コノハズク

2016年6月28日 (火)

八東近況(赤色型コノハズク)

今日の野鳥は、赤色型コノハズクです。

八東ふる里の森」では、4番(つがい)のコノハズクが営巣中でした。 それも全て赤色型のコノハズク (通称:柿木菟[カキズク] )とのこと。

現在全ての巣で抱卵中とのことで、昼間、周辺を探しても成鳥の枝止まりの姿は見付かりません。 やはり、夜間のライトアップで、抱卵中の雌鳥に給餌に遣って来る雄鳥の餌渡しに期待するしかありません。

Konohazuku084920160621

今年は、館長手製の自然木の巣箱に営巣する赤色型コノハズクが主役です。

この巣箱は、昨年まで管理棟の玄関脇に転んでいた巣箱です。高さ6、70cm程あり、上手くすれば上下の屋根板と底板をカット出来て、あたかも自然木の穴に営巣したように撮影出来ます。

Konohazuku088520160621 Konohazuku087720160621 
Konohazuku091720160621
 Konohazuku086620160621 Konohazuku091820160621

しかし、腕が追い付きません。

初日はこんなボケボケ写真の量産でした。

そして次の日の夜。 悲惨な雨。

一人粘って撮れたのは、

Konohazuku119320160622 Konohazuku122520160622

1時間半以上も餌を持って来ない雄鳥を待ちかねて、巣穴から顔を出す雌鳥の姿でした。

(撮影日:2016.06.21&22)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

八東の森の木葉木菟

今日の野鳥も昨日に続き、鳥取県は八東ふる里の森で撮ったコノハズクです。

Konohazuku632820150721s

館長から、「赤いのの100m位い上(の遊歩道脇)にグレーのコノハが居るよ。」と教えられて行ってみると、被りの無い枝先に羽角を立てた灰色型のコノハズクが止まっていました。

2日ほど前からこの同じ枝に止まっているんだとか。もちろん昼間だけでしょうが。

沢風も適度にあり、揺れる木の枝先で様々なポーズを取ってくれました。

Konohazuku648120150721s

大きく枝が揺れて少し踏ん張ったところです。

Konohazuku637220150721

Konohazuku641220150721

Konohazuku642020150721

Konohazuku642220150721

Konohazuku649620150721

Konohazuku650820150721

そして最後は、

Konohazuku652020150721

遊歩道を駆けた小さな(人間の)子に対してとった警戒のポーズでした。

コノハズクを撮っていても、やはり頭の中は抜けたと思われるアネハヅルです。

2時間ほどでふる里の森を引き上げ、再度アネハヅルのポイントに戻って探しましたが居ませんでした。

**********************************************************************

以下は私事余談です。

アネハヅルのポイントまでは岡山の実家から片道2時間半。行こうと思えば何時でも行けれる距離です。

実は、病院通いをしており、雨天、台風通過、自治会行事等も重なって行けませんでした。

病院通いですか?

実は、先月初めに市が補助金を出してくれる人間ドックを受診したところ、肝臓に腫瘍が見付かりました。郷里への帰省も計画しており、精密検査は岡山県内の有名病院で受けることにして7月上旬に受診し、1週間ほど前に検査結果が分かりました。

結果は、お陰さまで、良性腫瘍とのことで安心しましたが、ここ1ヶ月は最悪のケースを思い、気力を失っていました。もちろん、北海道への鳥撮り遠征行の最中も沈んでおりましたョ。

さすが有名病院、CT等の精密検査の結果、次から次へと故障(老朽)箇所が見付かるもので、目下、精密検査結果の付随で発見された不具合の精密検査を依頼しているところです。なんか医者の搾取に遭った様な気もしないわけではありませんが、中高年の皆様も一度5万円位の人間ドックを受診されて徹底的に老朽箇所を見付けて貰った方が良いのかもしれませんよ?

ちなみに、最近アルコールの量は少々抑え気味で、早朝ウォーキングを始めました。まだ10日ほどですがね。

でも、アネハヅルは惜しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

八東の森の柿木菟

今日は再度北海道シリーズを中断させていただきまして、昨日、鳥取県は八東ふる里の森で撮った赤色型のコノハズク(別名:柿木菟/カキズク)とその巣立ち雛を掲載します。

Konohazuku624620150721s

巣箱の側のブナの枝股に止まり巣立ち雛を警戒する柿木菟の親鳥です。

実はこの日、7月上旬に八頭にアネハヅルが入ったとの新聞情報があり、野暮用と台風11号の通過等で行きそびれていたアネハヅルを物にしようと出掛けましたが、9時過ぎに到着したポイントにはアネハヅルの姿は無く、呆然と立ちすくむカメラマンの方にお聞きしたところ、9時前に上空を向いて鳴いた後に飛び立ち、かなり上空に登って一直線に飛び去ったとのこと・・・・・。

よくある話で、今回も抜けた後。それにしても、あと30分も到着が早ければ・・・・・。

小一時間ほど周辺を探した後、コノハズクの雛の巣立ちが始まったと教えていただいた八東ふる里の森に行きました。片道30分の距離です。

Konohazuku664320150721s

現地に着くや、名物館長がお出掛けのところ、丁寧に場所を教えて下さり、早速撮影に。

Konohazuku622220150721

Konohazuku623520150721

親鳥の止まっている木の下の茂みの中に1羽が居ました。3羽目の巣立ち雛だそうで、既に巣立った2羽の雛も近くに居るそうですが観えず、巣箱にはもう1羽の雛が残っているとのこと。

Konohazuku656020150721

Konohazuku656920150721

頭掻きをしたところです。

Konohazuku654920150721

可愛いィー? この顔、いつも映画スターウォーズのヨーダを思い出してしまいます。

コノハズクの写真を撮っていても、頭の中はアネハヅルのことばかり。アーッツ、残念!悔しい!・・・。 最近ツキも無く、鳥運も無い。

**********************************************************************

最近多い余談ですが、台風11号。

先日の大型で強い台風11号は、我が郷里岡山県西を通過致しました。

多くの方から台風見舞いを頂きましたが、被害は0。

いつものことですが、岡山、特に県西は、四国のお陰で台風被害は余り大きくはありません。降雨による大雨洪水被害を除けば、いつも平穏な土地と言って良いでしょう。

幼少の頃いつぞや台風の目が上空を通過したことがありましたが、無風状態の中、上空に覗いた青空を見て楽しんだ事がありました。

被災された方々には大変失礼で不謹慎ですが、私にとっての被害はアネハヅルが撮れなかったことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

コノハズクの夜間給餌 ②

コノハズクの夜間給餌の第2弾です

説明を落としましたが、このコノハズクの営巣する巣箱ですが、ここの有名館長さん手製の巣箱で、桜の丸太を繰り抜いて作ったそうです。 営巣効果の方は別としても、樹皮のザラザラは脚爪の引っ掛かりには良い様です。

もう一つ! 館長ミーティングでは、① ホワイトバランスを電球色にすること。② シャッタースピードは30~60分の1が適当 と、(ハイも含めた)アマチュアカメラマン向けに、夜間撮影のポイントも話されます。

では、給餌の連続写真(手抜き編集)です。

Konohazuku1207_2

Konohazuku1210_2

Konohazuku1211_2

Konohazuku1212

Konohazuku1213

Konohazuku1214

Konohazuku1215

Konohazuku1217

途中バタバタでしたが、今度は何とか餌の口(嘴)渡しが出来ました。

レンズは428でF2.8設定。 ISO感度を最大限に上げると200分の1秒のシャッタースピードは稼げますが、動く被写体はそれでも止めることは出来ずむやみに粒状性を劣化させるばかりなので50分の1秒ぐらいで撮りました。

この後、巣の中に居た成鳥も巣から出ました。

午後10時を廻ったので、翌朝のアカショウビン狙いで撤収し、アカショウビンの営巣木から20mも離れていないバンガローで就寝致しました。 遠くで、トラツグミと、別個体のコノハズクの鳴き声がしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

コノハズクの夜間給餌 ①

昨日のブログでご説明しました様に、八東ふる里の森に一泊することになりました。

お目当ては、当日の夜から開始されるコノハズクが営巣している巣箱周辺のライトアップによる夜間の給餌シーンの撮影です。

夕刻6時半から、夕食前に館長主催のミーティングがありました。 昨年も当地でお会いした鳥くんも、それから、今春の石垣・西表のワイバードツアーでご一緒したEさんも同席です。

約40分に渡る館長の名講演の後、夕食を食べて、めいめいに撮影です。

ちなみに、館長の名講演の内容は、今年のコノハズクアカショウビンの様子から撮影のコツまで。面白おかしく話されます。  しかし、ここの夕・朝食まで館長手製とは知りませんでした。

では、2回に渡り、コノハズクの巣箱への夜間(夜行性のため当然ですが)の給餌シーンを掲載致します。アカショウビンはその次です。

Konohazuku1095

餌の蛾()を咥えて巣箱近くの枝に止まりました。巣箱へのダイレクトフライトが多くて、こんなワンストップのシーンはなかなかありませんでした。

Konohazuku1140

巣箱には成鳥が残っていて、もう一羽が捕って来る餌を受けては巣箱の中の雛に与えている様です。 体色もかなり赤茶色で、この子は赤色コノハズクでしょうか? 

Konohazuku1144

これから餌渡しが始まります。ご注視下さい。

Konohazuku1147

Konohazuku1150

あれ? 餌渡しに失敗した様子です。未だ嘴の先に餌の蛾()が残っています。

Konohazuku1152

Konohazuku1153

又、枝先に舞い戻って次の餌渡しのタイミングを計っている様子です。お陰様で、枝止まりの良いシーンが撮れました。

実は、ミーティングでの館長談話によると、今年営巣のコノハズクアカショウビンもどちらもオスが若くて、餌捕りもあまり上手で無く、トラブルシーンが良く観られるとか。

この餌渡しも未熟故の失敗でしょうかね。

給餌に帰って来る時間に間延びがすると、巣箱から片親が顔を出して催促する様なシーンが観られます。 ・・・・・という事は、巣箱の中の色の赤い個体がメスで、餌捕りに奔走(奔飛)しているのが未熟な若オスでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

ふる里の森のコノハズク

昨日神奈川に帰って来ました。

帰路一泊して、鳥取は八頭の八東ふる里の森で営巣中のコノハズクアカショウビンを撮る予定をたてていました。

お昼前に現地に到着。実家から3時間強の道程でした。一年振りに訪れた八東ふる里の森は梅雨も明けて晴天です。 

着くや否や、「こらァー!」とか、「おいッ!」とか、管理棟周辺であの館長さんの大きな声が聞こえます。

どうやら整理券を配り、赤色コノハズクを撮影している様です。

早速、12時の組の整理券を発行して貰って、当日2回目の撮影会を待つことにしました。

Konohazuku0694

二手に分かれて道の上からと下から狙います。上の写真は上の道から狙ったものです。羽角はずっと立ててくれていましたが、なかなかこちらを向いてくれない。10分程で下の組と交代です。

Konohazuku0771

立派な顔付です。

Konohazuku0795

下の道路からは見上げです。直射日光が当たり暑くて暑くて、おまけに空抜けで、良い撮影ポイントはありません。 でも、三脚の位置と高さ調整で、なるべくバックに木の葉が入る光軸を探します。そして細かな露出補正をして。 上は、そうやって制限時間内になんとか撮れた写真です。

館長の話では、この子は5年前にここで巣立った赤色コノハズクのハーフだそうです。そう云えばそんなに赤茶色くない。

管理人のお兄ちゃんから、「バンガローのキャンセルが出たので今晩泊まらないか」とお誘いがあり、また、「今晩からコノハのライトアップを始める」とのこと。

早速ホテル予約のキャンセルが出来るか確認しようとしてもここは携帯の圏外。固定電話をお借りして確認すると、何んとキャンセル料無しの当日キャンセルがOKとのこと。ありがたい!流石、いつも利用する楽天です。

と言う訳で、今年初めてのコノハズクの給餌シーンの夜間撮影を楽しむことが出来ました。成果は後日。ご期待下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

コノハズクの巣立ち雛

Konohazukumobile

いきなりの写真掲載ですが、これは八東ふる里の森に同行した我が奥さんのスマホで撮ったコノハズクの雛の写真です。撮影者は、この森の施設の館長さんです。

閉門時間が5時30分と聞いていたので奥さんとは5時に待ち合わせをしていました。撮影の時間待ちはたいてい決まって奥さんは観光です。今回は若狭街道沿いにある温泉を訪ねて骨休めです。

5時に管理施設の前で帰り支度をしていると、館長さんが沢沿いに生えた雑木の元に呼んでくれました。枝をかき分けた中に小さなコノハズクの雛が止まっています。

館長の「こんにちは」、「こんにちは」という掛け声に眼を白黒させて応えています。

うちの奥さんは、距離2mの鼻先に居るはじめて見るコノハズクの雛に驚いています。館長に促されてスマホで狙いますが上手くいかず、挙句は館長さんに撮ってもらっていました。

「携帯カメラで撮った珍鳥赤色型コノハズクの巣立ち雛の写真」・・・・・普通では考えられません。

実はこの日、森の一角にある椎茸木の上に居たコノハズクの雛は、高所に上がろうと何度か試みて、上手くいかず、園内のアスファルトの道を横断して、沢沿いの雑木に入り込みました。そこまではカメラで追って知っていましたが、その後、コノハズクの親鳥やオオコノハズクの親子、はたまたアカショウビンの親子と大忙しで、このコノハズクの雛がどうなったかは把握していませんでした。

このコノハズクの雛の行動を連続写真で掲載いたします。

Konohazuku9143

ブナの木の根元にやってきて

Konohazuku9153

登りはじめました。

Konohazuku9159

そーれ!

Konohazuku9163

おっとっと!

Konohazuku9177

なんだ、この木。すべすべして登れないや。・・・どうしよう?!

Konohazuku9183

降りるしかないか・・・。

Konohazuku9184

えい!

その後、

Konohazuku9255

アスファルト道路をよちよち渡って、沢沿いの低木の枝に登って行きました。森の公園の中にはテンイタチ、野犬や野良猫だって居るかも知れません。無事に枝に上がれて良かったのでした。

下は、うちの奥さんがスマホで雛を撮る側らで、館長に枝を下げてもらって撮った写真です。

Konohazuku0184

館長さん、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

八東の森のコノハズク

今週は、名古屋の鳥友達から詳細、且つ、ビッグな野鳥情報を貰っていた鳥取は八東ふる里の森の希少種3種の撮影に出掛けてみました。鳥取一泊の久し振りの遠征です。

この山奥の森の希少種3種とは、有名な赤色型コノハズクオオコノハズク、そして、今年営巣したとのアカショウビンです。

八東ふる里の森は、帰省している岡山の実家から車で約4時間弱の距離にある森林公園ですが、人家からかけ離れた山奥にあります。いただいた情報では、アカショウビンの営巣木への給餌シーンがもっぱらの人気で、連日100人ほどの野鳥カメラマンが訪れているとか。でも、この情報は1週間も前に入手した情報でしたので、いつもの例の良からぬ不安が頭を過ぎります。既に巣立ってしまったとか・・・。

現地に到着すると案の定、アカショウビンは最後の雛が今朝ほど巣立ったとか。不安は往々にして的中するものです。遅かったのです。昨日までカメラマンの立ち入りを規制していた白いロープが無造作に放置されています。 ・・・来るのが遅かったのです。

でも、待っていてくれたのは赤色型コノハズクの可愛い雛でした。

Konohazuku9043

森の一角に積まれた椎茸の原木の上に止まるぬいぐるみの様なコノハズクの巣立ち雛です。どこかヨーダの様な風貌です。

Konohazuku9131

頭上では赤色型のコノハズクの親鳥が地上の雛の動きを警戒しています。

Konohazuku9567

雛は高木の枝に上がりたくて動き回りますが、それに合わせて親鳥も見張りの位置を変えていました。オスはもっと赤いそうですので、これはメスの親鳥の様です。羽角が写し込めなかったのが残念でした。

Konohazuku9519

コノハズクは初見、初撮りの野鳥でした。日本最小のフクロウ類で、「声の仏法僧」と呼ばれるそうですが、「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥はブッポウソウでは無く、実はこのコノハズクだったと、撃ち殺してみて初めて分かったという話は有名な話ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼