシキリが居て、日がな一日、あの大きな声を上げていましたが、やはり、今年も居ました。

Ooyoshikiri201805158549

Ooyoshikiri201805158551

Ooyoshikiri201805158557

この地で繁殖するのでしょうか?

民宿つかさの前の草薮には、

Ooyoshikiri201805192437

Ooyoshikiri201805192796

眉班のはっきりしたおとなしい個体が居て、少し場を賑やかせましたが、この子もオオヨシキリでした。

下は、浜でオオヨシキリを撮っていた際に、脇に出て来た

Nobitaki201805158699

ノビタキ♀です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

舳倉島の鳥(ヒワ類)

今日の舳倉島の野鳥は、勝手にヒワ類と題して、マヒワカワラヒワです。

渡りの時期の舳倉島に多い両種ですが、今季も其処此処で黄色い可愛い姿を見せてくれました。

Mahiwa201805158564

海岸沿いの周回道路脇に出て来たマヒワの雄鳥。

Mahiwa201805158647

綿毛の付いたノゲシの種を頬張るマヒワ♂です。

Mahiwa201805158613

格好の食べ物らしく、

Mahiwa201805158565

花枝から

Mahiwa201805158574

花枝へと飛び交って、一心に採餌をしていました。

Mahiwa201805159632

これは民宿の前庭に出たマヒワ

Kawarahiwa201805182055

そしてこれはカワラヒワ

Kawarahiwa201805192823

マヒワの雌鳥が遣って来て、

Kawarahiwa201805192828

一緒に仲良く止まり木に。

Kawarahiwa201805202875

海岸の岩の上にも両種が仲良く居りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Greetings | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシカツオドリ | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカオネッタイチョウ | アカガシラカラスバト | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アナドリ | アビ | アホウドリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オウチュウ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオシロハラミズナギドリ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオノスリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオムシクイ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガサワラノスリ | オガサワラヒヨドリ | オガサワラメジロ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オナガミズナギドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カタグロトビ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリウミスズメ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタツメナガセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロアシアホウドリ | クロアジサシ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コアホウドリ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライウグイス | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロウミツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コシャクシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コマミジロタヒバリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラオネッタイチョウ | シラガホオジロ | シラコバト | シロアジサシ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | シロハラミズナギドリ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タイワンヒヨドリ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チゴモズ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | チョウセンメジロ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロオウチュウ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシナガウグイス | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メグロ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨタカ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 三宅島 | 下甑島 | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 大洗~苫小牧航路 | 奄美大島 | 小笠原 | 年賀状 | 東京~八丈島航路 | 沖縄 | 短歌 | 石垣・与那国島 | 石垣・西表島 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 舳倉島 | 趣味