オオヒシクイ

2023年11月15日 (水)

オオマガンと一緒に居たヒシクイ達

昨日の亜種オオマガンの続きです。

Hishikui202311099027_20231114135401

オオマガンと一緒に居たヒシクイですが、

Hishikui202311099141_20231114135401Hishikui202311099192_20231114135401

この子は亜種ヒシクイの成鳥ですよね。

Hishikui202311099153_20231114135401

そして、亜種オオヒシクイではと言われるこの子は、お腹の模様から幼鳥の様です。

Hishikui202311099188_20231114135401

この子も亜種ヒシクイの様に思います。

Hishikui202311099232_20231114135401

仲の良い親子の様に観えませんか?

Hishikui202311099237_20231114135401 Hishikui202311099239_20231114135401 Hishikui202311099252_20231114135401

二年前の帰省の途中に、珍鳥ハイイロガンを撮りに寄った大きな溜池も確かこの近く。

池にはセイタカシギタゲリの群れも、数日前にはコウノトリも居たとか。隣県の西部は鳥屋さんにとってはとっておきの場所の様です。

予定を変更し、お昼前に発って、岡山は笠岡の干拓地に猛禽の渡来を確認しに寄ってみることに致しました。

| | | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

オオマガンに会いにプチ遠征

鳥友からオオマガンの情報を貰い隣県の溜池にプチ遠征致しました。

聞くところによると、亜種オオヒシクイ亜種ヒシクイに混じり、亜種オオマガンらしき珍鳥の3羽が一緒に行動しているとのこと。

最近野鳥とは縁遠くなっていたこともあり、日を見て先日出掛けて見ました。

到着すると、

Oomagan202311098953_20231114135201

朝方の近所の刈田での食事を終えて3羽で池に帰って来て、今しがた取水用の堰堤に上がって来たところでした。

Oomagan202311098964_20231114135201

顔前面の白色部が大きく、額の上まで広がり、黄色のアイリングが鮮やかに見えます。

亜種オオマガンの特徴を備えています。

暫くして、

Oomagan202311098973_20231114135201

池に降りて3羽で遊泳を始めました。

Oomagan202311099073_20231114135201

手前が亜種オオマガンで先頭が亜種ヒシクイ、最後尾が亜種オオヒシクイと呼ばれていた個体達です。

Oomagan202311099075_20231114135201

並んでいると、大きさは、ヒシクイオオヒシクイオオマガンの様に観えます。

Oomagan202311099220_20231114135201

ヒシクイオオヒシクイは別にしても、この子は稀な亜種オオマガンでしょうね。

Oomagan202311099222_20231114135201 Oomagan202311099258_20231114135201 Oomagan202311099268_20231114135201

飛び立ちを期待しましたが、

Oomagan202311099326_20231114135201

再度池に入って、最後は中之島に上がって行きました。

聞くと、4時過ぎには飛び立って採餌に出掛けるとか。

飛翔姿は諦めて、山陽道下り線のトンネル火災で不通の区間を迂回して、片道3時間半の帰途につきました。

| | | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

九州撮影行/長崎諫早干拓編 ⑥

マガンの一家が居た入り江の先に白い大きな鳥が居ました。

腰高までコンクリートの防壁のある堤防上の道を歩いて近付いてみると、

Oohakuchou202212128662

何と、オオハクチョウではありませんか! カモ達が集う中に、若鳥や先程干拓地内で採餌していたヒシクイオオヒシクイの姿も観えます。

Oohakuchou202212128666

これは、隣の入り江に居た3羽の成鳥のオオハクチョウです。

Oohakuchou202212128708

オオハクチョウの地下茎を食しているようです。

下は、羽ばたきのシーンです。

Oohakuchou202212128727 Oohakuchou202212128728 Oohakuchou202212128729 Oohakuchou202212128730 Oohakuchou202212128731Oohakuchou202212128734 Oohakuchou202212128735

そして、

Oohakuchou202212128738

の陰からもう一羽が出て来て5羽に。

Oohakuchou202212128763

また一羽が出て来て6羽に。

隣の入り江の3羽を加えると9羽のオオハクチョウとなりました。

此処は長崎諫早です。マガンヒシクイと言い、何か新潟あたりに来ているような雰囲気でした。

| | | コメント (2)

2023年1月18日 (水)

九州撮影行/長崎諫早干拓編 ⑤

今日は九州撮影行の最終日。そして、諫早干拓での2日目。宿を早めにチェックアウトし、早朝から吾妻、森山、中央と干拓地を巡ります。

最初に訪れた吾妻干拓地の外れに、

Maganhishikui202212128607

何と、の小さな群の姿がありました。

Maganhishikui202212128611

よく観ると、マガン4羽と亜種ヒシクイ2羽と亜種オオヒシクイ1羽です。

Magan202212128624

マガン4羽の内訳は成鳥2羽と若鳥2羽で、家族のようです。

Maganhishikui202212128631

やがて、警戒したのか7羽連れ立って堤防の外に飛んで行きました。

Maganhishikui202212128633 Maganhishikui202212128634

7羽の綺麗な飛翔姿です。地上では目立たなかったオオヒシクイが大きく見えます。

後で堤防の上に移動してみると、マガンの姿がありました。

Magan202212128767 Magan202212128772 Magan202212128797

先程田んぼで二番穂を食んでいたマガンの家族でしょう。葦に囲まれた風の穏やかなエリアで仲良く休息していました。

九州でとは珍しいのではないのでしょうかね。?

| | | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

蕪栗沼のオオヒシクイ

今日の「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」の野鳥は、亜種オオヒシクイです。

Oohishikui201812089102s

Oohishikui201812089142

Oohishikui201812089148

蕪栗沼の北詰で憩うオオヒシクイ

亜種オオヒシクイは日本海側に沿って琵琶湖まで南下、亜種ヒシクイは宮城県北部まで飛来する。」との認識でしたが、伊豆沼・蕪栗沼ではオオヒシクイの群の中に居るヒシクイを探すのは難しいとのこと。?

下は、沼の上空を飛ぶオオヒシクイ。 バックは青空です。

Oohishikui201812089236

Oohishikui201812089239

Oohishikui201812089240

最終日の朝、雪降る中でマガンの塒立ちを観て、次に覗いた沼面では、手前にマガンの群と奥にオオヒシクイの群の姿を確認出来ました。

Oohishikui201812099537

一羽飛ぶのはオオヒシクイ

Oohishikui201812099542

Oohishikui201812099545

背中に雪を載せたオオヒシクイ。さすがデカイですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

マガンの群も居た!

今日の野鳥は、マガン亜種オオヒシクイです。

秋の舳倉島からの帰りに寄った羽咋市の邑知潟でしたが、飛び立ったコハクチョウの群の後に、なんと、マガンの群が居たのです。

Magan201810186174

田圃では、背丈が高いコハクチョウしか見えませんでしたが、白い群の後に黒い群が続いて飛び立ちました。

二兎を追う者は一兎をも得ず」の諺にならい、先ず手前のコハクチョウの群の飛び立ちを撮り、続いてマガンの群を・・・。 しかし、既に遅し?

Magan201810186177

遠くを飛ぶ群の姿を追いました。

Magan201810186179

40羽ほどの群でしたが、中に一羽のオオヒシクイの姿が・・・?

一番上を飛ぶ少し大きな個体です。

Oohishikui201810186179

拡大してみると、やはり亜種オオヒシクイです。体長はマガンの1.2倍ほどあります。

舳倉島ではヒシクイを、羽咋ではオオヒシクイを・・・、何れも一羽単独でした。

(撮影日:2018.10.18)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

霞ヶ浦のオオヒシクイ

12月に入った今週初め、チュウヒ類のリベンジに、鳥友Sさんと再度、霞ヶ浦南岸の干拓地に出向きました。

今回は私が車出しです。朝7時。遅めのお迎えです。

チュウヒ類を狙うにはそんなに早い時間に着く必要はありませんが、都心を抜けての遠征で、少なく見積もっても片道3時間は掛かかる行程です。・・・ので、朝7時の出発です。

チュウヒのポイントには午後に入り、それまでは関東唯一のオオヒシクイの越冬地である稲波干拓地でオオヒシクイを狙うことにしました。

先月、新潟の雨の中で撮ったオオヒシクイです。

Oohishikui9536k20141202

稲波の「オオヒシクイ保護監察小屋」にお邪魔し、当日の情報と稲敷市発行のパンフレットをいただき、200m程先の群れを確認しました。

今季既に106羽を数えたそうで、渡来数は順調に増加している様子でした。

Oohishikui946820141202

ボランティア?の監視員の指示に従い、遠く離れて土手の上からの撮影です。 いやー、ここも遠ーい、遠ぉーい!

Oohishikui950620141202

真昼間ですのでオオヒシクイは休憩の時間です。

撮影のマナーが悪いと監視員が自転車で巡回して注意を促します。 保護のためには有効な手段です。 そういえば立ち寄ったのは「観察小屋」ではなくて「監察小屋」でした。

小一時間も居ないで、動きが無いので早々に引き上げました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

福島潟のオオヒシクイ

亜種オオヒシクイを求めて訪れた福島潟も氷雨に煙り、探鳥どころではありませんでしたが、それでも時折、雲間から陽が差して虹が出たりと変な天気でした。

灰色の空に綺麗な虹が掛かりその虹の前をオオヒシクイの群が横切りました。

Oohishikui738520141113

少し眼を離して見て貰えれば・・・・・      虹、見えました?

福島潟南西側の潟周辺の田んぼでオオヒシクイの群を探しましたが、オオハクチョウと違って警戒心が強く、車でもなかなか近くに寄らせてくれません。

Oohishikui752920141113

小雨の中でたたずむオオヒシクイの群

Oohishikui742020141113

群に合流する3羽のオオヒシクイ

Oohishikui768720141114

群の中の見張り役です。

Oohishikui769720141114

飛び立ちの瞬間です。

Oohishikui777920141114

民家のすぐ傍の田んぼに居たオオヒシクイの群。民家を削除して横長のカットに。(左クリックで大きな写真になります。)

Oohishikui779620141114

この子も群の見張り役。頭と長い首を見ていると馬に見えてくるんですが・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼