インドハッカ

2021年11月14日 (日)

沖縄・粟国島ツアーに参加して ㉒

今日の「粟国島の野鳥」は、インドハッカ(別名カバイロハッカ)です。

ベニバトサシバの居た東地区の農耕地には、インドハッカの姿もありました。

サシバの止まっていた電柱の側に1羽の姿を確認しましたが、

Indohakka202110069812

飛び立ったのは何と2羽。番でしょうね。

Indohakka202110069813 Indohakka202110069814

石垣島や与那国島でも撮れなかった飛翔姿を収めることが出来ました。

下は、上の二枚目の写真の拡大です。

Indohakka202110069813z

青空バックに綺麗でしょう?

Indohakka202110069468

これは、2日目の早朝、宿の近くでの探鳥の際に見付けたインドハッカです。外来種とされますが、生息域を拡大しているのでしょうかね。

| | | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

石垣・与那国ツアーに参加して ㉒

今日の与那国島の野鳥は、石垣島にも居た再登場のインドハッカ(別名カバイロハッカ)です。

祖納の集落を探鳥していると、インドハッカの姿がありました。ここでもその数を増やしているようです。

Indohakka202103284438

このインドハッカ、番で校舎の雨樋か何かの穴に営巣を始めたようでした。

Indohakka202103284459 Indohakka202103284460

独特の歩く姿。

Indohakka202103284471 Indohakka202103284474

好奇心はすこぶる旺盛。九官鳥に似て親しみも湧きます。(事実、九官鳥の様に他の鳥や人の声を真似るとか。)

出来れば、与那国牛与那国馬の背に乗ってハエアブを食む姿を見せて欲しいものですね。

下は、頭部の拡大写真ですが、興味あるのは目の虹彩。

Indohakka20210328z4471 Indohakka20210328z4474

黒地に白い点が時計の文字盤のように並んでいます。今回初めて観察出来たインドハッカの特徴でした。

鳴き声がコンピューターゲームの音に似ていて(ガイドのMさんの説明)、ゲームで加点出来た時に目の虹彩が光を放してぐるぐる回れば、まさにコンピューター鳥ですね。それで、ITに強いインドの名が付いた?(キツイ冗談ですよ!)

与那国島のインドハッカは台湾の野生個体が渡って来たのではとのこと。台湾との直線距離は111km。東京−富士間位でしょうか?

| | | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

石垣・与那国ツアーに参加して ⑨

今日の石垣島の野鳥は、インドハッカクロサギです。

一日目で(実際は正味4時間ほどで)石垣3(+1)点セットを全てゲットしてホテルに投宿。いつもなら街に繰り出し美味しい石垣の食材とビールでその日の成果を祝うのですが、コロナ下にあってはコンビニ弁当で済ませました。

そして翌朝。これもいつもなら、朝食前に早朝探鳥をやった後に、フライトまでの時間を使って街中を流れる小河川の河口で白いクロサギシギチを観るのですが、これもコロナ下での減便のために中止でした。

朝食の後、歩いて宿の近くの公園の空き地と漁港を覗いてみました。

Indohakka202103273394

居たのはインドハッカ(別名:カバイロハッカ)。その昔、島内の牧場に居るのを見せて貰ったあの移入種(外来種)です。

Indohakka202103273424 Indohakka202103273431 Indohakka202103273435

早朝の公園に居たのは一羽だけでしたが、近年その数を増やしているとか。

Indohakka202103273455 Indohakka202103273482 Indohakka202103273484

漁協の屋上の手摺の上で大きな声で鳴くインドハッカ。文字表現が出来ませんが、ガイドさんはPCゲームの音に似ていると言っていました。

そして、漁港の中を覗くと、

Kurosagi202103273452

波打ち際で小魚を狙うクロサギが一羽。前回は白いクロサギでしたが・・・・・

Kurosagi202103273464 Kurosagi202103273468

この子は喉に白斑があるタイプでした。

この後、与那国行きの便に乗るためバスで空港(南ぬ島石垣空港)に向かいました。

| | | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

珍鳥インドハッカ

今日の八重山の野鳥は、インドハッカです。

「皆さんに多分国内で2羽しか居ない珍しい鳥を見せてあげましょう。」とのガイドさんの説明で、石垣島を縦断して北端のとある牧場に。私有地である牧場に居る鳥などツアーでない限り見ることもできません。

Indohakka3562

カバイロハッカとも呼ばれたインドハッカです。 この牧場で数年前から繁殖しているとか。

Indohakka3600

牛舎の横の放牧場のフェンスに止まって羽繕いをしていましたが、なにせ遠くて。 証拠写真ですが、眼の後ろ下部の黄色の皮膚がむき出て独特の顔つきがよく分かります。

Indohakka3609

もう少し近くで撮りたかったな。

今日の八重山の花は、ゲッキツ(月橘)です。

Gekkitsu4997

ミルクジャスミンとも呼ばれ、特に夜、芳香を放つことから月橘とか。 八重山ではペットボトルのさんぴん茶(ジャスミン茶)をよく飲みました。

ゲッキツの花言葉は、「純粋な心」です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼