ササゴイ

2016年7月 9日 (土)

ササゴイの捕った餌は

今日の野鳥もササゴイです。

Sasagoi055820160617

集団営巣場所の直ぐ脇を流れる小奇麗な小川に一羽のササゴイが降り立ちました。

Sasagoi050920160617

小さな堰堤に遡上する小魚が居るのか、狙っています。

Sasagoi051320160617 Sasagoi056820160617

足元の悪い中、長時間粘った挙句の成果は、

Sasagoi049920160617l

なんと、枯葉でした。wink

Sasagoi059420160617

諦めて羽繕いをするササゴイでした。

順光で観る白縁のある雨覆羽の緑青色の輝きは綺麗でしたよ。

(撮影日:2016.06.17)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

今年のササゴイは

今日の野鳥はササゴイです。

先月、吉備中央町にブッポウソウの様子を観に行った帰り、ササゴイの営巣状況を確認に、旧城下町高梁の一角にある集団営巣場所に寄ってみました。

Sasagoi039420160617

居ました。高いの木の枝先にササゴイの成鳥の姿が観えました。

今年も数番が営巣しているようですが、例年に比べて少ないようです。

Sasagoi036920160617

長い小枝を咥えて来たササゴイです。

Sasagoi037420160617

この辺りに巣を掛けるのでしょうか?それとも巣の補修?

既に6月の下旬。営巣には遅すぎやしませんか?(5月連休明けの河北潟では営巣中でしたが?)

近くの川筋を見ると、

Sasagoi062820160617

大きな巣立ち雛が一羽、こんなところで親鳥からの給餌を待っていました。

巣材を運ぶササゴイは今年二度目の繁殖に入るのでしょうかね。

(撮影日:2016.06.17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

河北潟のササゴイ

今日の野鳥はササゴイです。

オナガの居た観察舎の脇の植え込みには、なんと! ササゴイも営巣しているようで、頻繁に出入りの飛翔姿が確認出来ます。

Sasagoi530120160507l

太い木の下の方から枝先に、一羽のササゴイが出て来ました。 (クリックで大きな写真になります。)

Sasagoi527820160507

Sasagoi528320160507

入念な羽繕いが始まりました。

Sasagoi532020160507

これは、直接頭掻き。

郷里岡山は高梁のササゴイ達も、高いの木の枝先に営巣を始めた頃でしょう。

(撮影日:2016.05.07 舳倉島への船待ち日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

給餌に集うササゴイの雛

今日の野鳥も昨日に続き郷里高梁のササゴイです。

営巣場所のの木の枝先で待つ巣立ち雛に親鳥が給餌に帰って来ます。 その頻度は不定期で、滞在した1時間半ほどの間にも一度も給餌を受けなかった雛鳥のグループも居ました。

下は、ササゴイの雛が親鳥から給餌を受ける連続シーンです。 雛は5羽居たようでした。

Sasagoi563620150702

Sasagoi563720150702

Sasagoi564620150702

Sasagoi564720150702

Sasagoi564820150702

Sasagoi564920150702

見上げで少々首が痛くなってきたところに、老母からお迎え要請の携帯電話が掛かって来て引き上げましたが、幸いなことに愛車は糞害の被害には遭わずに済みました。

(撮影日:2015.07.02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

郷里高梁のササゴイ

北海道の野鳥シリーズを一時お休みして、今日の野鳥は郷里高梁市の街中で営巣するササゴイです。

老母を整形外科に送り迎えする待ち時間を利用して、市内のササゴイの営巣場所を訪れてみました。

Sasagoi567720150702

営巣場所の赤松の木の枝先にササゴイの巣立ち雛が観えました。少し遅いかなと思いましたが、目下巣立ちの最盛期の様で、赤松の木の枝先という枝先に掛かった巣の周辺には巣立ち雛の元気な姿を観る事が出来ました。

Sasagoi552420150702

あくびをしたり、

Sasagoi552820150702

背伸びをしたり、

Sasagoi560220150702_2

兄弟3羽でパフォーマンスをしてみたり、

Sasagoi566020150702

Sasagoi566120150702_2

Sasagoi566220150702

兄弟喧嘩をしてみたりと、賑やかな様子でした。

老母の具合ですか? 悪いところは頭と口だけで至って元気、整形外科には足の爪切りに一月に一回ほど通っているそうです。coldsweats01

(撮影日:2015.07.02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

ササゴイ其々の巣立ち雛達

昨日訪れた城下町高梁で撮ったササゴイの巣立ち雛達です。

未だ孵化して間もない雛を抱いた親鳥の姿が観える巣や、早いものでは親鳥大に成長して、松の大木の枝先を動き回る雛達も居ました。

Sasagoi0220

おやおや、親の頭を丸かじりです。

Sasagoi0254

大きな枝先には少なくとも1箇所は巣があります。この巣では未だ巣での給餌が行われていました。

Sasagoi0168

こちらでは、5羽の雛がやっと巣から這い出して来て(巣立ち)、枝伝いに移動を始めました。足元はおぼつかなく、時折羽の生えていない両翼でバランスを取っていました。

Sasagoi0348

大分大きくなった雛。太い枝先に出て来て親鳥の帰りを待っています。もうこの位に大きくなるとカラスの心配も無いのでしょう。

Sasagoi0585

この子は既に親鳥大に成長し、今にも隣の楠木の茂みに飛んで行きそうです。このコロニーの中では最初に巣立った雛の一羽かも知れません。

親鳥大に育った巣立ち雛への給餌のシーンは凄いものです。 新調のD7100を調整(カスタマイズ)していた際に、近くの枝先で給餌が行われました。慌ててシャッターを押したのですが押せない! なんとか押せたカットだけでその給餌の凄さをおみせしましょう。

Sasagoi0020

帰って来る親鳥の方を一斉に見ています。

Sasagoi0026

まごまごしている内にバトル状の給餌は終わりました。 飛び立つ親鳥を雛の一羽が執拗に追いかけているところでなんとかシャッターが押せました。

Sasagoi0028

給餌の終わった親鳥は逃げるようにその場から立ち去ります。

後から分かったことですが、色々とカスタマイズした挙句にモードダイヤルがAUTOになっていた為にピントが合わなかった様でした。 最初の失敗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

旧城下のササゴイ

今週半ばの帰京を控え、今日は郷里高梁市の市街地で繁殖するササゴイを撮りに出掛けました。

7月に入れば巣立ち雛が観えるはずです。 

市街地の中心部にある幼稚園の園庭に植わった松の大木の枝先に、少なくとも十数番のササゴイが巣を掛けて繁殖します。 

最初から産毛の残った巣立ち雛を掲載するよりも、先ずは、美しい成鳥の姿を載せましょう。

Sasagoi0381_2

新調のD7100でテスト撮影した画像です。 そうです。 D7100のテスト撮影も目的でした。

いつものことですが、「欲しい欲しい」と思っていると、何故かいつしか手元にある。 不思議なものです。smile

Sasagoi0413_2

やはり画素数が多いと良いもんですね。

Sasagoi0558_2

新機能「撮像範囲の変更」をして、「対DX 1.3x クロップ」で撮ったものを更にアップしてみました。

D7100、今日の感じでは「まあまあ期待通り。」でしょうか。 これから大いに遊べそうです。

Sasagoi0483_2

ところでここの松、強剪定で酷い姿をしていますが、ササゴイと一緒に切り取った枝ぶりは立派なものです。「よくぞこんなに曲がったものか!?」と。

ところでこの園庭ですが、旧備中松山藩の藩校「有終館」の跡地でして、道路に面して瓦を頂いた瀟洒な古い土塀で囲まれています。ササゴイの繁殖時期にはその土塀の上にビニールが掛けられ、糞害から土塀を守る工夫がされており、共存の姿勢が見事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

ササゴイの親鳥

この時期、さすがの晴れの国岡山でも連日雨に降られています。

雨天の下、継続しているリホームの傍らで、老父母が溜め込んだ家財道具の片付けをしていますが、物置の奥のほうから親父の漁具が大量に出てきました。投網3張、刺し網5張。その他カンテラ、鰻のもじり、魚籠等です。その昔、親父と一緒に川魚漁をした懐かしい漁具達です。

この雨が上がったら、そして川の水が引いたらこれらの漁具を使って好きな川遊びをしようと、一昨日、高梁川水系の一つである成羽川の漁協の入漁証を買いに行きました。鮎、鰻、蟹、鼈等、何でも出来る年間遊漁券は8,000円でした。稚魚の放流量も少なく、余り獲物は期待できないそうですが、元を取れるか頑張ってみる積りです。

今日の野鳥は例のコロニーで撮ったササゴイの親鳥です。

Sasagoi7410

松の切り枝に止まるササゴイの親鳥。ボサボサのリージェントの頭髪がなんとも言えません。

Sasagoi7465

大きな松の木は強剪定されて幹が剥き出しとなっていて、この様に親鳥が松葉の小枝に止まるのは滅多にありません。

Sasagoi7546

上の写真の様に、給餌に戻ってきた親鳥は松の木の幹を駆け上がって雛の待つ枝先に向かうものもいます。ピンと跳ね上がった頭髪と背の羽毛は「合羽からげた三度笠」の渡世人の様に見えて滑稽でした。

下は近くの電線に止まる親鳥です。

Sasagoi7445

Sasagoi7694

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

笹五位の競争的給餌風景

タイトルを凝ってみましたが、先週行ったササゴイのコロニーでの給餌の連続写真です。

「ブログを見たよ」と、先日、以前このコロニーの糞害を教えていただいた知人から連絡を貰いました。瀟洒な旧城下町の住人は、このササゴイに対してかなりの理解度があるようで、ササゴイがやってくる前のこの春には、松並木の下に位置する幼稚園の園庭の遊具の移設も完了し、繁殖、育雛時期の夜間の鳴き声の騒音にも我慢をしていただき、ササゴイとの共存を試行中との報告でした。

Sasagoi7635

園庭の隅の楠木の枝先に居た雛がうるさく騒ぎ出しました。

Sasagoi7639

親鳥が給餌に帰って来たようです。

Sasagoi7641

Sasagoi7643

周辺に居た兄弟?の雛達も餌を運んで来た親鳥をめがけて集まって来ます。この家族の巣立ち雛は4羽居る様です。

Sasagoi7644

Sasagoi7647

給餌は終わりましたが、餌にありつけたのは枝先の1羽の雛だけだった様子でした。

Sasagoi7651

Sasagoi7657

親鳥の去った川筋の方向を向いて次の給餌を請うような所作の雛達です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

ササゴイの巣立ち雛

郷里岡山県高梁市には、国指定の文化財である備中松山城を頂く臥牛山の麓にその城下として栄えた武家屋敷を含む町並みが並びます。当ブログの運営者である私、瑞鳥庵の住人が、その昔、高校生活を送った町でもあります。

その瀟洒な市街地に教会を含む商家が立ち並ぶ一角があり、4、5本の赤松の巨木があります。

その松の木に、毎年ササゴイの集団が渡来して繁殖、育雛をいたします。

以前、知人からそのササゴイのコロニー(鷺山)の糞害対策について相談を受けたことがありますが、それはひどいもので、長い土塀の瓦屋根にはビニールが掛けられ、道一面は悪臭を放つ尿酸糞で白く塗装されます。

そんなササゴイのことですが、そろそろ巣立ちの頃と推測して出かけて見ました。

Sasagoi7354

居ました。頭に産毛を残したササゴイの幼鳥が松の木の頂に止まっています。巣立ち間もない雛の様です。

Sasagoi7371

周りを探すと、居るわ居るわ。親鳥も入れると40羽は軽く超えています。この幼鳥の群れは同じ巣から巣立った兄弟の様です。白い線は防鳥のために張られた釣り糸です。(効果は無いようですね。)

Sasagoi7448

こちらは1羽でたたずむ幼鳥です。遠くの山並みの濃青緑色をバックに松葉を入れて、少し日本的な光景です。

Sasagoi7742

巣立ち雛には孵化の時期によってかなりの個体差があるようで、松の枝先を跳び回る雛や、

Sasagoi7756

隣の楠木の樹冠を飛び回る雛も居て、騒々しいこと頻りです。

Sasagoi7521

近くの電線の上にも雛が居ました。もうかなりの距離が飛べるようです。

それにしてもこの無様な電柱。所沢の駅前の電線を思い出してしまいました。武家屋敷を含む美観地区を売り物にする美しい城下町、高梁(たかはし)。なんとかなりませんかね中電さん、NTTさん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Greeting | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロキビタキ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨウロッパトウネン | ヨシガモ | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 趣味