ルリビタキ

2024年3月 8日 (金)

ルリビタキを被写体に機材テスト

今月に入り三日目。巷はひな祭りの日曜日。

サンデー毎日の田舎のカメラマンは新機材のテストにMFを徘徊します。(笑)

当日のモデルは例のダム湖畔のルリビタキ。解像度のテストです。

昨季の個体とは入れ替わり、少し警戒心が強い個体の様です。

少し待っているとブッシュの縁に出て来ました。

下は写真①

Ruribitaki202403030298 Ruribitaki202403030303 Ruribitaki202403030312

下は写真②

Ruribitaki202403030318 Ruribitaki202403030325

下は写真③

Ruribitaki202403030329 Ruribitaki202403030331 Ruribitaki202403030339 Ruribitaki202403030348

以下は、上の①~③の写真を約3倍(画角1/9)に拡大したものです。

①の拡大

Ruribitaki20240303z0298

(目にカメラマンの私が写っている?)

②の拡大

Ruribitaki20240303z0318

(貧弱な口ひげも!)

③の拡大

Ruribitaki20240303z0329

(シースルーのレースの羽衣が素敵です。)

拡大してみて、解像度には大満足です。さすが高画素数、単焦点レンズの威力です。

| | | コメント (3)

2024年3月 4日 (月)

ダム湖にオシドリが戻って来た

晴れの国岡山でも春先の天気は雨模様の日が多くて、撮影機材のテストも飛び飛びになってしまいます。

渇水で取水制限の出ていた灌漑用のダム湖も、このところ徐々に水嵩を増し、貯水率も50%近くになって来ました。

そんな中、水位が上がって来たからかどうかは分かりませんが、秋口に居たオシドリが戻って来ました。

Oshidori202402270213

立木とガードレールをブラインドとしてそーっと近づいて・・・・・

離れて行く雄鳥を追いましたが背面でした。

Oshidori202402270217

70mほどの距離のある対岸でじゃれ合う雌雄2羽づつのオシドリ

多分、2組の番達でしょう。

Oshidori202402270225 Oshidori202402270227 Oshidori202402270239

遠景の群れの姿を収めて、帰ってから拡大したのが下の写真です。

Oshidori20240227z0225 Oshidori20240227z0227

やはり解像度が良くて、ブログ用の写真には十分に対応可能です。

下は、少し離れて居た

Magamo202402270230

マガモの番です。

そして、最近少し出が悪くなった

Ruribitaki202402270212

ルリビタキ♂を収めて引き上げです。

| | | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

小鳥を探しにダム湖畔へ

今季は鳥影が少ない。

まだ、例年あれほど居るミヤマホオジロにもちゃんと逢えていない。

朝方薄雪が積もった日の午前中遅く、例の山上のダム湖畔に行ってみました。

Ruribitaki202402123444

いつもの様にルリビタキ♂が口笛につられて出て来て、

Ruribitaki202402123435 Ruribitaki202402123436

苔生した切り株に薄く積もった残雪の上で可愛い姿を見せてくれました。

暫くすると、

ブッシュの外縁でうるさく囀る声が・・・・・

Shijyuukara202402123418

シジュウカラです。

Shijyuukara202402123423

春ですね。雄鳥が番の雌鳥に向けて一心に囀っていました。

Shijyuukara202402123431

このシジュウカラの頬の白飛びは如何しようもありませんね。

春と言えば、我菜園の山裾にフキノトウが顔を出していましたよ。

| | | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

湖畔のルリビタキは

どうゆう訳か鳥影が少なく、なかなかブログ更新が出来ないで居たところ、知り合いから催促をされました。

と、言う訳でのアップではありませんが、

果樹の剪定をほぼ終えた昨日、MFを徘徊してみました。

先ずは近場のダム湖畔の青い鳥。

Ruribitaki202402092580

ルリビタキです。

いつもの場所に行くとすぐに出て来てくれました。

Ruribitaki202402092582 Ruribitaki202402092585

薮から薮へと飛び回り、

Ruribitaki202402092592

ガードレールの上にも止まります。

何か上を見つめているので上空を見ると・・・・・

Atori202402092601

何と、アトリの大群が杉木立の間を通過して行くところでした。

ルリビタキはその後、

Ruribitaki202402092624 Ruribitaki202402092626

昨季よく止まっていた苔生した倒木の上に出て来て、可愛い姿を撮らせてくれました。

| | | コメント (0)

2024年2月 2日 (金)

お山の鳥種を数えてみたら

県南探鳥の3日後、今度は町内のお山のフィールドで探鳥して、この時期の鳥種を数えてみました。

先ずは、山上のダム湖畔へ、

ハゼノキヤマウルシには実がたわわに実り、昨季に訪れていた小鳥たちが居ても良いのですが、姿が観えない。

待っていると、薮の中で動き回る2、3羽の鳥影が・・・・・。アトリでした。

もう少し辛抱して待っていると・・・・・

薮から出て来たのは、

Ruribitaki202401302486 Ruribitaki202401302490

同一個体かどうか分かりませんが、昨季この場所で遊んでくれたルリビタキの雄鳥でした。

傍らの葦原で数羽のベニマシコの姿を見掛けただけで、他には何も居ませんでした。

渇水で極端に水位の下がった湖面にも秋口に居たオシドリの姿は無く、一羽のカワウが飛び立つ姿を見て、次なるお山の公園に向かいました。

キャンプ場と遊戯施設のある広場で待つこと小一時間。

やっとここで小鳥の姿が確認出来ました。

アカマツの枝先で採餌するエナガシジュウガラヤマガラメジロも居ました。

Kogera202401302568

コツコツとの老木を叩くのはコゲラです。

どうやらカラの混群が回って来たようでした。

ツツジの植え込みには、シロハラミヤマホオジロの姿もちらほら。

Hoojiro202401302510

ホオジロの姿も。春先に灌木の中に営巣していた個体かも知れません。

アカマツの枝先に駆け上がったのは2羽のビンズイでした。

ジョウビタキの姿を追っていて、高木のアカマツの枝先でうごめく小さな鳥を発見。

Kikuitadaki202401302554 Kikuitadaki20240130z2554

何と、キクイタダキでした。

例年だとカケスマヒワ等の姿も観えるのですが、何故か鳥影の少ない今季です。

観察種は残念ながら18種に留まりました。

| | | コメント (0)

2023年3月13日 (月)

ダム湖畔のルリビタキ ⑥

今月に入り、8日振りに町内のダム湖畔に出掛けて見ました。

如何したわけか鳥影が無く、いつものポイントで「フィッフィッ」と口笛を吹くと、

Ruribitaki202303014320

いつものフレンドリーなルリビタキの雄鳥が藪の中から出て来てくれました。

Ruribitaki202303014331 Ruribitaki202303014333 Ruribitaki202303014342 Ruribitaki202303014345

ブッシュの外縁を飛び回る可愛い姿を収めて、ミヤマホオジロのポイントに移りました。

| | | コメント (0)

2023年3月 8日 (水)

キャンプ場公園の野鳥達

今日は、ノドアカツグミを撮りに行った帰りに寄ったキャンプ場公園の野鳥達です。

夕暮れまでにはまだ時間があり、前日に関東の鳥友から有名な連雀のポイントにヒレンジャクが入ったとの連絡を貰っていて、以前このキャンプ場公園にもヒレンジャクキレンジャクが大挙して遣って来たことを思い出し寄ってみました。

連雀どころか野鳥の姿も少なかったのですが、それでも、薄暗くなった公園内には、

Ruribitaki202302244019

ルリビタキの雄鳥や、

Binzui202302244028

ビンズイ

Enaga202302244041

エナガや、

Kogera202302244045

コゲラや、

Yamagara202302244035Yamagara202302244046

ヤマガラなどのカラの混群の姿がありました。

今年は連雀の当たり年であって欲しいものです。

| | | コメント (0)

2023年2月28日 (火)

ダム湖畔のルリビタキ ⑤

丁度一週間前になりますが、堆肥に入れようと思って、菜園の山裾の栗の木の落ち葉を掻き集めていると、ちらちらと雪の花が舞い始めました。

小屋に遊びに来ていた友達に聞くと、今日はこれから雪の予報に変わったとか。

それ!とばかりに母屋に帰り、早速ダム湖畔に出撃!

Ruribitaki202302213111_20230222225501

ルリビタキは出ていましたが、肝心の雪は小雪か粉雪で、画像には小さな点でしか写し込めません。

Ruribitaki202302213116 Ruribitaki202302213140

その内に風が強くなり、断続的な吹雪となって、

Damukohan202302213227

ダム湖畔の葦原は今にも白銀の世界に・・・・・

ルリビタキですか?

こんな日は薮の中に逃げ込んで、出て来てくれませんでした。当然ですよね。

今度は大粒の雪が深々と降る日に挑戦ですね。(笑)

| | | コメント (0)

2023年2月19日 (日)

ダム湖畔のルリビタキ ④

そして、関東北部に大雪をもたらした今月の10日、岡山の田舎でも朝方積雪を伴う降雪がありました。

それ行け!とばかりにダム湖畔に。

新雪の山道にはまだ轍がありません。

ポイントに着くと、ルリビタキが出ていました。

Ruribitaki202302102513 Ruribitaki202302102515 Ruribitaki202302102525

降っていた雪はみぞれに変わり、

Ruribitaki202302102535 Ruribitaki202302102543 Ruribitaki202302102550 Ruribitaki202302102560 Ruribitaki202302102568 Ruribitaki202302102592

その内に雨に。

ビニール傘を差して臨みましたが、

Ruribitaki202302102625 Ruribitaki202302102628

諦めて早々に引き上げました。

次は降りしきる雪の中で撮りたいですね。

| | | コメント (0)

2023年2月17日 (金)

ダム湖畔のルリビタキ ③

雨の一日を挟み、またまたルリビタキの居るダム湖畔へ。

Ruribitaki202302082243

代わり映えしない背景ですが、止まる位置に寄って微妙に感じが異なります。

Ruribitaki202302082246 Ruribitaki202302082250 Ruribitaki202302082255

例の倒木の根っこの上。

Ruribitaki202302082263Ruribitaki202302082358

朽ちた倒木の上。

Ruribitaki202302082309 Ruribitaki202302082313 Ruribitaki202302082317 Ruribitaki202302082322

これは、フジの蔓の上です。

Ruribitaki202302082354

雪の降る日が楽しみです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼