絵ぶたまつり

2016年12月25日 (日)

故郷の冬絵ぶた 他

今日はクリスマス。余り関係は無いのですが、今日は野鳥掲載をお休みしまして、帰省していた郷里岡山の田舎のことを掲載致します。

10月19日の当ブログで、地元高梁市に依頼されて大修理中のゆるキャラ「ほうこくん」の記事を載せましたが、その後、晩秋から初冬にかけての気温の低下で紙貼りや蠟引きに苦戦したものの見事に大修理を終えて、今月の上旬に市に渡すことが出来たとY君から連絡を貰いました。下が張替え修理の完了した郷土の偉人山田方谷のゆるキャラ「ほうこくん」です。(暗くて、黒い丁髷は写し込めませんでしたが)

Houkokun246020161125s

今後も引き続き、市のイベントに使用されるそうです。

この「ほうこくん」を出品したのは、3年前の夏の「マンガ絵ぶたまつり」でしたが、規模は小さいながらも、毎年、年末年始の冬期にも「冬絵ぶた」と称して、電飾で飾られた絵ぶた会館前の広場に、数体の小振りな絵ぶたが飾られます。

下は、12月3日の夜に行われた「冬絵ぶた」の点灯式の模様です。

Fuyuebuta250420161203

町の入り口、国道沿いに立てられたイルミネーション

Fuyuebuta249020161203

絵ぶた会館まえの広場で点灯式が始まり、絵ぶたとイルミネーションに灯が入ったところです。

Fuyuebuta248120161203

冬絵ぶた」の作品の数々。大小合わせて12、3基が並びます。

Fuyuebuta251220161203

会館の中には夏の「マンガ絵ぶたまつり」の入賞作である我々の「ズートピア」も

Fuyuebuta252120161203s

焚き火が焚かれ、うどんおでんの振る舞いがあり、子供達による演舞などのアトラクションが繰り広げられました。

人口の減少が加速度的に進行する故郷の町ですが、「絵ぶた」で町おこしに頑張る郷里の方達には頭の下がる思いで一杯です。なんとか来年の夏も帰省して、絵ぶた作りに協力参加する積りです。

話変わって、

今回の帰省中に、菜園の小屋の脇に屋外暖炉(ファイヤースペース)を作りました。

Fireplace253120161130

Fireplace253720161130_2

深さ40cm、径120cmの穴を掘り、扁平な丸石を底に敷いて周りに自然石を積み上げ耐火モルタル(周りはモルタル)で仕上げました。

周りのログは知人に頼んで手に入れた柿の大木のログです。

先月末の夕刻に幼馴染の同級生に声を掛け、8人ほどで火入れ式を行いました。 良く燃えることと言ったらありません。

Fireplace246920161129

竹竿の先にマシュマロを刺して焼くアメリカ風のマシュマロ焼きや、秋口に収穫した鳴門金時の焼き芋も楽しみましたが、やはり、焚き火にはビール(酒)。するめを焚き火で炙ってツマミにすると進むこと進むこと。途中、日本酒一升の差し入れもあり、夜道を転げながら実家に帰ったような微かな記憶が残っています。

「焚き火は良いな。お酒も良いな。そして何よりも、幼友達は良いな!」 を実感した夜でした。

変なブログになりましたね。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

殿堂入りの絵ぶた「ズートピア」

今日のブログ記事は野鳥ではありません。

郷里岡山の田舎に帰省して早一週間が経ちました。菜園の片付けはほぼ予定通りに進み、先日の日曜日には、実家裏手の「マンガ絵ぶた館」前の広場で開催された「ふるさと祭り」を楽しみました。

地元選出の衆議院議員である加藤勝信 一億総活躍・女性活躍・再チャレンジ・拉致問題・国土強靱化・少子化対策・男女共同参画担当大臣の簡潔で素晴しい祝辞を賜って開催された小さな田舎町の「ふるさと祭り」ですが、私にとっては、毎年、10人前後の同級生に会えるのが楽しみな秋祭りです。

祭りの合間に、常時開放の「マンガ絵ぶた館」に入ってみました。もちろん、準大賞に輝き、1年間の保存展示となった絵ぶたズートピア」に再会するためです。

Ebuta161016_101518

ありました! 他の受賞作と並んで所狭しと展示されていました。

Ebuta161016_101633

前面には「準大賞」のプレートが掲示され、ジュディーも嬉しそうです。happy01

2ヶ月ぶりの再会でしたが、改めて絵ぶたズートピア」の出来栄えと制作の達成感に酔いしれる思いでした。(少し大げさですが・・・)coldsweats01

祭りですか? ビールに十分に酔いしれて帰って来ましたよ。

**********************************************************************

ところで、帰省早々に連絡を貰って訪れた絵ぶた名人君の工房では、一体の絵ぶたの修理が行われている最中でした。

修理対象の絵ぶたは、3年前に制作してその後高梁市に買い上げられた山田方谷のゆるキャラ「ほうこくん」の絵ぶた人形本体です。

Ebuta2013houkoku8687

市内の色々なイベントに出回るそうで、さすがに、3年もの風雪に晒された体には傷みが目立ち、今回は紙の張替えからの大修理を依頼されたそうです。

Ebutahokokun236220161018

上は、現在の大修理の進捗状況です。 

大修理の様子をこのブログで紹介出来ればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~(最終)

前回までで「絵ぶた作り」の紹介を終え、今回(最終回)は、「第22回 マンガ絵ぶたまつり」に出品参加した全9基の紹介を致します。と言っても写真掲載だけですが。

祭は、予定通り8月13日(土)の夕刻6時30分に開催されました。

開催式には、地元選出の衆議院議員、加藤勝信内閣府特命担当大臣の姿もありました。H16年の「第5回 おかやま県民文化大賞」を受賞しただけはある大したお祭です。寂しいのは年々減少していく町の人口でしょうか。

Ebuta891320160813

備中太鼓により、祭の火蓋が切られました。

続くは、待ちに待った、内部照明を煌々と灯した「絵ぶた」のパレードです。

今回の「絵ぶた」全9基の写真を下に掲載致しましょう。

**********************************************************************

当日のパレード順に、

Ebuta898320160813

川上こども園キッズクラブ」の作品「明るい未来

Ebuta893220160813

エコレンジャー」の作品「ゲゲゲの鬼太郎

Ebuta907020160813

Ebuta919020160813

準大賞に輝いた我々「夢一夜絵ぶた会」の作品「ズートピア

Ebuta894820160813

Ebuta894920160813

チーム・多力本願」の作品「風の谷のナウシカ

Ebuta895220160813

下大竹絵ぶた会」の作品「LINEキャラクター

Ebuta895420160813_2

Ebuta895620160813

大賞に輝いた「三沢絵ぶた会」の作品「スーパーマリオ

Ebuta896120160813

準大賞に輝いた「インパルス川上」の作品「スヌーピー

Ebuta902320160813

Ebuta901720160813

ドリームファクトリー」の作品「ど根性ガエル

Ebuta896920160813

Ebuta897620160813

グループ七つ星」の作品「備中神楽 吉備津舞

「嬉しいことに、年々作りが良くなって行く。」とは、商工会議所の女性事務員さんの話。 本当に、何れも力作揃いでした。

**********************************************************************

今回は、知名度の低い、難題の「ズートピア」に挑戦しましたが、大賞を逃してしまいました。大賞の「スーパーマリオ」の出来には一目置きますが、残念でした。来年また挑戦です。

今年は、つい先日、一国の首相が、オリンピックの閉会式にマリオとなって、ドラえもんが取り出した土管を伝って地球の裏側にワープした年です。

全世界的なキャラクターであるマリオドラえもんキャプテン翼等、それに、今後はピカチュウ辺りには敬意を払わなければなりませんね。happy01  過去何度も出て来たキャラだそうですが、「三沢絵ぶた会」のテーマ選定には脱帽ですね。

Ebuta914020160813

別の幼馴染の同級生が上げる打ち上げ花火をバックに。

(完)

**********************************************************************

余談ですが、制作過程で毎日新聞社の取材を受け、8月11日の朝刊の岡山版に、我々「夢一夜絵ぶた会」の写真入の記事が載りました。 ブログ掲載の許可は下りませんでしたが、良い思い出になりました。感謝です。

一方、地元のCTVのキビテレビ(吉備ケーブルテレビ)の特集で、我々の「ズートピア」が第3位との報道がなされました。「絵ぶた」の表彰は、大賞1基と準大賞2基であることぐらい地元ですので知っておいて欲しいものです。angry

尚、上位3チームの作品は、今後1年間、川上マンガ絵ぶた公園の絵ぶた館内に飾られます。入場無料ですので、近くにお越しの際は是非お立寄り下さいとのことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑪

絵ぶた作り」の最終です。 今日はキャスター付きの本番台車へのセットアップをご紹介致します。

本体の「蝋引き」が終わったものは、天日に晒して蝋を馴染ませます。天日に晒すことで浸透が加速されて均一化し、余分な蝋は流れ落ちてくれます。 「蝋引き」の下手な私の手になる作品にはこの行程が欠かせません。

下は、セットアップ前に天日に晒される「クロウハウザー」と「ラッシュ」です。

Ebuta860820160810

近くの倉庫に保管してあるキャスター付きの台車(屋台)を取りに行き、

Ebuta860920160810_2

ボルトの緩み等を確認した上で、

Ebuta888120160813

支給される整備済みの発電機2台(1台は予備)を受け取って台車に組み込みます。

Ebuta887420160813

倉庫から全ての作品を引っ張り出して、男手4人で台車に組み上げました。最初からサブ台座に分けていたので簡単でしたが、背景の中央の岩山の頂上が倉庫の天井梁を擦るというハプニングもありました。coldsweats01

Ebuta888520160813

台座の周りに、支給される黒布をピン止めし、絵ぶた屋台を引き回しするための角材の手摺を取り付けて完成です。 押しピンの頭もマジックで黒く塗るといった徹底ぶりです。

Ebuta888320160813

祭り開始前に引き回しの手が集合場所まで引いて行きますが、それまで仕上げの天日干しです。

あとは、本番の「マンガ絵ぶたまつり」を待つまでとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑩

新米警官「ジュディ」の頭部の「紙貼り」が完成し、中央部のサブ台座に「ニック」と一緒に設置されました。

Ebuta841620160728

これから、二つの細身のキャラクターの胴体部の「針金」が始まります。

Ebuta845120160801

やはりキツネの「ニック」には大きな尻尾も必要です。

名人Y君の「針金」ワークをご覧にいれましょう。

Ebuta846020160801

曲線が見事です。

Ebuta846220160801

こんな細かい「針金」は見たことがありません。「紙貼り」も大変でしょうね。

Ebuta854420160807

8月も7日の日曜日。 「マンガ絵ぶたまつり」まであと一週間を切りました。 左のY君も大分お疲れの様子です。

Ebuta859820160809

最後となった「ジュディとニック」の「紙貼り」の完成です。 このまま出しても良いほどの美しい出来栄えに感心しました。 「紙貼り」のお姉さん達、お疲れ様でした。

Ebuta861520160810

書割り」が始まった「ジュディとニック」を既に出来上がっている台座に載せて当たりを確認しました。ほど良く隙間が開いていて、これなら本番で背景の「ボゴ」が見え隠れするでしょう。

Ebuta887120160813

そして終に、「ジュディとニック」の完成です。 時はお祭当日の朝。 朝方1時に「蝋引き」が終わったそうでしたが、いやあー美しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑨

今日は、Y君の手になる「ジュディ」の頭部の制作過程をご紹介致します。

Ebutazootopia8466201607xx

さすがメインキャラで、資料は山ほどありましたが、名人Y君にとっても難題であることに変わりはありません。

Ebuta764620160713

着手して

Ebuta834820160721

Ebuta834920160721

Ebuta835920160722

10日で「針金」が完成しました。 さすが名人。 繊細で美しい労作です。

Ebuta838220160725

直ぐに「紙貼り」が始まり、

Ebuta839520160727

Ebuta839620160727

なんとも凄い。その後2日で完成です。

Ebuta839720160727

Ebuta839820160727

芸術品に仕上がりました。

次は「合体」。ではなくてcoldsweats01、相棒の「ニック」の横に設けた支持に乗っけて胴体部分の「針金」に入って行きます。 ここでもY君の腕の見せ所です。

明日に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑧

さて今日からはメインキャラクター「ジュディとニック」の登場です。

ディズニー映画「ズートピア」は、ウサギの新米警官「ジュディ」が、こともあろうにキツネの詐欺師「ニック」の助けを借りて事件を解決して行く物語です。

我々の絵ぶた「ズートピア」では、台座の正面中央にその可愛らしい姿を配する計画です。そして、その制作者は、絵ぶた名人と謳われるY君で無ければならないことは必然でした。

さて、どんな素晴らしい「ジュディとニック」が出来上がるやら。

先ずは、Y君が先に手掛けた「ニック」からです。

Ebutazootopia8467201607xx

しっかりした資料を入手しようと、映画のパンフレットとディズニーの「ズートピア」制作本を買って来ました。

この「ニック」、絵ぶたにするには難しい対象には間違いありません。

Ebuta760220160708

最初に頭から作って、胴体用の支持に取り付け、後から胴体部の「針金」に入る計画です。 

Ebuta760820160709

番手の大きい細めの針金で、綺麗な曲線が作られて行きます。

Ebuta761520160711

顔の前面を照明するのは30wのサークル蛍光管です。

Ebuta762920160712

両耳の下にはLEDランプが入りました。 「針金」の完成です。

Ebuta764020160713

紙貼り」の途中ですが、 映画「スターウォーズ」に出て来る兵士のヘルメットに似て来ました。

Ebuta765020160714

Ebuta764920160714

紙貼り」の途中と

Ebuta784120160715

Ebuta784220160715

完成品です。美しい「ニック」の頭が出来上がりました。

Y君の卓越した「針金」技術も賞賛されるべきでしょうが、女性陣の「紙貼り」技術も大したものです。

Ebuta840020160727

貼り上がった頭がサブ台座に立ち上げた胴体部の支持の上に取り付けられ、「ニック」の細身の胴体の「針金」が進んでいる状態です。

この後、「ジュディ」の頭が出来て、「ニック」の向かって右側に取り付けられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑦

今日は、絵ぶた「ズートピア」の背景となる衝立部分の制作過程を掲載致しましょう。

以前の「絵ぶた」には背景となる衝立状のものは無かったのですが、近年増えて来て、今回は半数以上の「絵ぶた」に設置されていました。

3.5m X 4m の小さな「絵ぶた」を大きく見せる効果だけでなく、キャラクターだけでは表現しにくいマンガ(物語)のストーリや、それこそ背景を表現して、最大限の効果を狙う目的や、テーマ名、制作団体名等も記載出来るメリットもあります。

我々の絵ぶた「ズートピア」も今回この効果を狙いました。

背景には、当初、動物王国「ズートピア」の都市風景であるビル街を作る予定でした。

Ebuta756820160630

横幅4m、奥行き0.8m、高さは、最上部で、酒用のコンテナーを外して下に移動用の小さなキャスターを着けた状態で、天井の梁から約1cm下と決めました。 この倉庫での最大の問題点(欠点)は高さなんです。

この状態まで、Y君と二人で2日(正味半日)で遣り遂げました。

Ebuta758420160704

照明器具取付けと「針金」が終了し、プロ(と言っても、前説の「夢一夜絵ぶた会」のメンバーである若奥さん連中ですが)の貼り手の出陣要請をして、この背景から「紙貼り」がスタートしました。

ついでに余談ですが、私同様にリタイアして、帰郷して暇そうにしている幼馴染の同級生(前出)を今回から仲間に誘い入れ、彼の往年の計装技術を買って電気屋として電気器具の整備を手伝って貰いました。一度入ったら抜けられない絵ぶた会であることを彼は未だ認識しておりません。

Ebuta758820160705

紙貼り」はどんどん進み、

Ebuta762220160712

Ebuta761420160711

後工程用の足場板の穴を残して完了しました。

表の面には警察署長のバッファローの「ボゴ」を書き込み、3つの山にはビル街を書き込む予定です。

そして、裏の面には「ズートピア」のロゴを書き込む部分を中央部に張り出しました。芸は細かく行くものです。

Ebuta841220160728

ボゴ」の姿をエクセルに貼り付けて方眼を書き込みコピーして、背景に方眼を書いてもらって6Bの鉛筆で拡大しました。肩袖のワッペンは今でも見ないで書くことが出来ますよ。happy01

Ebuta848020160802

Y君が手隙の時間で「書割り」を入れてくれました。背景のビル街は二人で協議して、動物王国「ズートピア」の砂漠地帯に存在する岩山住居(カッパドキア風のビル)にすることにしました。

Ebuta844520160801

裏面の両脇には右手に歌姫「ガゼル」を、左手に物語の隠れた悪役であったヒツジの「ベルウェザー」を書き込みました。

Ebuta852320160804

我々絵ぶた会の名前は、動物王国「ズートピア」のストリート標識の中にストリート名として入れることをY君が発案してくれました。

Ebuta851920160804

ブロック字体で「書割り」を施し、

Ebuta853720160805

絵付け」の出来上がり。なかなかの出来でしょう?

バックの背景色は青空の色にしました。

セクシーな歌姫「ガゼル」の拡大で、背景色の効果をお見せしましょう。

Ebuta852220160804

途中と、

Ebuta856420160808

仕上がりです。 輪郭を「蝋引き」で枠取りしているのでメリハリが着きました。

Ebuta851820160804

Ebuta854220160807

途中ですが、「ボゴ」の「絵付け」もほぼ完成です。

そして下が、背景の完成の姿です。

Ebuta860120160810

この前のスペースにサブ台座に分けて作成した夫々のキャラクターが並びます。上手く行けば、キャラクター達の間から「ボゴ」署長の鋭い視線が見えるはずです。

Ebuta860520160810

これは裏面。シンプルで綺麗でしょう?

次回は、絵ぶた名人Y君によるメインキャラクター「ジュディとニック」の制作過程をご紹介致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑥

今日も昨日に引き続き、「ズートピア」の脇役であるチーターの「クロウハウザー」の「絵ぶた作り」の過程を記載致します。

これも先ずは資料収集から。何せ未だ映画も観ていないのですから大変です。苦労したのは横顔の絵が無いことでした。

メインキャラの「ジュディニック」を担当する責任者のY君と調整して、全体のバランスを考慮して、「クロウハウザー」の高さを2,100mmに抑えることに致しました。

あとは、サブ台座からはみ出るぐらい太っちょの胴体を作ることでした。

Ebutazootopia8394201607xx

構想をスケッチして採寸取りをしました。当初は片手を上げる予定でしたが、メインキャラの「ニック」の耳に当たることが分かり、両手は胸に着けることにしました。

Ebuta786420160718

サブ台座に本体支持の支柱を入れ、等間隔に、胴体の針金を支持する細木を十字に入れて、先ずは太っちょの胴体の外枠を作ります。

Ebuta832320160719

Ebuta835520160722

Ebuta838920160725

1週間かけてやっとここまで出来上がりましたが、未だ顔の構想が浮かんで来ない状態でした。

悩んでも仕方ない。「誰も知っている人は居ない。『何じゃァー?こりゃァー。』の世界だよ。」と言ってくれる幼友達に押されて、

Ebuta840120160727

顔の制作に取り組みました。

Ebuta840520160727

横顔です。こんなもんで良いんかしら?

Ebuta842320160728

10日掛かった「針金」が終わって「紙貼り」が始まりました。 あっッ、そうそう、紙は下から貼って行きます。

Ebuta851020160804

これは「書割り」を終えたところですが、

Ebuta851220160804

ラッシュ」同様に、似ても似つかない怪物「クロウハウザー」になってしまいました。

「こいつは色んな表情をしているんだぜ。」「どうせ見上げなので顔は見えないんじゃない?」とは、幼友達からの慰めの言葉・・・では無く、私の私自身を慰める言い訳でした。

Ebuta853920160805

横から見た「クロウハウザー」ですが、これから「絵付け」で挽回出来るか?

Ebuta854620160807

上は、「絵付け」が終わった状態です。

Ebuta858120160809

これは、前面のベルトの周辺を残し「蝋引き」が終わった状態です。「蝋引き」の照明効果がはっきりと分かります。

Ebuta858620160809

これは、上の状態で内部照明を消したところです。「蝋引き」をしたところは黒っぽく見えます。ここが色作りの難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑤

絵ぶた作り」の基本をご紹介致しましたので、今日は、「ズートピア」の脇役であるナマケモノの「ラッシュ」の制作過程を記載致します。

余談ですが、その昔、JALのシカゴ直行便のバージンフライトに搭乗する機会があり、その際、就航を記念してシカゴ動物園から上野動物園に贈呈されるというナマケモノと同乗したことがありました。機内に動物臭が漂っていたことを記憶していますが、ディズニーもよくこんなキャラクターを出して来たものです。

先ずはイメージ作りからです。幸いなことに横顔のシーンもありましたが・・・。

Ebutazootopia8469201607xx

顔作りも毛並みの表現も出来る自信は毛頭無かったのですが、やるしかありませんでした。今から考えると無謀な挑戦でした。

Ebuta760420160708

針金」を終えた「ビッグドーナツ」を前に胴体の位置を決めて支柱を作り、

Ebuta761720160708

ビッグドーナツ」の台座を切り離しました。

Ebuta763820160713

6日掛かってやっとここまでたどり着きましたが、難関の顔作りが残っています。顔前面を照らす照明には、古いシーリングライトから取り外した30Wのサークル蛍光管を使用しています。

Ebuta785920160718

Ebuta786020160718

Ebuta831520160719

なんとか顔作りが出来て「紙貼り」が始まりましたが、プロの紙貼りペアーのスピードに、とうとう「針金」作業が追いまくられる状況になってしまいました。

Ebuta841020160727

紙貼り」が完了したところで、「ビッグドーナツ」のサブ台座とつき合わせて当たりを確認しました。

Ebuta847820160802

書割り」を行い、

Ebuta853220160805

書割り」の上に「蝋引き」をして「絵付け」に入ります。両手の先端の爪と眼の白目は無地の紙の上に「蝋引き」をして、光の透過強度を上げるようにしました。

Ebuta854520160807

絵付け」が終わった状態ですが、何だか似ても似つかない怪物「ラッシュ」になってしまいました。顔の「針金」はもとより、「絵付け」に失敗して暗っぽくなってしまいました。「蝋引き」でどのくらい回復できるか?

Ebuta857620160809

全体の「蝋引き」後に内部照明を点灯した状態ですが・・・・・。?

「誰もキャラを知らないし、似てるかどうかも分からないよ。そもそも『ズートピア』だって『何じゃァー?、ありゃァー!』の世界だよ。」とは、今回照明器具の整備と「紙貼り」を手伝ってくれた幼馴染の同級生からの慰めの言葉。 幼友達は良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greetings | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 趣味