トラツグミ

2020年12月27日 (日)

虎鶫、七節を食す

今日の野鳥も昨日に続きトラツグミです。

タイトルは、「トラツグミナナフシを食す」です。

観ていて飽きないトラツグミの採餌シーンでしたが、

Toratsugumi202012249726

落ちて痛んだミカンの果肉を啄ばんだり、

Toratsugumi202012249808

落ち葉を掻き分けて小さな木の実を啄ばんだり、

片足を小刻みに震わせて、出て来たミミズを捕食したりと、蜜柑畑の地面にはトラツグミの餌は豊富にあるようです。

トラツグミが何か大きな緑色の物体を咥えました。

Toratsugumi202012249823

最初何かと思いましたが、

Toratsugumi202012249823z

後でモニターで拡大してみると、何と、ナナフシでした。

Toratsugumi202012249824 Toratsugumi202012249825 Toratsugumi202012249826

美味しそうに大きなナナフシを一気飲みです。

このナナフシ、ネットで検索してみると、「ニホントビナナフシ」という種の様です。

そして、検索欄に「ナナフシは鳥に食べられて子孫を拡散させる!? ~飛べない昆虫の新たな長距離移動法の提唱」という神戸大学理学研究科の興味深い研究成果が載っていました。

一読いただければ驚きの事実が分かります。草木の種が鳥の糞に消化不良物として残存して運ばれるように、なんと、ナナフシの固い卵も消化されずに鳥の糞として排出されて拡散するという研究成果です。ご参考まで。

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

蜜柑畑のトラツグミに会いに

今日の野鳥はトラツグミ亜種トラツグミ)です。

冬場の山の公園では、毎年トラツグミが出て来て楽しませてくれます。

湧水池でお会いした知人から、「今年も蜜柑畑に出ているよ。」と教えてもらい出掛けて見ました。

Toratsugumi202012249873

最初は姿が見えなくて、公園の山裾を一巡して戻って来ると、出ていました。

Toratsugumi202012249752

蜜柑畑の斜面を歩き回って採餌に余念がありません。

Toratsugumi202012249842

摘果して落ちたミカンを啄ばんだり、落ち葉を掻き分けて木の実を食べたり、そして、片足をタゲリコサギの様に震わせて地中に潜む虫を追い出して捕食したりと、トラツグミの採餌風景は観ていて飽きません。

枝止まりを狙いましたが、撮れたのは一度だけ。

Toratsugumi202012249792

の小枝に止まるトラツグミ。なんとか背景に未だ残る黄色のミカンの実を入れることが出来ました。

下は、この日山裾を一巡した時の風景写真です。

Hadanocity20201224_093801

西に富士山を望む秦野盆地。(スマホで)

Mtfuji2

冠雪の少ない富士に懸かった笠雲と言うか鏡餅? 年末年始は大寒波到来とか?

Enoshima202012249768

霞に煙る江の島。この山の公園から直線距離で約23km。手前は平塚、茅ヶ崎の市街地です。

観光案内になりましたが、この日山の斜面で撮ったのは、

Shirohara202012249710

ツグミとバトルをしていたシロハラと。

Akagera202012249879

久々に姿を見せてくれた枝被りのアカゲラ♀でした。

トラツグミの居た蜜柑畑には、残ったミカンの実を啄ばみにアオゲラが頻繁に遣って来ていましたが、常緑の葉を残すミカンの木での撮影はどうにもなりません。

明日は、トラツグミの採餌シーンです。

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

今季も逢えた山の公園のトラツグミ

今日の野鳥は、暮の在庫の中から亜種トラツグミシロハラです。

暮の庭木の剪定を終えて向かった近くの山の公園に、今季もトラツグミが入りました。

Toratsugumi201812270788

斜面を探していると、モミジの落ち葉の溜りにこのシルエットが・・・

トラツグミです。

Toratsugumi201812270800

昨日の翡翠公園のオオアカハラと同じく、このトラツグミも、何回も撮っているのに何故か毎季撮らなくては気が済まない野鳥の一種です。

今回は、願ってもなかった木止まりを撮らせてくれました。

下はその木止まりの写真です。

Toratsugumi201812270824

Toratsugumi201812270863

Toratsugumi201812270869

Toratsugumi201812270880

そうです。枝止まりではなく、木止まりなんです。

そして、帰ろうとしていたら、

Shirohara201812270901

今度はシロハラ♂が出て来て、これは少し太い枝止まりです。

(撮影日:2018.12.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

今季初撮りのトラツグミ

今日の野鳥はトラツグミです。

ウォーキングを兼ねて山の公園に出掛けてみました。

山道を入るとすぐにトラツグミが出て来ました。 今季も数個体が入っていると聞いていたトラツグミでしたが、まだ逢えずにいました。

Toratsugumi201801318227

嬉しいかな、いきなりのストレッチで迎えてくれました。

Toratsugumi201801318238

至近で採餌を始め、イッスンムカデ一寸百足)を落葉の中から獲り出しました。

Toratsugumi201801318335

これは草の実。

Toratsugumi201801318359

暫く遊んでくれて、当日の主目的であるウォーキングに。

小一時間ほど山道をしっかりと徘徊して戻って来ると、まだ居ました。

Toratsugumi201801318402

何んと! 至近2mまで近寄って来て・・・、こんな感じ。

目の中に立木の間からカメラを向ける私の姿が写っています。

暫くして、下の蜜柑畑に飛んで行き、

Toratsugumi201801318425

枝止まりを撮らせてくれました。

Toratsugumi201801318443

毎年、この姿を観ると何故かホッとしますね。

(撮影日:2018.01.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

海岸の道脇に居たトラツグミ

今日の舳倉島の野鳥は、トラツグミです。

秋の渡りは北から入って南に抜けるのではと、春季には余り廻らない島の南西端の道を歩いて(徘徊して)いると、道脇にツグミ類の姿が、

Toratsugumi201710118557

トラツグミです。

直ぐにブッシュの中に消えてしまいましたが、思わぬ出会いでした。

下は、道脇から出て来たアカテガニです。

Akategani201710118543

甲羅のスマイルマークが見えますか? 何か、茶髪のもじゃもじゃ頭の黒鬼が、赤いこん棒両手に笑っているような!?

甲羅の幅 3cmほど。 綺麗な蟹でしたよ。

(撮影日:2017.10.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

今季も会えた山の公園の虎鶫

今日の野鳥はトラツグミです。

近くの山の公園に今年は3羽も入ったと聞いていたトラツグミでしたが、なかなか姿を見せてくれませんでした。

毎年、暮には見かけるのですが、観えないというのも淋しいものです。

Toratsugumi201702193216

夕刻迫る午後の4時過ぎ、ウソを追いかけて行った山の斜面にトラツグミが居ました。

Toratsugumi201702193220

Toratsugumi201702193226

急いで薮に入ってしまいましたが、

脇の開けた斜面にも、

Toratsugumi201702193236

別個体のトラツグミが出ていました。

トラツグミは、この山の公園の冬場の主役の野鳥です。

(撮影日:2017.02.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

6年ぶりのトラツグミ

今日の野鳥はトラツグミです。

ハチジョウツグミの居た公園は、6年前にコイカルに振られた公園で、その時、代わりにトラツグミがお相手をしてくれた公園でもありました。

Toratsugumi201702151964

今回も、帰りがけに「トラツグミが出ているよ」との連絡を貰って引き返すと、公園の梅林の一角に一羽の人馴れしたトラツグミが居ましたが、すぐに飛び去って行きました。

その後、6年前に出ていた別の梅林の斜面に行くと、

Toratsugumi201702152014

別個体のトラツグミが居ました。 この公園には少なくとも3個体が居るとか。

Toratsugumi201702152044

Toratsugumi201702152049

Toratsugumi201702152085

6年ぶりの同一個体かどうかは分かりませんが、懐かしい想いで撮ったトラツグミでした。

下は、公園の散策路を走り回るタイワンリス

Taiwanrisu201702151918

鎌倉、横浜界隈でよく見かける外来種です。

(撮影日:2017.02.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

トラツグミの採餌

今日の野鳥は昨日に引続きトラツグミです。

蜜柑山のトラツグミは、タゲリコサギがする様に、片足を細かに震わせて草や落葉の下から小さな虫を追い出して捕食する「追い出し猟」をしていました。

Toratsugumi023720151228

斜面でも、

Toratsugumi029020151228

平地でも、

Toratsugumi030420151228

なにか同じ様な虫を捕食していました。

拡大してみると、

Toratsugumi0304z20151228

トラツグミの餌は、ミミズと思いきや、ムカデの一種の「イッスンムカデ一寸百足)」でした。

そして、喉が渇くと(?)、

Toratsugumi037120151228l

摘果された蜜柑を食べて水分補給をしているようでした。

(撮影日:2015.12.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

蜜柑山のトラツグミ

今日の野鳥はトラツグミです。

ようやく寒気が訪れた為か、暮れの山里に久し振りにトラツグミが遣って来て、

Toratsugumi034020151228l

Toratsugumi035020151228l

摘果を終えた蜜柑山で採餌に忙しく歩き回っていました。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

Toratsugumi022320151228

Toratsugumi023420151228

Toratsugumi024420151228

やはりこのトラツグミ、日陰が好きな様で、日の翳った斜面で、しきりに足を震わせて採餌をしていました。

(撮影日:2015.12.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

日本庭園のトラツグミ

先週末は確定申告に隣町の申告会場に行きました。

個人で確定申告をするのはこれが2回目です。資料を用意して、PCで申請書への記入に望みますが、何処にどの内容の記載をすれば良いのか、複雑過ぎて分かりません。税制そのものに不満はありませんが、その複雑さには閉口してしまいます。家でのネット申請なんぞ到底出来そうにありませんよ。

30分待ちで、約1時間で申告を終わらせましたが、2時間待ちの日もあるとか。

会場場所のレストラン街で昼食にし、帰りにトラツグミが出ているとの情報を貰っていた市中公園の日本庭園を訪ねてみました。

Toratsugumi0499

庭園に入るやすぐにトラツグミに会えました。池の端の築山の麓で、しきりに採餌をしていました。その距離5~6m。

Toratsugumi0542

あまり人を警戒していない様でしたが、植え込みのブッシュの中に入り込み、やがて高木の枝に止まって固まってしまいました。

Toratsugumi0609

このトラツグミ、庭園の池に流れ込む小さな滝の水溜りで、偶に水浴びをするとかで、そのシーンを狙って数人の野鳥カメラマンの方達が待機されていましたが、その殆んどの方達が、山の公園の水飲み場で良くお会いする方達でした。我が街の山の公園では今年トラツグミの出は良くないそうです。

この日は、日中の最高気温が20℃を越えた暖かい日でした。日本庭園の池では沢山の石亀が石の上で日向ぼっこをしていましたが、

Akamimigame0545

良く見ると、皆、外来種のミシシッピアカミミガメでした。

日本庭園に外来種の亀。なんとかならないのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼