タマシギ

2016年9月 3日 (土)

長居してくれたタマシギ親子

10日前に帰省先の岡山から帰宅しました。「絵ぶた作り」を連載して来ましたが、今日は随分と久し振りに本来の野鳥記事を掲載致します。

東北北海道地方を襲ったブーメラン台風10号が過ぎた翌日、近くのMFを巡回してみました。

例年この時期タマシギの親子連れが観える隣町のポイントを訪れると、今朝方も出ていたとのこと。

待つこと1時間半、稲田の少し開けた水溜りに子連れのタマシギ♂が出て来ました。

(下の写真は全て、クリックで 950X658ドット の拡大写真でご覧になれます。)

Tamashigi045020160831l

Tamashigi062520160831

雛は3羽。まだ小さく、孵って間もないようでした。

Tamashigi059320160831l

水溜りで採餌をしたり、

Tamashigi075520160831l

親子で羽繕いをしたり、

Tamashigi064220160831l

余り警戒することなく長居をしてくれて、

Tamashigi072120160831l

Tamashigi087620160831l

Tamashigi089720160831l

新しいカメラで思う存分連写連写。たまたま入れていた容量の小さい8GBのメモリーが一杯になって場所を譲りましたが、気付けば、この間、約30分も出ずっぱり。 

Tamashigi094520160831l

の葉の被りはありましたが、こんなオープンスペースでタマシギの親子を撮ったのも久し振りでした。

先日新調したNikon D500AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR の手持ち撮影です。 D500のAFスピードと連写性能には満足しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

タマシギの水浴び

今日の野鳥は昨日に続きタマシギです。

夏場に撮りたいタマシギの水浴びシーンですが、冬の近くの調整池にて好条件で撮れてしまいましたので掲載いたしましょう。

Tamashigi1170z20151231

草叢から出て来て、

Tamashigi1174z20151231

先ずは羽繕いから、

Tamashigi1175z20151231

そして、

Tamashigi1187z20151231

水浴びを開始。

Tamashigi1190z20151231

丁寧に

Tamashigi1199z20151231

全身水浴びの後、

Tamashigi1203z20151231

少し考えて?

Tamashigi1230z20151231

最後の仕上げです。

Tamashigi1239z20151231

草叢にご帰還前に、

Tamashigi1240z20151231

脱水です。

タマシギのプルプル」とでも名付けましょうか?

(撮影日:2015.12.31 大晦日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

冬場のタマシギ

今日の野鳥はタマシギです。

昨年の暮も暮の大晦日、近くの調整池にタマシギが出ているとの情報を貰い、居ても立ってもおられず、これぞ最後の鳥撮り納めと、おせち料理作りに忙しい家内を尻目に、朝一番で出掛けました。

どうも朝方はタマシギも寝ているようで姿が見えません。一旦近くのフィールドを廻ることにして、お昼過ぎにもう一度訪れました。

Tamashigi1268z20151231l

気温が上がって、タシギの群が採餌に動き始めると、タシギに釣られてか、一羽のタマシギが開けた水面に出て来ました。

Tamashigi1270z20151231

留鳥、もしくは漂鳥のタマシギですが、たしかもっと暖かい南の地方で越冬の筈です。 冬場に姿を観るのは珍しいのでは?

下は、水面を横切る連続写真です。

Tamashigi1272z20151231

Tamashigi1275z20151231l

Tamashigi1277z20151231

Tamashigi1283z20151231

Tamashigi1285z20151231

夏場でもなかなかこんな写真は撮れませんが、これも暖冬のお蔭でしょうか?

(撮影日:2015.12.31 大晦日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

タマシギはボサの中

今日の野鳥はタマシギです。

農政が変わったせいか、今年は水を張った休耕田が少なくなりました。

鳥数には変化が無いのでしょうが、例年のタマシギのポイントでも、「居るには居るがボサに隠れて駄目!」 開けた水場が無く、草陰に隠れて撮影は困難だと聞いていました。

それでも、オグロシギを撮った近くの休耕田にタマシギの親子が出るとのことで大勢のカメラマンが待機されており、仲間に入れて貰って少し粘ってみました。

Tamashigi858720150911

頭だけが見え隠れしていたタマシギでしたが、農道の草刈が遣って来て、雛鳥を連れて稲田の奥に引っ込んでしまいました。 上は、暫くして、再度畦道に現れた時のシーンですが、片方の翼を高く掲げ、あたかもこっちですよと、雛を誘導しているようなシーンでした。

Tamashigi859720150911

ボサが高く、被り無しの写真は期待できません。

Tamashigi862420150911

雛が顔を出してくれましたが、もうかなり大きくなっていました。親鳥の左に2羽、手前右下に2羽。全部で4羽の雛が居るそうです。無事に育ってくれることを祈りましょう。

(撮影日:2015.09.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

子連れのタマシギ(続)

もう既に1週間が経ちますが、台風14号が通過した晴れの日の午後に、先日行った隣町のタマシギポイントに行ってみました。

ポイントに着くと、顔見知りを入れて10名ほどのカメラマンがタマシギの出を待っていました。一時期よりカメラマンの数は減りましたが、果たしてタマシギは出ているのでしょうか?

機材をセットして向かうと、直ぐに出て来てくれました。本日初とのこと。

Tamashigi9618140910

それも、近くの水場。遮る物は何もありません。

Tamashigi9630140910

はしゃぎたくなる様な、絶好のタイミングです。こちらの気持ちを察してか? 最後に続く雛が飛び跳ねてくれました。

Tamashigi9643140910

お調子者なのか、一羽のみではしゃぎ回っていました。

暫くして、

Tamashigi9710140910

幅広い畦道に出て来ました。どうも、この水田の持ち主の方は野鳥カメラマンにご理解のある御方なのか、畦道は綺麗に刈り込まれていました。

お蔭様で、ボサにピントを持って行かれることも無く、

Tamashigi9811140910

タマシギ親子も暫し立ち止まって、

Tamashigi9820140910

サービスをしてくれました。

ここのタマシギは5羽の雛が孵り、1羽が落鳥したそうです。雛は個体差が大きいようで、親鳥の奥の1羽の羽色は既に成鳥に近くなっていました。

30分ほどで引き上げましたが、偶にはこんなことがあっても良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

子連れのタマシギ

既に3日前になりますが、朝6時に家を出て、近所のタマシギポイントに行ってみました。

先日行った他のポイントでは目下抱卵中で、1Kmも離れていないこのポイントには2羽のオスが居て、5羽の子連れとの情報を貰っていました。

ポイントに着くと、既に2,30人の人だかり。

Tamashigi8859140903

休耕田の脇に4羽の子連れのオスが出ていました。5羽居た雛のうち1羽が落鳥したとの噂です。

人混みの中に、6月に北海道にご一緒したKさんの姿を見付け、ご挨拶。Kさんとは、来年の2月に冬の北海道にまたご一緒させていただくことになっています。そう、駄洒落のKさんです(失礼)。私とは一回りほどもご年配ですが、お元気に活動されています。

タマシギはというと、暫くして左の草叢の中に入っていきました。

Tamashigi8911140903

待つこと30分。草叢を抜けて開けた水場に出てきました。ところが・・・・・

Tamashigi8917140903

何かに驚いたのか、すぐさま引き返して、草叢に入ってしまいました。

そして待つこと1時間強?

Tamashigi9031140903

出て来たのは良いのですが、先ほどの2倍以上の遠方50mほどの距離。手前のボサにピントを取られることもあり、手持ちの500mmでは勝負になりません。

早々の体で引き上げ、久し振りの山の公園の水場に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

抱卵中のタマシギ

昨日は、いつものタマシギのポイント2箇所を廻ってみました。

岡山滞在中に、メスが出ずっぱりとかいう羨ましい情報を貰っていたタマシギポイントです。

現地に着くと、顔見知りの方が居られ、「昨日までメスが出ていて、今日からオスが抱卵に入った。」との残念なご報告を頂戴し、「今は巣から出て食事に出掛けた。」との現況報告も。

待つこと十数分、

Tamashigi8376

営巣場所近くの草叢にオスが帰って来ました。

Tamashigi8414

一年振りに観るタマシギです。大きなチャーミングな眼が印象的です。

Tamashigi8438

10分ほど羽繕いをして巣に戻り、抱卵に入りました。

タマシギの繁殖期は、一説には4月から10月とか。それにしても、抱卵が8月下旬とはかなり遅い産卵です。

一妻多夫の変わった生態と、この長い繁殖期は、タマシギの生息・繁殖場所が湿地であり、営巣場所がいつも洪水の危険に晒されていることからと考えられているそうです。

今夏の様な豪雨、洪水を想定すれば、ああなるほどと容易に理解出来る話ですね。

しかし、メスが撮りたかったなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

タマシギ親子の塒入り

今日の野鳥は、先日アップしたタマシギの親子の再アップです。

タマシギの親子連れが出ているMFは、昨年と異なり連日数十人(多い日は百人を超えたとか)のカメラマンで賑わっているそうです。一日の内に数回、水を張った休耕田を雛連れで横断するシーンを待っているそうですが、なかなか上手くいかない様です。当のわたくし目も選に漏れず、これぞといった写真は撮れておりません。

満月の迫った先週の週末、日が落ちて誰も居なくなった休耕田で、一人帰り支度をしていたら、水面に写る満月の横を雛連れのタマシギが急ぎ足て横断して行きました。塒入りです。シルエットではありましたが、親鳥の白い腹と胸の周りの白斑が映えて、それは綺麗な絵になるシーンでした。

もちろん、陽が落ちて塒に帰るところですので、また、暗くて、動くものですので、写真撮影など出来ようはずもありませんが、再チャレンジしてみようと1週間後の土曜日にトライしました。

気の合った数名の常連と最後まで残っていると、1週間目と同じコースを雛連れで横断してくれました。ものの数十秒間でしたが、何とか雰囲気くらいは判る写真が撮れました。

4羽の雛は1週間前と比べ大分大きくなりました。

Tamashigi8219

Tamashigi8220

F2.8 ISO3200 +0.3 シャッタースピード 1/20sec.程度。 限界です。

下は、1週間前、手持ち無沙汰に撮った月齢14日の月です。上の写真の水面に月でも写っていれば・・・。ありえませんね。

Moon2011911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

タマシギの親子

いつも通っている休耕田にタマシギが4羽の子連れで出ているとの情報を貰い、昨日の土曜日に出掛けてみました。

情報を貰ったのは4、5日前ですが、勤め人故に、おいそれと撮影には行けません。聞くところによると連日40人を超えるカメラマンが押し掛けて賑わっているとか。

土曜日は鳥友達3人で蓮の咲く公園にカワセミを撮りに出掛け、その帰りにタマシギのポイントに寄ってみることにしました。実は、ピーカンの天気で、光線の具合が最悪だろうと判断したからです。

Tamashigi7053

4羽の子連れで出て来てくれましたが逆光です。かろうじて雛全部を収めましたが、お見せできる写真ではありません。

Tamashigi7078

Tamashigi7306

実は、今日も午後夕刻近くに寄ってみましたが、到着前に、水を張った休耕田を雛連れで横断したとか。それも順光で撮れたとか。残念です。

Tamashigi7226

雛を隠すように動くタマシギ♂の親鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

タマシギの雛と黄色い新幹線

兎に角暑い! でも折角の休日。猛暑を承知で、今日も午前中は近くの田圃にタマシギの撮影に行きました。

タマシギの雛が水田の両脇の狭い畔で観える場所でしたが、朝から大勢のカメラマンが陣取って居られた様でした。出が悪いので11時頃には私一人になってしまいましたが、それから二人、三人とまた増え、中にはタマシギと新幹線を撮影しに来たという人もおられ、聞いてみると12時15分に黄色い新幹線が下り線を走るとのこと。お昼過ぎにはカメラの向きは皆タマシギとは逆の方向に向いていました。

Tamashigi8993

Tamashigi9084

下の写真は望遠で撮った923形ドクターイエロー(新幹線の軌道などを検査する車両)です。

Dryellow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼