ワカケホンセイインコ

2022年11月27日 (日)

大国魂神社のワカケホンセイインコ

昨日は、孫娘の七五三のご祈祷に、東京府中市の大国魂神社に参拝いたしました。

行事が終わって、娘と孫娘の着替えの間に高木の林立する境内を散策していると、大きなモミの木の枝先に数羽のワカケホンセイインコの飛び交う姿がありました。

Wakakehonseiinko202211269760 Wakakehonseiinko202211269767

10羽ほどの群でうるさく騒いでいましたが、早速、記念撮影用に持参した18-200mmのズームレンズで撮影です。

よく観ると、手前のイヌマキの枝先にもうごめくその姿が・・・・・

Wakakehonseiinko202211269774Wakakehonseiinko202211269775Wakakehonseiinko202211269776

何やら探しているようでしたが、

Wakakehonseiinko202211269779

ワカケホンセイインコが探していたのは、この時期赤黒く熟れるイヌマキの実で、

Wakakehonseiinko202211269804

美味しそうに摘んで食べていました。

Wakakehonseiinko202211269809

葉の生い茂る常緑針葉高木のイヌマキの中にあっては写真にはなりません。それでも乱写して、娘に渡そうとバックアップ記録設定にした片方のSDカードにも拙い野鳥写真が山のように入っているはずでした。(笑)

Ookunitamajinjya202211269814

雨上がりの中、ワカケホンセイインコが採餌していたイヌマキの前を古式豊かな結婚式の行列が進んで行きました。

外来種のワカケホンセイインコ。以前は大繁殖して害鳥扱いされていたこともありましたが今は如何なんでしょうかね。

話しは変わりますが、自宅の玄関先と裏庭の築山にもあるイヌマキの植栽ですが、帰省前に毎回剪定いたします。今回も2本でゴミ袋5袋分の剪定枝を出しました。放任すればその内、小鳥の好きな実が生るかも知れませんね。

| | | コメント (0)

2011年4月27日 (水)

交尾するワカケホンセイインコ

今日の野鳥写真は昨日に続くワカケホンセイインコの交尾シーンです。

神社の境内を飛び廻るワカケホンセイインコ達の数羽が高木の枝に止まり、その内の二羽が交尾を始めました。一羽の雌鳥が交尾する二羽の周りから離れず、時にチョッカイを出すシーンを観察しました。以下は連続写真です。

Wakakehonseiinko1849

Wakakehonseiinko1863

Wakakehonseiinko1867

Wakakehonseiinko1870

終いには交尾していた雄に追い払われてしまいましたが、左の雌は交尾をねだっていたのか、後学のために見物していた若鳥だったのか、この行動は理解できませんでした。

Wakakehonseiinko1885

やっと二人(羽)になれたペアは引き続き接吻の嵐で交情を深めていました。?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

外来鳥ワカケホンセイインコ

ツミアオゲラを撮った神社の境内には外来種であるワカケホンセイインコの群れがいました。

本来赤道近くのスリランカやインド南部に生息する鳥だそうですが、飼い鳥として世界中にもたらされ、籠脱け、放鳥等によって世界各地で野生化して問題になっている鳥だそうです。

日本でも1960年代の後半から東京の都市部で野生化したグループが観られ出し、特に大岡山の東工大のイチョウ並木は千数百羽にものぼる本種の一大塒になっていたそうです。

この神社の大欅の木に巣穴があり、時々出入りする姿が観られました。

Wakakehonseiinko1821

巣穴を覗くワカケホンセイインコの雄。長い尾羽は素晴らしく綺麗なブルーで、コスタリカの幻の鳥ケッツァールを想像させてくれます。漢字名「輪掛本青鸚哥」、別名「ツキノワインコ」とも呼ばれるそうですが、雄の喉から首にかけてある黒赤っぽい輪に由来しています。

Wakakehonseiinko1833

巣穴から顔を出す雌のワカケホンセイインコ。雌の方が気持ち黄色味を帯びている様に観えました。下の写真は辺りを飛び交い、小枝に止まったところです。境内の奥なので撮影距離は70m程。全てトリミングした写真です。

Wakakehonseiinko1834

Wakakehonseiinko1692

Wakakehonseiinko1838

下の写真はペアで、左が雄、右が雌です。求愛給餌の様に何度も嘴を絡ませて交感していましたが、この場での交尾は観えませんでした。若葉の新緑と綺麗な羽色がマッチングしていました。

Wakakehonseiinko1615

外来鳥にはコジュケイの様に既に帰化鳥として知られる種や、シラコバトの様に天然記念物になった種もいますが、最近増えてきたガビチョウの様に嫌われ者の只の外来種も存在します。このワカケホンセイインコの場合はどうなるでしょうか?オウムインコの類は色鮮やかな鑑賞鳥、トロピカルバードのイメージが強く、美しさを引いてもこの地味な日本の地にはなかなか溶け込めないのでは?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼