ヨシガモ

2020年12月25日 (金)

ヨシガモの潜水採餌シーン他

今日の野鳥も昨日に続きヨシガモの雄鳥です。

池中に2、30羽居たオカヨシガモの群の数も5、6羽と少なくなりましたが、マガモの二番や数羽のカルガモ達、それにオオバンが居て、まだまだ賑やかでした。

ヨシガモの雄鳥とオカヨシガモ達は、逆立ちと潜水の二通りの方法で、池の底のアオミドロを採餌していましたが、ヨシガモはもっぱら潜水採餌。

下は、その潜水採餌のシーンです。

Yoshigamo202012239615

ゾボッツ!と、水飛沫を上げておもむろに潜水です。

Yoshigamo202012239624

水が澄み、水深が比較的浅いので水中の姿がよく分かります。

Yoshigamo202012239628

額の白斑が頭の位置を示します。

Yoshigamo202012239633

池底の藻を採ったところです。

Yoshigamo202012239635 Yoshigamo202012239636

スーッと浮かんで来て、

Yoshigamo202012239637

ボコッツと水面に顔を現します。

Yoshigamo202012239638

浮力の反動でしばらくプカプカ。藻は水中で飲み込んだようです。

下は、一緒に行動していたオカヨシガモの雌鳥とのツーショットです。

Yoshigamo202012239704

ヨシガモの雌鳥の嘴の色は黒いそうです。

Kawasemi202012239674

この湧水池ではカワセミが遣って来て小魚を捕食するシーンが観られます。特急ロマンスカーも止まる小田急線の駅から徒歩3~5分のカワセミスポットでもあります。

そして下は、公園の入り口の看板のポールに止まるイソヒヨドリの雄鳥。

Isohiyodori202012239608

家の庭にも遣って来ますが、このイソヒヨドリは小田急線の駅の駅舎に営巣したこともあります。春先のさえずりもきれいで、好きな野鳥の一種です。

この子の背面の羽縁が白いのは、冬羽だからでしょう。お腹の橙色が見えないので、珍鳥、亜種アオハライソヒヨドリに見えませんか?(笑)

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

湧水公園の池に未だ居たヨシガモ

今日の野鳥は再びヨシガモの雄鳥です。

先日、街中で暮れの野暮用を済ませた帰りに、例のオカヨシガモヨシガモの居た駅裏の湧水池を覗いてみました。

双眼鏡片手に池を覗いてみると、久し振りにお会いするご近所のCMの方が居られ、池中にカメラを向けられている。ご挨拶して、向けられているカメラの先を見ると・・・・・

何と! もう抜けて居なくなったと思っていたヨシガモの雄鳥が!

Yoshigamo202012239694

先月末に観た同じ個体でしょうか? 

Yoshigamo202012239695

すっかり換羽が終わり、きれいな繁殖羽になっていました。

Yoshigamo202012239696

房状に見える三列風切もかなり長くなっていますが、もう少し伸びそうです。

下は、1ヶ月ほど前の換羽中の写真です。

Yoshigamo202011289129

別個体のように見えますね。(笑)

一時期見えませんでしたが、この池の中央部にある浮島の裏にでも隠れていたのでしょうか?

この日は何度も羽ばたきを見せてくれました。

Yoshigamo202012239601 Yoshigamo202012239602 Yoshigamo202012239603 Yoshigamo202012239604

明日は採餌のシーンを載せましょう。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

丘葦鴨の群れの中に居た葦鴨

早いものでもう12月。

コロナがまたもや猛威を振るい出した先月の下旬に、7ヵ月半の長期に亘る帰省から帰宅しました。

溜まっていた家事や雑用を片付けて、久し振りに近場のMFを巡回してみましたが、鳥影は少なく、隣町の湿生公園は木道の改修工事の真っ最中。またお隣のタゲリのポイントにも姿が探せず、トモエガモが寄ったと言うスポーツ公園の池はコガモ達だけ。

帰宅途中に寄ってみた最後の駅裏の池では、例年この時期に寄って行くオカヨシガモの2、30羽の群が賑やかに採餌や羽繕いをしていました。

Yoshigamo202011289155

うん? 群れの中にヨシガモらしき個体が居ます。

Yoshigamo202011289083

繁殖羽に換羽中のヨシガモの雄鳥でした。

Yoshigamo202011289085 Yoshigamo202011289093 Yoshigamo202011289099

この湧水池では珍しいヨシガモです。

Yoshigamo202011289137

オカヨシガモ同様に、潜水して池の底に繁茂するアオミドロを食べていました。

例年、2、30羽のオカヨシガモが渡り途中にこの湧水池に寄って来ますが、池のアオミドロを食べつくすと他の地に移動して行きます。群の姿が観られるのはそう長くはありません。

下は、餌の横取りを狙うこの池に棲むオオバンです。

Yoshigamo202011289147 Yoshigamo202011289150

浮上して来たところを狙われますが、無事逃げ遂せました。

Yoshigamo202011289162

キリリと鳴いて出て来たカイツブリ。この池では繁殖もするそうです。

Yoshigamo202011289164

きれいに換羽した姿はこの池で観えるのでしょうかね?

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

ため池に残っていたヨシガモと

今日の野鳥はヨシガモです。

昨日の岡山県南は16℃を超える春日和。既にカモ達の大半は北に渡って行ってしまったようですが、ブログのネタ探しに幾つかの灌漑用のため池を回ってみました。

Yoshigamo202002203570

竹林が影を落とすとあるため池の奥側に一羽の雄のヨシガモの姿がありました。

木漏れ日の差し込む薄暗い水面にヨシガモの美しい羽色が光ります。

Yoshigamo202002203577Yoshigamo202002203578

このため池に居たのは少数のヒドリガモハシビロガモ、留鳥のカルガモと・・・・・

最初、ハシビロガモの雌鳥二羽が水面の餌を濾しながら採餌しているのかと思ったら

Nutria202002203547

なんと!ヌートリアの番(?)でした。

Nutria202002203543 Nutria202002203555 Nutria202002203563

水温む春。この陽気に浮かれて巣穴から出て来たのでしょう。岡山県南ではよく目に致します。

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

沈殿池のヨシガモ

今日の野鳥はヨシガモです。

青い鳥を撮った後、余りにも天気が好いので近場の大きな沈殿池を覗いて見ました。 例年だと、多くのカモ達に混じってナポレオンハットのヨシガモの雄鳥や数羽のカンムリカイツブリが近場で撮れる筈です。

着いた沈澱池は、無風の水面に青空を映し、期待通りのコンディション。しかし、2羽のカンムリカイツブリや数羽のカルガモの姿は観えるものの他のカモ達の姿が観えない!

Yoshigamo202001060801

取水塔のオイルフェンスの中を覗くと、居ました。ヨシガモの番です。

Yoshigamo202001060804

鏡のような池面を泳ぐヨシガモの姿を期待しましたが・・・・・

Yoshigamo202001060813Yoshigamo202001060822

残念なことに、肝心の雄鳥はオイルフェンスの上で羽繕いを始めてしまい、

Yoshigamo202001060824

仕方なくカンムリカイツブリを撮って撤収いたしました。

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

ため池のカモ達

帰省先の岡山の田舎での菜園作業もほぼ終了し、この週末に神奈川に帰宅致します。

7月の西日本豪雨と台風24号に寄る菜園のダメージは、県南や近隣の被災に比べると、大したことはありませんでしたが、水没した農機具小屋の耕運機や草刈機の修理、水没して使えなくなった肥料や資材の処分、そして、後片付けと掃除は、この時期に行う作物の収穫、植付作業とは比べものにならないほど大変でしたが、ここで全て終了致しました。

そして、帰宅を前に、先日、被災の爪痕を残す田舎の周辺の探鳥地(MF)を廻ってみました。

Hayabusa201811216531

先ず訪れたのは、隣町のダム湖。 オシドリミヤマホオジロが出迎えてくれる筈でしたが、周辺道路の取っ付きに猛禽のハヤブサが居て物色中。で、退散。

次に訪れたのは、ヒシが繁茂するため池。 平素は、カイツブリバンオオバンと外来獣のヌートリアが生息するため池です。

Hidorigamo201811216667

何やらカモ達が集まって賑やかな一角がありました。

ここに居た冬鳥のカモ類は、

Hidorigamo201811216625l

ヒドリガモの群と、

Hoshihajiro201811216566

ホシハジロと、

Yoshigamo201811216552

一羽のヨシガモの雄鳥と、

Okayoshigamo201811216714

オカヨシガモの番でしたが、好天に恵まれコントラストが強く、写真にはなりませんでした。

このため池での収穫は、

Hidorigamo201811216743

ヒドリガモの番が同時に羽ばたきをしてくれたこのシーンでした。

そして、次は、少し南の大きなため池へ向かいました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

安濃川河口のその他の野鳥達

今日の安濃川河口の野鳥は、「その他の野鳥達」と題して、数種を掲載します。 

Yoshigamo201801185340

毎年1羽で居るヨシガモ♂。

Hajirokaitsuburi201801185520

Hajirokaitsuburi201801185523

このハジロカイツブリも常連です。

Okayosigamo201801185568

何故か日陰に群れるオカヨシガモ達。

Segurokamome201801185661

珍種を期待したセグロカモメと、

Yurikamome201801185792

これまた常連のユリカモメです。

浜に沢山居た、カワウハシボソガラスハシブトガラス、それに、ヒヨドリムクドリスズメ達等には遠慮していただきました。

(撮影日:2018.01.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

赤浮草の池に居たヨシガモ

帰省先の岡山の実家から先日帰宅しました。

鳥撮りに行けず、ブログに大穴を空けてしまいましたが、今日から、帰宅前に県南の探鳥地で撮った野鳥を掲載致します。

今日の野鳥はヨシガモです。

場所は分からなかったのですが、岡山県のトウモロコシ畑にクロヅルカナダヅル(2羽)が遣って来ているとの情報があり、予測を立てて出掛けてみました。

途中、水面一杯にアカウキクサが繁茂し、いつもは鳥影の無い道路脇の池に白いカモの群の姿が観えました。

Yoshigamo201712142416

ヨシガモです。 6、7羽の雄鳥が確認出来ました。

Yoshigamo201712142420

Yoshigamo201712142423

Yoshigamo201712142424

浮草を食べていました。 そう言えば、横浜の公園の池に居たメジロガモ浮草を食べていましたっけ?

Yoshigamo201712142441

陽が射すともっと綺麗な写真になるのにと思いましたが、先を急ぐ身。早々に切り上げました。

ヨシガモは、エクリプス羽が少し残り、特徴の三列風切はまだ短くて垂れ下がっては居ませんでした。

下は、同じ池に居たヒドリガモの雌雄です。

Hidorigamo201712142434

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

恒例となったヨシガモ撮影

今日の野鳥はヨシガモです。

毎年、春先の恒例となった、県央の大きな沈殿池でのヨシガモ撮影ですが、風が無く、青空が映る小春日和の日が撮影の必須条件です。

Yashigamo201702265553

青い鏡の様な水面を泳ぐヨシガモの雄鳥。 いつ見ても綺麗な鴨です。 今年も、雄鳥だけでも12羽が居ました。

Yashigamo201702265488

これは池の中の構造物の前に来たところで、青空は映っていません。

Yashigamo201702265450

既に番形成が終わっていて、8番を数えました。

Yashigamo201702265481

番の雄鳥と、

Yashigamo201702265474

雌鳥ですが、雌鳥の肩羽の模様もシックで綺麗です。

フェンス下の近場で無心に採餌する1羽の雄鳥が居て、

Yashigamo201702265264

Yashigamo201702265430_2

Yashigamo201702265559

ご自慢のナポレオンハットの全容を見せてくれました。

下は、休息場所のオイルフェンスの上に飛び上がるヨシガモ♂です。

Yashigamo201702265342

Yashigamo201702265344

(撮影日:2017.02.26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

今鴨が面白い(ヨシガモ)

もう3月の中旬。ツルガン類の北帰行のニュースを聞いてから、既に1ヶ月が経ちます。東京湾や近場の河川、湖沼のカモ達にも北帰行を前にした動きが観られるようです。

夏羽への換羽、番形成、擬似交尾など、一部の種でご披露して来ましたが、今季の在庫の中から、「今鴨が面白い」と題して、北帰行を前にしたカモ達のソワソワした姿を順次掲載致します。

今日は、手始めに、今月初めに県央の貯水池で撮ったヨシガモです。

Yoshigamo949820160301l_2

雌雄20羽ほどのヨシガモが居て、群れによる番形成のためのパフォーマンスを繰り広げていました。

Yoshigamo953320160301

いつもは寝てばかりのヨシガモですが、群で水面に出て来ました。

Yoshigamo950420160301

早速、雄同士の争いが始まり、

雌を前にした雄の求愛のパフォーマンスが其処此処で開始されました。

Yoshigamo954020160301s

Yoshigamo954120160301s

Yoshigamo954220160301s

先ずは羽ばたきから

Yoshigamo954520160301s

尾尻上げ、

Yoshigamo954620160301s

雌が寄って来ます。

Yoshigamo954820160301s

雌が気に入れば、

Yoshigamo959820160301

番として、群から離脱して行くようですが、

Yoshigamo958620160301

一筋縄ではいかないようで、雌を巡る雄達のパフォーマンスはまだまだ続きました。

下は、雄の一連のパフォーマンスです。

Yoshigamo960620160301Yoshigamo960720160301Yoshigamo960820160301Yoshigamo961020160301Yoshigamo961220160301

この日は光も良くて、雄達の緑光沢色の美しいナポレオンハットを写し込めました。

(撮影日:2016.03.01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼