ツツドリ

2018年10月 1日 (月)

エゾビタキに会いに山の公園へ

今日の野鳥は、エゾビタキツツドリです。

やっと青空が覗いた先週末、エゾビタキが遣って来ていると聞いた山の公園に行ってみました。

駐車場は満杯。 麓に駐車して小道を登って行くと、

Tsutsudori201809282252

雑木林の梢に、待っていてくれたかの様にツツドリの姿が。 今季初見でした。

Ezobitaki201809282261

広場に出ると、ミズキの枝に、これも今季初対面のエゾビタキの姿がありました。

数羽のエゾビタキが乱舞する様に群がり、実を採餌して行きますが、枝に埋もれてしまい、止まりものの姿を写し込むのは至難の技でした。

Ezobitaki201809282331

Ezobitaki201809282254

暫し木止まりの可愛いエゾビタキの姿を追いましたが、

Ezobitaki201809282324

偶に脇のポンプ小屋の屋根に止まります。

聞くと、屋上に雨水が溜まっていて飲みに降りるのだとか。

Ezobitaki201809282356

小高い所から見ると、屋根一面に雨水が溜り、屋上プールと化していました。

Ezobitaki201809282384

数羽が頻繁に水飲みに遣って来るのですが、好位置があるようで、下は、その位置を狙って脇の小枝で待機するエゾビタキの姿です。

Ezobitaki201809282366

可愛いですね。?

この日は、久し振りの好天とあって、山上のサンクチュアリーの水場はCMで満杯。 そして、展望台には20名ほどの鷹見のバーダーさん達が陣取り、鷹の渡りを観察されていました。

聞くと、この日は、午前中(10時過ぎまで)に31羽ほどのサシバが渡って行ったとか。秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

舳倉島の鳥(トケン類)

今日の舳倉島の野鳥は、トケン類ツツドリカッコウホトトギスです。

春の渡りの時期、珍鳥を含めたトケン類カッコウ科の野鳥)の姿が多いのも舳倉島です。

Tsutsudori201805213368

ニセアカシアの木立に止った赤色形のツツドリ

Tsutsudori201805213326_2

Tsutsudori201805213331

頬の白い個体でした。

Kakkou201805158857s

そしてこれは、カッコウ

Kakkou201805203108

下は、少し小型のホトトギスです。

Hototogisu201805213393

かなり遠かった。

鳴声はすれど、なかなか良い所には出てくれなかったトケン類でした。

我々が離島した後に、今季もジュウイチが出たそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

秋を感じに近くの公園へ(ツツドリ)

今日の野鳥はツツドリです。

Tsutsudori201709217535s

この時期になると方々のブログでツツドリの掲載が始まります。

隣町の湿生公園にも既に遣って来ているのでは?と、山の公園からの帰りに寄り道をしてみました。

土手に咲く彼岸花が反映して池の水面を赤く染めています。その水面に飛び込むカワセミの姿を収めようと大勢のCM達が集う中、私一人はツツドリを探します。

暫くして、池中の神社の木立に1羽のトケンが飛び込みました。赤くはなかった様でした。

姿を確認できず、待っていると飛び出して、はるか下手の水道施設のの木に入りました。

Tsutsudori201709217476

の木はまだ鬱蒼と葉を残し、小枝が多く、姿は観えても葉被り、枝被りばかりで・・・・・

ここは辛抱。 待っていると太い枝先に出て来てくれました。

Tsutsudori201709217478

同じ写場(スタジオ)ですが、数ポーズをどうぞ。

Tsutsudori201709217490

Tsutsudori201709217515

Tsutsudori201709217518

**********************************************************************

下は、昨夜の「秦野たばこ祭り」の打上花火です。7時半から8時までの30分間、2,000発もの花火が打ち上げられました。 県下で3番目の規模だそうです。

Hanabi201709244819

先日の山の公園の広場から打ち上げられる花火。これじゃコサメ エゾ も堪ったものじゃありませんね。

花火の写真を少し、

Hanabi201709244775

Hanabi201709244773

Hanabi201709244792

Hanabi201709244805

Hanabi201709244810

Hanabi201709244816

**********************************************************************

明日からまた、「小笠原の鳥」の再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ツツドリの地上採餌

今日の野鳥は昨日に続きツツドリです。

Tsutsudori912120161024l

海辺の干拓地の公園に居たツツドリですが、未だ鬱蒼と葉を茂らせた広葉樹の枝に居て、ともすれば空抜けになるため、木々の幹に隠れ、立ち位置を変えて狙う角度を調整します。枝被りにも注意が必要です。

Tsutsudori914320161024l

露出補正も頻繁に。

Tsutsudori916720161024l

気が付くと、ツツドリが、向きを変えて・・・

Tsutsudori916920161024l

地上に降り立ちました。 急いで露出補正を戻して対応します。

Tsutsudori917820161024l

Tsutsudori918520161024l

どうやら落ち葉の中から毛虫を捕まえたようです。

Tsutsudori919120161024l

連写モードに入りましたが、

Tsutsudori919620161024l

Tsutsudori919720161024

飛び立ちの瞬間には対応出来ず、残念ながらこんな写真になりました。

調べてみると、ツツドリの最終確認日は11月上旬の記録があるようです。

(撮影日:2016.10.24)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

未だ居たツツドリ

今日の野鳥はツツドリです。

好天が期待出来た昨日、野鳥を求めて岡山県南の笠岡干拓地に出掛けてみました。 特に是と言った狙いの野鳥は無かったのですが、海辺に細長く造営された公園の一角に、

Tsutsudori923120161024l

なんと、ツツドリの姿がありました。

Tsutsudori927520161024l

10月もそろそろ終わり。 こんな時期、今季神奈川で会えなかったツツドリとこんな海岸ぷちの公園で会えるなんて。

Tsutsudori927620161024l

餌はもっぱら地上の毛虫のようで、

Tsutsudori927720161024

毛虫を見付けては枝先から飛び降りて採餌をする光景が頻繁に観察できましたが、青空が広がる公園の暗い木立の中と、ウォーキングを楽しまれる公園利用者の頻繁な往来でチャンスを逃すことが多く、撮影は困難を極めました。

Tsutsudori887920161024l

Tsutsudori888620161024l

葉の落ちた桜の枝に止まるツツドリですが、ジョギングの人に驚き、

Tsutsudori888720161024l

飛び去って行きました。羽色からすると若鳥の様ですね。

地上での採餌の様子はまた明日に。

(撮影日:2016.10.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

湿生公園のツツドリ

神奈川帰宅後4日目にしてやっと近場のMFに出掛けてみました。

ここ数日、台風の影響か朝晩めっきり涼しくなり、すっかり秋の様相です。 鳥友に近況をお聞きしても芳しくない状況でしたが、少なくなった休耕田や調整池を廻った後に、ツツドリが出ていると聞いた近くの湿生公園に行ってみました。

鳥友Sさんにも会い、待つこと1時間。

Tsutsudori756120150827

やっとツツドリが出て来てくれました。昨年撮った同一個体でしょうか、赤色型です。

公園内のの木には殺虫剤が散布されたようで毛虫の姿が観えず、暫く居てくれるか心配ですが、今年もなんとかツツドリに会えました。

Sarusuberi756020150827

公園内には残暑を思わせる百日紅の花が満開でした。

(撮影日:2015.08.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

知床峠のツツドリ

今日の北海道の野鳥はツツドリです。

ウトロに泊まった翌朝は、早朝6時前到着を目指して知床峠に向かいました。狙いは昨夕に引き続いてのギンザンマシコ♂でした。

しかし、声も姿もありません。聞こえるのは遠くで鳴くツツドリカッコウの声のみです。

Tsutsudori223320150613

潅木の上に止まって鳴いていたツツドリが飛び立ったところを何とか押さえました。

Tsutsudori223420150613_2

反対側の斜面では遠くでカッコウが鳴いていました。

Kakkou2109z20150613

距離は100m以上あったでしょうか。

初夏の北海道ではトケン類ツツドリカッコウの声を良く耳にします。

リベンジの雄のギンザンマシコには返り討ちに遭ってしまいましたが、ハイマツ帯に居たノビタキビンズイにお相手をしてもらって、午前中には知床峠を後にしました。

(撮影日:2015.06.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月30日 (火)

赤色型のツツドリ

昨日は、コスノビを撮りに隣町の河口に近い河川敷の公園に行きましたが、咲き誇る一面のコスモス畑には肝心のノビタキの姿は無く、木立を飛び回るツツドリの若鳥の証拠写真を撮って早々に場所を変えました。

前夜のたばこ祭の花火の打ち上げ場所となった山の公園は駄目でしょうから、近場の湿生公園に行ってみました。最近までツツドリが出ていた例のカワセミ公園です。

公園には、カワセミ狙いの3人のカメラマンの他には誰も居ません。ましてやツツドリ狙いのカメラマンなど一人も。

桜の木立を観て廻ると、直ぐに、まさかのツツドリが飛んで来て川沿いの手摺に止まりました。

Tsutsudori3993140929

待望の赤色型のツツドリです。 超ラッキーです。 鳥運が有るのか無いのか分りません。

枝被りも何もありません。 赤色型に合せた(?)バックの薄紫色は小川に掛かる歩道橋です。 有機物が一切無い、図鑑的写真が撮れました。

ツツドリの赤色型は雌鳥と聞きます。

下は、コスノビを撮りに行った河川敷に居たツツドリの若です。

Tsutsudori3981140929

この湘南地方のツツドリ。例年だと10月下旬まで観えるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

ツツドリとカナブン

今日の野鳥も、先日東京葛飾の公園で撮ったツツドリです。

メタセコイアの高い枝先に止まってリラックスモードのツツドリを撮っていると、

Tsutsudori1168140912

ツツドリの正面に黒い物体が・・・・・。? カナブンです。

Tsutsudori1181140912

ツツドリが興味を持ったようです。

Tsutsudori1178140912

カナブンは大接近し、まさしく「飛んで火に入る夏の虫!」

Tsutsudori1186140912

食べられたかな?・・・と思った瞬間。 嘴で弾かれて飛んで行きました。

この時期は甲虫よりも毛虫なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

初撮りのツツドリ

3連休前の金曜日、ツツドリが出ている東京葛飾の水郷公園に連れて行って貰いました。

鳥友達の話では、2日前に来たときは餌の毛虫が多くて、撮ったツツドリの写真の中に数匹の毛虫が写り込んでいたとか。しかし、食べ尽くされたのか毛虫は少ないようでした。

Tsutsudori0583140912

ポイントに着くと、そこには別の鳥友が居られ、「あそこに出ている。」とのことで、撮った写真が上の写真。

何を隠そう、ツツドリは初撮りです。 いつも、抜けた後の、後の祭り。

少し太めで糞掛かりの枝ですが、我慢するか。

Tsutsudori0809140912

数本ある桜の木の梢には、未だ少し毛虫が残っているようで、何度か採餌のシーンを見せてくれました。

Tsutsudori0868140912

葉は落ちかけて見通しは良くなっているのですが、桜の枝には小枝や孫生え(ひこばえ)が多く、被りの無い写真は望めそうにありません。

Tsutsudori0874130912

毛虫が見つからないのか、暫くして隣のメタセコイアの林の方に飛んで行きました。

Tsutsudori1064140912_2

待つこと数十分。 高い梢にツツドリの姿がありました。被りも無く、空抜けでもなく、格好の場所です。メタセコイアの葉影が綺麗です。

満腹なのか? リラックスして、背伸びを再三やってくれました。

Tsutsudori1071140912

エンジェルポーズから、

Tsutsudori1213140912

尾羽を一杯に広げたところです。

Tsutsudori1329140912

陽光が当たる場所に出て来てくれました。 細枝止まりのスマートな姿です。

赤色型は観えませんでしたが、初撮りのツツドリ。堪能させて貰いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼