ヤマガラ

2019年3月17日 (日)

苫小牧周辺の冬の鳥達 ④

今日の「苫小牧周辺の冬の鳥達」は、研究林の亜種エゾアカゲラ亜種シマエナガミソサザイヤマガラダイサギです。

研究林には多種の野鳥が居ましたが、写真に撮れたのはほんの数種。

Ezoakagera201903096407

入口に居た亜種エゾアカゲラ

Shimaenaga209103096403

是非もう一度来ることを決断させてくれた亜種シマエナガの枝被り写真。

Misosazai209103096472s

マガモの群やホオジロガモの雌鳥が居た池の縁で採餌するミソサザイ

Yamagara201903096489

餌付場所にカラの混群として遣って来たヤマガラ

そして最後が、

Daisagi201903096429

北海道では珍しいダイサギです。 アオサギはよく観掛けます。

期待した亜種エゾフクロウは観れず、クマゲラは、鳴きながら上空を通過したのを口を開けて眺めただけでした。

さて、この後は、次なる探鳥地の湖、漁港、河口へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

残り柿に来る野鳥達

今日の野鳥は、公園の残りに遣って来る野鳥達です。

Yamagara201812130249s

これは、久し振りに撮ったヤマガラですが、思わぬ上出来のショットになりました。

柿色の腹が綺麗と言うか、創造主はヤマガラの腹を柿色にした?

次は、メジロ

Mejiro201812130368

群で流れる様に遣って来て、

Mejiro201812130217

Mejiro201812130400

Mejiro201812130401

流れる様に去って行きます。

Hiyodori201812130224s

ヒヨドリも、

Hiyodori201812130391

Tsugumi201812130199s

ツグミも、

Tsugumi201812130243

当分ここの残りの常連さんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

山の公園では(その他の野鳥)

今日は、秋の山の公園の最後として、その他の野鳥を載せます。

Enaga201810103945_2

これは、午後3時前に水場に遣って来たエナガの群。 飛び回るエナガに、中央の黒いネクタイをしたシジュウカラ♂はビックリしている?

Enaga201810103951

瞼の黄色いエナガの成鳥です。

Shijyuukara201810103764

シジュウカラに、

Yamagara201810103672

ヤマガラ。 どちらも水場の常連です。

常連と言えばメジロもですが、

Kijibato201810103769

3羽ものキジバトに陣取られては退散です。

キジバトが水浴びした後は白い粉綿羽が水面に浮かぶことから、皆に嫌われます。

Kijibato201810103684

Kijibato201810103690

片翼を交互に上げて水浴をしていましたが、何の効果があるのでしょう?

ヒマラヤスギの天辺からは、

Mozu201810103566

モズの高鳴きが聞こえ、

Kogera201810104041

帰りの道ではコゲラが見送ってくれました。

(撮影日:2018.10.10)

以上、予約投稿でした。

さて、秋の舳倉島遠征の成果は如何だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

松の実を貯食するヤマガラ

今日の野鳥はヤマガラです。

銀杏を拾いに行った郷里の山の公園には、松毬をいっぱい付けた赤松の大木が数本あり、その松の実を食べにカラ類が遣って来ていました。

Yamagara201711272039

中でも、頻繁に餌を咥えて飛び回っていたのは、ヤマガラで、

Yamagara201711272033

の古木の幹に繁茂した地衣類の中に貯食する行動を繰り返していました。

Yamagara201711272034

(撮影日:2017.11.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

エゴノキの実を採るヤマガラ

今日の野鳥はヤマガラです。

MFの川沿いの山の斜面には、秋になるとたわわに白い実を付けるエゴノキがあります。

今年もヤマガラが来ていないかと偵察に出掛けるのも、私流の秋を感じる行事です。

Yamagara201709257800s

居ました。遣って来ていました。

Yamagara201709257755

でも、今年のヤマガラは少し変です。 いつもは白い丸い実を直に咥えて持ち去っていたのですが、今年のヤマガラは上品に果柄の先を咥えて持ち去ります。

観ていると、

Yamagara201709257775

果柄の付根を咥えて、

Yamagara201709257776

もぎ取っていました。 まだ十分に熟れていなくて、ヘタから離れにくいのかも?

Yamagara201709257816

2羽で1分おきに遣って来ては、果柄の先を咥えて林の中に持ち込んでいました。

明日からは、秋の舳倉島遠征の成果を掲載の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

赤松の種子を食べるヤマガラ

今日の野鳥はヤマガラです。

山の公園の赤松の松ぼっくりには、忙しげに遣って来て、の種子を咥えて飛んで行くヤマガラの姿がありました。

Yamagara932520161104l

アトリにしたって、このヤマガラにしたって、松笠から器用に種を取り出して行きます。このくらい開いた松笠ですと、あのイスカの様な特殊な嘴は必要ないのでしょうね。

Yamagara933520161104

今から貯食では無いでしょうが、種子を咥えると飛んで行って安全な場所で食べ、直ぐに遣って来ます。このパターンを繰り返していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

水場にやって来たヤマガラ

今日の野鳥は、富士山五合目、奥庭荘の水場にやって来たヤマガラです。

小鳥の出を待っていると、荘の裏手の方で「シー、シー」という聞き慣れた声がします。現れたのは、我が家の庭にも現れるヤマガラです。

Yamagara2491

富士で見るヤマガラはどこか綺麗に見えます。

Yamagara2506

Yamagara2499

ヒガラがやって来て先に水場を独占しています。いつもは気の強いヤマガラも水場が空くのを待っている様子です。

Yamagara2509

やっと水場に降り立ちました。後ろは水浴び中のヒガラです。

それにしてもヤマガラ君、頭でっかちですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

冬の水飲み場に来る野鳥達 ⑦

冬の山の公園の水飲み場に来る野鳥、第7弾はヤマガラです。

Yamagara3411

ヤマガラも一年を通してのここの水場の常連です。 「ツィーツィー」という独特の鳴き声がして、「アッ、ヤマガラだ。」と誰からともなく声が発せられると、間も無く、水盤の縁にポトンと降り立ちます。

「しょうがないから撮ってやるか。」 とか、「可哀相だから撮ってやろうか。」 とか、ヤマガラを小馬鹿にした生意気なカメラマン達の声と共にシャッター音が鳴り始め、また直ぐに鳴り止みます。

Yamagara3540_2

メジロとは混群の仲間同士で、この水場での争い事は一切有りません。

下は、水浴びに来て派手に水飛沫を上げるヤマガラです。

Yamagara3560

Yamagara3561

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

山の公園のヤマガラ

今日の野鳥は、先々週の休日に山の公園の水場で撮ったヤマガラです。

ヤマガラはこの水場の常連の一種で、「ツィー、ツィー、ツィー」という独特の鳴き声で現れます。

Yamagara0211

綺麗な羽色をした成鳥が出て来ました。ヤマガラは、日本列島、朝鮮半島、南は台湾あたりまで生息する留鳥ですが、幾つかの亜種があり、南に行くほど体色が濃くなる傾向にあるそうです。上の写真の様な白トビするほどに白い頬をしたヤマガラは日本でしか観られないのかも知れません。

Yamagara9544

Yamagara9552

水浴びの後に近くの小枝に止まって羽繕いをするヤマガラ

ヤマガラは人慣れをし、数年前になりますが、偶にお邪魔していた表丹沢にある新茅荘の管理人さんは、裏のテラスにやって来るヤマガラを手乗りにされていて一緒に楽しみました。

カラ類の一種で、「カラ」に漢字で「雀」を宛て、ヤマガラは漢字名で「山雀」と書くそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

エゴノキの実に来るヤマガラ

今日は、近くのマイ・フィールドを見て回りました。

既に殆んどの休耕田は稲刈りシーズンで水が抜かれ、シギチの姿はありませんでした。その他のフィールドでももう少し時期が早いのか、野鳥の姿はそう多くは見かけませんでした。

エゴノキが青い実を付け、ヤマガラが来て居る頃と思い、川筋のフィールドにも足を運びました。山裾に生えているエゴノキは、今年は豊作の様で、青い実をたわわに吊るしていました。

暫く観ていると、3羽のヤマガラがやって来て、エゴノキの実を咥えては山に入って行き、5分後にはまた来て実を持って行くという往復行動を繰り返していました。

Yamagara8340

Yamagara8346

垂れる実は、ぶら下がって採るしか方法がありません。

Yamagara8356

Yamagara8357

実が熟れるのを待たずに青い果皮の付いた実を採って行きますが、果皮の下の種の、そのまた種の中身を食します。エゴノキの青い果皮にはサポニンが含まれていて、昔は石鹸代わりにも使ったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼