コシアカツバメ

2016年7月 7日 (木)

梅雨空のコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

Koshiakatsubame009120160611l

郷里岡山の田舎での今年のコシアカツバメの初認は、例年よりも少し遅い、4月12日でした。

6月上旬に今年3度目の帰省をし、コシアカツバメの渡来状況を確認すると、いつもの「地方行政の残したデカイ箱物」の建屋の軒先に6番のコシアカツバメが営巣場所を決めて繁殖の準備に取り掛かったところでした。

Koshiakatsubame008220160611

この番は新たに巣を製作中で、せっせと巣材の泥を咥えて帰って来ます。

梅雨空の下、湿った巣材の泥は、周辺の畑地で容易に確保出来ます。

Koshiakatsubame019820160611 Koshiakatsubame019920160611 Koshiakatsubame020520160611

巣作りの合間にも、「ジュビー、ジュルジュビー」とか鳴き交わし、雌雄の絆を確認している?のかも。

もう直ぐ梅雨明け。

Natsuzora160704_182941v

餌の虫を求めて夏空を高く飛ぶコシアカツバメの姿が観えるでしょう。夏空にはコシアカツバメの飛翔姿が良く似合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

去年の巣を補修するコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

連休も明けたこの頃、コシアカツバメは巣作りの真っ最中です。

Koshiakatsubame602020150506

何処からか嘴一杯に泥を咥えて遣って来て、

スズメが占拠するコシアカツバメの古巣の横で巣作りを始めました。

Koshiakatsubame604820150506

あれーッ? 最後に作るはずの入り口が出来上がっています。

どうも昨年の巣を補修して使うようです。

昨年の5月20日に掲載した「腰赤燕の巣作り」でご紹介したイトマキエイの様な形の巣の側壁が経年で崩落し、その古巣を補修して再利用するようです。

Koshiakatsubame606520150506

一羽が巣作りしている間、もう一羽は近くで待機です。

Koshiakatsubame607320150506

巣作りは番の共同作業。

Koshiakatsubame592820150506

これは束の間の休憩シーンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

今年も遣って来たコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

毎年、町内の巨大な建物である「生涯学習センター」の軒先に巣を掛けるコシアカツバメですが、今年も数番が遣って来て昨年の巣の確認を始めたようです。

実家から菜園へ通う道すがら顔を合わせる間柄ですが、まだ個体数が少なく、僅か3番を数えるのみです。これから渡って来るのでしょうか?

Koshiakatsubame545520150427

ツイーッ、ツイーッ」、「ジュィー、ジュルジュル」と鳴きながらツバメの居る畑に降り立ちました。

Koshiakatsubame546220150427

Koshiakatsubame546320150427

Koshiakatsubame546420150427

帰省してからここ10日間ほど一滴も雨が降っていません。 本来巣作り中のコシアカツバメですがさぞかし困っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

エッ!巣作り再開?

巣作りを終え、蜜月に入った(?)コシアカツバメは、その後2~3日は動きがありませんでした。

そして、約1週間後の昨日(5月25日)、菜園帰りに覗いてみると、

Koshiakatsubame8176n0525

な、なーんと! 巣の入り口が、ド、ドーンと・・・伸びているではありませんか!

濡れている入り口部分は当日の仕業です。

Koshiakatsubame8182n0525

5月16日の巣の状況から判断すると、ここ2、3日で入り口を増長させたようです。 不思議なことは、巣作りを中断して一体何をしていたのか?と言うことと、何故、入り口の長さを長くする必要があるのかと言うことです。

まさか、私がこのブログで、巣の形状がお粗末でカッコ悪い(イトマキエイに似ている)と酷評を与えたからでしょうか?

Koshiakatsubame8177n0525

確かに、入り口が細長い普通のコシアカツバメの巣になってきましたが。

コシアカツバメの巣作り期間は、着工後約2週間。」と、早とちりで書いてしまいましたが、この分だと、3週間を超えると訂正の必要がありそうです。ご容赦を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

腰赤燕の巣作り

鳥撮りから少し離れてしまい、ブログに穴を開けている状態です。申し訳御座いません。

苗物の定植と収穫期を迎えた野菜の収穫と送付に忙殺される日を送っていましたので鳥撮りはできませんでしたが、菜園に通う途中の例の公共施設のバルコニーの桁下に巣作りを始めていたコシアカツバメの観察だけはタイミング良く出来ました。

先日もアップしましたが、コシアカツバメの番が新たに巣作りを始めたのは5月3日頃。3日後の5月6日には、

Koshiakatsubame7802n0506

やっとコンクリート壁に基礎部分だけが何とか出来上がった状態でした。

そして、

5月8日: 着工5日目(推定)

Koshiakatsubame7815n0508

産座となる巣の中央部の底を建設中です。毎朝8時前後の撮影ですので、泥の濡れている部分が当日の施工部分となります。この分だと、夜明けから8時頃までに番の2羽で100回程度は巣材を運び込んでいる計算になります。

5月10日: 着工7日目(推定)

Koshiakatsubame7899n0510

建設工事は急ピッチで進んでいます。(昔、担当した工場建設では、こんなに順調な建築工事は無かったように記憶しておりますが。)

現場にスペースが確保されたためにこの時期になると番が同時に巣を施工します。

そして偶には、近くの電線に仲良く並んで休憩です。

Koshiakatsubame7909n0510

5月11日: 着工8日目(推定)

Koshiakatsubame44210511

産座となる巣の中央部はほぼ完成です。これから入り口となる徳利の口の部分を施工するのですが、どうやら巣の底に敷く巣材の搬入を始めたようです。巣の底に巣材の枯れ草が見えます。

Koshiakatsubame44290511

徳利の口の基部の建設が始まりました。番の2羽が同時に施工するので早い早い。

Koshiakatsubame44470511

巣材の泥を圧迫接着(圧着)するのは上嘴を使う様で、手前の固体の嘴の上には未だ泥が付いています。

Koshiakatsubame44860511

巣材の枯れ草を持って来ました。我が菜園の苗物の畝に敷いた敷き藁に間違いありません。 菜園主はよほどの愛鳥家なのでしょう。

Koshiakatsubame44930511

さしづめベッドメーキングでしょうか?

5月13日: 着工10日目(推定)

Koshiakatsubame45060513

ほぼ完成間近でしょうか。

5月14日: 着工11日目(推定)

Koshiakatsubame45310514

巣の外装はほぼ完成した模様で、巣材の搬入が始まっている様子です。 いわゆる内装工事中といったところでしょうかね。?(工場建設の経験では、またこれが工期を喰うんですよね。)

Koshiakatsubame45330514

しかし、この番の工事は急ピッチで、番2羽で入れ替わり立ち代り、幾度も巣材を搬入していました。

5月16日: 着工13日目(推定)

Koshiakatsubame8096n0516

どうも巣作りは完成した模様です。 多くのコシアカツバの巣を見てきた小生といたしますと、この巣の形状にはいささか不満感を覚えるのですが、小生の住む家ではないので諦めましょう。

もう少し徳利型で、入り口部がくびれているのがカッコイイのです(巣)がね。(笑)

Koshiakatsubame8097n0516

下から見た完成したコシアカツバメの巣。 なんか、イトマキエイみたいでカッコ悪ゥー。

巣の形状と営巣場所にも影響するのでしょうが、コシアカツバメの巣作りの工期は約2週間ということが分かりました。 途中の仕事放棄、追加請求等が無いだけに、安心して観ていられる建設工事でした。

ところで、最近は偶にしか姿を見かけません。新居の中で蜜月を満喫しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

巣作り中のコシアカツバメ

先月中旬に初認のコシアカツバメの番が巣作りを始めました。

巣材の泥土の調達先は我が菜園の一角にあります。そして営巣場所は小川を隔てた対岸の公共施設のバルコニーの桁下です。

Koshiakatsubame7769n

電線に止まるコシアカツバメを観ていたら、間も無くして泥を咥えて建物の桁下に飛び込みました。

Koshiakatsubame7785n

桁下の隅に、巣を新設していました。

巣作りを始めて3日目位でしょうか? 濡れている部分が本日の施工部分でしょう。

Koshiakatsubame7792n

巣材の持込は番が同時に行い、一羽が造営中はもう一羽は巣材を咥えて近くで待機。そして、交代して、もう一羽が造営作業を終えるまで、先の一羽が近くで待機するというアツアツの作業でした。 まさに「愛の巣作り」です。

どのくらいで出来上がるのでしょうか? 菜園に通う途中にある建物ですので、定期的に覗いて観察してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

コシアカツバメの渡来

ブログに1週間ほど穴を開けてしまいました。

5月連休明けの夏野菜の定植準備に追われ、野鳥撮影どころではありませんでした。

菜園の畝作りはほぼ終了しましたが、まだまだ寒い日もあり、芽吹きしたキウイの若葉が遅霜にやられたり、晩霜を避けて遅植えをしたジャガイモの新芽も見事にやられてしまい・・・と、百姓にもハプニングが付きものです。

しかし、既に4月も中旬が過ぎ、菜園仕事の最中には傍らの山の木立でキビタキの声が聞こえたり、前の河原では婚姻色で眼先を緑色にしたチュウダイサギが小魚を狙う姿を見かけるようになりました。

(野鳥以外では、上の山の竹林ではイノシシが出て、今年の筍は全滅状態です。) 春ですね?! 生命の息吹が感じられる田舎の今日この頃です。

そんなのんびりとした田舎で、コシアカツバメを初認しました。 2日前の4月16日でした。

3月末に帰省した時点では、既に町中を飛び回っていたツバメとは、ほぼ1ヶ月近い隔たりがあるコシアカツバメの渡来ですが、ツバメとまた違って存在感のある野鳥です。

Koshiakatsubame7694n 

やって来た翌日の昨日は、河原の泥地に降り立ち、ツバメと一緒に巣材の土を採取する姿が観えました。 去年の古巣を補修するのでしょうか?はたまた新居の普請でしょうか?

Koshiakatsubame7695n

一昨日出会ったコシアカツバメはまだ2羽のみでしたが、その2羽ともが揃って巣材を採りにやって来ました。番でしょうか?

左の一羽を拡大してみます。巣材の泥を咥えています。

Koshiakatsubame7695nz

この画像、私が菜園仕事に付帯するNikon coolpix P510の光学ズーム最大端で、しかも手持ちで撮った写真ですが、20mも先のコシアカツバメのズームアップにも絶えられる機能には、改めて感心したショットでした。

これから約半年強のお付き合いになりますが、コシアカツバメ君、今年はどんなハプニングが待っているのでしょうか? 無事に繁殖活動を成功させることを祈っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

コシアカツバメの受難

大分穴を開けて申し訳ございません。田舎の実家のリホームと菜園の小屋の整備を継続しています。リホームは大工さんの手の確保で遅れ気味ですが、菜園小屋の整理整頓は今日でほぼ片が付きました。

という訳で、久し振りのブログ書き込みです。

毎朝菜園に向かう川沿いの道で、コシアカツバメが営巣する建物の脇を通った時、数羽のコシアカツバメがけたたましく鳴き交わしながら私の周りを低く飛び回ります。眼で追いかけると建物の軒先に掛けてある防鳥ネットに鳥が掛かってもがいているではありませんか!

Koshiakatsubame1404

コシアカツバメです。

Koshiakatsubame1406

防鳥ネットに右翼を絡ませています。

(この状況が分かった後すぐに実家に引き返し、脚立とハサミ(とデジカメ)を大急ぎで持って来て、短時間で救出劇を演じました。写真は状況報告のためにスピーディーに撮影したものですので悪しからず。)

Koshiakatsubame1409

ネットを大きく切り取り、翼の羽に絡んだ糸を丹念に切り落とし、翼への糸の残りが無いことと、羽軸、羽毛のダメージを確認して放鳥しましたが、すぐさま頭上を旋回する仲間に合流してくれました。

この建物の庇の下は駐車場になっていて、過去、軒先一面に防鳥ネットが張られていました。今は、所々の支持が外れ、メンテナンスがされていません。そのネットの空きをかいくぐってコシアカツバメが営巣しています。

防鳥ネットは天敵のカラスからの防御には打って付けの障害物なのでしょう。こういったリスクをも省みず、安全な(?)育雛のための営巣場所を選定するのです。

忙しくてなかなか野鳥撮影に行けませんが、今日は撮影以外に良いことをした気分です。

ツバメ返し」はあるけれど、「ツバメの恩返し」は無いのかなァー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

郷里のコシアカツバメ ②

今日の野鳥は昨日の第2弾となりますコシアカツバメです。

Koshiakatsubame3592_2

コシアカツバメが集団で営巣するこの建物の軒先には20個ほどの巣が残されていますが、下の写真の様にことごとく壊されています。

Koshiakatsubame3605

一体何故に? 誰が? 巣を壊すのでしょうか?

コシアカツバメのペアが先日まで修復を試みていた巣が何者かに壊されてしまいました。

Koshiakatsubame3603

Koshiakatsubame3604

巣の直下には前日まで無かった巣の残材が散らばっていました。

見かけた訳では有りませんが、聞くところによると、早朝にカラスが襲撃して修復中の巣を破壊したとのこと。その日以来、コシアカツバメのペアはこの古巣の修復を放棄したようです。

以前、郷里岡山の田舎では、ツバメコシアカツバメの比率は五分五分で、巣の形状こそ違え、何れも民家の軒先に営巣していたものでしたが、糞害が嫌われ民家の軒先から追いやられて公共の建物の軒先に営巣するようになり、人の往来(存在)に期待していたヘビカラス等からの防御が不能になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

郷里のコシアカツバメ

永らく間を開けてしまい、久し振りのブログ記載となりました。

現在、今年に入り3度目となる郷里岡山への長期の帰省中です。今回の帰省の目的は、肺炎を起こして再入院した親父の回復後の退院手続きと再度の居宅介護の準備、そして、老父母が続けてきた菜園の守りでした。

お蔭様で、親父の肺炎は全快し、先週末に退院して居宅介護の体制を整えることが出来ましたが、問題は、専業農家ほどに拡げた菜園の始末です。苗植え、種蒔きはもちろんのこと、小屋の整理、整頓まで、やっと、一段落ついたかと思うともう次の作業が待っているという状況には閉口してしまいます。

帰省途中に大阪城公園に寄って渡り途中のサンコウチョウ♂は観察してきましたが、郷里岡山では、お蔭様で、野鳥撮影はお預けの状況です。

それでも、10日程前には、コシアカツバメの8羽ほどの群れが渡来し、古巣の修復用の泥を取りに我が家の畑に降り立ってくれました。

Koshiakatsubame3738

古巣の前の電線に止まり囀るコシアカツバメのペア

Koshiakatsubame3581

畑から泥を運んできたコシアカツバメ

Koshiakatsubame3552

修復中の巣に泥を咥えて飛び込むコシアカツバメ

Koshiakatsubame3535

中から巣の入り口部分を補修中のコシアカツバメ

巣材の泥の色違いは採取地の違いと年代違いでしょうか。

この建物の軒先には20個ばかりのコシアカツバメの巣がありますが、すべての巣が壊されています。なぜコシアカツバメの巣が壊されるのか? 果たしてその犯人は? 明日の掲載で明かしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greeting | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロキビタキ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨウロッパトウネン | ヨシガモ | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 趣味