アカガシラサギ

2018年4月11日 (水)

与那国島の野鳥(アカガシラサギ他)

今日の与那国島の野鳥は、アカガシラサギイソヒヨドリです。

ホテルの前の売店で買い物をして出ると、どこかでお会いした方が・・・。 何と、地元神奈川の知り合いの さん! もちろん、鳥屋さんで、南西諸島に滅法お強い方です。

お聞きすると、花粉症が酷く、この時期は毎年1ヶ月半以上、奄美、沖縄、宮古、八重山諸島を旅されるとのこと。

そして、肝心の鳥に付いてお聞きすると、「全然居ない。」との最悪の返事が返ってきました。

さんは、ガイドの さんともお知り合い。 事前情報を貰って寄った水田地帯で、

Akagashirasagi201803296022

やっと会えたのが、2羽居たこの冬羽のアカガシラサギでした。

与那国は小さい島。方々で さんの軽のレンタカーには出会いましたが、鳥にはなかなか出会えませんでした。

下は、ヤツガシラを何度も探しに行った集団墓地に居たイソヒヨドリです。

Isohiyodori201803295941

カナブンを捕獲していました。

Isohiyodori201803295946

Isohiyodori201803295949

ギラギラと照り付ける太陽の下では全身が黒く見えて、一瞬、亜種アオハラか?と期待しましたが、

Isohiyodori201803295951

Isohiyodori201803295952

残念ながら、神奈川の自宅近くでも観られる只のイソヒヨドリ♂でした。

ショウガナイですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

MFに遣って来たアカガシラサギ ②

今日の野鳥も、MFに遣って来たアカガシラサギです。

Akagashirasagi201801256119

水路から飛び出したアカガシラサギは近くのホーレンソウ畑に降り立ち、

Akagashirasagi201801256144

Akagashirasagi201801256146

また飛んでは、

Akagashirasagi201801256161

ビニールハウスの前に・・・、

Akagashirasagi201801256171

Akagashirasagi201801256174

かなり広範囲を飛び回って採餌をしているようでした。

春先まで居てくれれば、綺麗な夏羽が観られるかも知れませんね。

(撮影日:2018.01.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

MFに遣って来たアカガシラサギ

今日の野鳥は、安濃川河口シリーズを少しお休みして、近くのMFに遣って来たアカガシラサギです。

郷里岡山への短期帰省等で、年末以来出掛けていなかったMFに、冬羽のアカガシラサギが出ているとの情報を貰い、大寒波到来の昨日、出掛けてみました。

Akagashirasagi201801255959

塒としている木立から田の畦に飛び出したアカガシラサギです。

細い水路で採餌をしている様で、周辺を飛び廻っては神出鬼没の状況が続き、

その内に、少し深めの水路に降り立ったところを見付けました。

Akagashirasagi201801255983

暗い水路でした。 

Akagashirasagi201801255992

Akagashirasagi201801255998

Akagashirasagi201801256009

氷点下となった当日の朝、田の脇の側溝には氷が張り、ゆるい流れのある水路での採餌としたのでしょうが、残念ながら餌を獲った様子はありませんでした。

Akagashirasagi201801256019s

暫くして、

いきなり飛立ちましたが、カメラで追うのがやっと、

Akagashirasagi201801256031

手持ちの速写で連写した内の、偶々画角に収まったノントリの一枚です。

(撮影日:2018.01.25)

下は、アカガシラサギの出たMFから望む当日の富士山。

Fuji201801255976l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

甑島の野鳥(アカガシラサギ2)

今日の野鳥は、再度登場の夏羽のアカガシラサギです。

下甑島ツアーの最終日は朝から小雨模様。 午後2時半過ぎのフェリーの出港まで、専用バスの中からの探鳥でした。 

一車線の山道を走っていると、手打地区の山裾で、アマサギの群に混じってアカガシラサギが採餌しているところに出くわしました。

Akagashirasagi201704263135

ボサの中を歩き回り、一心に採餌をしていましたが、雨が滲み込んだか、身震いを始めました。

Akagashirasagi201704263143

水滴が飛び散ります。

Akagashirasagi201704263146

こちらを向いたひょうきん顔です。

Akagashirasagi201704263148

嘴の先に枯れ草が挟まり、昔何処かで見たことがあるような・・・・・

♪~ どぉ~こかでぇ~、だぁ~れかがぁ~・・・ ♪ 

そうです! 木枯紋次郎ですよ。 (年齢が分かってしまうこんな古い(相当古い)ギャグは使いたくないのですが・・・ )

道中合羽三度笠。 まったくのひょうきんものですね。?

雨の上がる気配も無く、探鳥を切り上げて、現地ガイドの さんが郷土資料館で開催中の個展を観に行きました。

120種の野鳥写真が展示されていましたが。中には垂涎の野鳥種も。 UFOパワースポットばかりでなく、渡りの野鳥種でも「下甑島恐るべし!」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

甑島の野鳥(アカガシラサギ)

今日の野鳥はアカガシラサギです。

今回下甑島で連日探鳥した手打地区には、2羽の夏羽に換羽したアカガシラサギが居ました。

Akagashirasagi201704241948

嘴の色が未だ薄い個体と、

Akagashirasagi201704252877

嘴に鮮やかな青味が差し始めた個体の2個体でしたが、警戒心が強くて、なかなか近寄らせてはくれませんでした。

Akagashirasagi201704252884

細い草生した農道を進んで行くと、草を掻き分ける小さな音にも驚いて、隠れていた草叢から急に飛立ちます。 したがって、近場の飛びものは全て後追いの後ろ姿となってしまいました。

Akagashirasagi201704252896

Akagashirasagi201704263034

これは、小雨降る最終日にバスの中から撮ったアマサギの群の中で採餌するアカガシラサギです。

Akagashirasagi201704263110

後方のアマサギと比較すると思ってたよりも小さいのに驚きました。 図鑑によると、アマサギ:L 51cm、アカガシラサギ:L 45cmと出ていました。 フィールドでの6cmの差は顕著でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

公園の池のアカガシラサギ

今日の野鳥はアカガシラサギです。

帰省からの帰りに寄った大阪の緑地公園の池にはアカガシラサギが居ました。

幾つかある公園内の池を転々としているようで、教えてもらった当日の居場所は、最南端の飛び地のようなところにある池でした。

ミゾゴイ用に用意した150-500のズームレンズの手持ち撮影ではギブアップするしかない、かなり遠い対岸にアカガシラサギが出るとのこと。

暫く待っていると、

Akagashirasagi3184z20151107

藪から池端の古杭の上に出て来てくれました。 冬羽のアカガシラサギです。

しかし、遠い!

Akagashirasagi3197z20151107

Akagashirasagi3227z20151107

証拠写真にしか使えませんね。

ミゾゴイの英名 Japanese Night Heron に対して、このアカガシラサギの英名は Chinese Pond Heron だとか。 この日は、日中の Heron を収めた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

アカガシラサギ再び ③

今日は、アカガシラサギの採餌のシーンです。

鳥類園の池は一部が海に繋がり、潮の干満によって海水が入り込み、ボラ等の海水魚が生息しています。そのボラの稚魚を狙ってアオサギチュウダイサギチュウサギコサギゴイサギ、稀にササゴイ等が集まり、この時期の殆んどのサギ類のオンパレードとなります。それに、カラシラサギヨシゴイ、そしてこのアカガシラサギが加わるのですから鳥類園は日本のサギ園です。

池の浅瀬では、大型のコイに交じり、ボラの稚魚が水飛沫を上げながら採餌しています。そこをアオサギチュウダイサギが狙っています。アカガシラサギも同様に、それらの大型のサギに邪魔されながらも必死で小魚を追っていました。

Akagashirasagi6436

狙いを付け、首を長くのばして身体ごと突っ込みます。

Akagashirasagi6437

捕れたのかな?成功率は決して高くはありません。

Akagashirasagi6438

捕れていました。ボラの稚魚です。

Akagashirasagi6444

狩りの下手なアオサギの幼鳥に狙われ、一目散に狩場から退却です。葦の茂みの中に逃げて行きました。

ところで、このアカガシラサギはいつまでここに居るのでしょうか?まさか越冬する気ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

アカガシラサギ再び ②

昨日に続き、今日はアカガシラサギの杭の上から餌場に向かう飛立ちのシーンです。

説明は不要でしょうから、4枚の連続写真を下に載せます。

Akagashirasagi6311

Akagashirasagi6312

Akagashirasagi6313

Akagashirasagi6314

冬羽に換羽しても、背の茶褐色の羽と翼の純白の羽とのコントラストが強くて、翼の白が飛んでしまいました。難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

アカガシラサギ再び ①

今日の野鳥は、東京湾に臨む葛西臨海公園・鳥類園の池に長期滞在するアカガシラサギです。

2か月前に夏羽のアカガシラサギを撮りに行った臨海公園にその後も滞在する個体ですが、既に冬羽に換羽していました。

止まった杭からの飛立ちや、小魚を捕獲するシーンを撮影できましたが、今日の写真は、杭の上での羽繕いと背伸びの写真で、サブタイトルとして「杭の上でのパフォーマンス」とでもしましょうか。

Akagashirasagi6267

アオサギの賑やかな採餌シーンを観ていたら、アカガシラサギが奥の杭の上に止まりました。撮りたかった杭止まりの姿です。その後、羽繕いや背伸び等のいろいろなパフォーマンスを披露してくれました。

Akagashirasagi6282

羽を広げた背伸びのシーン

Akagashirasagi6295

首を長く下に伸ばしたサギ類独特の背伸びのシーンです。

Akagashirasagi6303

脱糞の後のひょうきんな座り込みのシーンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

初撮りのアカガシラサギ

先週は会えず、今週の日曜日に再挑戦した臨海公園のアカガシラサギです。

前々日の例の(非)公式ブログに、なんと2羽のアカガシラサギが一緒に写った写真が掲載され、「今週末も見られるのでしょうか?」との記載がありました。 「やっと時間が取れて、訪れた時は、時既に遅く、抜けていた」という経験の多い休日カメラマンとしては、この記事を見て少々あせりました。

昼前に着いてポイントに行くと、出ているとの嬉しい情報。しかし、流石にアカガシラサギカラシラサギの珍客両方出現の野鳥情報は広く流布されていて、おまけに日曜日とあって、先週よりもカメラマンの数は増えていました。

人気のポイントは入り込む余地も無く、少々距離はありましたが、場所を変えて何とか証拠写真を撮りました。

Akagashirasagi9653

Akagashirasagi9656

Akagashirasagi9662

餌の小魚を採餌したところです。 若鳥なのか、未だ夏羽への換羽中なのか、名前の赤頭は完全な茶褐色ではなく、白い斑が残っていました。

その後、移動して、小さな観察小屋で出現を待ちました。 単独では派手な体色もフィールドではカムフラージュの効果があるのか、遠くの湿地に居るアカガシラサギに気付いたのは大分時間が経ってからでした。

Akagashirasagi9707

Akagashirasagi9710

両翼を上げて背伸び?をした後、葦原の中に入って行きました。

アカガシラサギは初見初撮りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼