ユリカモメ

2024年1月 4日 (木)

三重県津の初冬の鳥 ⑨

今日の津の鳥は、ユリカモメです。

海上を見渡すと、群飛するカモメ類の姿がありました。

Yurikamome202312180450 Yurikamome202312180454

ユリカモメの群です。

Yurikamome202312180456

この日は川筋には入って来ないで南方に流れて行きました。

Yurikamome202312191198

そして翌朝、川上に向かって飛翔する一羽のユリカモメの姿を見付けました。

その内、例年の如く、ミヤコドリとの餌の争奪戦が始まるのでしょうね。

| | | コメント (0)

2023年1月28日 (土)

正月の大磯漁港

探鳥を兼ねて湘南は大磯の港に出掛けて見ました。

冬場の港には、小魚を追ってカイツブリ類アビ類が入り、沖合には、偶にですが、ウトウなどの海鳥も観察されることがあります。

Oisokou20230105_143119

1月5日の大磯港。

Oisokou20230105_140044

多くの太公望が並びますが、釣果はイマイチの様でした。

Oiso202301050282

外洋にはヨットも浮かび、

Gyosen202301050332

偶に漁船が帰って来ます。

港内でカモメを探しましたが、小魚を狙って乱舞するのは皆ユリカモメの様でした。

Yurikamome202301050270  Yurikamome202301050295 Yurikamome202301050298 Yurikamome202301050299

表層を泳ぐ小魚をめがけてダイビングしますが、ユリカモメの釣果もイマイチの様子。

Yurikamome202301050321

尾羽の先が黒いのは若鳥でしょう。

Yurikamome202301050310Yurikamome202301050344 Yurikamome202301050349

乱舞する姿は観ていて飽きません。

Kanmurikaitsuburi202301050463

これは港内に居た数羽のカンムリカイツブリの一羽ですが、

カンムリカイツブリが潜水して小魚の群を追い回し、浮上して来た小魚をユリカモメが上から狙うといったコラボ漁法が繰り広げられていました。

Yurikamome202301050381 Yurikamome202301050382 Yurikamome202301050383 Yurikamome202301050384 Yurikamome202301050387 Yurikamome202301050388

港に居られた知り合いのCMの方の話では、この中にズグロカモメが一羽混じっているのではとのことでしたが確認出来ませんでした。

Yurikamome202301050341

これは、餌を獲って、まんまと群れから逃げおおせて、一羽で採餌するユリカモメ

夏場は照が崎のアオバトで有名な大磯ですが、

Dobato202301050482

ドバトの姿も良く目にします。

*******************************************************************

余談ですが、

昨年の11月の神奈川帰宅の際に、港内に出来た「OISO CONNECT」で「生しらす」と「釜揚げしらす」を買って帰ったことがあり、大変美味しかったので、正月の酒の摘まみの御節もそろそろ無くなる頃と思い、買い出しに来たのでしたが・・・・・

「資源保護のためにしらす漁は禁漁で、『3月上旬まで、ながーい、ながーいお休みに入ります。』」との張り紙を見て、仕方なく帰宅いたしました。

今度帰宅した際にまた買いに行きます。

| | | コメント (0)

2021年1月26日 (火)

香良洲海岸の都鳥他

今日の野鳥はミヤコドリカモメクロガモです。

安濃川河口域での撮影を終え、少し南の香良洲海岸に移動しました。

今回、雲出川河口でも安濃川河口でも観ていないミヤコドリがもしやして居るかも知れませんし、少し前の情報ではツクシガモが入って居たとの香良洲海岸です。香良洲にはカラスしか居ないと言うことはないでしょう。(オヤジギャグです💦)

Miyakodori202101130458

居ました!十数羽のミヤコドリが潮の引き始めた海岸で採餌に夢中でした。

Miyakodori202101130452

捕食したのはドブガイ?それともハマグリ

Miyakodori202101130464

桑名じゃないけどハマグリの様ですね。?💦

Miyakodori202101130478

これはまた大きな二枚貝。上手くこじ開けて、

Miyakodori202101130479

美味しそうに飲み込みました。

浜には餌の横取りを狙うカモメ達が居て、チャンスを伺います。

Miyakodori202101130489

これはユリカモメ。昔の都鳥です。

Miyakodori202101130490

そしてこれはカモメです。

賑やかなミヤコドリの採餌シーンを満喫して、海岸を北上すると、

Kurogamo202101130540

鳥影の少ない海岸線の沖合に、クロガモの雌雄の姿がありました。

この日は、お昼過ぎに切り上げて、老母の待つ岡山の実家に向けて愛車を走らせました。帰省後は2週間の自粛生活を強いられます。

| | | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

続・運動公園の池では

今日の野鳥は、運動公園の池のコガモカイツブリユリカモメです。

Kogamo201902276070

池には、北帰行前の十数羽のコガモ達が残っていて、雄鳥達が番形成の求愛ディスプレーを繰り返していました。

Kogamo201902276079

仰け反ったり

Kogamo201902276081

せり上がったり

Kogamo201902276085

Kogamo201902276086

雌鳥達を前に、綺麗な緑の翼鏡を見せて、懸命にアッピールする健気な姿を見せてもらいました。

池では、

Kaitsuburi201902276072

カイツブリが泳ぎ回り、

Yurikamome201902276049

一年目の冬を過ごしたユリカモメの若鳥が1羽だけ浮かんでいました。

端境期のMFの野鳥達を掲載して来ましたが、今回で終了です。

実は、昨夜から大洗~苫小牧航路のフェリーに乗船して海鳥に挑戦中です。今回は、苫小牧に上陸して陸鳥も期待します。 成果を報告出来るまで、予約投稿で「北米東海岸の野鳥」シリーズの続きを掲載の予定です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

渚に一羽で居たユリカモメ

今日の野鳥はユリカモメです。

臨海公園の渚に白いが1羽。先日、東京湾の干潟を賑わした珍鳥のかと期待しましたが、

Yurikamome201803113059

夏羽に換羽する前のユリカモメでした。

表層に現れる小魚を狙って乱舞する一羽の白い綺麗なユリカモメを追いました。

下は、ダイビングして、

Yurikamome201803113064

飛び上がる連続シーン、

Yurikamome201803113066Yurikamome201803113067Yurikamome201803113068Yurikamome201803113069Yurikamome201803113070

と、海面上を舞う姿です。

Yurikamome201803113072

Yurikamome201803113074

Yurikamome201803113095

Yurikamome201803113097

Yurikamome201803113098

Yurikamome201803113102

正方形の画角で切り取ってみました。

この子も間もなく、北のロシアに渡って行くのでしょうね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

安濃川河口のその他の野鳥達

今日の安濃川河口の野鳥は、「その他の野鳥達」と題して、数種を掲載します。 

Yoshigamo201801185340

毎年1羽で居るヨシガモ♂。

Hajirokaitsuburi201801185520

Hajirokaitsuburi201801185523

このハジロカイツブリも常連です。

Okayosigamo201801185568

何故か日陰に群れるオカヨシガモ達。

Segurokamome201801185661

珍種を期待したセグロカモメと、

Yurikamome201801185792

これまた常連のユリカモメです。

浜に沢山居た、カワウハシボソガラスハシブトガラス、それに、ヒヨドリムクドリスズメ達等には遠慮していただきました。

(撮影日:2018.01.18)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

七尾で逢った夏羽のユリカモメ

今日の野鳥はユリカモメです。

立山でライチョウを堪能した後は、翌日朝の舳倉島への出船を待つ為、一路輪島に向かいます。

室堂での撮影を早めに切り上げ、「のと里山海道」で七尾西湾を目指します。 海道の沿線に沿って続く砂浜には、シギチの群が戯れ、里山に入れば、黒瓦の集落の箱庭の様な風景が続きます。能登は何時来ても好い所です。

海道を離れ、七尾湾沿いに車を走らせていると、Sさんが、頭の黒い一羽の鷗を水田の中に見付けました。

Yurikamome516520160506

最初はズグロカモメか?と思いましたが、完全夏羽に換羽したユリカモメでした。

Yurikamome5127z20160506

田植えの終わった水田で水浴びをしたり、

Yurikamome513820160506l

水張りの終わった田の上を飛びまわっていました。

Yurikamome514820160506

Yurikamome514920160506

美しい里山風景の中で、渡去前の飛翔姿を堪能したのは言うまでもありません。

下は、飛翔の連続写真です。

Yurikamome511620160506lYurikamome511720160506lYurikamome512020160506lYurikamome512120160506l

(撮影日:2016.05.06)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

漁港のユリカモメ

今日の野鳥はユリカモメです。

今季も姿を観るようになって久しいユリカモメですが、ウミスズメを撮りに赴いた三浦半島の漁港にも数羽のユリカモメが居ました。

Yurikamome514920151129l

漁港内のブイの上で休むユリカモメ。やはり、ユリカモメには青い海が似合います。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

Yurikamome456420151129

Yurikamome456520151129

上は、たまたま撮れたユリカモメがよくやる「ぷるぷる脱水(*註)のシーンです。

そして下は、

Yurikamome502220151129

ウミスズメとのツーショットです。

(撮影日:2015.11.29)

(*註)

ぷるぷる脱水」:私の造語です。 飛びながら頭を回転させ、身体をぶるぶると震わせて水切りをするその姿を表現しました。風野真知雄の「妻は、くノ一」に登場する忍者雁二郎の演じる幇間芸「ねこのぷるぷる」から。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

雲出川河口のユリカモメ

今日の野鳥はユリカモメです。

既に10日も前になってしまいましたが、帰省途中に寄った三重の雲出川の河口には冬の使者ユリカモメの群の姿がありました。

Yurikamome053720151003

河口に出来た中州で休息するカワウユリカモメウミネコも少々混じっていました。

Yurikamome049320151003

渡って来てまだ日が浅く、群での飛翔を楽しんでいるようでした。

Yurikamome045920151003

干潟の水溜りに集まったユリカモメミヤコドリダイシャクシギホウロクシギの4種です。

来月上旬の帰宅の際も寄って見ようと思っていますが、あと一月もすれば、シギチに替わり、多種のカモ類の姿が観えるでしょう。

(撮影日:2015.10.03)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

安濃川河口のユリカモメ

ブログに穴を開けてしまいました。申し訳ありません。

方々で冬鳥の到来が報告されるようになりましたね。

郷里岡山での菜園作業と行事を終え、先週末に神奈川の自宅に帰って来ました。

帰路、今回は、三重県伊賀市に一泊し、紅葉の室生寺、赤目四十八滝を観光して、その翌日、津市の安濃川河口に寄って野鳥撮影をしました。

Yurikamome657120141106

お昼前に到着した安濃川河口には、ミヤコドリこそ未だ早くて居ませんでしたが、百数十羽程のユリカモメが居て、海岸と淡水域を行き来していました。

Yurikamome609620141106

安濃川河口は野鳥関連誌で知った有名な探鳥ポイントですが、未だ一度も訪れたことはありませんでした。

河口の明るい砂浜、開けた景色と撮影上のロケーションも申し分ありません、既に多くの冬鴨類も入っていて、鳥の数からも申し分のないポイントのようでした。

久し振りの野鳥撮影。先ずは小手試しに、150-500mmのSIGMAのズームで、青空を飛び交うユリカモメを追ってみました。

Yurikamome566920141106Yurikamome567120141106

次は、水浴びをして海岸に戻るユリカモメです。

Yurikamome585820141106

川面を低空飛行し、堤の上からの撮り下ろしとなります。

Yurikamome583320141106

左上の個体は撃たれた訳ではありません。ふざけている訳でもないようです。

水浴び後は羽を乾かすためか、飛びながら羽を震わせて仰向きになる仕草をよく眼にします。

Yurikamome648820141106_2

3羽の編隊飛行。青空に映えて綺麗でした。

**********************************************************************

前日に寄った室生寺はいま少し紅葉には早かったようでしたが、奥の院までの約4百段の石段を登り、奈良時代建立の古刹を堪能してきました。

Murouji989820141105_2

日本最少で2番目に古い屋外建立の五重塔(国宝)。西暦800年の建立とか。 1998年9月の台風で周囲の杉の木が倒れて大損傷を受けたという古い(?)ニュースを思い出しました。

下は、室生寺の紅葉です。

Murouji991120141105

Murouji991220141105

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼