シマフクロウ

2015年8月 2日 (日)

鷲の宿のシマフクロウ 続き

一時中断を含めて長々と続けて来ました北海道シリーズでしたが、今日を持ちまして終了させていただきます。

最終回は、再度、羅臼は「鷲の宿」で撮ったシマフクロウの在庫を掲載致します。

Shimafukurou267820150613

雄鳥は3度も出てくれて、

Shimafukurou276820150613

生簀の中の餌を何匹も食べ、持ち去りもしましたが、

Shimafukurou257620150613

雌鳥は一度だけ出て来て、

Shimafukurou258220150613

生簀にダイブ。

Shimafukurou258320150613l

何とかシマフクロウのダーウィンポーズが撮れました。足環をしていないと良いですね。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

そして、若鳥です。

Shimafukurou277320150613

若鳥も一度だけ出て来てくれましたが、右足に金色の足環をしています。

何度か失敗した後、生簀の中の餌をよーく見て、

Shimafukurou277520150613

チョコンと ダイブ!

Shimafukurou277820150613

ん?

Shimafukurou277920150613

うん?

Shimafukurou278420150613

おーッ・・・・・!?

Shimafukurou278620150613

おッ、今度は捕まえました。

Shimafukurou279220150613

あーァッ やっと何んとか」と思っているかどうか。

Shimafukurou279320150613l

どう」って、ギャラリーに伺っているようなポーズです。 拍手でもしなければ駄目だったのかな? (左クリックで少し大きな写真になります。)

Shimafukurou293820150613

少しおふざけが過ぎましたがご容赦を。

(撮影日:2015.06.13)

最後に、同行の鳥友Sさん、Yさん、北海道遠征、お疲れ様でした。大変お世話になりました。今回はまあまあでしたね。また次の遠征も宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

鷲の宿のシマフクロウ

今日の北海道の野鳥はシマフクロウです。

今年2度目のシマフクロウ撮影です。前回は2月21日。積雪の壁をバックに一度だけ生簀に現れたシマフクロウを撮影することが出来ましたが、およそ4ヶ月振りとなる初夏の今回は、大いに期待しての「鷲の宿」への投宿でした。

野付から夕刻5時に羅臼に帰着。撮影場所を確保して周辺を散策です。同行の鳥友Yさんは前の川で釣りに興じ、見事に型の良いオショロコマを2匹も釣り上げました。さっそく今晩のおかず?ではなくて、シマフクロウの餌として生簀に追加です。

Shimafukurou251220150613

夕食を終えて待つこと小一時間。7時20分過ぎにオスのシマフクロウがいきなり生簀に降り立ちました。口にはYさんが釣り上げたオショロコマ?を咥えています。

連射(連写)が始まりました。

この餌はその場で食べてしまい、次の餌に飛び掛りました。その一連の動きを連続写真で。

Shimafukurou253720150613

Shimafukurou253820150613

Shimafukurou253920150613

Shimafukurou254020150613

Shimafukurou254220150613

Shimafukurou254320150613

Shimafukurou254420150613_2

Shimafukurou254620150613

Shimafukurou254720150613

Shimafukurou254820150613

Shimafukurou255720150613

Shimafukurou255820150613

2度目の獲物は巣に居るという今年生まれの雛鳥に持ち帰ったのかもしれません。

428+D700(DX)で、F値3.5、ISO3200、シャッタースピード1/80の撮影です。小屋の後部端にて狙ったのですが、DXじゃ羽が切れ、やはりフルサイズが欲しいですね。

シマフクロウ、この日は、照明が消される深夜12時までに、オスが3回、メスが1回、そして、昨年生まれの若が1回の計5回出て来てくれました。

2月の撮影が嘘のようでした。happy01

その他のシーンは追って披露したいと思います。

(撮影日:2015.06.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

冬の道東の野鳥 ⑫ シマフクロウ

r道東シリーズ第12弾は、今回のツアーの目玉の一種であるシマフクロウです。

川中に生簀が設営され、夜間照明の下に遣ってくるシマフクロウが撮れる「鷲の宿」での撮影です。

当夜の夕食と宿泊も「鷲の宿」に設定してあり、幹線の除雪作業の影響で少し遅れ、夕刻5時半に到着、そそくさと夕食を済ませ早速撮影に入ります。

撮影(設定)条件を聞いて空撮りをしますが、428のレンズにDXでは大き過ぎて、多分、羽を広げたシマフクロウははみ出すだろうと思い、サブカメラ(DX)に150-500のズームをセットして条件を設定します。が、F値が5から6.3と大きくてこれも駄目でしょう。

予定では12時まで撮影して、明日の早朝は5時半から「鷲クルーズ」の船に乗る計画です。

待つこと数時間。夜10時を回ろうとしてもシマフクロウは一向に現れる気配無し。

「夕刻5時過ぎに鳴声がしていたが、聞こえない。多分、海に出て採餌をしている。だから今夜は出て来ないかも。」と宿の主人の談。・・・・・暗い部屋の中に、もっと暗ぁーい雰囲気が漂い始めました。

昨日は朝の2時ごろにやっと遣って来たとか。 10時に寝て2時に起きて撮ると言うガイド泣かせの輩も出て来て騒然となるも・・・・・

「宿の裏手の木に若鳥が止まっている。」との朗報が飛び込み、気を取り直すものの、「若鳥は生簀には来ない。」と言う。 また、暗ぁーい雰囲気に。 ついには「声がデカイ!」と言うお叱りも・・・。 皆苛立って来ました。 これで出ないと最悪です。

そして10時過ぎ。 裏手で鳴声が!

宿のオーナーによると、声の主は成鳥とのこと。ついにチャンスが訪れたとばかりに、騒がしかった撮影場所は人も固まって閑古鳥が鳴くような静寂な環境に。

その内、宿の奥さんが生簀にヤマメを追加して下さり、

暫くして、背後から黒い影が・・・・・!

Shimafukurou5023s20150220

シマフクロウです!

夜10時42分。 いきなり生簀脇に現れました。 土砂降りの雨音のようなシャッター音でした。happy01

Shimafukurou504120150220

生簀で採餌した後の飛び上がり。 何とか428xDXの枠内に納まりました。

Shimafukurou504320150220

左足の足環の色からすると、雄成鳥のシマフクロウだそうです。

Shimafukurou506420150220

Shimafukurou506620150220

Shimafukurou506820150220

Shimafukurou507420150220

何度か生簀に入って採餌した後、

Shimafukurou508220150220

Shimafukurou508920150220

川の上流に向かって飛び立って行きました。

撮影が終わった後の皆の変わり様の凄かったこと。 「豹変」とはこんな様を言うのかとも、「終わり良ければ全て良し」とも・・・・・。coldsweats01

兎に角、撮れて良かった。 皆嬉しそうでした。

下は、ズームレンズで撮った飛び立ちのシーンですが、暗いですね。

Shimafukurou017020150221

Shimafukurou017120150221

Shimafukurou017220150221

当夜、1時まで粘った御仁も居られたようでしたが、出たのはこの1回だけだったそうです。

いずれ近い将来にまた挑戦でしょうかね。

後で聞いたことですが、この宿の前の川は、昔、「鷲の生る木」で有名だったサシルイ川とのこと。 変わりましたね。

**********************************************************************

今日は、東日本大震災のあった3月11日。 もう4年も経つのですね。

改めて、被災地の早期復興と亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greetings | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシカツオドリ | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカオネッタイチョウ | アカガシラカラスバト | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アナドリ | アビ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オウチュウ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオシロハラミズナギドリ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオムシクイ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガサワラノスリ | オガサワラヒヨドリ | オガサワラメジロ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オナガミズナギドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロアジサシ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライウグイス | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コシャクシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラオネッタイチョウ | シラガホオジロ | シラコバト | シロアジサシ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | シロハラミズナギドリ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チゴモズ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | チョウセンメジロ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロオウチュウ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシナガウグイス | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メグロ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 三宅島 | 下甑島 | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 奄美大島 | 小笠原 | 年賀状 | 沖縄 | 石垣・西表島 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 舳倉島 | 趣味