キンバト

2019年10月26日 (土)

与那国島のキンバト

今日の与那国島の野鳥は、キンバトです。

与那国島の探鳥ツアーでは昨秋複数羽が観られたハイイロオウチュウを探しましたが、もう一種、エメラルドグリーンの美しい翼を持つ人気のキンバトも、時間の許す限り何度も探しました。

ポイントの山の公園に行っても見られず、山道でマイクロバスのガラス窓越しに見えたキンバトはすぐさま森の中に・・・

こんなことが2、3度あった後、時は与那国2日目の夕刻。

祖納の街中を流していると、電柱にムクドリの群が・・・ その中にジャワハッカが混じっているのを同行のさん(註参照)が見付け、飛び去った方角に移動。バスを降り、遠くの電線に止まったジャワハッカを撮ろうと歩きかけると、ガイドのさんが大声で制止する。

キンバト! キンバト!」「行くな!行くな!

Kinbato201910076939

何と、5、6m先の民家のブロック塀の上にシルエットと化したキンバトの姿が!

Kinbato201910076949Kinbato201910076976Kinbato201910076986Kinbato201910077000

急いで感度設定変更と露出補正をして何とか写したのが上の写真でした。

ちなみに、バックの白は民家の壁の色。そして、ブロックの上の突起は糞ではなくてモルタルの滓です。

羽色からは雌鳥のようでした。

そして、最終日の翌日の朝も山道のキンバトのポイントへ、(私はベニバトが撮りたいのに。とは、言えません。)

Kinbato201910087037

居ました! 前日と同じポイントで採餌中のキンバトを発見。 執念です。

Kinbato201910087085

雄の成鳥ですね。

Kinbato201910087088Kinbato201910087149Kinbato201910087150Kinbato201910087179

距離7、8mの至近でしたが、生活道路の山道を跳ばすトラックに驚いて飛び去りました。

(註)

同行のさんは、当ブログに時々コメントを下さる Hiroyukisan です。舳倉島でご一緒し、鳥談議に花を咲かせる知り合いですが、鳥運が(本人曰く、金運も)素晴しく良い方で、今回のツアーも相談して同行を決めました。金運は駄目としても、彼の鳥運にあやかりたかったのは言うまでもありません。

今回の街中のキンバトも、さんが、ムクドリの中のジャワハッカを見付けたから(西風が吹けば桶屋が儲かる式)の産物でした。気の好いさん、大声で面白く自慢などをするものだから、最後にガイドのさんから「お笑い芸人」と言われていましたよ。(笑)失礼、さん。

| | コメント (2)

2018年7月16日 (月)

宮古島の鳥(キンバト)

今日の宮古島の野鳥は、キンバトです。

竜の池の独占劇場で、リュウキュウアカショウビンリュウキュウサンコウチョウ、はたまた、オオクイナに興じていると・・・

池の上に張り出した枝に何か大きな鳥が止りました。

Kinbato201806268975

キンバトです。それも雄の成鳥。

Kinbato201806268977

暫し見惚れていましたが、池端に下りることもなく飛び去りました。

綺麗でした。

下は、

Kinbato201806268494

散策路から林の奥の枝に飛び上がった雌鳥。 足環をしていました。

前日ご一緒した方達から、今年はキンバトの姿を観ないと聞いていたので、雌雄を撮るとはラッキーだったのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

エッ?まさかのキンバト

今日の八重山の野鳥は、キンバトです。

どこかのお婆さんの家の庭先に出て来るキンバトが有名だったのはとおの昔。数も少なくなったのか、今回のツアーの案内の中にもキンバトの名前は有りませんでした。

石垣島二日目の朝は小雨でスタート。雨宿りで入った公園施設の坪庭にキンバトが居ました。

Kinbato3835

植え込みのツワブキの陰から出てきたキンバト。雌鳥のようです。雨に濡れ写真で見た鮮やかさはありません。

Kinbato3866

小さな坪庭でズーム小端の150mmでもなかなかピントが合いません。 キンバトは大人しく一向に逃げようとはしません。 どこか変です。

Kinbato3868

写真には写していませんが、左の翼の羽がめくれています。 ガラスの壁にぶつかって左翼を痛めたようでした。 ツアーガイドさんの話では、朝方ガラス壁にぶつかり左翼を痛めたのでしょうが翼は折れてはなくしばらくすると回復するだろうとのこと。

キンバト君には悪いのですが、お陰様でめったに見えないキンバトを至近距離で観察するという幸運に恵まれた雨の日でした。

この「八重山紀行」のツアーの間に、マイクロバスの中からですが、キンバトを数回目にしました。写真に収めるなんてのは神業でしょうね。ちなみにキンバトの英名は、そのエメラルド色の羽色から Emerald Dove 、そして、キンバトは国の天然記念物です。

下は、パパイアです。

Papaya4614

刺身のツマにはこの青いパパイアが使われていました。

花言葉もあり、「燃える思い」「純愛」とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼