ハシボソミズナギドリ

2016年6月22日 (水)

磯近くに来たハシボソミズナギドリ

今日の野鳥はハシボソミズナギドリです。

アオバトを狙って訪れた湘南の磯の周りで、海面に浮かんで採餌をする黒い海鳥が居ました。

Hashibosomizunagidori821320160523

三宅島航路で出会ったあのハシボソミズナギドリでした。

Hashibosomizunagidori836020160523l

沖合いに設営された定置網の周りにオオミズナギドリの大群が舞うところを何度も観たことがありましたが、当日は大きな群もなく、

Hashibosomizunagidori833420160523

数羽のハシボソミズナギドリが岸近くの海上を滑空していました。

(撮影日:2016.05.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

三宅島航路のハシボソミズナギドリ

今日の野鳥は、三宅島航路のハシボソミズナギドリです。

三宅島からの帰りの航路では、海鳥の出現を期待しましたが、遠くて、写真に収めるのは至難の業でした。

Hashibosomizunagidori767720160515l

撮れたのは、昨日のオオミズナギドリと、このハシボソミズナギドリの常連さん達だけでしたが、

Hashibosomizunagidori759920160515

Hashibosomizunagidori774020160515

Hashibosomizunagidori763120160515

Hashibosomizunagidori767620160515

定期船を追い掛けて、碧い海原を雄大に滑空するハシボソミズナギドリを眺めながら、夕刻の東京湾に入りました。

Tokyobay735820160515

夕日の中、ゆっくりと東京湾を出て行くコンテナー船と

Sunset736020160515

沈む夕日。

今回の4日間に及ぶ三宅島野鳥撮影行でしたが、天候に恵まれ、また、民宿のオーナーさん、レンタカー会社の社長さんをはじめとする島の方々、および、バーダーの方々のご親切にも助けられて、拙い写真でしたが、何とか目標とした三宅島の野鳥を撮ることが出来ました。

長々と続けて来ました三宅島シリーズの連載を終えるに付き、一言お礼を申し上げます。お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

ハシボソミズナギドリの群

今日の北海道の野鳥(海鳥)は、昨日に続きハシボソミズナギドリです。

クルーズ船が向かった先には、今日の群は大きくないと言うんですが、それでもかなりの数のハシボソミズナギドリの群が観えました。

Hashibosomizunagidori436620150614

知床の山並をバックに根室海峡の海に集うハシボソミズナギドリの群です。

Hashibosomizunagidori438020150614

クルーズ船から遠ざかるように

Hashibosomizunagidori438520150614

海面を蹴って飛び立ちますが、その足跡がさざ波となって凪いだ海面に残ります。

Hashibosomizunagidori439220150614

今回、数万羽のハシボソミズナギドリが集う迫力のあるシーンを観ることは出来ませんでしたが、それでも、豊饒の海である知床の海の一面を垣間見たようでした。

(撮影日:2015.06.14)

**********************************************************************

ところで、海鳥、特にこのミズナギドリ目の名前(和名)の長いこと・・・・・。

長いタイトルになってしまいます。

もちろん、観たことも撮ったこともありませんが、「クビワオオシロハラミズナギドリ」は15文字。

そう言えば、小学校の海辺の林間学校(半世紀も前の話になりますが、)で、長い海草の名前を教えてもらったことがありました。

リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ(竜宮の乙姫の元結の切り外し)」、単なるアマモの類の名前ですが、ロマンチックなこの21文字の名前に小学生ながら興奮したことを覚えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

羅臼の海の嘴細水薙鳥

今日の北海道の野鳥(海鳥)はハシボソミズナギドリです。

知床ネイチャークルーズのバードウォッチングの目玉は、沖合いに数千、数万羽もの大群で集うハシボソミズナギドリです。

シャチを観たその足で、クルーズ船はハシボソミズナギドリの群を探します。

Hashibosomizunagidori418320150614

船の接近により、ポツンポツンと凪いだ海面に浮かんでいたハシボソミズナギドリが海面を蹴って飛び立ちます。

Hashibosomizunagidori418420150614

手持ちの流し鳥、では無くて、流し撮りですが、連写ならぬ乱写の中にも僅かに顔の止まったショットが有りました。

Hashibosomizunagidori419220150614

船の進路に居たハシボソミズナギドリが慌てて逃げるところですが、可哀相に首も左右に振って必死の形相です。

Hashibosomizunagidori420320150614

Hashibosomizunagidori420520150614

それにしても海面は鏡の様に凪いでいて、

Hashibosomizunagidori419920150614

こんな写真も撮れました。

このハシボソミズナギドリは、南半球はオーストラリアの南東部、タスマニア島周辺の島嶼で繁殖し、日本の太平洋沿を通り北太平洋北部まで北上するそうで、途中、春から夏に掛けて羅臼の近海で大群が観られるそうです。

その大群を探してクルーズ船は北進を続けました。

(撮影日:2015.06.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼