オオセグロカモメ

2019年3月24日 (日)

苫小牧周辺の冬の鳥達 ⑪

今日の「苫小牧周辺の冬の鳥達」は、オオセグロカモメです。

やはり何と言っても、数が多いのはオオセグロカモメです。

Oosegurokamome201903096632

Oosegurokamome201903096631

マリーナの外海でも、

Oosegurokamome201903096677

Oosegurokamome201903096678

Oosegurokamome201903096679

マリーナの中でも、頭の白い夏羽に換羽した成鳥が優雅に飛翔していました。

Oosegurokamome201903096778

漁港に係留された漁船のソナーの上では2羽が絡み合い、交尾シーンを期待しましたが未だ早いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

八丈航路の海鳥(オオセグロカモメ)

今日の八丈航路の海鳥は、オオセグロカモメです。

往路の波の影響で欠航した御蔵島寄港は、八丈島からの帰路となりました。今日は、航路を少し戻って、御蔵島で観掛けたオオセグロカモメの若鳥等を掲載し、八丈航路の最終回といたします。

三宅島の南に位置する御蔵島の海域も海鳥の多い所でした。

Mikurajima201803244036

島の西側には幾筋かの滝が海に流下し、

Oosegurokamome201803244046

荒波が打ち寄せる切り立った海岸線を飛ぶ1羽のカモメ類がいました。

Oosegurokamome201803244057

Oosegurokamome201803244065

着水する姿から、

Oosegurokamome201803244071

Oosegurokamome201803244072

オオセグロカモメの第1回冬羽の若鳥のようでした。

今回の旅の終わり。東京湾入口に掛かった所で、何んと!フルマカモメに出会いました。下は、船側を流れて行くフルマカモメの後姿です。

Furumakamome201803245049

ベテランガイドの I さんも、この海域で観たのは初めてとのことでした。

以下はおまけのハルトビ(別名「春告魚」のハマトビウオ)です。

Tobiuo201803243829

Tobiuo201803243830

朝まずめ、今回の旅で最初に撮影したトビものです。

Tobiuo201803243831

これは着水の瞬間。 大きな鰭を開いたまま着水するんですね。

昨日、岡山の実家に帰省しました。今日から約1ヶ月は百姓に専念ですが、夜鍋仕事に、先月末に訪れた石垣・与那国島の成果を整理してご報告いたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

落石漁港のオオセグロカモメ

今日の北海道の野鳥(海鳥)はオオセグロカモメです。

北海道最終日の午前中に落石ネイチャークルーズを予約していました。最低催行人数3名という条件もあり、我々3名はすんなりと予約が出来たのですが、悪天候も重なってか、前日出航キャンセルとなった方達も含め9時からの1便は総勢6、7名の乗船となるとのことでした。

早めに落石漁業協同組合の「エトピリ館」に赴き、乗船手続きをして6時出航の早朝便の帰航を待ちます。早朝便にはアルパインツアーの団体さんが乗っておられるとのこと。

港に駐車してある観光バスは見覚えのある紋別観光のバス。運転手さんは昨年のワイバードのツアーでお世話になった方でした。

時間を持て余し、漁港の中をうろちょろ歩き回りますが、居るのはオオセグロカモメぐらいでした。

Oosegurokamome467620150616

漁港の屋根の下では小規模な水揚げが行われていて、その脇で、カレイを咥えたオオセグロカモメが大きな獲物を持て余していました。ホシガレイでしょうか。

Oosegurokamome468420150616

何度も飲み込もうとしますがかないません。咥えて飛んで行きました。

Oosegurokamome526420150616

港の堤防の上では抱卵中の番が多く見受けられ、

Oosegurokamome527320150616

漁港の倉庫の屋根の上にも営巣するオオセグロカモメが沢山居ました。

街中の民家の屋根にも営巣していて、前夜泊まった花咲の民宿の近くでも、朝早くからトタン屋根を歩く騒々しい足音が聞こえていました。(民宿は個室で、耳栓は付けておりませんでした。)

**********************************************************************

「エトピリ館」脇の空き地にどこかで見かけたことのある綺麗な花が咲いていました。

Miyamaodamaki027920150616

富士山5合目の奥庭荘の水場の脇に咲いていたミヤマオダマキです。 高山植物と聞いていましたが、落石の港に咲いていたのには驚きました。

何時観ても綺麗な花です。

(撮影日:2015.06.16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

舳先に営巣した大背黒鴎

今日の北海道の野鳥はオオセグロカモメです。

6月中旬、この時期の道東の漁港周辺には、多くのオオセグロカモメが集い、もっぱら繁殖活動に余念がありません。

民家の屋根に粗末な巣を掛けて抱卵中の番や、堂々と屋根の上で交尾をする番も居ました。

Oosegurokamome090820150613

羅臼の「鷲の宿」の前を流れる川の河口に居たオオセグロカモメのペアですが、期待したキスシーンも交尾シーンも見せてはくれませんでした。

午前中に訪れた野付半島から羅臼に引き返し、午後3時から「知床ネイチャークルーズ」に参加するために羅臼港に行きました。

その羅臼港でクルーズ船を待っていると、

Oosegurokamome099020150614

港の隅に係留してある小船の上にオオセグロカモメの姿がありました。

Oosegurokamome098920150614

近付いて観ると、なんと、舳先で番の一羽が抱卵中の様です。

Oosegurokamome354320150614

これだけの巣材を運び込んで抱卵中だということは、この小船は結構長い間係留されっぱなしだったということでしょうが、

Oosegurokamome354520150614

キャビンの屋根で警戒する番の片割れに聞いても分かりませんよね。

この後どうなるのか心配でしたが、

Cruiseship143420150614

「知床ネイチャークルーズ」のクルーズ船が入ってきたので乗船しました。

午後3時出発の「知床ネイチャークルーズ」は、アルパインツアーサービス㈱のツアー企画でシャチクルーズにバードウォッチングを特別に組んだクルーズとのことで、ツアー客のバーダーさん達とご一緒させていただきました。

明日からのブログでは、野鳥ではなく、クルーズで出会えた根室海峡の海鳥とシャチが登場致します。

ところで、あのオオセグロカモメですが、その後どうなったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

冬の道東の野鳥 ⑱ オオセグロカモメ

道東シリーズ第18弾はオオセグロカモメ です。

Oosegurokamome562920150221

羅臼の流氷クルーズで撮ったオオセグロカモメ の成鳥です。

頭から首にかけてバフ色の斑も消え、すっかり綺麗な夏羽になった個体です。

背の色はセグロカモメ より黒く、本当に真っ黒な背をした鴎という意味で「大背黒鴎オオセグロカモメ )」と言うそうです。

Oosegurokamome335820150219

港の堤防の上で憩うオオグロカモメ 達。

Oosegurokamome484220150220

どこの漁港にも居て、この時期道東に居る鴎は殆んどがこのオオセグロカモメ です。

昔は北海道にしか居なかった?そうですよ。

夏の北海道でも繁殖し、他の鳥の卵や雛を捕食するので嫌われ者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼