ブッポウソウ

2019年7月18日 (木)

巣立ちを観に再び

今日の野鳥はブッポウソウです。

来月の10日に迫った夏祭りの準備で忙しい毎日ですが、今年のブッポウソウの巣立ちを観ようと日程を調整。 帰省先の岡山は空梅雨の様相でしたが小雨の日もあり、また、丁度3連休にもぶつかり、海の日の祭日の翌日に出掛けてみました。

Buppousou201907161989

到着して管理をしてくださっているさんにお聞きすると、一番子は予想よりも2日早く、12日に巣立ったとか。そして、順調に次々と4羽が巣立ち、発育の遅れていた末っ子の雛が一羽だけ巣箱に残っていて、今日か明日には巣立つのではとの話。

前日の海の日の祝日は、大勢のCM達で大賑わいで、終日駐車場の整備に追われたとのこと。  私の行った翌日も凄い人で駐車場は溢れていました。

Buppousou201907162116

Buppousou201907162121

お堂のモニターを確認して雛が巣箱の口に顔を覗かせたタイミングでカメラを向けますが、なかなか巣立つ気配はありません。

既に巣立った4羽の兄弟は親が既に山手の林の中に誘導してしまったとか。桐の古木の枝先での給餌シーンも今回はお預けです。

待つこと3時間あまり、

Buppousou201907162125

巣箱の周りを2羽のブッポウソウが飛び回りました。

Buppousou201907162129

そして1羽が桐の枝先に止まりました。 巣立ちを促しに来たのでしょうか? しかし、餌を咥えていません。

3時間以上雛は餌を口にしていません。

Buppousou201907162172

巣箱の口に足を掛け、身体を乗り出したので、間も無く巣立ちかと期待したのでしたが、

Buppousou201907162207

急に何処からか成鳥が給餌に現れて、

Buppousou201907162208

Buppousou201907162211

去って行きました。

ボーと待っていたCMからは、「エッツ!?今の巣立ち?」との落胆した声も聞こえましたが・・・・・、給餌でした。

この給餌シーンですが、カメラのモニターで確認したところ、給餌に遣って来た成鳥の足に足環がありません。 確かこの巣に営巣して子育てをした雌雄の親鳥にはどちらも黄色と白色の足環が付いていたはずです。

ということは、育児を助けるヘルパーでしょうか? 写真に写るのを嫌っていた足環でしたが、足環のお蔭で貴重な経験をさせてもらいました。

陽も高くなり、一向に巣立つ気配が感じられないことから、また来年の再会を期待して帰路に着きました。

下は、横山様のお堂に飾られた木彫りのブッポウソウの営巣姿の大作です。

Yokoyamasama20190716_110550

巣から顔を覗かせる雛の嘴はこんなに赤くはないですよ。

最後に、年々この撮影環境を維持改善してくださっている住民団体・ブッポウソウ吉備中央町会の皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

**********************************************************************

話変わって、今年も、「マンガ絵ぶたまつり」の絵ぶた制作に励んでいます。

昨年は西日本豪雨で中止となった「マンガ絵ぶたまつり」でしたが、今年で25周年を向かへ、平均年齢がとうの昔に還暦を過ぎてしまったオッサンオバサン約8名が老体に鞭打って連夜遅くまで制作に励んでいます。

今年の我々「夢一夜絵ぶた会」の制作絵ぶたは、NHKの幼児番組に題材を求めました。

野鳥主体の当ブログですが、今年も我々の「絵ぶた制作の過程」を偶に報告したいと思っております。

下は、今年のポスターです。

Mangaebutamatsuriposter2019

| | コメント (2)

2019年7月12日 (金)

他所のブッポウソウ

今日の野鳥もブッポウソウですが、吉備中央町内の他所のブッポウソウです。

横山様の近くで枯れ草の野焼きが始まったのを機に下見を兼ねた撮影を切り上げて他所を巡ってみました。 吉備中央町内に設営されている巣箱は230個以上、川筋の里山に並ぶNTTの電柱を見れば巣箱の一つや二つは簡単に見付かります。

彼方此方で餌を咥えた電線止まりのブッポウソウの姿を観ることが出来ました。

下は、車窓から撮ったブッポウソウです。

Buppousou201907051901

Buppousou201907051905

甲虫を咥えたブッポウソウ

Buppousou201907051944

そして、オニヤンマを咥えたブッポウソウ

Buppousou201907051948

給餌のためにやはり向きを変えていました。 大きな口ですね。

Buppousou201907051951

オニヤンマミズカマキリ、そして玉虫あたりは絵になりますよね。 今年はセミが少ないような・・・?

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

育雛中のブッポウソウ ⑤

今日の野鳥もブッポウソウです。(笑)

今日は、2,3の連続写真で、ブッポウソウの面白い生態を

Buppousou201907051682

昆虫を咥えて桐の枝先に戻って来たブッポウソウでしたが、

Buppousou201907051683

その昆虫を落としてしまいました。

Buppousou201907051685

無事再捕獲して事無きを得ましたが、

Buppousou201907051792

Buppousou201907051797

今回は大慌て!

Buppousou201907051811

やっとのことで拾い上げました。

雛への給餌には、餌の向きを変える必要があり、ごっつい嘴でも止めは刺せないのかよく落としていました。

Buppousou201907051861

これは番のショットですが、

Buppousou201907051866

また落としました。

Buppousou201907051867

追いかけて行く相棒を、上の枝先で見つめる片割れの姿が、「あんた、大丈夫?」と言っているようで滑稽でした。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

育雛中のブッポウソウ ④

今日の野鳥もブッポウソウです。

今日は飛翔姿です。

Buppousou201907051678

Buppousou201907051722

飛び交う昆虫を追って飛翔する姿はとてもじゃないが私の腕では撮れません。 雛への給餌を終えて巣箱を離れる瞬間を狙います。

Buppousou201907051674

Buppousou201907051751

Buppousou201907051833

飛翔写真といっても飛び出しのシーンですね。

Buppousou201907051892

なかなかピントが合いませんが、下手な鉄砲で、

Buppousou201907051891

中には足環無しのこんなショットもありましたよ。

雛の巣立ちもこんな感じです。

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

育雛中のブッポウソウ ③

今日の野鳥もブッポウソウの続きで、巣箱への給餌シーンです。

Buppousou201907051870

3年前に自然木の巣箱に代えて頂いてからは、電線(モニター用の)と屋根板を何とか避けてカットすれば、お蔭様で、あたかも山奥の自然界で撮影したようなシーンが撮影可能となり、 

Buppousou201907051768

Buppousou201907051659

Buppousou201907051885

Buppousou201907051687

この手の写真は量産可能ですよ。(笑)

間も無く巣箱から顔を出した雛への給餌シーンが狙えることでしょう。

ここでも、隠したいのは足環です。 先日の下の写真ですが、

Buppousou201907051827

このシーンの様な写真は稀にしか撮れません。たしかこの時は、ダイレクトに餌さ運びをした時だったと思います。

管理人のNさん曰く、CMからの注文もあり、巣箱の穴の位置を年々少しづつ横山様側に向けているそうです。 それ以外にも注文は多く、モニター用の電線も地中埋設にして欲しいとか、山手に花を植えてくれとか、全国ネットとなった今では注文も多いそうです。ご苦労なことです。(余談でした。)

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

育雛中のブッポウソウ ②

今日の野鳥も吉備中央町のブッポウソウです。

餌の捕獲に出掛けて行く親鳥も居れば、巣を監視しながら周辺で餌さ捕りをする親鳥も居ます。

Buppousou201907051764s

Buppousou201907051815

山手の桐の古木の枯れ枝に止まって、無尽蔵とも思われる飛び交う昆虫類を狙います。

Buppousou201907051855

Buppousou201907051856

Buppousou201907051783

バックは薄暗い植林された杉の木立。マイナス補正をしてブッポウソウ本来の鮮やかさを写し込みます。

留意点はここでも足環を写さないことですが、連写を繰り返して後で選別するしか手はありません。

Buppousou20190705z1779

一昨日掲載のこのシーンは、偶々撮れたベストショットでした。

| | コメント (4)

2019年7月 7日 (日)

育雛中のブッポウソウ ①

今日の野鳥は、岡山は吉備中央町のブッポウソウです。

数回に分けて、育雛中のブッポウソウのいくつかのシーンを掲載する予定ですが、過去の写真とあまり変わり映えしない写真かも知れませんので御容赦を。

Buppousou201907051583

約10日後の一番子の巣立ちを前に、雌雄揃って給餌に暇がありません。一日の給餌回数は200回を超える日もあるとか。

Buppousou201907051732

Buppousou201907051738

Buppousou201907051739

Buppousou201907051741

何処からともなく餌を捕らえて来た親鳥は、ほとんどの場合、一旦、山際の桐の古木の枝先に止まります。餌を咥え直し、タイミングを見計らって、巣箱に向かいます。

Buppousou201907051687

御存知、3年前に箱型の巣箱に代わり更新された自然木の巣箱の中に居る5羽の雛への給餌です。巣立ちには今少し早い様で、巣穴からは雛が観えません。

写真の整理がおぼつかなく、今日はとりあえず、給餌のシーンのみです。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

行って来ました吉備中央町

ブログに大穴を空けていますが、7月に入って初めての投稿にと、吉備中央町に行って来ました。

もちろん、ブッポウソウです。

Buppousou201907051827

ブッポウソウ撮影のメッカとなった横山様のスポットには、例年に違わず、今年も遣って来て5羽の雛を育てていました。

Buppousou20190705z1779

2時間ほどの様子見の滞在でしたが、管理をされているさんや元大学教授のさんにもお会い出来、近々の様子などをお聞きし、有意義な時間を過させて頂きました。

今年の巣立ちは7月14日(一番子)~17日(末っ子)ぐらいだろうとのことでしたが、親鳥の頻繁な給餌風景を満喫して下見を終了いたしました。

下は、ブッポウソウ撮影スポットの一つである「腰痛の神様 横山様」の近況です。 

Buppousouyokoyamasama20190705n2737

Buppousouyokoyamasama20190705n2738

横山様のお堂にあるモニターには5羽の雛の姿が。 Nさんの話では、末っ子の1羽がかなり小さくて、最後の巣立ちは17日ぐらいではとのことでした。

Buppousouyokoyamasama20190705n2735

さん作成の観察状況、給餌回数は最近200回を超えることも。餌も大分大きくなって来ているそうです。

Buppousouyokoyamasama20190705n2733

お堂脇から見た風景。

Buppousouyokoyamasama20190705n2740

左の桐の古木から給餌に向かう飛翔軌跡を黄色の線で記しました。(御参考に)

Buppousouyokoyamasama20190705n2739

平日ともあろうに、駐車場は早朝から満車とか。 県内、京阪神はもとより、四国、関東ナンバーもちらほら。

巣立ちは14日~17日ですぞ! 岡山県央は今のところ空梅雨の予想です。是非にお越し下さい!

と言う訳で、明日からは、毎年変わり映えしませんが、残りのブッポウソウの写真を掲載致します。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

舳倉島の鳥(ブッポウソウ)

今日の舳倉島の野鳥は、ブッポウソウです。

間もなく帰省する岡山の、吉備中央町は横山様のブッポウソウは、4月末に飛来し、既に産卵を終えて抱卵中とのことですが、5月中旬のここ舳倉島では、渡り途中の数個体のブッポウソウが飛び回っていました。

Buppousou201805147372

コンクリートの電柱の上で、捕獲したを食べるブッポウソウ

青空をバックに、暫し、ブッポウソウの飛び物の撮影に興じました。

Buppousou201805158870

Buppousou201805158871s

Buppousou201805158872

Buppousou201805158873

Buppousou201805158874

Buppousou201805160697

Buppousou201805160685

吉備中央町のブッポウソウですが、「ブッポウソウ吉備中央会」の事務局をしておられる中山さんから、今年第2回目となるフォトコンテストと写真集募集要領のご案内を頂きました。ご興味のある方は参加されたらいかがでしょうか?

また、地方紙の山陽新聞電子版に下記の記事が載っていました。ご参考に。

ブッポウソウ撮影に愛好家ら次々 吉備中央に住民が観察小屋設置
http://www.sanyonews.jp/article/721813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

ブッポウソウの巣立ち

今日の野鳥も、昨日に引続きブッポウソウです。

Buppousou201707139832

何度目かの巣立ちの促しの後、

Buppousou201707139842

少し時間が空きましたが、巣穴の入り口に足を掛け、身を乗り出したかと思うと・・・

Buppousou201707139843

いきなりの巣立ちでした。

この一番雛の巣立ちは、7月13日 午前9時42分33秒。

巣立ち雛は100mほど先のの木の茂みに入りましたが、しばらくして枝先に出て来て、

Buppousou201707130275z

Buppousou201707130408z

親鳥からご褒美(?)の給餌を受けていました。

Buppousou201707130155

一番雛の巣立ち後、成鳥一羽が遣って来て、4羽の雛が残る巣箱を親鳥2羽が守る様な行動が観えましたが、入って来た成鳥の行為は何だったんでしょうね。?

その後も順調に巣立ちを迎えているとの情報がありました。そして、同じ13日には、朽木のヤイロチョウの雛も巣立ったそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼