ノゴマ

2019年5月16日 (木)

舳倉島遠征(ノゴマ)

今日の舳倉島の野鳥は、ノゴマです。

Nogoma201905111122

北海道の牧柵に止まるノゴマの様でしょう?

これは、舳倉島のフェリーの船着場の近くの公園の柵の上に止まるノゴマです。

Nogoma201905100632

公園の芝生にノゴマの雄鳥が出ずっぱりとの連絡を貰って駆け付けると、

Nogoma201905100663

柵の植え込みの中から出て来ました。

Nogoma201905100679

芝生のノゴマは北海道でも撮れません。?(笑)

Nogoma201905100685

Nogoma201905100711

Nogoma201905100725

Nogoma201905100726

Nogoma201905100745

スマートな姿を撮って楽しみました。

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

突然現れたノゴマ

今日の舳倉島の野鳥は、ノゴマです。

舳倉島での探鳥スタイルは、鳥影を探して島内を徘徊するか、水場でじっと鳥の出を待つか、大きく分けてこの二通りです。

私の場合、一日およそ2万歩弱の島内徘徊と水場待機を併用いたします。 鳥影でも無かった日の島内徘徊は、まさに前期高齢者の徘徊姿となってしまいます。

南西の浜に向かう島中央の道を徘徊していると、道脇から突然に小鳥が現れました。

Nogoma201710118522

喉の真っ赤なノゴマの雄鳥でした。

さっと、笹薮の中に隠れてしまいましたが、

Nogoma201710118524

Nogoma201710118536

連写をしたのは言うまでもありません。

私の前を徘徊していた知人は、ノゴマの存在を知らず、どんどん先に消えていったその後の出来事でした。

こう言う出会いも楽しいものですね?

えっつ? 知人にですか? 後でノゴマの出た場所を教えてあげましたよ。

(撮影日:2017.10.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

喉の赤いノゴマのメス

一時休止していました北海道の野鳥シリーズをまた再開させていただき、今日の野鳥はノゴマです。

舳倉島で逢って以来、約1ヶ月振りの再会です。

野付半島の先にある野付崎灯台の脇のハマナスのブッシュの中でうごめく2羽の小鳥が居ました。

Nogoma339220150614

上に出て来たのはノゴマのオスでしたが、もう一羽が潅木の陰に居ます。ノゴマの番のようです。 この近くに営巣しているのかもしれません。

Nogoma341220150614

姿を現したもう一羽はノゴマのメスのようですが、喉もとが少し赤い。 図鑑によると、喉に淡い赤色斑を持つメスも居るそうで、めぐり合えたのは幸運でした?

このノゴマのメス、人間で言うと、男勝りの女子とか、以前に出会った口髭が生えた小母さんの類でしょうか。ね?

(撮影日:2015.06.14)

下は、野付に咲いていた綺麗なヒオウギアヤメの花です。

Hiougiayame353520150614

開花一番でしょうか、6月下旬から7月上旬が盛期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

舳倉島の野鳥 ⑥ ノゴマ

舳倉島の野鳥第6弾はノゴマです。

シマゴマが抜けた後のポイントにはノゴマのオスが入って来ました。

Nogoma802420150516s

渡りの途中でしょうが元気なオスです。

Nogoma792020150516

Nogoma792420150516

遅くとも来月には北海道の原生花園に渡って綺麗な姿を披露してくれるのでしょうね。

来月前半は北海道遠征を計画中です。また北海道で逢いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

夏の北海道に似合うノゴマ

オホーツク沿岸の原生花園では、ノゴマが其処此処で観られましたが、ここ紋別のオムサロ原生花園では繁殖中の番が居て、雛への給餌を頻繁に行っていました。

ノゴマは夏の北海道の定番ですが、いつ観ても可愛いものです。

Nogoma9947

ここは、この子のソングスポットの様で、給餌に来てはここで囀って行きます。

Nogoma0369_2

斜陽を浴びて囀るノゴマ

今夜は、紋別のホテルに宿泊して、明日の早朝に再度訪れる予定です。

Kさん曰く、「川島町のノゴマの写真は全部捨てるようだね。」と。 そういえば関東にノゴマが出て大勢が押し寄せたとか聞いていました。

やはりノゴマは北海道が良く似合う。

そして次の朝(チェック前の早朝)に再チャレンジ。

昨夜は、Sさんが個室に移り、私とKさんは大鼾(いびき)に悩まされること無く安眠熟睡。 すっきりした爽やかな気分で撮影に望めたことが、当日朝の一番の収穫でした。(笑)

Nogoma0383

ハナウドの幹に止まるノゴマ

Nogoma0416

エゾノヨロイグサの上で囀るノゴマのオス

Nogoma0441

4m程の至近距離に来て

Nogoma0091_2

後退しながら撮ったノゴマのオス。

前回の北海道は、丁度10年前。 勤め先で支給されたリフレッシュ休暇を使い、奥さんと二人で旅行がてら10日間の撮影の旅をして以来です。

ということは、10年振りに逢うノゴマです。

いつ観ても、綺麗な鳥で、夏の北海道の原生花園に良く似合います。

余談大鼾掻きのSさんが話した面白い話

     ある野鳥撮影旅行で、大鼾掻き3人が同室となったとさ

     もちろんその夜は朝まで、轟く様な大鼾

     朝起きた鼾掻き3人は三様に、夫々他の2人に向かって

     「お前ら(2人)の鼾がうるさくて一睡も出来なかったぞ!」 と

     夫々憤慨して苦情を述べあったとか。

これって、お互いに大鼾を掻きながら少しは寝ってるって話?・・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼