ウグイス

2018年6月30日 (土)

舳倉島の鳥(その他) 最終回

長々と続けてまいりました「舳倉島の野鳥シリーズ」でしたが、今回を持ちまして最終回と致します。

今季(春季)の舳倉島で撮影したもののアップ出来なかったその他の野鳥を、アイウエオ順にまとめてみました。

Atori201805148400

アトリ: 民宿の前庭に居た夏羽の雄鳥

Ikaru201805213262

イカル: コイカル♀と行動を共にしていた群の一羽

Uguisu201805203137

ウグイス: 去年も同じ電線で囀っていた駐在所前の個体

Oshidori201805148224

オシドリ: 竜神池に一羽で居た(故障していた?)雄鳥

Karasubato201805169952

カラスバト: 今季もこんな写真しか撮らせて貰えませんでした。

Sansyoukui201805158448s

サンショウクイ: イチョウの木の天辺に止った雄鳥

Nyuunaisuzume20180520z3184_2

ニュウナイスズメ: 民宿の前庭に出た夏羽の綺麗な雄鳥

Mozu201805192846

モズ: 珍鳥モウコアカモズでは?と騒がれていた雄の只モズ。「モウコアカモズの尾羽は赤い。」との、実際観て来られた我孫子のKMさんの一言で一件落着。 嬉しい様な残念な様な・・・

前代未聞のフェリー連続5日間欠航とか色々ありましたが、予定を3日間延長して、5月21日に輪島に着きました。 延長のお蔭で、ライファーも増え、「欠航も結構なことだ!」と親父ギャグでも飛ばしたい今季の遠征でした。

島でお世話になった皆様に、この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。

**********************************************************************

下は、輪島帰着の日の夕刻に訪れた、白米千枚田の夕景です。

Shiroyonesenmaida20180521001

Shiroyonesenmaida20180521006

Shiroyonesenmaida20180521004

マーガレットを入れて。

Shiroyonesenmaida20180521027

Shiroyonesenmaida20180521037

(撮影日: 2018.05.21) Nikon COOLPIX A900 にて撮影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

葦原のウグイス

今日の野鳥はウグイスです。

池の端の葦原の中でチョコマカと動く小さな鳥が居ました。ウグイスです。

Uguisu201803112722

の咲く春でも、未だ、地鳴きもぐぜりも聞こえません。

Uguisu201803112725

Uguisu201803112777

無言で葦原を動き回るウグイスを追いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

暮の山の水場の野鳥達

今日の野鳥は、在庫から、暮の山の公園の水場に出て来た野鳥達です。

年末恒例の庭の植え込みの掃除を午前中までに終え、午後から山の公園の水場に出掛けてみました。 2ヶ月ぶりの水場でした。

Tsugumi201712233842s

広場のの木には、ツグミヒヨドリメジロ達が熟したに群れ、賑やかでした。

山の斜面では、

Binzui201712233861

Binzui201712233894

深い落葉の中で餌を探すビンズイの群れの姿があり、

Mejiro201712233915

水場では、いつものメジロの群れと、ヤマガラシジュウカラが水浴びに訪れ、

Shirohara201712233878

偶にシロハラシメ も、

Ruribitaki201712233904

Ruribitaki201712233958

そして、ルリビタキ♀やジョウビタキ♀が飛びまわり、余り姿を見せない

Uguisu201712233919

Uguisu201712233930

ウグイスや、まだ警戒心の強いトラツグミも奥に姿を見せました。

年明けのこれからが面白い山の公園の水場です。

(撮影日:2017.12.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

舳倉島のウグイスは撮り易い?

今日の舳倉島の野鳥は、ウグイスです。

水場の右手の茂みの中から、「ジェッジェッ」と鳴いて出て来たのはウグイスです。

Uguisu201710129327

水を飲み、時に水浴びをして、もと居た茂みに去って行きますが、決して長居は致しません。

そのウグイスが、隣の診療所の脇に積まれた剪定枝の上に出て来ました。

Uguisu201710129369

Uguisu201710129373

地鳴きを繰り返しながらチョロチョロしていましたが、行動は不明でした。

背景の白いストライプは診療所の窓に架かるカーテンです。

Uguisu201710129391

立ち位置を変えて撮り直し。

春先、駐在所の前の電線で囀っていたウグイスでしたが、今年の繁殖は上手く行ったのかな?

(撮影日:2017.10.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

舳倉の鳥(ウグイス)

今日の舳倉島の野鳥はウグイスです。

舳倉島にはスズメは居ませんが、普通に目にする普遍種に、カワラヒワウグイスが居ます。

電線に止まっているのは決まってカワラヒワですが、島の交番の周りの電線には、毎日、ひねもす止まって、大声で囀るウグイスが居ました。

Uguisu201705186416

4本ある電線の、

Uguisu201705164443

一番上に止まって囀る「E線上のウグイス

Uguisu201705164438

2番目の電線で囀る「A線上のウグイス

Uguisu201705165533

そしてこれは、「G線上のアリア」ならぬ「G線上のウグイス」です。

Uguisu201705175622

Uguisu201705175630

北の浜沿いの道にもよく啼くウグイスが居て、喉の肉色の地肌が剥き出しでした。

(撮影日:2017.05.16~18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

早春の野鳥(ウグイス)

今日の「早春の野鳥」は、ウグイスです。

今月の初め、ハッカチョウを撮りに行った市街地の、工場の生垣に、小さな声で「ホー、ホケキョ」と鳴くウグイスの姿がありました。

Uguisu201703015809

よく動き回り、たまに生垣の縁に顔を覗かせてくれましたが、

Uguisu201703015812

鳴き声でも無ければ、ウグイスとは分かりません。

Uguisu201703015813

毎年この時期、我が家の庭に設置したバードバスにも姿を現してくれるのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

姿を見せたウグイス

今日の野鳥はウグイスです。

帰省途中に寄った大阪の淀川河川敷でも、春たけなわと言わんばかりに、其処彼処でウグイスの鳴き声が聞こえましたが、その姿を観ることは出来ませんでした。

「声はすれども姿は見えず、ほんにお前は?の様な」ウグイスですが、昨日訪れた岡山県南の干拓地の公園のブッシュでは、ちょこまかと良く動く姿を見せてくれました。

Uguisu180920160328l

ノイバラの枝先に出て来てくれたウグイス

Uguisu185820160328l

潅木の茂みの表にも、

Uguisu174320160328

日の当たる枝先にも出て来てくれて、

Uguisu173720160328

「法ぉー、法華経」 と、美声を聴かせてくれました。

Uguisu181720160328

Uguisu181820160328

春ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

舳倉島の野鳥 ⑲ ウグイス

舳倉島の野第19弾はウグイスです。

日本各地、何処にでも居るウグイスですが、舳倉島の個体数も結構多いと感じました。

珍鳥、迷鳥をはじめとする300種以上の野鳥が通過する舳倉島ですが、留鳥は僅か4種ほどとか。スズメも居ない離島です。

Uguisu900620150518

ススキの枯れ茎に登ってきたウグイス

この島ではウグイスは留鳥なのでしょうか、それとも漂鳥なのでしょうか? 島の其処此処で鳴声を聴くことが出来ました。

Uguisu864320150517

水場に出て来たウグイス。この後水浴びをして、濡鼠よろしく濡鶯となって藪に消えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

春待ちのウグイス

新年初めて行ったミヤマホオジロの撮影は、その警戒心の強さを克服しようと久し振りのブラインド持参でした。

潅木の間にブラインドを設営してミヤマホオジロの出を待っていると、「チャッ、チャッ、チャッ」とブラインドの周りの潅木の中をうるさく動き回る鳥が居ました。ブラインドに当たる日の光にその影が映りました。ウグイスです。

Uguisu8539

やかましく騒いで落葉したモミジの小枝に上がったところを撮らせてくれました。一瞬の間でした。

梅に鶯」とは言わないまでも、この時期は花木にも花は無く殺風景なシーンです。当のウグイスにも「私だって春を待ってんのよ」と言われそうです。

岡山の田舎も毎日寒く、ここ数日雪と氷雨続きで、菜園の仕事も進みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

峠のウグイス

晴れの国岡山も、台風と梅雨前線の影響で昨夜から雨→大雨です。お蔭様で、菜園の作物には絶好の水分補給が出来、このブログにも手を付けることが出来ました。今は昔の「晴耕雨読」というやつです。

今日の野鳥は、郷里岡山への帰省前の今月上旬に甲州市の峠で撮ったウグイスです。

コマドリ狙いで訪れた標高1400m級の峠には熊笹が生い茂り、多種の野鳥の声が其処彼処から聞こえてきます。当日は、林の奥で鳴く鳴き声は聞こえるものの、最盛期を過ぎたのか、コマドリの姿を観ることは出来ませんでした。

代わりに餌場に出てきたのは、コマドリと同じ日本の三鳴鳥の一種のウグイスでした。

Uguisu6879_2

喉元を大きく膨らませて「ホォー (ホ)ケキョ」と鳴くオスのウグイスです。5~6mの近距離で鳴かれるとさすがに迫力があります。

Uguisu6890

Uguisu7153

尾を立ててくれました。なかなかカッコイイーポーズです。

Uguisu7240

これは極め付けのポーズでしょうか? 狙いはコマドリだったんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼