タゲリ

2017年3月22日 (水)

綺麗な夏羽になった喉黒のタゲリ

今日の野鳥はタゲリです。

毎期恒例となっているMFのタゲリ撮影ですが、今シーズンは、未だに撮っていませんでした。鳥友に、喉の黒くなった夏羽のタゲリが残っていることを聞き、タゲリのポイントに行ってみました。

Tageri201703098756s

居ました! 綺麗な夏羽に換羽した雄の成鳥です。

いつもは緑青色の大きな肩羽に隠れて見えない藍色の金属光沢の中雨覆羽が剥き出しです。

こんな綺麗なタゲリを観たのは初めてです。

興奮冷めやらぬ内に、連写連写の連続です。

Tageri201703098759

Tageri201703098760

しきりと採餌していましたが、渡去前の腹ごしらえでしょうか?

Tageri201703098772

冠羽も長くカールして綺麗な個体でした。

Tageri201703098777

そして、こちらを向いて、喉の黒さを見せてくれた、

Tageri201703098796

サービス精神旺盛なタゲリでした。

(撮影日:2017.03.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

諫早干拓地のタゲリ

今日の諫早湾干拓地の野鳥はタゲリです。

諫早3日目。 昨日は小雨の中、ナベコウを探し回りましたが結局見付からず、もう一日宿を延長して取り掛かろうとしましたが、宿は満席。急遽、観光協会に電話して、安宿の予約をして3泊4日の旅に。

まだ薄暗い朝7時前に(日の出の時刻は神奈川と30分の隔たりがあります。)チェックアウトを済ませて現地に向かいますが、3日目の朝は諫早地方は濃霧に見舞われて視界不良。

何とか霧が晴れ、撮影を開始出来たのは9時を廻っていました。

3日目の最初の野鳥は冬鳥のタゲリでした。

Tageri076020161115

羽縁にバフ色が残る若鳥です。

Tageri077620161115

霧が晴れ、朝日を浴びてタゲリの羽が綺麗な金属光沢を跳ね返しています。まだ観ぬナベコウの羽色もこんなに綺麗なのでしょう。

下は、霧の晴れるのを待つ間に撮影した調整池(いさはや新池)に浮かぶ葦の浮島と、

Isahayakantaku240320161115

Isahayakantaku241320161115

Isahayakantaku241520161115l

奥は、名前の分からない小島です。

風も無く、絶好の鳥観日和となりそうです。そして、また一日、広大な干拓地でのナベコウ探しが始まります。

(撮影日:2016.11.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

タゲリの飛翔姿

昨日に続き、今日の野鳥もタゲリです。

ふわふわと群れ飛ぶタゲリの姿は美しいものですが、なかなか上手に撮れません。

Tageri445820151121

遠過ぎたり、

Tageri445120151121

バックに人工物が入ったりと。

Tageri445220151121

Tageri445320151121

腕が悪いのを棚に上げて欲情は言えませんが、でも、偶には、綺麗な背の羽色が少しは入ったりと・・・、coldsweats01

Tageri447720151121lTageri448020151121Tageri448420151121Tageri448620151121

また挑戦致しましょう。

**********************************************************************

下は、山の公園に咲いていたアザミです。

Noazami435720151121

11月の終わりに咲く小型の色の濃い可愛いアザミですが、名前が分かりません。

日本だけでも60種以上の種類があって、交雑種もあるとか。花径2cmほどの、つい写真に撮りたくなるような可愛いアザミでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

渡って来たタゲリ

今日の野鳥はタゲリです。

久し振りに青空の覗いた昨日、手持ちのズームを手に、冬鳥を求めて近所のMFを散策してきました。

ミヤマホオジロが渡って来たと聞いた山の公園の水場にも寄ってみましたが鳥影は無く、最後は、先日タゲリを探した畑地に行ってみました。

Tageri447420151121

毎年タゲリの群れが越冬する畑地には13羽のタゲリの群れが居て、

Tageri440620151121l

翳り始めた薄日の中で、玉虫色に輝く綺麗な羽色を見せてくれました。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

Tageri436820151121

時に雲間から射す斜陽を浴びながら、

Tageri451220151121

稲田と里芋畑の間を交互に渡って、

Tageri443020151121

採餌に余念がありませんでした。

昨日最初に訪れた市内の渓谷では、20℃を上回る気温に浮かれたのか、

Murasakishijimi433520151121

山吹の葉の上でムラサキシジミが、これまた綺麗な翅を広げていました。

この小さなムラサキシジミですが、学名はトキNipponia nippon に似て、 Arhopala japonica japonica  と言い、成虫で冬を越すそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

干拓地にはタゲリがいっぱい!

諫早の干拓地にも、そして、この後に訪れる出水の干拓地にもタゲリがいっぱい居ました。

関東のフィールドで観るタゲリは殆んどが群れで寄り集まっていますが、この九州の広い干拓地では其処此処に広く別れて点在していました。

Tageri073520150124_2

ここでの餌も

Tageri079520150124

長ーい、ミミズです。

Tageri079720150124

肥沃な干拓農地なのでしょう、野鳥達の餌には事欠かないようでした。

そして、こんな動物も、

Tanuki070120150124

タヌキです。

夏毛に換わるところでしょうか?はたまた、脱毛症なのでしょうか? 因幡の白兎の話しに真似てタンポポの綿毛に包まれに遣って来たのでしょうかね。

タンポポダヌキ? 否、ポンポコダヌキ

PM2:30、ナベコウを諦めて次の目的地の鹿児島は出水に向かいます。片道5時間半のドライブです。

(撮影日:2015.01.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

水辺に群れるタゲリ

今日から仕事初めですね。・・・と言っても、私の仕事は正月に溜まったゴミ出しぐらいでしょうか?

今週末には郷里岡山の田舎に帰省します。2ヶ月放置した菜園はどうなっているでしょうかね。 帰省後1週間は菜園仕事が続きそうですが、小屋の薪ストーブにでもあたりながらのんびりと楽しみながらやる積りです。

さて、今日の野鳥は、渡良瀬遊水地の在庫の中からのタゲリです。

Tageri513120141224

ツクシガモの居た水路の干潟にシギチ類の群れが観えました。 双眼鏡で覗いてみると、タゲリの群れです。

Tageri516620141224

今まで田んぼでしか観たことのないタゲリでしたが、こんなシーンを観ると、「そうだよね、君達はチドリ目チドリ科の鳥だよね。」と改めて納得させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

タゲリに会いに ②

今日の野鳥もタゲリです。

タゲリの綺麗な緑光沢色の羽色を出そうと撮る写真はいつも静止側面の図鑑的写真になってしまいます。今回も大半のショットがそうでした。

その中から、動き回るタゲリの姿を選んでみました。

Tageri811920141118

右向きと

Tageri819820141118

左向きです。

暫く撮影を楽しんでいると、猛禽の姿でも見えたのか一斉に飛び立ちました。

青空をバックに幅広の翼でふわふわと飛ぶ群れの姿は何時見ても好いものです。

Tageri8284z20141118

黒い背面側と

Tageri8292z20141118

白い腹面側です。

暫く上空を旋回して、飛び立った同じ里芋畑に戻って来たところで引き上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

タゲリに会いに

雨の新潟から帰宅した次の週前半も湘南は良い天気が続き、飛来情報を貰っていたタゲリを撮りに出掛けてみました。

毎年撮影させて貰う里芋畑です。光線の具合からすると午後の方が良くて、天気の良い日には羽の光沢色が綺麗に写し込める筈です。

Tageri811020141118

着いたフィールドには既に3名のカメラマンが物陰となるフェンス脇から用心深く撮影されて居られ、その向こうの里芋畑に数羽のタゲリの姿が観えました。

農道を隔てた右手の畑にも順光を浴びて輝く数羽のタゲリが・・・。かなり近い距離です。

先陣のカメラマンに断り、ゆっくりと車を進めてエンジンを切り、車窓からレンズを出しますが驚いて飛び立つ様子はありません。一安心です。

暫くすると里芋畑に居た数羽のタゲリがこちらの畑に飛んで来て、

Tageri815820141118

7m程の至近距離で採餌を始めました。

Tageri817820141118

捕食するのは全てミミズです。片足を震わせてミミズの動きを察知して捕らえますが上手いものです。

Tageri822820141118

土手で背伸びをするタゲリです。

これから春先まで居て、綺麗な緑光沢色の羽色を楽しませてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

冬の風物詩のタゲリ

今日の野鳥は、一昨昨日、淡色のチョウゲンボウを撮影した帰りにMFで撮ったタゲリです。

Tageri8274_2

今年も、湘南の田園には冬の風物詩ともなったタゲリの群れがやって来て、其処此処でバーダーの目を楽しませてくれています。

チョウゲンボウの撮影を終えた帰路でMFの畑に寄ると、暮れかかった空の下、葉を刈取った里芋畑に数羽のタゲリが降り立ち採餌をしていました。

Tageri8287_2

虹色に輝く背の羽色は、いつ見ても美しいものです。

この子は、羽縁にバフ色が残っていますので、どうも幼鳥の様です。

Tageri8332_2

タゲリと云えば、数年前の冬季、新潟の佐潟に寄った時、小雪の降りしきる中、海側から湖面をかすめ、タゲリの百数十羽の大群が押し寄せるように頭上を通過したことがありました。

白黒の幅広い翼でフワフワと、どんよりとした雪空を舞うタゲリの大群。それはそれは圧巻なシーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火)

タゲリの採餌

今日の野鳥は、先週の日曜日に撮ったタゲリです。

冬鳥が少ない今シーズンですが、折角の休日が悪天候に見舞われると野鳥撮影から尚更に足が遠退いてしまいます。

休日2日目の日曜日は、午後から朝方の小雨が上がり薄日が差して来ました。居ても立っても居られず、近場のフィールドを観て回りました。

駅裏の公園の池に居たハシビロガモの雄の姿も既に無く、山上湖にも水鳥の姿が観えません。カワセミの湿生公園もコガモぐらいでカメラマンも一人だけ。

最後にタゲリの場所に行ってみましたが、そこも閑散としていて鳥の姿も観えません。農道脇に停車して辺りを見渡すと、田圃に積まれた稲藁の陰に白く動くものが見えました。タゲリです。

Tageri2966

Tageri3038

1羽だけで、採餌に忙しく警戒心も余り有りません。急いで支度して車外で撮影を始めましたが、こちらを気にせず7m程に近寄って来てくれました。

Tageri3127

Tageri3129

Tageri3227

雨上がりで畑も軟らかく餌捕りが比較的容易なのでしょうか、片足を震わせて、出て来るミミズヨトウムシの幼虫を頻繁に採食していました。

ところで、今シーズンの冬鳥渡来数の減少ですが、大地震による磁気異常に関係してはいないのでしょうかね。或る地域では磁針が南北逆転しているほどのズレが発生しているとか。もちろん素人の邪推に過ぎませんよ。珍鳥や、いつもの年には観えない野鳥が渡来したリ、また逆に、いつもの冬鳥が観えない(大幅に少ない)のも磁気異常に関係しているとか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Greetings | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アビ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 趣味