シジュウカラガン

2018年12月19日 (水)

飛翔するシジュウカラガン

今日の「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」の野鳥は、昨日に続き、亜種シジュウカラガンです。

今日は、飛翔姿と塒入りを掲載致します。

先ずは群飛から、

Shijyuukaragan201812088961

次は、落雁のミニチュア版で、採餌場に舞い降りる様々な飛翔姿です。

Shijyuukaragan201812088876

Shijyuukaragan201812088877

Shijyuukaragan201812088878

Shijyuukaragan201812088879

Shijyuukaragan201812088880

次は、飛翔する群の中からの切り撮りです。

Shijyuukaragan201812088894

Shijyuukaragan201812088895

Shijyuukaragan201812088896

そして次は、その群の滑降する飛翔姿です。

Shijyuukaragan201812088883_2

Shijyuukaragan201812088885_2

背景は、青空ではなく薄黒い雪雲です。

次は、蕪栗沼に塒入りするシジュウカラガンの群の姿です。

 [12月8日 PM 4:11頃]

Shijyuukaragan201812089429

Shijyuukaragan201812089430

落雁を撮っていて気が付いたのですが、マガンでなく、シジュウカラガンの群でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

二千羽ものシジュウカラガンの群

今日の「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」の野鳥は、亜種シジュウカラガンです。

以前、北関東でも1羽で入って来たシジュウカラガンを撮ったことがありましたが、ここ宮城県北部地域には、年々その数を爆発的に増やし今年現在約3,000羽を数えるシジュウカラガンが越冬に遣って来るそうです。

Shijyuukaragan201812088590l

マガンの群の中に要るシジュウカラガンを探すのは、特徴ある羽色からそんなに難しくありませんが、群の数はせいぜい20羽ほど。

ガイドさんが連れて行ってくれたのは、何んと!2,000羽ほどの大群が採餌するスポット。

Shijyuukaragan201812088768

電車絡みで撮ったのですが、この右手と奥の田圃一面に大群が・・・。 パノラマ写真を撮るべきだったと後悔しました。

Shijyuukaragan201812088751

警戒心はさほど強くは無いようでしたが、車に驚いて飛立つことも。

今日は、2羽の併翔姿*を掲載しましょう。

Shijyuukaragan201812088913s

Shijyuukaragan201812088835

Shijyuukaragan201812088836

Shijyuukaragan201812088838

北日本の日本海側に大雪を降らせた雪雲の下に陽が差して、背景は青空あり黒い雪雲ありの微妙なトーン。

Shijyuukaragan201812088688_2

明日は、シジュウカラガンの飛翔姿と塒入りのシーンを掲載致します。

*併翔姿:併走があるのなら併翔も許されるのではと考えた造語です。ご容赦の程を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

水辺のシジュウカラガン

3日続けて、今日の野鳥もシジュウカラガンです。

田んぼで採餌をして、隣の沼には休憩に帰って来るようでした。暫く休んで羽繕いをして、再び採餌に田んぼに飛び立ちます。

Shijyuukaragan239920150331s

朝靄の中、沼面からの飛び立です。

Shijyuukaragan240220150331

沼では決まって羽繕いを始めます。

Shijyuukaragan234520150331

何か人工物が沈んでいるのでしょうか? 水面に立って羽繕いを終えました。

Shijyuukaragan246620160331s

逆光の下、葦原を縫って、覗き見の格好で撮ったシルエットです。 あまり天気が良いのも考えものです。 塒にしている(?)ドラム缶でしょうか?

(撮影日:2015.03.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

飛翔するシジュウカラガン

今日は、シジュウカラガンの飛翔姿を掲載致します。

採餌する田んぼと塒(と思われる)の沼の間を行き来する間に上空を数回飛んでくれました。

気温もぐんぐんと上がり、朝方の靄も消えて一面の青空です。

Shijyuukaragan249320150331s

道東以来、青空バックの飛び物の写真が増えました。

以下、いつもの「下手な鉄砲数打ちゃ中る。」で、四つ切サイズの連続写真を掲載します。

(左クリックで少し大きなサイズになります。拙い写真ですが大きい画面でご覧下さい。)

Shijyuukaragan251520150331s

Shijyuukaragan251920150331s

Shijyuukaragan252020150331s

Shijyuukaragan252120150331s

Shijyuukaragan252220150331s

Shijyuukaragan252320150331s

Shijyuukaragan253720150331s

Shijyuukaragan253820150331s

エクステンダー無しの、D7100+428 での撮影です。

(撮影日:2015.03.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

間に合ったシジュウカラガン

今日の野鳥は、シジュウカラガンです。

ずい分と前に情報を貰っていたシジュウカラガンでしたが、家事多忙に加え、2時間を越える遠地だったためになかなか重い腰が上がりませんでした。

例年になく早い桜の開花などで、もう幾らなんでも渡去してしまっただろうと思っていた矢先、未だ居るとの朗報が入って来ました。

早速、鳥友Sさんと利根川水系の三日月湖らしい沼に出掛けました。

Shijyuukaragan298920150331s

ポイントに着くや否や、すぐに、畑の中で採餌する一羽のシジュウカラガンの姿を見付けることが出来ました。 雌雄の別は分りませんが、白い頸輪がはっきりした成鳥です。

私にとっては、懐かしい鳥でもあります。

その昔の米国赴任中、近くの公園でよく見かけ、小さかった息子が追い掛けられて怖がっていたカナダガンCanada Goose )のその一亜種です。

Shijyuukaragan291820150331s

沼の側の田んぼで、白い花をつけたナズナ(別名ぺんぺん草)を摘んで食べていました。

Shijyuukaragan306220150331

Shijyuukaragan312620150331

この時期のナズナは種子を実らせていて、渡り前の脂肪吸収にはもってこいの餌でしょうか。

Shijyuukaragan313220150331

脱糞のシーンです。 水田の肥やしには、これももってこいの肥料でしょうか。 良く食べ良く出していたシジュウカラガンでした。

Shijyuukaragan313920150331s

戦前、日本の旧農務省も実施した繁殖地千島北方諸島での毛皮用の北極狐等の放し飼いなどにて一時期絶滅的被害を受けたものの、その後の米国を主体とした回復計画が効を奏し、その数を徐々に回復して来たと聞きました。

そして、なんと今季、およそ2,000羽ものシジュウカラガンが伊豆沼、八郎潟等で観察された?とか。事実ならば大変嬉しい情報です。

午前中の短時間で、田んぼでの採餌、飛翔、沼での羽繕い等を繰り返してくれ、撮影ショット数も三桁を数えました。

明日は、飛翔姿を掲載致します。

(撮影日:2015.03.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼