小笠原

2017年10月16日 (月)

小笠原最終回(父島のお見送り)

母島での探鳥を終え、旅はとうとう終盤に。

ははじま丸で名残惜しい母島を離れ、父島に向かいます。父島に到着後は、買い物をしたり、昼食を取ったりと、港の周辺や、ごった返すおがさわら丸の待合室辺りで時間を潰しました。

乗船後、埠頭でのお見送りセレモニーが始まり、多くの見送りの人達の中で小笠原太鼓の演奏が始まりました。

Sendoffceremony20170912n0315

そして、定刻の15:30分。 「蛍の光」が流れる中、

Sendoffceremony20170912n0319

大勢の人達が「いってらっしゃ~い!」と手を振って見送ってくれる二見港を離岸しました。

その後です。

Sendoffceremony20170912n0326

噂に聞いていた、ボートや漁船による感動極まるお見送りが始まりました。

Sendoffceremony20170912n0327

その数、十数隻。 碧い海にボートが立てる白波が綺麗です。

Sendoffceremony20170912n0329

3日前にムナグロキョウジョシギを撮った白砂の大村海岸も見えます。

Sendoffceremony20170912n0332

沖合いまで見送ってくれて、

Sendoffceremony20170912n0333

順番に船側に近付いて減速し、海中にダイビングをして見せてくれます。その都度、「オーッつ!」という歓声があがります。

Sendoffceremony20170912n0336

Sendoffceremony20170912n0344

海中からも手を振って「いってらっしゃーい!」、「またこいよー!」の声が、こちらからの「ありがとーう!」の返事が、いつまでも交差していました。

父島では、かがや亭で生ビールと冷やし中華を食べ、小笠原生協で缶ビールにチーズに島ドーナツにバナナにお弁当しか買わなかった私にとっては大変気が引けましたが・・・。

ありがとう。 聞きしに勝る感動シーンでした。

日焼けでひりひりする顔を擦りながら、グッと来るものをごまかしたのも、もう忘れてしまいましたよ。

帰りの航路では降雨もあり、鳥観を諦めて、船室で膨大な写真の整理に着手していました。

**********************************************************************

小笠原の連載を終えるにあたり、

今回のツアーは、天気が良過ぎて、亜熱帯性の高温多湿と照り付ける太陽、汗っかきの私にとっては灼熱地獄の旅とも言える旅でもありました。 ・・・が、多くの素晴らしい鳥友にお会い出来、そして、素晴らしい鳥達にも出会えた旅でもありました。

もう一度行く?」と聞かれたら、「是非に!」と答えるだろう旅でした。 ま、先立つ物もありますが。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

ちなみに、私が買った旅のお土産は、母島で買ったアカガシラカラスバトTシャツと、メグロピンバッチでした。 (全て私の個人用です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

小笠原の鳥(チュウシャクシギ)

今日の小笠原の野鳥はチュウシャクシギです。

タカブシギを撮っていた前浜の小さな橋の下から、少し大型のシギチがのっそりと出て来ました。

Tyuusyakushigi201709126887

チュウシャクシギでした。

Tyuusyakushigi201709126969

これまた、下半身の見えない人様(幽霊ではありません。)には警戒心が無いのか、直ぐ真下まで遣って来て、

Tyuusyakushigi201709126978

キョロキョロ周りを見渡して、

Tyuusyakushigi201709126980

Tyuusyakushigi201709126982

小さなを数匹捕食して行きました。

今回をもって、長々と続けてまいりました「小笠原の鳥」は終わりに致します。 多くのアクセスありがとうございました。

明日は、「小笠原の鳥(最終回)」と題しまして、野鳥ではありませんが、有名な父島二見港出港時の「お見送り」シーンを掲載して、最終回とする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

小笠原の鳥(タカブシギ)

今日の小笠原の野鳥はタカブシギです。

母島での2日目、宿をチェックアウトした後、ははじま丸の出港までの時間、港の周りを探鳥しました。

朝方オガサワラノスリが居たと聞いた元地集落の川筋や、前日カワセミの姿を観た前浜の小さな河口等を観て回りましたが、これと言った収穫が無く、小さな橋(潮見橋)の脇の堤防から河口を覗くと、シギチの姿がありました。 数羽のムナグロキョウジョシギに混じり、タカブシギの姿が目に止まりました。

Takabushigi201709126673

どんどん近付いて来て、フォーカス制限をフリーに切り替えて撮りましたが、白砂に川底の青い藻が映えて、小笠原らしい綺麗な写真になりました。

Takabushigi201709126675

Takabushigi201709126677

腰高の堤防の上から頭とカメラだけを出しての撮影。 やはり、野鳥は人の足や三脚の露出を嫌うんですね。

*********************************************************************

母島でのツアー会社が割り当ててくれた宿は、「クラフトイン・ラ・メール」というペンションでした。 そして、5名が別棟のコテージ。

宿も申し分ありませんでしたが、同宿のメンバーの方達が凄い。 今回、おすすめの最初にリンクを貼らせていただいた「ブログ鳥達との出会い 」の N さんや、千葉県野鳥の会の錚錚たる方々等。 酒の入った夜の談義は有意義でした。 大変お世話になりました。

宿のHPを無断でご紹介致しますが、夕食の「亀煮」と、朝食の美味しかった「島レモンのジャム(マーマレード)」は初めて口にした食べ物でした。

亀煮」の亀は絶滅危惧Ⅱ類のアオウミガメ。 東京都の条例(?)により、年間135頭の捕獲が認められているとのこと。島には産卵保護施設もありました。

クラフトイン・ラ・メール」:良い宿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

小笠原の鳥(メグロ)

今日の小笠原の野鳥は、日本の固有種、特別天然記念物のメグロ亜種ハハジマメグロ)です。

やっと、待望のメグロにたどり着きました。 別に掲載を遅らせてじらした訳ではありませんよ。 撮影順に掲載して行って今日になってしまいました。

母島に着いて、宿にチェックインした後の探鳥でも、姿は観ていたのですが、余りにも撮影条件が悪く、翌日の早朝に改めて再挑戦致しました。

Meguro201709126607

順光下で被りの無い全身を撮る」ことを念頭に、朝食までの時間、メグロの撮影に専念しました。

前日の夕刻に下見をした民家脇の島レモンの畑です。

Meguro201709126599

葉被り、枝被りばかりでしたが、何とか撮れたのが一番上の写真です。

Meguro201709126618

Meguro201709116438

前日の夕刻に撮った地上のメグロ。地面に降りて採餌し、枝先に上がってくるのはメジロではなくて、大抵がメグロでした。 雑食性で、地上での採餌姿をよく観ました。

朝食に宿に帰り、同宿の方にお聞きすると、宿の近くの林道の入口にあるガジュマルの木でメグロが撮り放題とのこと。 早速直行しました。

Meguro201709126759

条件は最高! なにも苦労することはありませんでした。

Meguro201709126769

メグロの舌先はブラシの様になっていて、それで蜜を絡めて吸うのだとか。

Meguro201709126776

Meguro201709126790_2

ガジュマルの実(実は花)を食べるメグロ

Meguro201709126813

可笑しなことで、撮り放題を経験すると眼につき易くなるのか、その後、島の彼方此方でメグロの姿を見掛ける様になりました。

下は、港の側の空き地で撮ったメグロです。

Meguro201709127022

Meguro201709127014

Meguro201709127015

こんなひょうきんポーズも撮らせてくれました。

メグロなら島中の何処にでも居るよ。」とは聞いていましたが、それでも謙虚に、「メグロだけでも撮れれば良いや。」と参加したツアーでもありました。

やはり、「メグロなら島中の何処にでも居るよ」でしたね。

一つ残念だったことは、パパイアの実に来るメグロが撮れなかったことです。 ガイドさん曰く、「やはり、メグロパパイアだね。」 ・・・・・

次回かな?

**********************************************************************

余談ですが、

メグロは長いこと類縁関係が不明で、ヒヨドリチメドリメジロミツスイと、様々なを行き来してきましたが、最近ではメジロに分類されているそうです。

ってどうやって決めるんだろう? いっそのことメグロにしたら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

小笠原の鳥(オガサワラヒヨドリ)

今日の小笠原の野鳥は、亜種オガサワラヒヨドリです。

小笠原は兎に角暑かった!と前にも報告致しましたが、気温と湿度との動物のメラニン色素の相関関係で有名なグロージャーの規則からすると、小笠原のヒヨドリも黒い(色素が濃い)と言うのが定説です。

その通り、亜種オガサワラヒヨドリは国内の亜種の内では一番羽色が濃いと言われています。

Ogasawarahiyodori201709116380

確かに、頭部に灰色の羽は無く、

Ogasawarahiyodori201709116388

全般的に黒く観えました。

Ogasawarahiyodori201709116488

失礼ながら、メグロを必死に追っていたせいか、余り良い写真は撮れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

小笠原の鳥(ハシナガウグイス)

今日の小笠原の野鳥は、亜種ハシナガウグイスです。

母島の都道最南端の駐車場脇の木立に、チョコマカと動き回る小さな鳥が居ました。

Hashinagauguisu201709116373

小笠原諸島と硫黄列島に生息すると言われるハシナガウグイスです。

Hashinagauguisu201709116374

亜種ウグイスに比べると、確かに嘴が長いですね。

嘴基部や頭部の羽色から幼鳥の様に思われます。

鳴声は、「ホーキロギーチョン」と聞こえるとのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

小笠原の鳥(オガサワラメジロ)

今日の小笠原の野鳥は、オガサワラメジロです。

オガサワラメジロとは種名でも亜種名でもなく、単なる呼称でしょうか? そもそもメジロの居なかった小笠原に、伊豆諸島方面から亜種シチトウメジロが、硫黄島方面から亜種イオウトウメジロが愛玩用に持ち込まれて交雑したとの説です。

それにしても母島は、オガサワラメジロが多い。 多いと言うものじゃなくて、島中オガサワラメジロだらけ。 「メグロの島」と言うよりも「メジロの島」でした。

Ogasawaramejiro201709116542s

メグロの御出座しを待っていたパパイアの実にはオガサワラメジロしか来ませんでした。

Ogasawaramejiro201709116217

Ogasawaramejiro201709126560

亜種シチトウメジロの特徴が残り、嘴が長いと聞いていましたが、確かに。

Ogasawaramejiro201709116126

Ogasawaramejiro201709116430

テラスに置かれたパパイアの実を突っつくオガサワラメジロ

Ogasawaramejiro201709116487

民家のアンテナの上にも。いたる所で目にしたオガサワラメジロでした。

Ogasawaramejiro201709116489s

可愛いですね!?

Ogasawaramejiro201709116174s

パパイアの木に外来種のグリーンアノールの姿が!

小笠原の世界自然遺産登録には、南島の「ヒロベソカタマイマイの半化石の存在」があったそうですが、世界自然遺産維持の条件として、この「グリーンアノールのコントロール」が付記されているそうです。 

父島の街路樹のタコノキの幹には「アノールホイホイ」と呼ばれるグリーンアノール駆除用の粘着シートが取り付けられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

小笠原の鳥(アカガシラカラスバト)

今日の小笠原の野鳥は、亜種アカガシラカラスバトです。

Akagashirakarasubato201709116533s

母島に着いて、最初にガイドさんが案内してくれたのは、アカガシラカラスバトが出ているとの情報が入った、とある民家の脇の島レモンの果樹畑でした。

先の台風15号で倒された(?)パパイアの房に、メジロメグロと一緒に3羽のアカガシラカラスバトが遣って来ていました。 が、撮影条件が悪く、機を改めることに。

午後からは、同宿の K さんが頼んで下さったレンタカーに便乗させていただいて、母島の南の主要ポイントを回りました。

下は、都道最南端の駐車場周辺で出会ったアカガシラカラスバトです。

Akagashirakarasubato201709116254

Akagashirakarasubato201709116344

換羽中のようで、首の周りの羽に白い羽軸が観えました。

下は、最初の写真と同じで、夕刻、果実畑に戻って撮った写真です。

Akagashirakarasubato201709116500

Akagashirakarasubato201709116507

Akagashirakarasubato201709116515

一緒に居た下の個体は、残念ながら両脚に大きな足環をしていましたが、羽色の非常に綺麗な個体でした。

Akagashirakarasubato201709116526

Akagashirakarasubato201709116105

頭部の大写しをどうぞ。

Akagashirakarasubato20170911z6057s

赤頭(アカガシラ)と名の付く所以です。

島レモンは青いうちから食べるそうですが、宿でいただいたジャム(マーマレード)は美味でした。

下は、果樹畑の脇に咲いていたハイビスカスの花です。

Haibisukasu20170911n0307

今回、スナップ用のサブカメラとして、3万円を切って買った Nikon COOLPIX A900 を腰ベルトのポーチに入れて持ち歩きました。 小さくて、旅の風景や静物撮影には大変便利でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

小笠原の鳥(カツオドリ) ④

今日は、父島と母島を結ぶははじま丸から撮ったカツオドリの採餌シーンです。

父島を出て直ぐ、数羽のカツオドリが船を追って来ます。

デッキの乗降口の側に陣取り、低位置での撮影でしたが、船に追われて逃げるトビウオを目掛けて、船首に近い十数m斜め先にダイビングを繰り返します。見えない真上からいきなり海面に突っ込むカツオドリはどうにも捉えることが出来ません。

Katsuodori201709115879

Katsuodori201709115883

トビウオを咥えて浮上し、船側を流れて行くカツオドリを至近で撮影するのが関の山でした。

それにしても餌の豊富な小笠原の海です。

トビウオのなぶらに遭遇すると、

Katsuodori201709093525

こんな光景も。 4、5羽が一斉に突っ込み固まって浮上して来ます。

下は、海面でトビウオを追い掛けるカツオドリです。

Katsuodori201709127111

Katsuodori201709127112

アカアシカツオドリの様にスマートではなく、逃げられてしまいました。

ははじま丸は、父島を出て約2時間で母島の沖港に入港します。

Hahajimamaru201709126880

(これは翌日の入港時の写真です。)

さあ、待望の母島に上陸です。 メグロは? アカガシラカラスバトは?と胸が躍ります。

下は、その翌日に沖港内で撮ったカツオドリのダイビングシーンです。

Katsuodori201709126925

**********************************************************************

小笠原の海鳥を終えるにあたり、余談です。

鳥観を楽しくさせてくれた犠牲者のトビウオですが、日本近海には29種類ものトビウオが居て、三宅島では、幾つかの種を一括して、春先に出るのをハルトビ、夏に見られるのをナツトビと呼んでいるそうです。

次は、カツオドリの英名(Brown Booby)の由来: スペイン語のBobo(まぬけ、最下位)がBooby となったそうで、警戒心が弱く、陸上で早く動けなかったことから付いた名前だとか。アホウドリの和名の由来に似ていますね。ゴルフ用語の ブービー賞(Booby prize)もここから来たそうで、欧米では最下位賞。日本では、商品の良いブービー賞を故意に狙うこすい輩がいたために、下から2番目をブービー賞とし、どん尻をブービーメーカーとしたそうですね。 受け売りです。

**********************************************************************

明日から14日まで、秋の舳倉島に遠征して来ます。 留守中も予約投稿で小笠原・母島の野鳥を掲載致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

小笠原の鳥(オガサワラノスリ)

今日の小笠原の野鳥は、亜種オガサワラノスリです。

硫黄島3島クルーズから父島に帰港した夜は、二見港に停泊するおがさわら丸に泊り、翌朝、伊豆諸島開発㈱のははじま丸で待望の母島に渡りました。 

ははじま丸に乗船し、順光側の右舷に陣取って、出港を待っていると、岸壁の電柱に猛禽の姿が。

白っぽいオガサワラノスリです。

Ogasawaranosuri201709115809_2

カメラを構えると飛立ちました。

Ogasawaranosuri201709115813_2

Ogasawaranosuri201709115814_2

その後、同行の皆さんが観たと言う、母島の沖港の周辺でも探しましたが、叶わず、

Ogasawaranosuri201709116179

母島のはるか上空を舞った芥子粒の様なオガサワラノスリの姿しか写せませんでした。

Takonoki201709115819

これは父島の港の近くのタコノキ。 この木に止まったオガサワラノスリを撮りたかった。まあ、無理ですよね。

このオガサワラノスリ、小笠原の固有亜種で、国の天然記念物。小笠原諸島全体でも生息数5、60羽程度の絶滅危惧ⅠB類(EN)の猛禽です。

ガイドさんによると、川筋でよくカエル(外来種のオオヒキガエルのこと?)を獲って食べるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼