ウミアイサ

2021年1月20日 (水)

安濃川河口の鳥(海秋沙の採餌)

今日はウミアイサの採餌シーンです。

安濃川河口に居たウミアイサ達は、寒空の下、潜水採餌に余念がありませんでした。

Umiaisa202101129978

ボサボサの冠羽を後ろに寝かすのが潜水開始の合図です。

Umiaisa202101129979

反り上がって、トッポンと水に潜ります。

Umiaisa202101129980

潜水時間は2、30秒。

Umiaisa202101120294

咥えて上がって来た獲物はカニでした。

Umiaisa202101120303

足爪を外して、

Umiaisa202101120307

飲み込みます。

Umiaisa202101120327

次の獲物もやはりカニでした。

Umiaisa202101120330 Umiaisa202101120332

川筋を約150mほど、上っては下り、下っては上って、日がな一日潜水採餌を続けていました。

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

安濃川河口の鳥(海秋沙)

今日の津は安濃川河口域の野鳥はウミアイサです。

毎年この時期には、川筋を上下して潜水採餌する十数羽のウミアイサの姿を目にします。

偶々でしょうが、今回は数が少なく、オス1羽、メス2羽の姿しか確認出来ませんでした。

Umiaisa202101130373

ここは、堤防の上からの見下ろしで撮影できます。

下はメス鳥です。

Umiaisa202101130369 Umiaisa202101130377

時折小雨の落ちる天気でしたが、灰色の空を映す水面での体色も粋なものです。

Umiaisa202101120005 Umiaisa202101120006

このパフォーマンスの意味は分かりませんが、頭のボサボサと嘴のギザギザは流石にウミアイサですね!?

下は、横着して、連続写真です。

Umiaisa202101120007 Umiaisa202101120008 Umiaisa202101120009 Umiaisa202101120010 Umiaisa202101120011

遠くで見せてくれた羽ばたき。

Umiaisa202101129961 Umiaisa202101129964

明日は、ウミアイサの採餌シーンを掲載致しましょう。

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

安濃川河口の野鳥 ④

今日の安濃川河口の野鳥はウミアイサです。

河口を縦横に泳ぎ回って採餌する数個体のウミアイサの姿がありましたが、ホオジロガモ同様に美しい羽色をした雄鳥の姿は観えませんでした。

Umiaisa202001121178

仲良く並んで採餌するウミアイサの雌鳥達。

Umiaisa202001121184 Umiaisa202001121063Umiaisa202001121066

爆風で飛ばされた様なイガイガの冠羽は何時観ても凄いですね。?(笑)

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

ウミアイサ♂の羽ばたき

今日の野鳥もウミアイサです。

小雨の翌日、三重を発つ朝にもう一度、安濃川河口を覗いて見ました。

Umiaisa201901162600z

まだ小雨が残る河口でしたが、薄日も差し込んできてウミアイサの身体を照らします。

水面の色は期待出来ませんでしたが、

Umiaisa201901162582

これから帰省する旅人を見送るように、羽ばたきをしてくれました。

Umiaisa201901162583_2

Umiaisa201901162584

Umiaisa201901162585

その後、青空も出て来て、

Umiaisa201901162563

Umiaisa201901162661

綺麗な羽色が観えました。

Umiaisa201901162683

いつもは写し込めない後首の黒い縦筋も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

小雨の中で求愛するウミアイサ

今日の野鳥はウミアイサです。

帰省途中に寄った三重の安濃川河口には、ざっと数えただけでも17羽ほどのウミアイサが居ました。

雄鳥はすっかり美しい繁殖羽に換羽して、否応なしにカメラを向けさせます。

小雨の中、彼方此方を泳ぎ回るウミアイサでしたが、2羽の雌鳥を前に求愛のディスプレイをする雄鳥が居ました。

Umiaisa201901152492_2

Umiaisa201901152497

Umiaisa201901152500_4

Umiaisa201901152501

Umiaisa201901152502

半身水に浸かっての懸命の求愛ディスプレイでしたが、雨天では自慢の羽色がアッピール出来ないのか、一羽の雌鳥は羽繕いを、もう一羽の雌鳥も全く興味は無いようでした。

私も、晴天下に青空を映す水面での求愛ディスプレイを写したかったです。

**********************************************************************

下は、昨夜のスーパームーン。 

Suppermoon201901213105

寒空に皓皓と輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

安濃川河口のウミアイサ(飛翔姿)

今日は、ウミアイサの飛翔シーンです。

間近で観るウミアイサの飛翔姿は、それは綺麗なものです。

Umiaisa201801185723

Umiaisa201801185724

Umiaisa201801185726

雄鳥と、

Umiaisa201801185627

Umiaisa201801185631

雌鳥。 早めに見付けて、後追いにならない様に気を付けました。

次は、後追いとなった雄鳥の着水シーンです。

Umiaisa201801185678

Umiaisa201801185683

Umiaisa201801185684

Umiaisa201801185686

Umiaisa201801185687

あんなに短い尾羽でも、ちゃーんと制動の役目をしているんですね。

Umiaisa201801185598

これは気持ち良さそうなウォータースライダーです。 私がウミアイサなら、いつまでも水面を滑って遊んでいるのですがね。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

安濃川河口のウミアイサ

今日の安濃川河口の野鳥はウミアイサです。

Umiaisa201801185321l

河口周辺には十数羽のウミアイサの群が居て、この時期、番形成に余念が無いと言った状況でした。

Umiaisa201801185367

Umiaisa201801185370

すっかり繁殖羽に換羽した3羽の雄鳥が、アイシャドウの濃い1羽の雌鳥を追い掛けていましたが、

Umiaisa201801185563

(雌の成鳥には目の周りが黒い個体も居るそうですが、この2羽は第一回冬羽の雄鳥かも知れません。)

Umiaisa201801185657

まだ雌雄のカップルの姿はありませんでした。

以下は、冠羽の綺麗な雄鳥の姿です。

Umiaisa201801185602

Umiaisa201801185632

Umiaisa201801185639

2段になった長い立派な冠羽です。

Umiaisa201801185694

Umiaisa201801185706

強い川風に吹かれながら、この2羽は、恋よりも専らシュノーケリングで採餌です。

最後は、

Umiaisa201801185586

羽繕いと、

Umiaisa201801185748

羽ばたきです。

明日は、ウミアイサの飛翔シーンを掲載します。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

今季も居たウミアイサの群

今日の野鳥はウミアイサです。

干拓地の鶴達の午後の御出座しを待つ間に、近くの入江にウミアイサを探しに行きました。昨季に小さな群れを見付けた入江です。

Umiaisa201712153086l

居ました。今季も10羽ほどの群で入って来ていました。

Umiaisa201712153078

Umiaisa201712153090

もう求愛のディスプレーが始まっていましたが、

Umiaisa201712153098

雄鳥の羽色は、未だ完全な繁殖羽になっていない様でした。

求愛ディスプレーは練習でしょうかね?

Umiaisa201712153124

Umiaisa201712153126

Umiaisa201712153132

来春に帰省した際にもう一度覗いて見ましょう。

Umiaisa201712153157l

小春日和の日溜りで、出来れば投げ釣りの置き竿でもして、ゆったりと撮影に興じるのも好いですね。 狙いはキスウミアイサ

瀬戸の海 カメラ片手に 置き竿で

           漁夫の利狙う 野鳥撮影 (お粗末)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

瀬戸内のウミアイサ♂は求愛中?

今日の野鳥はウミアイサの雄鳥です。

ここのところウミアイサをよく見掛けましたし、撮影も致しましたが、綺麗な羽色の雄鳥の姿を見掛けませんでした。

先日、岡山県南の漁港を廻って最後に寄った入り江に、7羽のウミアイサの群れが居て、その中に雄鳥2羽を見付けました。

Umiaisa201701191421

距離は100m近くありましたが、今季初めて観るウミアイサの雄鳥です。

Umiaisa201701191429

尾羽を上げているところをみると、雌鳥への求愛のポーズでしょうか?

風に吹かれてバサバサの冠羽がボサボサになっています。

Umiaisa201701191435

雌鳥の傍に寄って行ってこんなポーズも取りましたが、肝心の雌鳥はそっぽを向いています。

Umiaisa201701191437l

雌鳥がもう一羽寄って来ましたが、

Umiaisa201701191439l

Umiaisa201701191440

雄鳥の求愛行動にはあまり興味が無いようでした。

天気の良い日にもう一度挑戦してみましょう。 もう少し近寄って来てくれるかな?

(撮影日:2017.01.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

海秋沙、穴子を捕食するの巻

今日の野鳥は再登場のウミアイサ♀です。

つい10日ほど前、「海秋沙、飯借を捕食するの巻」と題して、西伊豆の小さな漁港内でママカリを捕食したウミアイサ♀を掲載致しましたが、16日に郷里岡山に帰省してから数日後の天気穏やかな日に、瀬戸内の小さな漁港で、またもや、ウミアイサ♀の捕食シーンに出会いました。

Umiaisa201701191229

港内に浮き上がって来たウミアイサ♀の口に、白いウナギのような魚がくわえられていました。

Umiaisa201701191251

姿形と体色から、どうやらマアナゴ真穴子)の様です。

滑りのせいなのか、長いからなのか、これから永延3分強にわたるウミアイサの苦渋の捕食シーン(言い換えれば、アナゴの必死の抵抗シーン)を観ることが出来ました。

連写枚数約200枚。いつもの手持ちで疲れてしまい、途中で堤防に腰を降ろしての撮影でした。

如何に連続写真が得意といっても、さすがに200枚は多過ぎます。 適当なシーンを抜粋して御覧に入れましょう。

Umiaisa201701191259

Umiaisa201701191260

嘴に巻き付くアナゴを、苦心して、

Umiaisa201701191264

首を伸ばして、大方飲み込んだと思ったら、(いや、まだ喉の辺りでくねくねと動いている様で・・・)

Umiaisa201701191272_2

なんと、出て来てしまい、

Umiaisa201701191276

また一からやり直し。

Umiaisa201701191334

今度は踏ん張ってみたものの、

Umiaisa201701191336

まだ尾っぽの先端が覗いています。

Umiaisa201701191337

仰け反って、

Umiaisa201701191341

やっと事無きを得た様でしたが・・・・・

Umiaisa201701191358

何かもぞもぞしていて、

Umiaisa201701191360

なんと!いきなり、呑み込んだはずのアナゴを、また吐き出しました。凄いアナゴの抵抗力です。

Umiaisa201701191362

Umiaisa201701191364

その後も抵抗するアナゴでしたが、

Umiaisa201701191386

やっと、ウミアイサのお腹に納まったようでした。 3分強の連写は疲れました。

岡山県南のこの漁港、今は養殖カキの旬で、その水揚げと直売が最盛期を迎えていました。

(撮影日:2017.01.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼