オバシギ

2016年9月 6日 (火)

三羽のオバシギの幼鳥

今日の野鳥はオバシギです。

9月上旬。渡りのシギチの情報が入るようになり、天気予報を注視して、東京湾三番瀬に行って来ました。

到着した満潮後小一時間の浜では殆んど干潟を見ることは出来ませんが、波打ち際に3羽のオバシギの幼鳥が出ていました。

Obashigi138020160905l

Obashigi138320160905l

白黒のモノトーンの羽色がシックで綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

三番瀬のオバシギ

大型で強い台風19号の被害を心配致しますが、帰省中のここ岡山は、お陰さまで、四国山地が盾となり暴風雨の台風被害はいつも軽減されます。これから明日にかけ、台風の通過する方面におかれましては、十分に注意されますよう。

さて、本題の野鳥ですが、先月末の東京湾三番瀬にはオバシギの7、8羽の群れが居ました。

ダイゼンの群れと同じ干潟で、採餌に忙しそうでした。

Obashigi4266140930

オバシギの名の由来は分からないそうですが、「姥鷸」と書くにはどこかお婆さんに似たところがあるのでは? 山と渓谷社発行の図鑑「野鳥の名前」には、「腰を丸めたような太めの体型、ゆったりとした動作からおばあさん(姥)を連想したのだろう。」と載っていました。

そういえば、ダイゼンコオバシギがちょこまかと動き回る渚で、オバシギだけはゆったりと採餌をしていたようでした。

Obashigi4156140930

アサリを掘り出しました。

Obashigi4192140930

こちらもアサリを、

Obashigi4293140930

殻つきのままそのまま飲み込んでいました。 貝殻も消化するのでしょうか?

Obashigi4118140930

時にはお婆さんもジャンプです。

三番瀬はアサリが豊富なのですね。震災後の休園中にも多くの潮干狩りの人が居たようでしたが、シーズンオフのこの時期にも、

Shiohigari4010140930

愛犬連れの潮干狩り客が、

Shiohigari4101140930

シギチと一緒に潮干狩り。心なごませる光景でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

冬羽のオバシギ三羽

昨日の続きですが、東名横浜町田から羽田を抜けてベイブリッジを通って湾岸、東関東道を利用して、先ずは三番瀬へ、スムーズだった高速も、羽田の手前で渋滞・・・・・。 事故かな?どうもおかしい。 低速で進んでいくと、道路脇に止まったパトカーの先に豚が! 1Km程の距離に合計3頭。 その内の1頭は既に御昇天のようでしたが、高速パトロール隊のお巡りさんにはご苦労様でした。 朝から笑える豚(トン)だハプニングでした。

という訳で今日の野鳥は豚鴫、ではなく、何の関係も無いオバシギです。

Obashigi2961

渚のミユビシギハマシギの群れの中に一回り大きなシギが居ました。このホシガラスの様な嘴をしたシギオバシギです。

Obashigi2988

合計3羽。その3羽が集まってきました。どの固体も既に冬羽に換わっています。

オバシギの名の由来は何でしょうか? 尾羽鴫と書くのが普通の様ですが、中には姨鴫と併記した図鑑もあります。

特に特徴のない尾羽に何故尾羽鴫と? 姨鴫の由来は? 有識者に聞いてみたい内容です。

下は、満潮で干潟が無くなり、シギ達が三々五々渚を飛び立つシーンの連続写真です。

Obashigi3057 Obashigi3058_2 Obashigi3061 Obashigi3062_2 Obashigi3063 Obashigi3064 Obashigi3065

猛烈な勢力を保った大型台風16号が東シナ海を北上していますが、幸いなことに郷里岡山の田舎は今のところ曇りのち晴れの平穏な天気。午前中に冬野菜の畝作りを完了し、今週後半は種蒔きです。すっかり百姓が板に付いて来ると、この先が思いやられます。長くなりましたのでこの辺で、では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

この子は誰?

今日に野鳥は、先月28日の午前中に東京湾の干潟で撮ったシギですが、名前が判りません。

Unknown5894

Unknown5899

Unknown5903

ダイゼントウネンの群れの中に1羽だけ居て、渚で採餌していました。大きさはダイゼンより小さく、トウネンより大きく見えました。

帰宅して今日までに、持ち合わせの図鑑各誌(フィールドガイド日本の野鳥シギ・チドリ類ハンドブック日本の野鳥590 etc.)を参考にして識別を試みましたが、キアシシギにも似ているが、翼の下面が白いので違う。コオバシギウズラシギに似ているのでは?というところまでしか判りません。

どなたか判定を御願いします。以前、ニシオジロビタキを教えて下さった西一さん、コシジロオオソリハシシギにコメントを頂いた raybirdnet様、判定を御願いできますか?

この子は右足首に銀色の足環を付けていました。少しボケた写真ですがトリミング写真を下に載せておきます。

Unknown5892

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼