オオタカ

2018年3月13日 (火)

臨海公園のオオタカ若

今日の野鳥はオオタカの若鳥です。

雨続きの荒天の後の日曜日、ブログのネタ探しに東京湾の臨海公園に出掛けました。

鳥類園の淡水池にはサンカノゴイが出るようで、休日ともあって大勢のCM。次に訪れる渚の満潮過ぎまで、様子をみることに。

出て来ないサンカノゴイを待っていると、突然、視界を猛禽が横切りました。

Ootaka201803112742

咄嗟の速射で何とか押さえましたが、どうもオオタカの若の様でした。

その後、池の対岸のの枝先に止まっているのを確認し、

Ootaka201803112752

Ootaka201803112755

被りの無い止まりものを撮りましたが、胸の縦斑はオオタカの若鳥です。

下は、拡大ですが、

Ootaka201803112755s

若でも流石に、眼光鋭し!ですね。

この後、獲物を目掛けて飛出しがあったのですが、ハシビロガモのオスに気を取られて、見逃してしまいました。残念!

サンカノゴイですか? この日は出なかったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

猛禽街道の隼と大鷹

今日の野鳥はハヤブサオオタカです。

我が町と隣の町を結ぶ郊外のとある街道、この街道を勝手に「猛禽街道」と呼んでいます。これまでに、亜種チョウセンチョウゲンボウを初め、オオタカノスリハイタカチョウゲンボウはもとより、毎年、ハヤブサが居付いて狩場にしている街道です。

今季は姿を見せず、心配していた矢先、

Hayabusa201802099229

街道脇のいつもの電柱にその姿を見付けました。

Hayabusa201802099236

体色からして昨季と同じ個体の様です。

Hayabusa201802099249

Hayabusa201802099250

Hayabusa201802099263

羽繕いをして、

Hayabusa201802099283

脱糞をした後に、

Hayabusa201802099291

Hayabusa201802099298

ドバトの群の居る方向に飛んで行きましたが、狩ではないようでした。

暫く行方を追っていると、

Hayabusa201802099299

はるか遠くで、他の猛禽とバトルを始めました。

Hayabusa201802099300

Hayabusa201802099301

モニターで確認すると、相手はオオタカの若鳥のようです。

Hayabusa201802099302

Hayabusa201802099303

オオタカの退散を確認して

Hayabusa201802099306

戻って来ましたが、縄張りに侵入して来たオオタカの若を追い払ったシーンでした。

餌となるドバトムクドリスズメ等の多い街道筋ですので、今後が期待出来そうです。

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

蓮池の上空を飛んだオオタカの幼鳥

今日の野鳥は、在庫の中からオオタカの幼鳥です。

今月の初め、県央の翡翠の公園でハスカワを待っていた時、上空を猛禽が舞いました。

スズメの様な小鳥の群を追っていたようでしたが、

Ootaka201709032415

狩りは叶わず、

Ootaka201709032430

Ootaka201709032432

Ootaka201709032433

急いで蓮池の上空を通り抜けて、

Ootaka201709032445

Ootaka201709032446

Ootaka201709032450

裏手の林の中に消えて行きました。

猛禽に興味の無いハスカワ狙いの皆は、チョウゲンボウハイタカだろうと言っていましたが、褐色の体に、胸には黒褐色の縦斑があることから、オオタカの幼鳥ですね。

近くの里山で生まれた子でしょうか?

(撮影日:2017.09.03)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

都市公園で繁殖中のオオタカ

今日の野鳥は、長々と続けております「舳倉島の野鳥シリーズ」を途中で中断しまして、帰省前に東京の都市公園で撮影致しましたオオタカです。

公園の外れの高木に営巣して繁殖中のオオタカの番が居て、時折、給餌に帰ってくる雄鳥と、食事後に水を飲みに下りて来る抱卵中の雌鳥を地元のバーダーと一緒に狙いました。

Ootaka201704209934

ヒマラヤスギの枝先で食事をするオオタカ♀。

Ootaka201704209944

ケヤキの洞に溜まった雨水を飲みに下りて来たオオタカ♀。

Ootaka201704200036

辺りを警戒し、

Ootaka201704200085

おもむろに水を飲みます。

Ootaka201704200148

浴びるように水を飲むオオタカ

Ootaka201704200153

Ootaka201704200158

数分は居たでしょうか?

Ootaka201704200163

Ootaka201704200174

辺りを入念に警戒して、

Ootaka201704200181_2

Ootaka201704200187

Ootaka201704200188

Ootaka201704200190

巣の方向に飛び立ちました。

(撮影日:2017.04.20)

最近、このオオタカの番の繁殖について、残念なニュースが入って来ました。

5月20日頃に孵化したものの、24日にカラスに巣を襲われて雛2羽が落鳥。現在、残った雛(1~2羽?)を育てている状況とのこと。この公園はカラスが多過ぎて、カラスの巣もオオタカの営巣場所の近くにあり、現在、地元のバーダーの方達が見張っておられるとか。

無事巣立ってからアップする予定のオオタカでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

オオタカ若の採餌

今日の諫早湾干拓地の野鳥はオオタカの若鳥です。

Ootaka974620161113

夕暮れ迫り、ハイイロチュウヒの塒入りを確認した後、親切なカメラマンの皆さんにオオタカの若鳥が採餌中の場所を教えて貰いました。

Ootaka977220161113

ドバトを獲った様ですね。

Ootaka979120161113

広い干拓地ですが、小鳥の数が多そうです。この分だと猛禽が期待出来そうでした。

(撮影日:2016.11.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

代役で出た?オオタカ

昨日も午後からチョウセンチョウゲンボウの出る場所に行って来ました。 流石に祝日翌日とあってカメラマンは数える位。方々に散らばり、それでも20人弱では無かったでしょうか。

再々の挑戦で4時まで居ましたが、しかし、チョウセンチョウゲンボウは出て来てくれませんでした。

その代わり、余りにも悪いと思ってくれたのか、ピンチヒッターとしてオオタカ♂♀、ノスリ、そして只のチョウゲンボウが出て来てくれました。

以下は代役としてのオオタカ♂の飛翔写真ですが、最後はフレームからはみ出てしまいました。

Ootaka2849

目が合ってしまいました。

Ootaka2850

Ootaka2851

Ootaka2852

Ootaka2853

地上の餌を探している様子です。

Ootaka2854

見つからなかったのか急に向きを変えて飛び去りましたが、見上げの三脚ポジションには既に余裕が無く、

Ootaka2855

真上を通過した時は画角一杯で切られてしまいました。

午後から青空が広がり、青空をバックにした淡い羽色をしたチョウセンチョウゲンボウを写真に収めたかったのですが、憐みを抱いたのか、代わりにオオタカがお相手をしてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

モビングを受けるオオタカ

今日の野鳥は、先週の土曜日、ウミアイサ♂を撮りに行った取水堰の上空でハシボソガラスからモビングを受けていたオオタカの幼鳥です。

Ootaka7173

何処からともなく上空に現れたオオタカの幼鳥です。

間も無くして、2羽のハシボソガラスが現れてこのオオタカの幼鳥にモビングを仕掛けました。

Ootaka7181Ootaka7182Ootaka7183Ootaka7184

モビング【 Mobbing 】とは、猛禽類やカラス等の捕食者に対し、小鳥などが群れでつきまとって追い払う行為ですが、このモビングは攻撃ではなく、執拗な嫌がらせをしてその場から追い払う「擬攻撃」です。カラスに至っては、この例の様に、モビングの仕掛け屋であることも多々あります。過去に観察したカラスが仕掛けたモビングの相手はトビチョウゲンボウオジロワシ等のワシタカ類でした。

河口に近い河川敷はカラスにとっては何でも有りの絶好の採餌場です。流れて来る生ゴミ、食べ残しの入ったコンビニのビニール袋、落ち鮎の死骸、近隣の民家のゴミ捨て場所と合わせるとあらゆる食材の宝庫です。たとえ食性が違っていても縄張りに入って来る侵入者は徹底して、嫌がらせをして、追い払うしかありません。

という訳で、水面のコガモや河原の小鳥を偵察?に現れたオオタカの幼鳥も、ここのハシボソガラスの番にとってはあくまで縄張りを侵す侵入者です。スクランブル(緊急発進指令)により協力してモビングの開始です。

Ootaka7205

Ootaka7254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

白樺峠を渡るタカ達

白樺峠を渡るタカ達の中には、サシバハチクマ等の様に冬季は遠い南の国で越冬する種類の他に、少数ですが、留鳥のミサゴノスリオオタカ等も観えるそうです。

この日の渡りの総数は90羽程(ネット情報)だったそうですが、午前中には、オオタカ♂、ノスリの姿もありました。

Ootaka8990

Ootaka8994

峠の上空の高い所を飛ぶオオタカ♂。換羽中なのか、採餌の際に傷つけたのか羽根はボロボロに痛んで見えました。

Nosuri9092

これはノスリです。

Ezobitaki9066

峠の高木の梢に止まって、フライングキャッチをしていたエゾビタキ

渡りの数は、サシバハチクマが圧倒的に多いそうです。その内のハチクマの渡りルートを衛星追跡で調査した記事が2006年10月号のBIRDER誌に載っていましたが、ここ白樺峠を越えて行くハチクマは、中部、中国地方を通り、東シナ海を横切って中国大陸に渡り、マレー半島を経て、インドネシア、フィリピンにたどり着いたとのことでした。長旅ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼