クロツラヘラサギ

2019年2月17日 (日)

満潮で渚に集う琵鷺達

今日の大授搦搦の野鳥は、クロツラヘラサギヘラサギです。

Kurotsuraherasagi201902074024l

潮の満ちて来た渚に、何処からともなくクロツラヘラサギ達が集りだしました。

Kurotsuraherasagi201902074160

その数30羽ほど。中に数羽のヘラサギの姿も見受けられますが、ここではクロツラヘラサギが主流です。

Kurotsuraherasagi201902074103

中には、

Kurotsuraherasagi201902074054

相互羽繕いをする番も居て、繁殖期を迎える準備でしょう。

Kurotsuraherasagi201902074116

Kurotsuraherasagi201902074118

胸が黄色がかり、冠羽が伸びた成鳥が観えたのは幸いでした。

Kurotsuraherasagi201902074257s

下は、干潟で採餌するクロツラヘラサギ

Kurotsuraherasagi201902074065

餌によりますが、ヘラ状の嘴でも干潟の方が餌を掴み易いですよね。

Herasagi201902074253

中に2、3羽居たヘラサギの一羽も冠羽が伸びていました。

Herasagi201902074421

Herasagi201902074500

初列風切の先端が黒い若鳥です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

仲良く朝のご出勤?

今日の諫早湾干拓地の野鳥は、シリーズ最終の、クロツラヘラサギです。

諫早最終日の朝、抜けるような青空の下、堤防土手の上に座っていると、背後からの群れが頭上を通過しました。

Kurotsuraherasagi170220161116l

Kurotsuraherasagi170320161116l

Kurotsuraherasagi170420161116l

なんと、クロツラヘラサギ(下)とヘラサギ(上)です。

Kurotsuraherasagi170520161116l

全部で4羽。仲良く2羽づつの若鳥達です。

Kurotsuraherasagi171120161116l

Kurotsuraherasagi171220161116l

向かう北東の方角には、2年前に訪れた佐賀の大授搦があります。この子達は有明海を渡って対岸の地にご出勤でしょうか?

**********************************************************************

今回訪れた諫早湾干拓地ですが、国家事業として進められた干拓事業は未だに大きな課題を引き摺っていますが、干拓地は今や野鳥の宝庫ともなり、一方で、水場を追われた鴨達による干拓農地の作物被害も発生しているとか。

Isahayakantaku242920161115

開門調査で揺れる北部排水門と、下は、干拓地の一角にある漁協解散記念碑の石のムツゴロウアゲマキガイ(左下)です。どちらも、昔、諫早湾で獲れていた珍味です。

Mutsugoroumonument237820161114

**********************************************************************

今回を持ちまして、(別名)晩秋の九州諫早「ナベコウを探す旅」を終了致します。

昨日、郷里岡山の田舎を発ち、神奈川に帰宅致しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

クロツラヘラサギの飛翔姿

夕日に染まるクロツラヘラサギの群れの写真を・・・と、密かに期待して待っていたのですが、数羽の群れに分かれて三々五々飛び立って行きました。

Kurotsuraherasagi1986s20150125

向かう先は八代海のどこかにある塒でしょうか? (左クリックで少し大きな写真になります。)

Kurotsuraherasagi195120150125

Kurotsuraherasagi195520150125

3羽の群れです。 家族でしょうか、一番後方が幼鳥です。

次は、一羽で反対方向に飛んで行った幼鳥の飛翔姿です。得意の連続写真でどうぞ。

Kurotsuraherasagi186020150125Kurotsuraherasagi186120150125Kurotsuraherasagi186220150125Kurotsuraherasagi186320150125

大きなしゃもじ状の嘴は、正面から見ると滑稽ですね。

九州最終日の明日(1月26日)は、朝から雨の模様です。これが最後の撮影ですが、佐賀のカササギ、出水のツル4種、そして、八代でクロツラヘラサギの群れ等、振り返るとまづまづの成果。 まあ、こんなもんでしょうと機材の片付けに入りました。今夜の宿は八代市内。どこかの居酒屋で一人打ち上げ会といたしましょう。美味しい地魚と焼酎で。

(撮影日:2015.01.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

憩うクロツラヘラサギの群れ

オイスターフェスティバル」の看板の立った角を曲がってぶつかった先に小さな入り江がありました。 対岸の堤防の空き地には、牡蠣小屋らしき大きなビニールテントが見えます。ナビで確認すると、ここは八代海に面した「大江湖」と言う名の小さな河口湖でした。

高い堤防で囲われた入り江の真ん中に白い野鳥の塊が見えました。

良く観ると、なんと、探していたクロツラへラサギの群れです。セグロカモメも、嘴の赤いユリカモメも居ます。皆で入り江の中央部の浅瀬に群がって羽繕いをしていました。

Kurotsuraherasagi1883s20150125

Kurotsuraherasagi1890s20150125

20羽ほどのクロツラヘラサギの群れです。こんなに大きなクロツラヘラサギの群れを観るのは初めてです。

(このページの写真は全て、左クリックで少し大きな写真になります。)

日没まではまだまだ時間があり、湖岸のポンプ小屋の陰に座り込んでじっくりと撮影することにしました。

Kurotsuraherasagi1957s20150125

クロツラへラサギだけをカットしてみました。 眼先に黄色い斑がある個体がほとんどですが、個体によりその大きさは異なるそうです。 

関東で撮ったクロツラヘラサギは幼鳥ばかりで、冠羽をつけた成鳥を撮るのは初めてでした。

(撮影日:2015.01.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

クロツラヘラサギの飛翔姿

沖を行く船や羽田離発着の航空機が立てる騒音がかえって心地好い東京湾の海浜公園です。 その公園の渚では、春休みともあって、少数の家族連れが水遊び(潮干狩り?)を楽しんでいました。

Kurotsuraherasagi3812

その前で、珍鳥クロツラヘラサギは、人を恐れるでもなく採餌に夢中になっていました。

「後は、飛翔姿のみ!」と、飛翔のタイミングをそれとなく待っていた矢先・・・、ヘリコプターの騒音が!。

これにはクロツラヘラサギも驚いて、

Kurotsuraherasagi3814

飛び立ちました。

急いでカメラで追いかけて見ましたが、咄嗟のことで、フレームに入らないショットの量産でした。

下は、その中でなんとか画角に入った数枚の連続写真です。

Kurotsuraherasagi3815

Kurotsuraherasagi3816

Kurotsuraherasagi3817

頭上を越えて、水路を跨ぎ、東側の隔離された小島の渚に飛んで行きました。 折りしも、潮が満ちて来るタイミングではありましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

黒面箆鷺のエンジェルポーズ

タイトル名が長くなるので漢字名を使いました。

東京湾のクロツラヘラサギの若鳥は、なかなかサービス精神旺盛(?)で、採餌の合間にエンジェルポーズまで披露してくれました。

下はその連続写真です。

Kurotsuraherasagi3673

Kurotsuraherasagi3675

もう少し上まで両翼を上げてくれれば完全なエンジェルポーズだったのですが、この若、恥ずかしかったのかな?

天使の翼に見立てて、伸びのシーンを「エンジェルポーズ」と言いますが、正面から撮るのはなかなかチャンスが無くて難しいものです。

明日は、飛翔のシーンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

クロツラヘラサギが捕食した物は、

今日は、クロツラヘラサギの捕食シーンです。

Kurotsuraherasagi3724

首を横に振りながら小魚を捕食します。 ヘラ状の嘴の先に神経が集中していて、餌の感触を掴んで咥えあげるようですが、何か掴んでは口を大きく開けて喉元に放り込みます。

Kurotsuraherasagi3734

小一時間の採餌に付き合いましたが、大きな小魚(表現が可笑しいですね)は捕まえませんでした。 皆、この上の写真のような小さな小魚でした。

Kurotsuraherasagi3745

喉元に放り込んだ小魚が口元に当たったらしくて、折角の餌を落としました。 拡大してみましょう。

Kurotsuraherasagi3745z

ボケていますが、この小魚は何でしょうね。 体高もあり、ボラの稚魚でもないようです。

Kurotsuraherasagi3748

二枚貝のような物も掴みましたが捕食には至りませんでした。

せめて5~6cm級のボラの稚魚でも捕食したシーンを撮りたかったのですが・・・。贅沢ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

東京湾のクロツラヘラサギ

郷里岡山に帰省しました。

これから5月中旬までは夏野菜の種蒔きと植え付けで多忙となり、野鳥の撮影は多分4月下旬まではお預けでしょうか・・・?

神奈川の自宅を離れる前に、鳥友達と一緒に、かなり前から東京湾の海浜公園の渚に来ているクロツラヘラサギの若を撮りに行ってきました。

Kurotsuraherasagi3567

海浜公園の開門時間から1時間後。 待っていた渚にクロツラヘラサギが飛来しました。 私にとってはこれが3回目の出会いですが、こんなに近くで観るのは初めてです。

Kurotsuraherasagi3639

早速、渚で採餌を始めました。

Kurotsuraherasagi3711_2

若鳥のため嘴は真っ黒でなく、ピンクの肉色です。 そういえば、この前のヘラサギの嘴も同じような色をしていましたね。 何れも珍鳥。 若鳥が迷い込むのでしょうね。

Kurotsuraherasagi3768

忙しい採餌の間に見せた上目付きのポーズ

Kurotsuraherasagi3806

そんなに広くない渚を餌を求めて歩き回ります。

それにしてもゴツイ足ですね。 そうそう、クロツラヘラサギは足指に水かきも無いのに、今度、ペリカン目になったそうですね。

Kurotsuraherasagi3671

同じく今回コウノトリ目からペリカン目になったコサギと仲良く採餌するクロツラヘラサギ

雨模様の天候から一転して、気温20℃を超える4月下旬並みの暖かい日となったこの日。 この珍鳥クロツラヘラサギは、小一時間ほど、干潮時の渚で採餌をし、隣の進入禁止の島の渚に帰って行きました。

採餌シーンと飛翔シーンも撮れましたので、追って掲載いたしましょう。 菜園仕事の後の、夜なべの仕事となりそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

水鳥公園のクロツラヘラサギ

根雨のオシドリの帰還を待つ間に日野町根雨から小一時間の距離にある米子水鳥公園に行ってみることにしました。

米子水鳥公園のブログで、10月31日に今年もクロツラヘラサギがやって来たとの情報を得ていたからです。

クロツラヘラサギには深~い思い出があります。 2008年の大晦日の日、神奈川県小田原市を流れる酒匂川の河口で県内2例目となるクロツラヘラサギの飛来を写真に収めました。明けて正月、地方紙の神奈川新聞に投稿し、一面を飾るニュースにもなりました。 思えばもう5年前の出来事になってしまいましたが。

(*ご興味のある方は瑞鳥庵HOMEPAGEの「クロツラヘラサギ酒匂川に飛来」を参照ください。)

到着した水鳥公園はあいにくの休館日。 休日にもかかわらず施設点検?に出勤?されていたレンジャーらしき感じの良い人(若者)に休館日を教えられ、併せて、クロツラヘラサギの居るポイントと最短距離の撮影場所を教えていただきました。

Kurotsuraherasagi5285

いやー遠い!中洲の先端(写真の左)に居る白い個体がクロツラヘラサギの様です。嘴を背に差し込み、片足を上げて休息中です。

Kurotsuraherasagi5300

カメラの液晶モニターで拡大してみましたら、やはりクロツラヘラサギです。 5年ぶりの再会です。

出掛けに羽織った薄手のコットンセーターを脱いでも未だ暑い、快晴に近い好天で、左手には雄大な伯耆大山が霞んで見えます。しかし、クロツラヘラサギは逆光です。そしてなかなか顔を上げてくれません。

他の野鳥を撮りながら待つこと30分、1時間。一向に動こうとはしません。

Kurotsuraherasagi5334

やっと羽繕いを始めてくれましたが・・・・・駄目。

公園周辺の野鳥撮影に変更し、根雨への帰り際にもう一度挑戦しましたが、

Kurotsuraherasagi5589

かろうじて身体の向きを変えてくれただけで動きは有りませんでした。

水鳥公園のブログによりますと、このクロツラヘラサギは放浪癖があるようで、この次の日には姿が見えなかったそうですが、例年だとまた舞い戻って来るそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼