コウノトリ

2013年11月13日 (水)

岡山に飛来したコウノトリ ③

今日の野鳥も先日岡山で撮ったコウノトリです。 残りの採餌シーンや脱糞シーン等を掲載いたしましょう。

飛来したコウノトリ達の中には、単独行動をする個体や、いつも一緒に行動する仲の良いペアも観られました。

Kounotori6430

このペアもそうですが、「足環カタログ」から推測するに、右は(J0068)のオス、そして左は(J0070)のメスで、同じ親鳥から今年生まれた兄妹(or 姉弟)ということが分かりました。

下は(J0068)の採餌のシーンです。

Kounotori5927

田んぼの側溝で何か黒い物を捕らえて飲み込みました。 頭の部分を拡大してみると、

Kounotori5927z

カエルの様です。

Kounotori6555

11月に入りやっと稲刈りが始まった県南は未だ暖かく、水路にはカエルや小魚が残っているのでしょう。 このペアはアオサギの領分を侵略して採餌をしていました。

そして食べたら出す。最後は脱糞のシーンです。

Kounotori6455

もちろん白い尿酸糞ですが、どのくらいの粘性があるのか知りませんが長い棒状に繋がっていますね。 出すものは全部出し終えましたので、今回でコウノトリの記載を終了いたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

岡山に飛来したコウノトリ ②

今日の野鳥は先日撮ったコウノトリです。

昨日、日本野鳥の会岡山県支部の方から、コメント欄に落鳥したコウノトリのことで連絡を頂きました。支部の会員の方が保護されてK市の自然史博物館に収容されたそうです。貴重な種ですので、何らかの形でその姿を残して頂けたらと思います。

今日はコウノトリの飛翔写真をまとめてみました。

今回岡山に飛来したコウノトリ達はその殆どが今年生まれの若鳥で、余り警戒心が無い様に思われました。人を恐れて飛び立つことは殆どありませんでしたが、餌場を替えるために頻繁に飛翔する姿がありました。

Kounotori6277

隣の田んぼに移動飛翔するコウノトリJ0081 メス)。

時には高く舞い上がり、小河川や集落や耕作地を越えて移動します。

Kounotori6027

Kounotori6028

この子は(J0074) 今年生まれのオスのコウノトリです。

Kounotori6060

上空を何度も旋回し、東の方に飛んで行きました。 下からの見上げで、青空にシルエットですが、白く短い尾羽が透けてとても綺麗でした。

ドイツ語でコウノトリを表す storck にはもう一つ「陰茎」(おちんちん)の意味があるそうで、そこからコウノトリが赤ちゃんを連れてくるというお伽噺が生まれたそうな。・・・これって下ネタ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

岡山に飛来したコウノトリ

例のタンチョウの繁殖活動をやっておられるきびじつるの里のHPに「10羽のコウノトリのグループが飛来した。」とのニュースが乗ったのは10月31日。 情報を集めていたところ、地方紙の山陽新聞(11月6日版)に写真入りの記事が載り、未だ岡山に滞在していることを知りました。

そして、好天の昨日金曜日、新聞に出ていた地名を訪ねて出掛けてみました。

Kounotori6295

以前、豊岡の兵庫県立コウノトリの郷公園を訪れ、ケージやオープンの囲いの中に居たコウノトリを観察したことがありましたが、そのコウノトリの郷で自然放鳥された個体か屋外の人口巣塔で繁殖した雛達かも知れません。

上の写真は岡山市北区の田んぼの畦道で採餌をするコウノトリのペアです。手前のアオサギと比べればその大きさが良く分かります。図鑑には体長112cmと出ています。

Kounotori5874

嘴を開いた(あくびをする?)コウノトリ。 後で公園のHPにある「足環カタログ」で調べたところ、この個体は伊豆地区人口巣塔で昨年生まれたオスのコウノトリJ0052)と分かりました。

Kounotori5891

飛び立つコウノトリJ0052

Kounotori5893

犬の散歩をされていた近所の年配のおじさんに聞いた話では、8羽が飛来し、その内の1羽が先日交通事故で落鳥したとか。道路脇の水路で死体で見つかり関係機関(市?野鳥の会?)が引取りに来たとか。詳細は不明ですが、田んぼから田んぼへと低く飛んで移動するので交通事故も有り得ない話では有りません。残念なことです。

昨日は2箇所で合計6羽を確認しましたが、写真で識別できた個体は、J0052J0068J0070J0074J0081の5羽だけでした。J0052以外は全て今年生まれの若鳥です。中には足環の無い個体が2羽居るそうですが見つかりませんでした。

採餌、飛行、滑空、脱糞等のシーンを入れて700ショットを超えましたが、中でも昨日のベストショットは、

Kounotori6232

2羽が嘴を絡ませるこの写真です。 なかなか撮れるシーンではないのでは?

右がJ0081 メス。左がJ0074 オスで、異なる親鳥から生まれた個体同士の様です。

採餌、飛行、滑空、脱糞等のシーンはまた後日ご披露致します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼