オシドリ

2018年6月30日 (土)

舳倉島の鳥(その他) 最終回

長々と続けてまいりました「舳倉島の野鳥シリーズ」でしたが、今回を持ちまして最終回と致します。

今季(春季)の舳倉島で撮影したもののアップ出来なかったその他の野鳥を、アイウエオ順にまとめてみました。

Atori201805148400

アトリ: 民宿の前庭に居た夏羽の雄鳥

Ikaru201805213262

イカル: コイカル♀と行動を共にしていた群の一羽

Uguisu201805203137

ウグイス: 去年も同じ電線で囀っていた駐在所前の個体

Oshidori201805148224

オシドリ: 竜神池に一羽で居た(故障していた?)雄鳥

Karasubato201805169952

カラスバト: 今季もこんな写真しか撮らせて貰えませんでした。

Sansyoukui201805158448s

サンショウクイ: イチョウの木の天辺に止った雄鳥

Nyuunaisuzume20180520z3184_2

ニュウナイスズメ: 民宿の前庭に出た夏羽の綺麗な雄鳥

Mozu201805192846

モズ: 珍鳥モウコアカモズでは?と騒がれていた雄の只モズ。「モウコアカモズの尾羽は赤い。」との、実際観て来られた我孫子のKMさんの一言で一件落着。 嬉しい様な残念な様な・・・

前代未聞のフェリー連続5日間欠航とか色々ありましたが、予定を3日間延長して、5月21日に輪島に着きました。 延長のお蔭で、ライファーも増え、「欠航も結構なことだ!」と親父ギャグでも飛ばしたい今季の遠征でした。

島でお世話になった皆様に、この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。

**********************************************************************

下は、輪島帰着の日の夕刻に訪れた、白米千枚田の夕景です。

Shiroyonesenmaida20180521001

Shiroyonesenmaida20180521006

Shiroyonesenmaida20180521004

マーガレットを入れて。

Shiroyonesenmaida20180521027

Shiroyonesenmaida20180521037

(撮影日: 2018.05.21) Nikon COOLPIX A900 にて撮影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

島に居たオシドリの群

今日の舳倉島の野鳥は、オシドリです。

9月末に舳倉島に行かれた方から、荒れる海原を飛翔するオシドリの群の幻想的な絵の様な写真をメールで貰いました。

その同じ群かどうか分かりませんが、北の海岸線を飛翔する20羽ほどのオシドリの群が居ました。

Oshidori201710108148

Oshidori201710108149

Oshidori201710108156

淡水池の龍神池に降り立ち休息する群れの姿も見受けましたが、警戒心が強く、直ぐに飛立ってしまいます。

Newhegura201710149817

これは、我々が輪島に帰る日に、前々日の欠航や前日の突っ返し運行(*)を経て入港して来た定期船「ニューへぐら」ですが、オシドリの群が迎えていました。

(*)突っ返し運行: 海況がおもわしくなく、到着後30分で直ぐに引き返す運行のこと。 朝方、「今日の輪島航路は突っ返しです。」との島内放送がありますが、良く聞き取れないのと専門用語のために、宿の女将に何て放送したのか聞きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

県央の沈殿池のオシドリ

今日の野鳥はオシドリです。

ヨシガモを撮りに行った県央の沈殿池では、毎年、数羽のオシドリが越冬します。

そのオシドリ目当てにバーダーが訪れますが、南側にある取水塔の周りに設営されたオイルフェンスの陰に隠れていたり、取水塔の裏側のテラスで休んでいたりと、なかなかその姿を観ることは難しいようです。

Oshidori201702265240

当日は、一番が、オイルフェンスの上で昼寝をしていて、

沖合いには、

Oshidori201702265251

もう一番が、仲良く泳いでいました。

近くでオシドリを撮るには、辛抱強く待っていて、オイルフェンスを越えて取水塔に帰ってくるチャンスを待つしかありません。

Oshidori201702265391

Oshidori201702265351

近くと言っても、3、40mはあるのかな?

(撮影日:2017.02.26)

帰省中に雪が降ったらもう一度と考えていた鳥取は根雨のオシドリでしたが、大雪で果たせませんでした。 根雨のオシドリ達は元気にしているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

根雨日野川のオシドリ ⑥

今日の野鳥はまたまたまたの根雨日野川のオシドリです。今回でオシドリは終了の予定です。

最終回は圧巻の擬似交尾です。 この時期に見えるなんて思ってもいませんでした。

Oshidori264420161207

小雨の中、川岸の水の中に向こう向きに佇む雌雄のオシドリが居ました。

Oshidori264720161207

仲良く流れに首を傾け、そのまま流れて行くのかと思っていると、

Oshidori265020161207l

雌鳥が嘴を開いて雄鳥に言い寄り

Oshidori267820161207

次の瞬間、身体を水面に横たえました。

もしかすると、交尾?!

Oshidori269620161207l

Oshidori269920161207l

雄鳥が雌鳥の背に足を掛けて

Oshidori271020161207l

乗っかりました。 交尾です!

Oshidori272420161207l

以下、激しいところは連続で、

Oshidori273320161207

Oshidori273420161207

Oshidori273920161207

(右下は、出歯亀のコガモ♂です。

Oshidori274220161207l

そして終了。 5秒間の擬似交尾でした。

下は、同日に繰り広げられたマガモの擬似交尾です。

Magamo2579z20161207

冬の日野川が面白い。

(撮影日:2016.12.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

根雨日野川のオシドリ ⑤

今日の野鳥もまたまた根雨日野川のオシドリです。

この時期、日野川のオシドリ達は番形成の真っ最中でしたが、既に番を形成したカップルの姿もありました。

Oshidori311720161207l

仲良く川の流心部を泳ぐカップル。

Oshidori305620161207

石の上で、雌鳥に何かを囁く雄鳥

Oshidori285320161207l

Oshidori286020161207l

Oshidori286420161207l

雌雄でドングリを食べに来て、仲睦まじさを見せ付けるオシドリのカップル。

相手はオシドリですが妬けますね。

(撮影日:2016.12.07)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

根雨日野川のオシドリ ④

今日の野鳥もまた根雨日野川のオシドリです。

昨日は求愛ディスプレーでしたが、今日は、求愛を巡る雄鳥同士のバトルシーンを掲載致します。

Oshidori289720161207

一羽の雌鳥に4羽の雄鳥が胸を張る求愛ディスプレーを仕掛けていましたが、何処にでも血気盛んな気短じか屋が居るようで、

Oshidori290120161207

バトルが始まりました。

Oshidori290220161207

Oshidori290320161207l

追っ駆けて行って尾羽に噛み付こうという一方的なバトルですが、肝心の雌鳥は這う這うの体で退散です。

こんな喧嘩早い雄鳥は嫌だって?

Oshidori275020161207

川の中まで追いかけて行って、このバトルは終了しました。

Oshidori286920161207_2

そしてここでは3羽で何かもめています。恋に鈍感な私()には何事か想像も付きませんが、バトルにはならなかったようでした。

(撮影日:2016.12.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

根雨日野川のオシドリ ③

今日の野鳥も引き続き根雨日野川のオシドリです。

河原で繰り広げられた雌獲得の求愛ディスプレーをご覧下さい。

Oshidori288520161207l

中央左の雄鳥ですが、雌鳥を前にして胸を一杯に膨らませています。

Oshidori294820161207

石の上でも、これでもかと言わんばかりに仰け反って、白い大きな胸腹を雌鳥にアッピールしています。 雌鳥は横目でチラッと見たか見ないか。

Oshidori301520161207l

首を高く上げて後頭部の飾羽(冠羽)を逆立てるのも

Oshidori276920161207

また、首を下に曲げて飾羽を立てるのも求愛のディスプレーです。

目の前で繰り広げられる雄鳥達の求愛ディスプレーの競演を暫し楽しみました。

(撮影日:2016.12.07)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

根雨日野川のオシドリ ②

今日の野鳥は、昨日に続き、鳥取は根雨日野川のオシドリです。

この時期のオシドリは、全体的に、未だ番形成には少し早い様で、石の上に止まった仲睦まじいペアを探すのは出来ませんでした。

しかし、雌を巡る雄同士のバトルや競演のディスプレー、はたまた、雄鳥単独での雄姿など、被写体には困りませんでした。

今日は、雄鳥単独の雄姿をご覧に入れましょう。

(写真は全てクリックで大きなサイズになります。)

Oshidori235220161207l

Oshidori236020161207l

上は、同一個体の右左。

Oshidori251520161207l

水中の石の上に佇む雄鳥。 後頭の緑の冠羽が美しい。 

ピンク(赤)、白、茶、橙、緑、青、紫、黒と、羽色の数はヤイロチョウにも負けていません。

Oshidori253320161207l

この子、どこか少し違うなと思ったら、「ガングロ(顔黒)」でした。 日焼けサロンにでも行ったのかな? 何故か雌鳥達にモテモテでした。

(撮影日:2016.12.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

根雨日野川のオシドリ

今日の野鳥は、鳥取県日野町根雨の日野川のオシドリです。

帰京を前にして毎年恒例となった根雨のオシドリ撮影に行って来ました。 帰省先の岡山の実家からは一般道で片道1時間40分の距離です。

Oshidori202520161207

オシドリ観察小屋」に着いたのは10時を回っており、オシドリ達は朝の食事を終えて対岸に退避した後でした。

ざっと見渡してみると、3~500羽は居るでしょうか。ボランティアの方の話では今季1,000羽を数えたとか。

待つこと1時間半。名物?「オシドリうどん」を食べて帰って来ると、オシドリの動きに変化がありました。

Oshidori209720161207

小さな群れが三々五々、観察小屋の前の餌場に向かって動き出しました。

Oshidori254520161207l

川底に沈む給餌のドングリが目当てです。

Oshidori282420161207l

口々に大きなドングリを頬張って、当日二度目の採餌が始まりました。

観察小屋の前の餌場は

Oshidori307520161207l

Oshidori308820161207l

こんなもんで、ズームの200mm端で撮る始末。

偶に近くの鉄橋を通過する伯備線「特急やくも」や貨物列車の騒音で飛立ち

Oshidori310120161207l_2

Oshidori311220161207s

こんな飛翔姿も撮れましたが、一生番を変えないと言われたオシドリも、今や新たな番形成の時。 ドングリの採餌シーンに併せ雌の争奪戦や擬似交尾のシーンも撮影出来ました。

**********************************************************************

Tottorihino252320161207

Tottorihino252420161207

岡山・鳥取県境の明地峠から望む日野町の雲海。 中国山地はこれから雪国へと変容致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

今鴨が面白い(オシドリ)

今日の野鳥は、「今鴨が面白い」の第5弾としてオシドリです。

今季、帰省先の岡山から隣の県である鳥取は根雨の日野川のオシドリを撮りに行きましたが、ここ神奈川の県央の貯水池にも20羽ほどのオシドリの群が居ました。

Oshidori973720160301ll

貯水池の中央部を泳ぐオシドリの群です。

(クリックで少し大きな写真になります。)

オシドリは、警戒心の特に強いカモ類(オシドリ属)です。

Oshidori939420160301

いつもは、人目に付かない取水塔の裏側の、こんなに暗い、そして、こんなに狭い場所に隠れています。

これでは写真にも収められませんが、水面に降りて来たところをかなり露出補正して撮ってみました。

Oshidori20160301

同一個体の合成です。 幻想的・・・ですかね?

(撮影日:2016.03.01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼