チュウダイサギ

2017年7月25日 (火)

丹頂の給餌を狙うチュウダイサギ

今日の野鳥は亜種チュウダイサギです。

きびじつるの里」のタンチョウの放飼場に一羽のチュウダイサギが居ました。

Chudaisagi201707230751

放飼場の池には数匹の錦鯉は居ますが、チュウダイサギの餌となる小魚類等は常駐のタンチョウに食べられて居そうにありません。

Chudaisagi201707230778

チュウダイサギの狙いは、タンチョウ達への給餌のおこぼれです。

既にチュウダイサギよりも大きくなったタンチョウの雛ににらまれて、おこぼれにありつくのも容易なことではありませんが、運良く給餌のをゲット出来ました。

Chudaisagi201707230779

大物を咥えて退散?です。

Chudaisagi201707230781

Chudaisagi201707230782

Chudaisagi201707230783

この後、池の中洲に降り立って、美味しい?を飲み込んでいました。

**********************************************************************

前日の、昔の会社の同僚との飲み会は、元気そうな同僚の顔を拝見して安心し、ついつい酒量も上がりました。

翌日の帰路に再度「きびじつるの里」に寄って見ることにして、その前に、その近くの「備中国分寺」に寄りました。向日葵畑の中に五重塔を写し込める絶景ポイントです。

標準レンズを忘れるという失態を演じてしまいましたが、ガラケイのカメラで撮った「備中国分寺」の遠景を御覧ください。

Bitchukokubunnji20170723_083259

Bitchukokubunnji20170723_083623

Bitchukokubunnji20170723_083705

Bitchukokubunnji20170723_084841

備中」とは、「吉備道中国」がその昔、漢字二文字で表記することとの御触れで「備中」となったとのこと。出雲につながる神話の古里でもあり、周囲には古墳も多く存在します。

良い所ですよ。

あっつ、そうそう。 2羽のタンチョウの雛のことですが、名前が公募され、それぞれ「レンゲ」と「ウララ」に命名されたそうです。 可愛い名前ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

稲田のチュウダイサギ

今日の野鳥は亜種チュウダイサギです。

先月の終わり、鳥枯れの気配が漂う近場のMFを回っていると、稲田に亜種チュウダイサギの姿がありました。

Tyuudaisagi733720160921l

稲刈り前後の稲田ではよく目にする光景です。

Tyuudaisagi732620160921l

警戒心が強く、少し佇んでカメラを向けようものなら、直ぐに飛び立ってしまいます。 偶々、こちらに向かって飛び上がったところが撮れました。

コンクリートで整備された近くの用水路には、

Amerikazarigani732920160921

アメリカザリガニ

Amerikazarigani733620160921

群が居て、チュウダイサギは餌には事欠かないようでした。

(撮影日:2016.09.21)

一昨日、郷里岡山の田舎に帰省致しました。帰省途中、三重県津に一泊して、雲出川河口と五主海岸で鳥撮りに興じました。成果は後日掲載の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

渚で漁をするチュウダイサギ

今日の野鳥は亜種チュウダイサギです。

三番瀬の浜には5、6羽のチュウダイサギが居て、昨日のコサギ同様に浅瀬に群れる小魚の群を狙っていました。

Tyuudaisagi177920160905l

群を追い掛けて行き、

Tyuudaisagi178120160905l

小魚の群れは、羽を広げたチュウダイサギの足元で水飛沫を上げて逃げ回ります。

Tyuudaisagi178220160905l

しかし、狙いが定まらないのか漁は不発に終わりました。

Tyuudaisagi178620160905l

遠くの浅瀬でも

Tyuudaisagi178720160905l

Tyuudaisagi178820160905l

同じ光景が何度も観られました。

(撮影日:2016.09.05)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

夏羽に換わったチュウダイサギ

今日の野鳥は、亜種チュウダイサギです。

干拓地の護岸に一羽の白鷺が居ました。嘴の基が緑青色になった亜種チュウダイサギでした。

Tyuudaisagi183820160328

Tyuudaisagi183920160328

未だ、繁殖羽の綺麗な飾羽は生えてはいませんでしたが、

Tyuudaisagi184120160328

実家の近くの鷺山では、既に営巣が始まっています。

Aosagi183320160328

これは近くを飛んだアオサギです。 嘴と足に繁殖期の赤味が増してきていました。

これから鷺山は五月蝿くなることでしょう。

(撮影日:2016.03.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

白無垢のチュウダイサギ

今日の野鳥は亜種チュウダイサギです。

秋雨前線の通過する前日、山の公園を廻った後に、近くの湿生公園に寄ってみました。既にツツドリの姿も無く、まさに閑古鳥が鳴いていると言った状態でした。

気が付くと、池端に一羽の白鷺の姿が。

Tyuudaisagi906020150916

すっかり冬羽に変わった亜種チュウダイサギです。

当日は薄日和で、光線は白トビを抑えられる好条件でしたので、白い飛び姿を狙ってみました。

Tyuudaisagi906620150916

手持ちのズームレンズの短焦点端でも画角一杯。 ノン鳥 ではなく ノントリ です。

以下連写で、

Tyuudaisagi906920150916

Tyuudaisagi907020150916

Tyuudaisagi907520150916

白トビも無く白い羽色が映し込めましたが、なんと綺麗な羽色でしょう!汚れも無く純白です。

Tyuudaisagi909820150916

いつもは余り気にかけないチュウダイサギですが、その白無垢の美しさに、暫し見惚れてしまいました。

このチュウダイサギは間もなく南に渡って行きますが、入れ替わりに、少し大きな冬鳥の亜種ダイサギが遣って来ます。

(撮影日:2015.09.16)

**********************************************************************

Manjyusyage910320150916

チュウサギの舞う公園の岸辺には真っ赤な彼岸花が咲いていました。

そこで歌作、

白無垢の鷺舞う野辺に曼珠沙華咲き誇りては待つ彼岸かな 

曼珠沙華稲穂の実る畦に咲き真白き鷺が舞い降りるなり

駄作です。よね。

どなたか添削願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

婚姻色のチュウダイサギ

今日の野鳥はダイサギの亜種である亜種チュウダイサギです。

郷里岡山に帰省する前に、シギチの渡りを確認に東京湾の奥の干潟を探鳥しました。

谷津の干潟で一通りシギチを観察した帰りに自然観察センターの淡水池を覗くと、婚姻色に変わりかけた亜種チュウダイサギが居ました。

Daisagi465320150412

飾り羽と眼先の翡翠色が綺麗でした。

Daisagi467820150412s

風に飾り羽がなびき、頭頂の羽が逆立って冠羽の様です。

Daisagi476220150412s

淡水池ではが伸びてきて、綺麗な背景が得られました。

Daisagi478720150412

小さな欠伸をして、

Daisagi481020150412

池の獲物を狙っていましたが、

Daisagi481820150412

不発に終わり、淡水池に出て来ました。足の付け根(脛)も婚姻色で赤くなっているのが分ります。

下は、おまけの脱糞シーンです。

Daisagi469020150412

お後が宜しい様で・・・。

(撮影日:2015.04.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

チュウダイサギと竹細工

偶に水汲みに降りる菜園脇を流れる河川には、菜種が黄色い花を咲かせ、美しい景観を作り出しています。

小さな川ですが、オイカワが群れ、もうすぐ漁協がアユも放流します。

そんな川に亜種チュウダイサギがやって来て、小魚を採餌する姿が観える様になりました。

Tyuudaisagi7703n

この小さな川筋に一昨年あたりからカワウが一羽棲み着くようになって、以前あれほど居た小魚の姿が観えなくなっていますが、

Tyuudaisagi7704n

流石です。小魚を捕まえたようです。

婚姻色が出て、足がピンク色になり、

Tyuudaisagi7706nz

目先は鮮やかな緑青色に変わっていました。 なんとも言えぬ美しい色合いです。

菜園をやっていると水遣りに苦労します。しかし、最近、良くしたもので、一週間に一度の割合で雨が降ってくれ、小屋の屋根から集める雨水で何とか間に合っていますが、水汲みで野鳥の居る川筋を覗くのも楽しい物です。

そして雨の日は、菜園小屋「雨遊庵」で遊びます。 

最近、竹細工で鳥の小物を作って見ました。牛窓の交流館で見た竹細工をコピーした物ですが、鳥は、この亜種チュウダイサギをイメージして全て竹で作ってみたオリジナルです。「総竹作り」とでも言うのでしょうか。

Takezaiku7709n

鳥の部分です。

下は全体像。 高さは1.8mほどあります。

Takezaiku7714n

風が吹けば、首を振り、カラコロと乾いた竹の音がする筈です。・・・そう期待しています。

面白いでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

ダイサギの飛立ち

今日の野鳥は広島松永湾の干潟に居たダイサギ(亜種チュウダイサギ)です。

岡山周辺の河川では夏場、チュウダイサギの姿を良く目にします。コサギの数よりは遥かに多く、アオサギと同等の数を数えることができます。

大きな材木が筏で係留されているここ松永湾の干潟でも相当数のチュウダイサギが居て、渚で小魚を漁っていました。

Daisagi2628

上げ潮に乗って遡上して来た小魚を捕食し、干潟が無くなると、安全この上ない格好の待機場所である貯木の上に移動します。

その待機場所への飛び立ちの姿を追いました。

Daisagi2670

Daisagi2686

底を蹴って飛び立ちました。長い脚がバネの役目を担います。

Daisagi2687

いっぱいに羽を広げて巨体を浮かせます。綺麗な姿です。

Daisagi2689

Daisagi2691

写真は白抜け気味ですが、汚れのない純白の羽色は、それは美しいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

鷺山の亜種チュウダイサギ

今日の野鳥は、再び、郷里岡山の田舎に出来た鷺山の亜種チュウダイサギです。

高梁川の支流、成羽川に架かる橋の中腹の歩行帯に陣取って撮影していると、ウォーキングの女性連、犬の散歩の人、はたまた枯葉マークを貼った軽トラのオジサン等が立止まって声を掛けて下さいます。

「何にゅーう撮りょおてん?(標準語訳:何を撮ってられるの?)」、「ぼっけー大けーレンズじゃのー!(標準語訳:すごい大きなレンズですね!)」と岡山弁で質問攻めです。 こちらも、岡山生まれで高校まで岡山育ちの現在神奈川県人ですが、咄嗟には岡山弁での応対は出来ません。空き地に駐車している車のナンバープレートを観られて「湘南から来とってん?プロの写真家をしとってんかのぉう?」と矢継ぎ早の質問にも標準語?いや小田原弁で丁寧に回答しました。

Tyuudaisagi1444

Tyuudaisagi1445

若葉が茂ってくると鷺達の営巣、子育てのシーンを撮影するのは無理でしょうか。下から見上げの巣ばかりなので、今後の子育てのシーンの撮影は巣立ち間際まで難しそうです。

Tyuudaisagi1251

枝被りで、マニュアルフォーカスに切り替えて撮影です。

Tyuudaisagi1292

何の動作か分かりませんが、巣から離れた場所で、この亜種チュウダイサギは何度もこの所作をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

亜種チュウダイサギのコロニー

今日の野鳥は、郷里岡山の田舎で見付けた鷺のコロニーで撮った亜種チュウダイサギです。

岡山の県西を流れる高梁川流域には、亜種チュウダイサギアオサギ、少し遅れて夏鳥のササゴイのコロニーが見られます。

4月に入り鮎の放流が開始されますが、高梁川流域は魚影も濃く、そのせいか鷺類の数も半端ではありません。

親父が入院している病院への往復が日課となっていますが、その道中で20ヶ程の巣が掛かったコロニーを見付けました。どちらも大型の鷺ですが、亜種チュウダイサギアオサギの共同のコロニーです。

Sagiyama

3:1で亜種チュウダイサギの営巣数の方が多い様です。

営巣中の亜種チュウダイサギのペアの交尾シーンも何度か観察できましたが、枝被りで交尾写真は撮れませんでした。

Tyuudaisagi1288

巣の周りを飛翔する亜種チュウダイサギ。目の下から嘴の元まで鮮やかな緑色の婚姻色をしています。

Tyuudaisagi1368

営巣木の天辺に止まってくれて綺麗な飾り羽を広げてくれたシーンです。

今日は穀雨。今年は、菜園プロの親父の故障で、ピンチヒッターとして見よう見まねで野菜の種を蒔いたり、苗を植えたりしています。頼んでいた苗が届き、穀雨の前に大半の野菜の苗の植え込みを終了させました。

種蒔きは、ニンジン、夏ダイコン、レタス。夏ダイコンは既に芽吹き、レタスは苗床の芽は出ず、誤ってこぼした所に立派な芽が出てきました。昨日と今日は、トマト12本、ピーマン5本、獅子唐3本、唐辛子2本、キュウリ5本、ナス10本、カボチャ3本、スイカ2本の苗を植えましたが、カボチャとスイカを並べて植えた後に、専業農家の知り合いに指摘されスイカはカボチャから離れた場所に植え替えました。お互いに受粉の影響があって味が落ちるそうです。またひとつ勉強です。今から収穫時期が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Greetings | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシカツオドリ | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカオネッタイチョウ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アナドリ | アビ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オウチュウ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオシロハラミズナギドリ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オナガミズナギドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロアジサシ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライウグイス | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コシャクシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロアジサシ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | シロハラミズナギドリ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チゴモズ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | チョウセンメジロ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 三宅島 | 下甑島 | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 奄美大島 | 小笠原 | 年賀状 | 沖縄 | 石垣・西表島 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 舳倉島 | 趣味