オオミズナギドリ

2018年3月26日 (月)

八丈航路の海鳥(オオミズナギドリ)

先週末、A社企画のバードウォッチングツアー「アホウドリに会いたい! 東京~八丈島航路 2日間」に参加してきました。

成果は、今後連載の予定のブログ記事でご報告するとして、東京の近郊で(廻る島々は東京都ですが)アホウドリ系の海鳥が観えるとは、知ってはいても改めての驚きでした。

毎回同様に半ツアー形式で、タイトル「八丈航路の海鳥(鳥名)」として、航路で出会った海鳥達を掲載の予定です。

Hachijyoukouro20180323011

竹芝桟橋を夜中の22時30分に出港。小雨煙る中でしたが、明日の天気予報は概ね晴れとの予報。総勢23名のツアーでした。

橘丸に乗船するのは三宅島探鳥以来の2年振りです。

まだ薄暗い中、三宅島三池港に着岸。デッキに陣取り航路探鳥がスタートしました。

海鳥ガイドで定評のある さんの事前情報によると、三宅島~御蔵島間と復路の三宅島~大島、東京湾入口の海域がアホウドリ類を含めて一番鳥が濃いとのこと。

道理で、御蔵島から先、朝から出て来る鳥は定番のオオミズナギドリばかり。

練習を兼ねてシャッターを押しました。

Oomizunagidori201803244294

Oomizunagidori201803244296

Oomizunagidori201803244298

Oomizunagidori201803244299

帰りの航路でも所々に鳥山が立ち、三宅島周辺での降雨の中で、幻想的なオオミズナギドリの群飛が観られました。

Oomizunagidori201803244156

Oomizunagidori201803244160

(撮影日:2018.03.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

小笠原の鳥(オオミズナギドリ)

ツアー会社の主宰する『鳥の観察会 「小笠原 硫黄島3島クルーズとメグロの島・母島(2017・9・8~13)」に参加して来ました。

船が苦手で避けて来たツアーでしたが、鳥友から聞く話では、そう簡単には行けないツアーだとか。

せめて待望のメグロだけでもと、試しに応募すると、案の定、催行人員数45名のところ満席でキャンセル待ち。諦めていたところに、空きが出たとの朗報を貰い、今回の参加となりました。

竹芝のターミナルに着いてみると、ツアー客以外も含め、当ブログにリンクを貼らせて頂いている鳥友さんが3名。舳倉島で良く顔合わせをする方々が4、5名。下甑島のツアーでご一緒した関西方面からのお方達が4、5名と、岡山の知人。それに、波崎、三番瀬等でよくお会いするFさん等々。錚錚たるメンバーでした。

成果から申し上げますと、ライファーは11種。亜種も含めると、初見初撮りは16種を数えました。もちろん、証拠写真も山ほどあります。 

今日から、「小笠原の鳥種名)」のタイトルで、小笠原航路、小笠原群島(父島、母島、南島)、それに、硫黄島3島(南硫黄島、硫黄島、北硫黄島)クルーズで撮影した野鳥達を種毎に、出来れば撮影順に、アップして行きたいと思います。

今日は手始めに、東京湾を出てすぐのオオミズナギドリです。

Oomizunagidori201709082563

Oomizunagidori201709082639

近海でよく目にするオオミズナギドリです。 練習に裏表を。

船が大きいのか、遠すぎて・・・ボケてます。

Oomizunagidori201709082589s

上は、百数十羽の鳥山。

大磯沖の定置網の周りでもよく観られる光景です。

**********************************************************************

話変わって、

今回の旅は天気が良くって・・・、それに、鳥撮りの旅は朝から晩までお天道様とのお付き合いです。

お蔭様で、随分と日に焼けました。

皮膚科で貰った試供品のUV乳液を朝の洗面後に塗りたくったのですが、亜熱帯の太陽は容赦がありません。

目下、膨大な数の写真を整理しながら、鏡とにらめっこ。 顔中の黒皮をアルコール綿で拭きながら頬を膨らませると、数本の皺の線が白く浮かび上がり、思わず噴き出してしまいました。

いやー! 兎に角、小笠原は暑かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

舳倉の鳥(オオミズナギドリ)

そうなんですよ、未だ終わりじゃないんです。

今日の野鳥は、舳倉島航路の野鳥、オオミズナギドリです。

下甑島ツアーで、「鳥観は最後まで諦めてはいけない。」との教訓を得ました。ので、輪島への帰りの航路はフェリーの狭いデッキの上に出て、最後まで海鳥を狙いました。

港を出てから約40分、輪島との丁度中間辺りの大島周辺が海鳥の多い海域です。

Oomizunagidori201705196914

一羽のオオミズナギドリが飛翔するその先に、

Oomizunagidori201705196822

数十羽の群が居ました。

フェリーは群のすぐ側を走って行きます。

Oomizunagidori201705196828

それでも距離は、5、60mほどあったでしょうか?

Oomizunagidori201705196833

Oomizunagidori201705196836

Oomizunagidori201705196905

紺碧の海に舞うオオミズナギドリを追いました。

常連の方の話では、「昔はもっと大きな群が観えた。」とか。 ここでも、「昔は・・・」の悲しくなる話を耳にしてしまいました。

(撮影日:2017.05.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

甑島の野鳥(オオミズナギドリ)

今日の野鳥はオオミズナギドリです。

薩摩川内港から下甑島長浜港までは高速船が運航していて、狭いながらもデッキで海鳥を探鳥出来ました。

行きの航路上で観えたのは、カツオドリウミネコオオミズナギドリ

Oomizunagidori201704231006

Oomizunagidori201704231009

Oomizunagidori201704231010

Oomizunagidori201704231013

残念ながら、写真に収められたのはオオミズナギドリだけでした。

Shimokoshikijima201704231025

見えて来た下甑島。 高速船は濃紺の海を進み、約1時間10分で長浜港に入港です。

東シナ海第二の秘島、異常なほどUFOが目撃されている島、そして、5年ほど前に超珍鳥ロクショウヒタキが発見されている珍鳥期待の野鳥観察の島等々、否が応でも期待が弾みます・・・・・が、好天続きで最終日が雨の予想。 珍鳥出現は荒れた日の後と相場は決まっていて、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

三宅島航路のオオミズナギドリ

今日の野鳥は、三宅島からの帰りの航路で撮ったオオミズナギドリです。

三宅島13:35発→竹芝桟橋19:45着の約6時間強の航海です。 

乗船とともに甲板に出て海鳥を探します。 

Oomizunagidori749120160515l

オオミズナギドリです。海面を滑るように飛び、

Oomizunagidori764920160515

時には翼が海面に付くほど、上下にうねる海面に沿って飛翔を続けます。 大漁を呼び込む鳥として漁師に大切にされているとか。

三宅島-東京航路では最もよく観られる海鳥とか。

**********************************************************************

下は、錆ヶ浜港に入港する東海汽船「橘丸

Tachibanamaru748420160515

乗船を待つ中には、60cmオーバーの見事なイシガキダイを釣られた幸運の釣り客の姿も、また、ロッククライミングを楽しまれたグループの姿もありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

沖に群がるオオミズナギドリ

大磯照ヶ崎の沖には定置網が設置されていて、その定置網の周辺に鳥山が立っていました。

双眼鏡で覗くと、オオミズナギドリの大群がなぶらをめがけて海面に突っ込んでいるようです。

Oomizunagidori2773140922

Oomizunagidori2777140922

Oomizunagidori2815140922

(* 画像をクリックしていただければ大きな画面になります。)

海岸からこんな大きな鳥山を観るのは初めてです。

海面のうねりによって数は増減しますが、数箇所でなぶらが立ち、鳥山が出来ます。その数2、300羽。どこから集まってきたのでしょうか?

そして、何処に消えたのでしょうか? 小一時間後の海原にはオオミズナギドリの群れの姿は有りませんでした。

下は、鳥山の中心のズームアップです。

Oomizunagidori2814z140922

Oomizunagidori2856z140922

翼幅120cmほど。オオミズナギドリはスリムで、かなり大きな海鳥でした。

このオオミズナギドリは、繁殖期のみ繁殖場所の島に上がり、普段は海上で過ごす海鳥ですが、繁殖期の番は、一晩中うるさく鳴き交わしを行い、雄は「キーウィ」 雌は「ゴーヤー」(実際の鳴き交わしの声を聴いたことの無い私が考えた「聴きなし」ではありますが、録音された鳴声を聴く限りには十分に許される「聴きなし」と思います。)と鳴きます。

もちろん、「キーウィ」はキーウィフルーツ。「ゴーヤー」は苦瓜のゴーヤーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼