チュウヒ

2018年12月27日 (木)

伊豆沼・蕪栗沼周辺の猛禽

今日の「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」の野鳥は、シリーズ最終回として、ノスリチュウヒチョウゲンボウ等の伊豆沼・蕪栗沼周辺の猛禽類です。

ここのガン類は、偶に現れるオジロワシ以外の猛禽類には警戒心が無いそうです。体格も大きく、襲われる心配も無いのでしょうね。

Nosuri201812099675s

Nosuri201812099695s

伊豆沼のサンクチュアリセンターの上空を舞う2羽のノスリ

脛に黒斑が見える上の個体が♂で、黒斑の無い下の個体が♀でしょうか。晴れ渡った青空を2羽が仲良く帆翔していました。

Tyuuhi20181208z8996

これはチュウヒ

Tyuuhi201812089041

蕪栗沼の葦原の上を数羽が飛んでいました。

Chougenbou201812088928

これはチョウゲンボウ♂。シジュウカラガンの群が採餌する田圃の一角で、用水路のフェンスの上で休息中。

そして下は、蕪栗沼で観た、チョウゲンボウの襲来に驚いて逃げるスズメの群です。

Suzume201812089330

今回で、「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」を終了致します。

カリガネ一本で参加したツアーでしたが、名ガイド さんや同行のツアー客の皆さんのお蔭で、期待以上の成果を上げることができました。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。お世話になりありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

そして、チュウヒにも会えた!

今日の野鳥はチュウヒです。

羽咋市の邑知潟の浅瀬で憩うコハクチョウの群を観た後、マガンの群が飛んで行った先を廻ってみることにしました。

潟の北端に広大な潟と田園風景が見渡せる橋があり、渡る直前で、

Chuhi201810186252

猛禽が前を横切りました。

Chuhi201810186262

チュウヒです!

午後3時を廻っていましたが、潟に流れ込む川の小さな橋の上で、チュウヒのお出ましを待ちました。

Chuhi201810186270

暫くして、潟の葦原から一羽のチュウヒが飛び立ちました。羽色からして異なる個体のようです。

ゆっくりと、ハシボソガラスを追い駆けます。

Chuhi201810186276

Chuhi201810186278

チュウヒの舞う素晴らしい田園風景を暫し堪能し、暮れなずむ道を輪島に引き返しました。

(撮影日:2018.10.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

塩田跡地のチュウヒ

カラフトワシを観に行った錦海塩田跡地にはチュウヒハイイロチュウヒが数固体居るそうで、カラフトワシが近付いてくれるのを待つ間、広大な葦原の上を餌を探して滑空するチュウヒを撮っていました。

Tyuuhi713320150114

ここに居たチュウヒの一羽は白粉でも塗った様に顔が真っ白でした。

Tyuuhi714120150114

Tyuuhi714820150114

Tyuuhi715720150114

さまざまな羽色がある中で、この羽色と眼の虹彩の色からして、国内型のメスのチュウヒと判断しました。

一緒に撮っていた関西のカメラマンがモニターを見て、「えらい奥眼のチュウヒやわー。」 と言っていたのが可笑しく、笑ってしまいました。

一昨年、吉備中央町でブッポウソウの巣箱掃除のお手伝いをさせて頂いた時、この塩田跡でチュウヒの調査をされていたTさんのお話を聞くことが出来、日本野鳥の会岡山県支部のHPでもチュウヒ繁殖の実態を知ることが出来ました。

地元のカメラマンの方に聞いた話では、塩田跡の南側半分位は現状のままで葦原が残るのではとのことでしたが、はたして多くの野鳥が訪れるこの環境が残るのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

リベンジのチュウヒ ②

チュウヒを求めて再度訪れた霞ヶ浦南側の干拓地の上空は、成田国際空港を離発着する鉄の鳥が引切り無しに飛び交う飛行機銀座でした。

出の悪いチュウヒを待つ間、手持ち無沙汰に鉄の鳥を撮っていました。

Airplane958620141202

これは綺麗な塗装のタイ国際航空A380ー800

(余談ですが、タイ語でキレイはブスのことだとか・・・。なんじゃい?)

Airplane973320141202

そしてこれは夕日を浴びて飛ぶアメリカン航空B777-300ER

そして更に待つこと数十分。

噂通りの午後4時過ぎ。

Tyuuhi972220141202

チュウヒが塒に戻って来ました。

Tyuuhi976420141202

薄夕焼けの空を旋回するチュウヒ

Tyuuhi977420141202

何せ ISO3200の世界で、端から写真は証拠写真と諦めモードです。

Tyuuhi980720141202

暫く草叢の上を旋回して、

Tyuuhi986520141202

身を翻したかと思うと

Tyuuhi986720141202

一気に草叢の中に飛び込みました。 あっと言う間の、これが塒入りでした。

待望のハイイロチュウヒは残念ながら当日も現れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

リベンジのチュウヒ

さて、リベンジ(再挑戦)のチュウヒですが、

午後からコンビニの弁当を食べながら待てども一向に現れる気配はなく、先日の塒入りの時刻であった3時過ぎには場所を移動しました。

塒周辺に移動して待てども暫くは出て来ず、これは返り討ちに会った?と思っていると、何処からかチュウヒが飛んで来て。 一羽、二羽と増えてゆく。

その中に、頭の黒い大陸型のチュウヒを見付けてしきりにシャッターを押すが、暗い、暗い。

Tyuuhi985120141202

図鑑で見るマダラチュウヒに似ています。

Tyuuhi985220141202

こちらに向かって飛んで来て、

Tyuuhi985420141202

すばやく塒に入り込みました。

気付くと

Moon967920141202

上空には月がクレーターを顕わにして輝きを増していました。

完全なリベンジとはいきませんでしたが、頭黒の大陸型チュウヒ。いい鳥ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

干拓地のチュウヒ

蓮田の越冬シギチを撮って、午後からはハイイロチュウヒや大陸型の頭黒チュウヒが出るという干拓地に向かいました。

先陣のカメラマンに訊くと、まだ出ていないとのこと。

いやな予感が走りますがチュウヒ類はそんなものと、数日前に来てハイイロチュウヒのオスを目の前で撮った鳥友Sさんと椅子に座って待ちます。

1時間ほどした時でしょうか、

Tyuuhi944120141128

遠くにチュウヒが現れました。 塒入りにはまだ早く、干拓地の上空を旋回してくれましたが遠ーい、遠ぉーい。

豆粒を何とか拡大してみました。

Tyuuhi9436z20141128

チュウヒには様々な羽色の個体が居て、羽色からはなかなか判定出来ませんが、オスのチュウヒのようです。

地上の餌を探して草叢の上を翼をV字に開いて滑空します。

Tyuuhi9415z20141128

Tyuuhi9416z20141128

腰には白い白帯があり、別名「腰白鷹」とも呼ばれたとか。

Tyuuhi9425z20141128

何か餌を見つけて降りましたが、失敗に終わった様子でした。

まだ陽の残る3時半。早めの塒入りが始まってしまい、結局この日はハイイロチュウヒのオスにも頭黒の大陸型チュウヒにも会えずじまい。

鳥友Sさんと数日後のリベンジを約束して帰路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

後で判った大陸型チュウヒ

昨日、今日と我が家の大掃除です。奥さん主導の掃除は先の予定が付かず、終わってしまえば、こんなにやったのか?と自分でも驚く程の仕事量でした。只、瑞鳥庵には住人のガラクタが投げ込まれて山積みですが、正月はこのまま過ごします。家内には「リタイアしてからゆっくりやります」と言ってあります。

今日の野鳥は大陸型のチュウヒ♂です。大ボケの証拠写真ですので悪しからず。

12月18日にホシムクドリを撮りに行った夕刻に、チュウヒの塒入りを撮ったのですが、塒は撮影ポイントから300mと遠く、暗いとあって、撮影はまったくお手上げでした。

しかし、チュウヒ類の個体数は多く、その中にハイイロチュウヒの雄らしき姿を確認し、駄目元でシャッターを押しました。

一昨日の忘年撮影行のフィールドで、猛禽に詳しい方から、「あそこには今、頭の黒い大陸型のチュウヒが出ている」とお聞きし、昨日、カメラに残った映像を確認してみたところ、中に数枚のそれらしきボケた映像がありました。明らかにハイイロチュウヒの雄とは異なり、大陸型のチュウヒの雄と判りました。

チュウヒは個体変異が多くて、見分けが付きませんが、このボケた写真の雄の個体は綺麗な配色をしています。

Tyuuhi3458

頭、両翼先端部と風切羽の端が黒く、腹部と翼下面が白で斑もありません。

Tyuuhi3459

背は薄い灰色です。この後、葦原の中の塒に入って行きました。夕刻5時前でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

葦原のチュウヒ

ハイイロチュウヒを求めて昨日は鳥友K君と朝4時立ちで栃木まで行って来ました。

成果は、早朝の塒立ちにも会えず、夕刻の塒入りは陽が落ちてからと、写真撮影は全滅。でも、田圃を低く滑空する♂を観察することが出来ました。

ハイイロチュウヒは駄目でも、チュウヒの個体数は多く、塒入り前のあのV字型をした独特の飛翔を写真に収めることが出来ました。

暮れにもう一度挑戦の予定です。

Tyuuhi1000

葦原の上空をゆったりと飛翔するチュウヒ

Tyuuhi1048

得意のV字飛行です。

Tyuuhi1228

雪山をバックに飛翔するチュウヒ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼