コシアカツバメ

2020年9月30日 (水)

コシアカツバメの渡去

今日の野鳥はコシアカツバメです。

先週あたりから、町中の電線に集団で止まるようになりました。 そして、県南の干拓地公園に探鳥に出掛ける朝、実家の前の電線に百数十羽のコシアカツバメが並んで止まっているのを目撃し、車窓からコンデジで撮った写真が下の写真です。

Koshiakatsubame20200928n4559

ざっと数えただけで百五十羽は居ました。

どこから集って来たのでしょうか? 近所の学習センターやマンガ館で繁殖した数の数倍。我が菜園やその上空を飛んでいた数の数倍のコシアカツバメです。

Koshiakatsubame20200928n4562

手持ちでのコンデジ望遠モードでは、

Koshiakatsubame20200928n4558 Koshiakatsubame20200928n4557

これが限界。

Koshiakatsubame20200928n4555

また翌朝にちゃんと撮影しようと出掛けて帰ると、その姿が無い!

どうも、群れで一斉に渡去したようで、次の日もその姿を観ることは出来ませんでした。

時は、9月の28日。今年の私の初認日が4月の25日でしたので、我が郷里の田舎町での滞在は5ヶ月に及んだことになります。その間、巣造りと、繁殖行動を行い、天敵のハシブトカラスどもとの卵、雛を守るバトルにも明け暮れ、無事に南に帰って行きました。

コシアカツバメとは異なり、4月に帰省して、コロナのお蔭でまだ帰宅出来なくて、絵ぶたでのランタン造りや鮎釣り等に惚けていた私ですが、コシアカツバメに先を越されてしまいました。(笑)

また来年も元気な姿を見せてくれることを祈るばかりです。

困ったもので、コシアカツバメが去った菜園には、秋の実りを狙ってイノシシが出るようになりました。

電柵(通電を停止中)や夜間点滅の照明をものともせず、熟れ始めた富有柿や畑地のミミズを狙って夜間に出没します。

Inoshishi20200928_170252

これはイノシシの蹄の跡です。まだ小さくていたずら盛りの子供のイノシシの様ですが、菜園には大好物のサツマイモ落花生を残していますので、急遽、案山子を作って設置することに致しました。

棒切れに要らなくなったハンガーを取り付け、頭と腰の部位に十字に棒切れを打ち付けて簡易の案山子を作りました。制作設置時間はものの4、50分。

Kakashi20200926n4579

案山子1号

Kakashi20200928_165942

案山子2号

2号は、顔を誰かに似せて描きました。

Kakashi20200928_164645

え? あの人に似てるって? (笑)

写真をLINEで娘達に送ったら、

長女からは、「みなさんビックリして転んだりしませんように・・・・・笑」と、二女からは、「怖」との返事がありました。

秘策として、散髪屋で、散髪時の(私の)頭髪(イノシシ避けに効くという)を貰って来て、布袋に入れて中に吊るしております。これでイノシシ避けになれば幸いなんですが・・・・・

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

ウナギ放流後の河川では

早朝の漁協のウナギモクズガニの放流に立ち会った後、百姓仕事を済ませての帰り、放流場所のオワン淵(小河川の蛇行部分に出来た小さなお椀のような深み)には害鳥のカワウが早も遣って来て放流したてのウナギの稚魚を咥えているではありませんか!

前月の初めに放流したアユが残っていれば数本のテグスを張ってカワウ等の害鳥の侵入を防御していた区域です。

その日の農作業も終えた後でしたので、カワウ排除と川筋の野鳥撮影を兼ねて、望遠レンズ片手にお昼を挟んで待機することに致しました。

待機場所は、川筋が見渡せるコシアカツバメが営巣している町の学習センターの建物の横です。

Koshiakatsubame202005307472

コシアカツバメはその後その数を増して、今は数十羽。

Koshiakatsubame202005307473

巣もハシブトガラスに壊された古巣を補修したり、渓谷のイワツバメの様に密接して造営中だったりと様々です。

川の監視中でしたが、待機場所の上を見ると・・・・・

Iwatsubame202005307461

な、なんと!? イワツバメが電線に止まっている!

町中では見かけなかったイワツバメが、

Iwatsubame202005307465

コシアカツバメと一緒に電線に止まっているではありませんか! 営巣場所は確認出来ませんがその総数は3羽。カワウ監視の成果でした。

Chuudaisagi202005307523

そしてこれは、カワウ同様、魚にとっては害鳥の亜種チュウダイサギです。私の姿を見たのでしょう。警戒して対岸の木立の上に止まりました。カワウが3羽にチュウダイサギ1羽。この他にアオサギが3羽。漁協の年券を買わないでこの小河川で川魚漁をする違反者達です。(笑)

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

コシアカツバメの求愛行動?

今日の野鳥も我田舎町に渡来したコシアカツバメです。

Koshiakatsubame202004256452

追っていた一羽のコシアカツバメが電線に止りました。

その電線には既に一羽のコシアカツバメが止まって居て、何か囀っています。

Koshiakatsubame202004256455

右のコシアカツバメが囀る左の個体に近寄って行き、最初1mほどあった距離が2、30cmになりました。マスクも着けづ、もう危険な濃厚接触状態です。

Koshiakatsubame202004256466

更に近づいて

Koshiakatsubame202004256467Koshiakatsubame202004256474

鳴き交わしの後、

Koshiakatsubame202004256496

一羽が体勢を入れ替えました。すは、交尾か?と期待しましたが、

Koshiakatsubame202004256526

ストレッチ+羽繕いだけで終りました。

町中には、約1か月前に渡来したツバメと、最近その姿を見掛けるようになったイワツバメの3種のが混在するようになりました。

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

やっと遣って来たコシアカツバメ

コロナのせいで、今月下旬に神奈川に帰宅する予定を延期して、今年は夏過ぎまで郷里の岡山で老母と一緒に隠遁生活をする羽目になりました。

帰省して早3週間が過ぎ、夏野菜の植付け準備などの百姓仕事は順調に進めて、さて此れから・・・・・と言っても、趣味の木工や近場での探鳥しかやることはありません。

昨日は、例年より遅れていたコシアカツバメの姿を菜園上空で見付け、早速、機材を持ち出して撮影してみました。

Koshiakatsubame202004256369

抜けるような青空を飛ぶコシアカツバメ

Koshiakatsubame202004256378

休憩場所は川向こうのいつもの学習センターの壁際の電線です。

Koshiakatsubame202004256384

建物の庇の付根に作った昨年の徳利型の巣は、ことごとく壊されたか崩壊して、補修するか新設するしか手は無いようです。

Koshiakatsubame202004256443

これからの巣作りや子育て、大変でしょうが、じっくりと楽しんで観察させて頂きましょう。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

舳倉島の鳥(ツバメ・アマツバメ類)

今日の舳倉島の野鳥は、ツバメ科アマツバメ科をごちゃ混ぜにして、ツバメコシアカツバメアマツバメハリオアマツバメです。(何か少し荒っぽくなってきましたね?

Dotou201805192541

この荒天でフェリーは連日の欠航。 波浪除けの堤防に囲まれた漁港内では、

Tairyouki201805192428

大漁祈願の小旗がはためく係留中の漁船の架線に

Tsubame201805192391

数羽のツバメコシアカツバメが止っていました。

Tsubame201805192424

左の個体は腹が少し赤っぽく、亜種アカハラツバメかと思いましたが違うようでした。

Koshiakatsubame201805192397

こちらは、コシアカツバメ

Koshiakatsubame201805192524

郷里岡山の田舎では4月の中頃には営巣を始めていましたが、5月の下旬でも未だ渡っているんですね。

そして、島の上空には、

Amatsubame201805160018

2羽で追いかけっこをするアマツバメや、

Harioamatsubame201805213405

ハリオアマツバメの姿もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

田舎の町のコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

実家の在る岡山の田舎町では、毎年、ツバメと同数程のコシアカツバメが渡って来て子育てをします。

ツバメより少し遅れて遣って来て、ツバメの2番子が巣立つ頃に巣立ちを迎えます。重厚な徳利型の巣作りに時間が掛かるのかも知れませんね。

Koshiakatsubame201706238634

Koshiakatsubame201706238639

巣の前の電話線に止まって抱卵の交代を待つ(?)コシアカツバメ

Koshiakatsubame201706238663

こちらの巣では雛が孵った様で、親鳥が餌を咥えて帰って来ました。

Koshiakatsubame201706238688

Koshiakatsubame201706238712

川筋に在るコンクリート製の大きな公共施設の軒先には、十数個の巣があって、時間を掛ければもっと素晴らしいコシアカツバメの飛翔姿が撮れるのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

梅雨空のコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

Koshiakatsubame009120160611l

郷里岡山の田舎での今年のコシアカツバメの初認は、例年よりも少し遅い、4月12日でした。

6月上旬に今年3度目の帰省をし、コシアカツバメの渡来状況を確認すると、いつもの「地方行政の残したデカイ箱物」の建屋の軒先に6番のコシアカツバメが営巣場所を決めて繁殖の準備に取り掛かったところでした。

Koshiakatsubame008220160611

この番は新たに巣を製作中で、せっせと巣材の泥を咥えて帰って来ます。

梅雨空の下、湿った巣材の泥は、周辺の畑地で容易に確保出来ます。

Koshiakatsubame019820160611 Koshiakatsubame019920160611 Koshiakatsubame020520160611

巣作りの合間にも、「ジュビー、ジュルジュビー」とか鳴き交わし、雌雄の絆を確認している?のかも。

もう直ぐ梅雨明け。

Natsuzora160704_182941v

餌の虫を求めて夏空を高く飛ぶコシアカツバメの姿が観えるでしょう。夏空にはコシアカツバメの飛翔姿が良く似合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

去年の巣を補修するコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

連休も明けたこの頃、コシアカツバメは巣作りの真っ最中です。

Koshiakatsubame602020150506

何処からか嘴一杯に泥を咥えて遣って来て、

スズメが占拠するコシアカツバメの古巣の横で巣作りを始めました。

Koshiakatsubame604820150506

あれーッ? 最後に作るはずの入り口が出来上がっています。

どうも昨年の巣を補修して使うようです。

昨年の5月20日に掲載した「腰赤燕の巣作り」でご紹介したイトマキエイの様な形の巣の側壁が経年で崩落し、その古巣を補修して再利用するようです。

Koshiakatsubame606520150506

一羽が巣作りしている間、もう一羽は近くで待機です。

Koshiakatsubame607320150506

巣作りは番の共同作業。

Koshiakatsubame592820150506

これは束の間の休憩シーンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

今年も遣って来たコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

毎年、町内の巨大な建物である「生涯学習センター」の軒先に巣を掛けるコシアカツバメですが、今年も数番が遣って来て昨年の巣の確認を始めたようです。

実家から菜園へ通う道すがら顔を合わせる間柄ですが、まだ個体数が少なく、僅か3番を数えるのみです。これから渡って来るのでしょうか?

Koshiakatsubame545520150427

ツイーッ、ツイーッ」、「ジュィー、ジュルジュル」と鳴きながらツバメの居る畑に降り立ちました。

Koshiakatsubame546220150427

Koshiakatsubame546320150427

Koshiakatsubame546420150427

帰省してからここ10日間ほど一滴も雨が降っていません。 本来巣作り中のコシアカツバメですがさぞかし困っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

エッ!巣作り再開?

巣作りを終え、蜜月に入った(?)コシアカツバメは、その後2~3日は動きがありませんでした。

そして、約1週間後の昨日(5月25日)、菜園帰りに覗いてみると、

Koshiakatsubame8176n0525

な、なーんと! 巣の入り口が、ド、ドーンと・・・伸びているではありませんか!

濡れている入り口部分は当日の仕業です。

Koshiakatsubame8182n0525

5月16日の巣の状況から判断すると、ここ2、3日で入り口を増長させたようです。 不思議なことは、巣作りを中断して一体何をしていたのか?と言うことと、何故、入り口の長さを長くする必要があるのかと言うことです。

まさか、私がこのブログで、巣の形状がお粗末でカッコ悪い(イトマキエイに似ている)と酷評を与えたからでしょうか?

Koshiakatsubame8177n0525

確かに、入り口が細長い普通のコシアカツバメの巣になってきましたが。

コシアカツバメの巣作り期間は、着工後約2週間。」と、早とちりで書いてしまいましたが、この分だと、3週間を超えると訂正の必要がありそうです。ご容赦を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼