ヤマセミ

2016年4月 8日 (金)

ヤマセミの採餌

今日の野鳥も昨日に続き、閉鎖ホームページから転載のヤマセミです。

川幅10mにも満たない小さな支流には、ハヤが沸き、落ちアユや時には遡上してきたボラの稚魚まで群をなしていました。

Yamasemi007f

ヤマセミカワセミにとってはまさに天国で、頻繁に姿を見せてくれました。

小川の土手下に打ち込んだ角杭の上がお気に入りで、捕ってきたハヤを食べるシーンを連写しました。

Yamasemi216f

Yamasemi217f

Yamasemi218f

Yamasemi219f

Yamasemi220f_2

Yamasemi221f

このヤマセミですが、どこかの心無いカメラマンに場を荒らされ、また、開発行為による環境の変化も重なって、姿を消してしまいました。

「いつまでもあると思うな親と金、無いと思うな運と災難」 一つの教訓となった事象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

昔居た近所のヤマセミ

雨をもたらした低気圧が過ぎ、満開だったの木の下は、雪が降った様に花びらで真っ白です。

3日前に遅い初認日を迎えたツバメ達も、街中の民家の軒先の古巣に姿を見せて、繁殖の準備に取り掛かりました。

でも、夏鳥の到来までは、今少し時間が掛かりそうです。

そこで、先月閉鎖したホームページからの転載で、当ブログを継続させていただいております。

今日の野鳥は、フィルム時代に撮った近所の河川に居たヤマセミです。

Yamasemi004f

もう20年も前のこと。 自宅から15分ほどの市街地の川に、ヤマセミの番が居りました。

Yamasemi003f_2

Yamasemi006f_2

休日でも、カメラマンは顔見知りが二人ほど。

Yamasemi005f_2

ブラインドを張れば目の前で、

Yamasemi239f_2

こんなシーンも撮れました。

Yamasemi236f

悪いのは、腕と機材とフィルムだけ。

Yamasemi237f

ヤマセミは生き生きとしていました。

Yamasemi224f

支流の小川にも入って来て、目の前で、見事な狩を何度も見せてくれました。

ブラインドの上にも止まり、暫く固まってしまった経験もありました。

遠い昔の思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

ダム湖畔のヤマセミ

今日の野鳥は、久々のヤマセミです。

日曜日、小遠征した峠の水場からの帰りに、県西のダム湖に寄ってみました。ここでも鳥の出は期待出来ず、撤収しようとした矢先、遠くの朽木の倒木の先にヤマセミが止まりました。ほんの証拠写真程度にしか撮れませんでしたが、久し振りに撮ったヤマセミ♂でした。

Yamasemi8063

Yamasemi8069

誰かが置いておいてくれた止まり木でしょうか?ガードレールのフェンスの隙間に倒れ掛かった枝木の様にも見えました。 しかし、距離は有りましたが、不意に行ってすぐに撮れる様な止まり木止まりのヤマセミではありません。証拠写真としては上出来でしょう。もちろんトリミングしてあります。

Yamasemi8076

嘴を大きく広げました。ペリットを吐き出すのかと思いましたが、どうやら欠伸だったようです。

Yamasemi8082

野鳥写真を始めて彼是二十数年。 最初の5年程は、自宅から15分の近所の川でこのヤマセミの撮影に没頭しました。貧弱な機材に貧弱な腕前。しかもフィルムとあって、ろくな写真は撮れませんでしたが、ブラインドを張って、狙ったシーンを一日中待つあの体験は、今でも懐かしく思い出します。あの頃は、他の野鳥には目もくれませんでした。

隠れているブラインドの上に止まられたり、設営した止まり木に止まってくれたのは良かったものの強度不足で倒れてしまったり、魚2匹を咥えた丁度良いところでフィルムが終わったり、獲って来た魚が金魚だったりと、ヤマセミとの思い出は尽きません。

最近よく聞かれます。「ヤマセミを撮りたいのですが何処で撮れますか?」と。

回答はこうです。意地悪な様ですが、「生息する場所は多々在っても、やはりブラインドを張って一日待つ様でなくてはヤマセミは撮れないでしょうね。」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

ずい分と久し振りのヤマセミ

今日は朝から鳥友達と、ヤマセミを狙って県央の2か所を訪れました。

ダム湖に半日居ましたが出てくれず、午後からは河原で粘りましたが遠くの電線にとまった姿しか撮れませんでした。

ヤマセミの写真は、フィルム時代のかれこれ十数年前に撮って以来しばらくぶりです。自宅から15分程度の近場でブラインドに入って撮っていたヤマセミは、ある日、心無い人によって棲みかを追われ、それ以来、有名だった生息場所には戻っては来てくれませんでした。

下の写真は大伸ばししてトリミングした写真で、見えたものではありませんが、懐かしい久し振りのヤマセミとなりました。

Yamasemi7268

Yamasemi7296

電線に止まってリラックスするヤマセミの♂です。この後、大きなペリットを吐き出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greeting | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨウロッパトウネン | ヨシガモ | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 趣味