オジロワシ

2015年7月 4日 (土)

野付の夏のオジロワシ

今日の北海道の野鳥はオジロワシです。

羅臼の「鷲の宿」シマフクロウを堪能した翌日は、午後3時出発の「羅臼ネイチャークルーズ」に参加することにしていました。今回の北海道への撮影行を企画した後に急遽追加した日程でしたが、予約を取り付けたSさんの話では、アルパインツアーサービス㈱のツアー企画でバードウォッチングを主体としたシャチクルーズ?がその日特別に組まれ、定員の空きに入り込むことが出来たとのこと。

午後3時までに羅臼に帰って来るまで、再度、昨日と同じ野付半島に行って来ることにしました。昨日とは違って日差しも期待出来そうでした。

野付に入り車を進めると、

Ojirowashi350020150614

昨日と同じ流木の枝先に(昨日と同じ個体?の)オジロワシが止まっているのが観えました。

Ojirowashi351220150614

青い根室海峡をバックに冬とは違った雰囲気です。

暫く待って

Ojirowashi351320150614l

飛び立ちを撮らせていただきました。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

Ojirowashi352020150614l

野付半島ではオジロワシが繁殖しているとか?複数の越夏個体を観ました。

下は、オジロワシの居たナラワラ周辺の景色です。

Notsuke353620150614

(撮影日:2015.06.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

冬の道東の野鳥 ⑲ オジロワシ

道東シリーズ第19弾は、野付半島で撮ったオジロワシ です。

ツアー3日目の朝、流氷クルーズを終え羅臼を発って タンチョウ の待つ鶴居に向かいます。その途中、野付半島で探鳥しましたが、何も居ません。

居るのはエゾジカ の大群です。 凄い数のエゾジカ の群れに驚きました。 例年に無い豪雪で食べ物が探せないのでしょうね。 積雪の比較的少ない平地に降りて来て採餌をしていました。

Ezojika604020150221

立派な角を持った雄鹿の群れの中の2頭です。

Ezojika605220150221

バックに見えるのは雪を被った知床の山々です。

野鳥は居なくて鹿ばかり。 先日、エゾジカ が出て、千歳空港を7時間も閉鎖したとか。雪害転じての鹿害も馬鹿にならないですね。

そんな中、帰路、オジロワシ を見付けて撮影です。

Ojirowashi613420150221

除雪した雪を被るテトラポッドの上に止まるオジロワシ。 根室海峡の流氷と羅臼岳を入れて縦構図で撮りました。天気が良くて最高です。

この子の尾羽の先は少し黒いので4、5年目の成鳥でしょうか。 鋭い眼つきをしています。

暫くして沖合いに飛んでいって、流氷の上に止まりました。

Ojirowashi619120150221

雪を被った知床連峰と流氷が埋め尽くす根室海峡、それに、大きな氷片の上のオジロワシ。 絵になりますねぇー。

Ojirowashi620320150221

縦構図で。 遠景は、知床連山最高峰の羅臼岳(標高1,661m)と三ッ峰、サシルイ岳です。

ついでに遠景を、 (クリックで少し大きな写真になります。)

Shiretoko6044s20150221

山並みは、左から天頂山、窪んだ所が知床峠で、羅臼岳、三ッ峰、サシルイ岳、南岳、知円別岳と続きます。流氷の海に浮かぶ雪を被った知床連山は綺麗でした。

そして東側、

Kunashiri6046s20150221

野付水道の向こうに浮かぶ国後島です。 野付半島からわずか16Km。 見える頂は標高543mの泊山。 ヒグマも多そうですが、さぞかし野鳥も多いのでしょうね。

**********************************************************************

国後島を調べていたら「北方領土と千島-北の宝島-」というHPが目に付きました。

千島の旅行には乗馬が必要です。ではよいご旅行を・・・」で始まる副タイトル「記憶の周遊旅行」のこのHPは、つい70年前までの北方領土を旅する絶好のガイドでしょう。 お薦めです。

*無断転載が禁じられておりますのでLINKを貼っておりません。 表題で検索して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

冬の道東の野鳥 ⑯ オジロワシ

道東シリーズ第16弾は流氷上のオジロワシです。

Ojirowashi5644s20150221

流氷の上に止まるオジロワシ。 その姿には威厳が感じられます。

Ojirowashi523620150221

朝日に染まるオジロワシ。 また目が合っちゃいましたね。

Ojirowashi568820150221

Ojirowashi570920150221

その後もこんなに睨まれてしまいました。weep

Ojirowashi517020150221

給餌に集まってくるオジロワシ。 この子は尾羽の端が未だ黒いので若鳥のようです。

Ojirowashi540820150221

オオワシに劣らずカッコイイ鷲ですね。

以下は食事中のシーンです。

Ojirowashi512020150221

Ojirowashi559820150221

Ojirowashi584220150221

いずれも大きな餌の一人(羽)占めでした。

このオジロワシも、オオワシ同様に天然記念物に指定されて保護されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

冬の道東の野鳥 ⑮ オジロワシ

道東シリーズ第15弾は、オジロワシ です。

オオワシ 同様に道東を代表する大型の猛禽です。

今日は、撮り過ぎた感のある多くの写真の中からオジロワシ の飛翔姿を掲載いたします。

Ojirowashi5617s20150221

羅臼流氷・バードウォッチングクルーズの船の上からのショットです。

Ojirowashi5618s20150221

Ojirowashi5619s20150221

青空をバックに動きのあるオジロワシ の成鳥の写真が撮れました。 白い尾羽が綺麗ですよね。 (クリックで少し大きな写真になります。)

下は、風連湖の氷上を滑空するオジロワシ です。

Ojirowashi435920150220

Ojirowashi436420150220

Ojirowashi439920150220

北海道で繁殖する個体も居るそうで、夏の北海道ツアーでもオジロワシ の姿を良く見掛けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

夏空に舞うオジロワシ

今回が、長々と続けてきました北海道シリーズの最後です。

10年振りとなる道東は少し野鳥が少なくなったのかな?と感じましたが、ツアーガイドさんのお蔭もあって、初撮りの野鳥も増えました。 ブログに掲載しました様な拙い写真ばかりでしたが、天候にも恵まれそこそこの成果が有った撮影ツアーでした。

久し振りの原生花園を巡る道中、何度か青空をソアリングするオジロワシの姿を目にしました。

Ojirowashi7801

428の手持ちでドライブインの駐車場から撮った写真ですが、何とかオジロワシと識別出来ました。

ガイドさんの話では、北海道内で繁殖する個体もかなりいるそうです。

でも、冬のオジロワシの方が・・・

下は、携帯していたコンデジで撮った原生花園です。 最終稿の記念に掲載させていただきます。

Okhotsk1

ハマナスの丘からオホーツク海を望む。冬は流氷原となるのですね。

Okhotsk2

エゾノヨロイグサエゾスカシユリの丘からオホーツク海を望む

Lakesaroma

最終訪問地のサロマ湖ワッカ原生花園 (エゾスカシユリとワッカネイチャーセンター)

ツアーガイドのNさん、そして同行されたツアーメンバーの皆さんにも恵まれ、(誰かさんの大鼾には閉口しましたが)楽しい撮影ツアーとなりました。ここに厚く御礼申し上げます。

Sさん、今度は冬の北海道、また一緒に行きましょうね。 もちろん今度は個室でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greeting | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨウロッパトウネン | ヨシガモ | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 趣味