キンクロハジロ

2018年11月23日 (金)

ため池のカモ達(続)

ヒシの繁茂するため池から南に下ったところにある大き目のため池に行って見ました。

Daisagi201811216752s

上流に位置するこのため池には水が無く、深淵部に集まった魚を狙って、ダイサギコサギアオサギが群れていました。

Daisagi201811216782

驚いて飛び立つダイサギ

池に残ったのは、

Magamo201811216769

マガモの番と、

Kusashigi201811216766_2

なんと、一羽のクサシギでした。

そして次は下流のもう一つのため池です。ここには、毎年、アメリカヒドリが入って来ます。

居たのは、

Kinkurohajiro201811216822

キンクロハジロ♀と、

Kogamo201811216802_2

換羽の終了しかけたコガモ♂と、

Hashibirogamo201811216796

Hashibirogamo201811216807

ハシビロガモの雌雄と、

Hashibirogamo201811216800

まだ換羽中の雄のエクリプス羽でした。

MFを巡る道中、至る所で片側通行、通行止めの道路標識に会い、この度の水害の規模に唖然とするばかりでしたが、土建屋不足で、手の付いている箇所は数えるぐらい。来夏の雨季までに補修されるのか心配でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

秋の舳倉の鳥(カモ類)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、カモ類キンクロハジロカルガモマガモです。

Kinkurohajiro201810165586

毎年、渡りのカモ達が羽を休める淡水の竜神池に、一羽のキンクロハジロの雌鳥が居ました。 別の日の早朝にはオシドリの番の姿もあったとか。

北の海岸筋にもカモ類の姿があり、飛んで来る飛翔姿を捉えると、

Karugamo201810165361

カルガモでした。 カルガモも渡るのでしょうか?

そして、下は、

Magamo201810186086

能登半島方面に向け飛んで行くマガモの小さな群でした。

以下余談ですが、

今回の舳倉島では、今までに無く多くの釣り客と同宿でした。

朝早くから、

Fisherman201810154942

こんな小さい礁に渡して貰って大物を狙います。

Fisherman201810155056

この岩場も渡船でしか渡れない釣り場です。

宿で釣果を聞くと、マダイカンパチなどの大物。夕食時に、ご好意でマダイの刺身をご馳走になりました。

昨年、宿でお会いした富山の釣り人の話では、舳倉島の魚を食べたら他の地の魚は食べれないとか。

さすがに美味しかったマダイの刺身でした。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

龍神池のカモ達

今日の舳倉島の野鳥は、キンクロハジロコガモです。

舳倉島の中央北西部には竜蛇神伝説のある淡水の龍神池があり、なんとも、その底は竜宮に通じているとも言われています。

その450㎡程の小さな淡水池は、渡り途中のカモ類が休息する場所ともなっています。

今回は、前出のオシドリの群、マガン等に加え、キンクロハジロコガモ達の姿を観察しました。

Kinkurohajiro201710118612

スズガモ?かと思いましたが、後頭部の冠羽からキンクロハジロですね。

Kinkurohajiro201710118629

雌の群のようですが、この時期はエクリプス羽も居て、雌雄の判定は難しいものです。

Kinkurohajiro201710118637

Kinkurohajiro201710118640

羽ばたきです。 これから何処に渡って行くのでしょうね?

下は、コガモです。

Kogamo201710139557

Kogamo201710139558

警戒心が強く、人影を見るとすぐに飛んでしまいます。

島には猛禽も居て、かなり警戒していたようでした。

**********************************************************************

話変わって、

この龍神池の竜女伝説(舳倉島の竜蛇伝説と輪島の祭りとの関連等)について、舳倉島の竜女 と題した、興味をそそるWEBサイトを見付けましたのでご参考に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

早春の野鳥(キンクロハジロ)

今日の「早春の野鳥」は、キンクロハジロです。

一体何万羽のキンクロハジロが冬鳥として日本各地に渡来するのでしょうね?

4月の声を聞くこの時期にも、其処此処に大小の群が残っていて、2、3日前に訪れた岡山県南の公園の水路にも群の姿がありました。

Kinkurohajiro201703057525

ただ、この時期のキンクロハジロの雄鳥は、繁殖羽なのか、後に垂れ下がる冠羽が長く感じられ、立派な丁髷をした侍の様相を呈しています。

アカハジロを撮った公園の池に居たキンクロハジロ♂の羽ばたきを撮ってみました。

Kinkurohajiro201703056902

Kinkurohajiro201703056903

白トビを抑え、頭部の緑青金属光沢色を写し込めました。

関東での終認日は何日頃になるでしょうか。?

(撮影日:2017.03.05)

**********************************************************************

今日は3月31日、年度の最終日。リタイアした身には年度も何も関係ありませんが、春を待つ身には変わりはありません。

そんな春待ちの日に、郷里の岡山の田舎は大雪となりました。

Yuki201703313372

裏手の山沿いに降る牡丹雪。

山陰の山間部にヤマメ釣りに行った昨日は、気温20℃にもなる春の陽気でしたが、一変してこの大雪です。

皆様方におかれましては、どうかお身体にはご自愛いただきます様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

今鴨が面白い(キンクロハジロ)

今日の野鳥は、「今鴨が面白い」の第4弾として、キンクロハジロ♂です。

Kinkurohajiro2286s20150212

県央の貯水池には毎年20羽ほどのキンクロハジロの群が渡って来ます。その中に、冠羽が長くてボサボサの雄鳥を見付け、カメラで追ってみました。

Kinkurohajiro226120150212

長い冠羽はあたかも丁髷(ちょんまげ)の様です。北米産の迷鳥クビワキンクロには冠羽が無く、日本の野鳥種だから丁髷がある・・・?。 否、大陸産だから、辮髪・・・でしょうか?

Kinkurohajiro228920150212

丁髷を風になびかせ、怖い顔付きです。 浪人者ですかな。

Kinkurohajiro230120150212

一羽だけで観ると、かなりきれいな鴨ですね。

Kinkurohajiro231820150212

潜水鴨だけあって、水掻きの大きな足をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

日野川のキンクロハジロ

今日の野鳥はキンクロハジロです。

鳥取根雨の日野川には、オシドリの群を離れて、川筋を泳ぐ2羽のキンクロハジロの雌鳥が居ました。

毎年、キンクロハジロを撮るのですが、他のコモンのカモ類達と同様に、なかなかブログ掲載に至らず、かわいそうにも在庫になってしまいますが、今回は、飛翔姿が撮れましたので掲載に至りました。

Kinkurohajiro4753z20160127

川の上流への飛び立ちです。手前は嘴の基部に白斑のある個体でした。

Kinkurohajiro4757z20160127

Kinkurohajiro4760z20160127

Kinkurohajiro4762z20160127

流れのある河川を、流されて下り、そして、上流に飛んで戻るの繰り返し。ラフティングを楽しんでいるようでした。

(撮影日:2016.01.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

渡来間もないキンクロハジロ

今日の野鳥は、先週の米子水鳥公園で撮った渡来して間もないキンクロハジロです。

公園脇の水路にはオナガガモヒドリガモ達と一緒にキンクロハジロの群れが居ました。

Kinkurohajiro5183

キンクロハジロの番(つがい)ですが、未だ時期が早いのか手前のオスも冬羽への換羽の途中の様です。

Kinkurohajiro5184

この時期のキンクロハジロはオスのエクリプスが多く、雌雄の区別がハッキリしませんが、冠羽が少し長く、背の色が濃くて、嘴の色が白っぽいのがオスでしょう。

Kinkurohajiro5193

居ました! キンクロハジロの中にはスズガモのメスの様に嘴の付け根に白斑を持つメスの個体が偶に居るそうです。 写真中央の個体がそうです。

数多く渡来してくるキンクロハジロの群れを観察する際には、この嘴の付け根に白斑のあるメスの個体と、珍鳥のクビワキンクロを探すことにしています。ヒドリガモの群れの中にアメリカヒドリとその交雑体を探すのと似ています。

飛翔の写真も撮ってみましたが、

Kinkurohajiro5198 Kinkurohajiro5199

残念?ながら、ファインダーに入ったのはメスの個体でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

公園の池の金黒羽白

今日の野鳥は、昨日、町の公園にある池で撮影したキンクロハジロです。

金色の目をした黒い羽を持つ羽白鴨の仲間=金黒羽白ですが、渡来数が多く、珍しい種ではありません。

ブログネタが無い中、どうしたものかと右欄に設けたカテゴリーを確認するとキンクロハジロの名が無い。当ブログ開設以来21ヶ月が過ぎ、3回目の冬季を迎えましたが未だキンクロハジロを載せたことが無いのに気付きました。

という事で早速の掲載ですが、大した写真でも何でもありません。ただ、陽の落ちた池でのシックな色合いを狙ってみた写真です。

Kinkurohajiro6697

長い冠羽が特徴のキンクロハジロの雄です。

Kinkurohajiro6542

落ち着いた羽色のキンクロハジロの雌

Kinkurohajiro6619

Kinkurohajiro6727

潜水が得意なカモで、海ガモの一種であるスズガモと良く似ています。正面からの姿はふてぶてしく見え、且つ、滑稽にも見えてしまいます。

キンクロハジロの群れの中に、稀に珍鳥である北米産のクビワキンクロが混じることがあり、この県央の公園の池から20km程東の、同じく都市公園の池に、以前、といっても数年前に、クビワキンクロが数年に亘り渡来したことがありました。クビワキンクロの写真は「瑞鳥庵HOMEPAGE」にて御覧になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼