ノビタキ

2018年11月 3日 (土)

秋の舳倉の鳥(ノビタキ)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、ノビタキです。

Nobitaki201810165347

シシウドの枯れ茎に止る2羽のノビタキ

舳倉島に渡る前に、神奈川の河川敷の花の公園に出たコスノビの写真を見させていただきましたが、台風の塩害でしょうか、枯れ枝の残るコスモスに止るノビタキはいただけませんでした。

Nobitaki201810165355

ここ舳倉島で、黄色いツワブキの咲く原っぱで、ツワブキを入れたノビタキの姿をものにしようとしたのですが・・・・・

鳥は高い所に止るもの。 結局、枯れ枝のノビタキになってしまいました。

Nobitaki201810175640

下は、ノビタキの居たツワブキが一面に咲き誇る竜神池

Hegurajima201810160364

そして、塩害には強い(?)ツワブキの花。

Tsuwabuki201810165564

(撮影日:2018.10.16~17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

ツワブキの咲く野で撮ったノビタキ

今日の舳倉島の野鳥は、ノビタキです。

Nobitaki201710139564s

ハナウドの枯れた花柄に止まるノビタキ

Nobitaki201710139560

10月のこの時期、舳倉島の野にはツワブキの黄色い花が咲き誇り、

Hegurajima201710118687

北の丘陵を黄色く染めていました。

そこに、2、3羽のノビタキが居て、

Nobitaki201710129163s

飛び回って愛想を振り撒いてくれましたが、背丈の低いツワブキの花には止まってくれず、ツワノビフキノビ?)の写真は撮れませんでした。

Tsuwabuki201710139615

ツワブキの花と、花に止まるホソヒラタアブ

Akatateha201710118646

そしてこれは、ツワブキの花の蜜を吸うアカタテハ

隣町の河川敷の公園では撮れなかった今季のノビタキでしたが、舳倉島で撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

山間のノビタキ

今日の野鳥はノビタキです。

帰省途中に寄った三重松坂の野鳥で何とか5月20日からのブログの連載を継続して来ましたが、とうとうブログネタが途切れてしまい、また昔の「創作珍鳥」を転載せざるを得ない?状態に陥りました。

菜園の片付け作業も一段落し、家内と下の娘とその孫娘が帰京した翌日の昨日、近くの探鳥ポイントに出掛けてみました。

Nobitaki243720151015

山間部のセイタカアワダチソウが繁茂する耕作放棄地の一角に居ました。 ノビタキです。

当日は県南まで足を延ばしましたが、セイタカアワダチソウが生い茂る耕作放棄地の多いこと。半端では有りません。

そして山間部には空き家の多いこと。

そんな集落の一角に、

Jyoubitaki2439z20151015

居ました、ジョウビタキ♀です。

距離は150mほど。近付こうにもイノシシ除けの電気柵が張り巡らされていて近付けません。

証拠写真ですが、今季の初認日となりました。

(撮影日:2015.10.15)

**********************************************************************

最初に行ったポイントは、春の「つつじ祭り」と晩秋の雲海で有名な弥高山。隆起準平原の吉備高原にポコッと頭を突き出したモナドノック(太古の昔の火山の残丘)で、これから秋が深まると、山頂から、瀬戸内に向けて広がる雲海を写真に収めるカメラマンで賑わうところです。

Unkai242920151015

Unkai243020151015

これは当日8時半頃の写真ですが、霧の濃い明け方はこんなものではありません。朝日が昇った雲海は、それはそれは芸術的です。チャンスがあったら今回の帰省期間中に挑戦してみたいと思っています。

下は、山に残っていたアジサイです。

Ajisai243320151015

こんなアジサイも綺麗ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

ノビタキの止まり物

今日の野鳥もノビタキです。

先日のふざけたタイトル「ロマノビ」ではありませんが、「コスノビ」(コスモスに止まるノビタキ)の様に、ノビタキが止まる対象によって大々的な簡略名称が使われます。もちろん、一部の鳥屋の世界だけですがね。

Nobitaki985020150929s

これはススキの穂先に止まったノビタキですが、未だ穂が出ていないのでなんとも呼び名が付けられません。

Nobitaki989020150929

この穂先には頻繁に遣って来るので、定点セットして待ちました。しかし、上方にセットしてしまい失敗作となりました。

Nobitaki989720150929s

見返りのポーズです。

Nobitaki993020150929

これはススキの茎に止まるノビタキ。さしずめ「ススノビ」でしょうか?

Nobitaki996120150929

これは「ササノビ」?。

Nobitaki997720150929s

セイタカアワダチソウに止まるノビタキ。 「セイノビ」? それじゃ背伸びになってしまいますよね。

おふざけが過ぎるようですのでこの辺で。

結局、「コスノビ」は撮れませんでした。

(撮影日:2015.09.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

ノビタキの採餌

今日の野鳥は先日河川敷の公園で撮ったノビタキです。

再登場のノビタキですが、大きな芋虫を捕って食べ倦むノビタキです。

Nobitaki982120150929

草叢に降り立って何か大きな芋虫を捕って茅の天辺に帰って来ました。

デカイ芋虫です。映像から(気持ち悪いのを我慢して、厭々ながら)調べてみると、ハスモンヨトウの幼虫のようです。

Nobitaki982520150929

Nobitaki982820150929_2

食べ倦んで、

Nobitaki983220150929

移動して、

Nobitaki984020150929

安定した地面に落としました。

Nobitaki984220150929

ここでも悪戦苦闘の連続で、

Nobitaki984520150929

結局は、藪の中に持ち込んで、その後どうしたかは分かりません。ノビタキにとっては大き過ぎたのかも知れませんね。

(撮影日:2015.09.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月30日 (水)

ロマノビ

今日の野鳥はノビタキです。

コスノビが撮りたくて、隣街の河川敷の公園に出掛けました。去年もコスノビを狙って行って振られて帰って来た公園です。

着いた公園には肝心のコスモスはそこそこ咲いていて期待が持てそうでしたが、コスノビを狙っているカメラマンの姿が見えません。

長玉を持たれたカメラマンの方達に聞いてみると、やはりコスノビ狙いで来られたとか。そして、ノビタキは出ていないとか。

御一方が諦めて帰られた後に、川沿いの草地に生えたセイタカアワダチソウの天辺にノビタキが止まりました。

Nobitaki968320150929s

誰かが帰ると鳥が出て来る」とは鳥屋の間では良く当たるジンクスです。

その後、30分間隔で出て来てくれましたが、肝心のコスモスの花に来ない。

Nobitaki968820150929s

止まるのは垣根になったローズマリーの枝先ばかり。 これではコスノビではなくてローズマリーノビ。無理に約してロマノビ。今日のタイトルです。

Nobitaki975820150929

淡いブルーの花を付けたローズマリーに止まるノビタキもまたいいものでしょう?

Nobitaki976420150929

Nobitaki976820150929

Nobitaki977520150929

この分だと今年もコスノビは撮れそうにありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

這松林のノビタキ

今日の北海道の野鳥はノビタキです。

夕暮れ迫る知床峠のハイマツ(這松)林に出て来たのは、赤い鳥ではなくて黒い鳥でした。

Nobitaki212720150612

未だ茶色い羽色が残るノビタキのオスです。

Nobitaki213420150612

これから向かう道東の草地で目にするだろうノビタキですが、標高の高いハイマツ林にもノビタキが居るのですね。

Nobitaki214720150612

北海道4日目の6月13日の夜は羅臼の「鷲の宿」に泊まってシマフクロウを狙います。ギンザンマシコの出ない知床峠は諦めて、日中は野付半島まで出向いてみることにしました。 予定の先取りです。

下は、峠の駐車場の端でディスプレイフライトを繰り返していたビンズイです。

Binzui084320150613

Binzui079920150613

ディスプレイフライトの様はオオセッカのものに良く似ていました。

(撮影日:2015.06.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

花園に舞うノビタキ

オホーツク海沿岸はノビタキの多いところです。移動する道路沿線の電線の上にもノビタキの姿をよく眼にします。

ましてや、野鳥撮影に訪れる各地の原生花園では、必ず数番のノビタキが居て、かわいい姿を見せてくれました。

Nobitaki0085_2

この時期は子育ての季節で、嘴に餌の虫を咥えた雌雄が頻繁に巣のある草叢に飛び込んでいきます。

狙いは、営巣場所の近くに生えたエゾカンゾウハマナス、そして、上の写真のようにハナウドの花の上に止まる姿です。

Nobitaki0463_2

それにしても一体、何万羽のノビタキがこの北海道で繁殖しているのでしょうかね。 他の夏鳥が減少していく中、頼もしい存在です。

Nobitaki0499

ハナウドの花に止まるノビタキのメス。 花に群がる小さな甲虫を捕まえたようです。

Nobitaki0514_2

さすがにメスなのでしょうか? 頻繁に餌を咥えて巣に帰ってきます。

Nobitaki1623 

雛への給餌の後、番のオスの帰りを待つ?ノビタキのメス。(想像です。)

Nobitaki9934

オスを狙っていたのですが、これもメスのノビタキです。

既にこの時期、幾つかの巣では巣立ち雛が観られ、草陰に隠れる雛への給餌が観察されました。 天敵は、そこらじゅうに居るカラスです。

Nobitaki0047

ハマナスの木の上で親鳥の給餌を待つノビタキの雛です。

夏鳥減少の一因に、増えたカラスによる雛の捕食が挙げられるそうです。 そう言えば、郷里岡山の田舎町でも、軒先で繁殖するツバメの雛を片っ端から、それも酷い事に、食べ頃にまで成長した頃を見計らってカラスが捕って行くそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

草叢のノビタキ

今日の野鳥も昨日に続きノビタキです。

トウモロコシ畑のノビタキの中に、1羽だけ未だ冬羽へ換羽中の♂がいました。他のノビタキよりも警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれず、挙句の果てには、モズが出て来て、トウモロコシ畑のノビタキを皆追いやってしまいました。

周辺を探すと、畑の境界に生えた雑草の頂きにノビタキ♂の姿が見え、いつもの「だるまさんが転んだ。」式で近付いて撮った写真が下の写真です。

Nobitaki8821

Nobitaki8850

地面に降りてバッタを捕まえて戻りました。

Nobitaki8917

やっとのことで、ここまで近づけました。腹は白っぽく、顔には夏羽の黒い羽が残っています。ノビタキの♂の場合は、羽が磨り減って黒と白の夏羽になるそうで、換羽後の羽の下地も黒い色をしているのでしょうね。

下は、別の個体です。

Nobitaki8791

Nobitaki8881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

もろこし畑のノビタキ

今日の野鳥はノビタキです。

春先にヒバリを撮りに赴く湘南の小高い丘の畑に、すっかり冬羽に換羽したノビタキが数羽やって来ていました。

収穫を終えたトウモロコシの枯れた幹に止まり、地面に降りては採餌をしているようでした。

Nobitaki8623

バックに入れる背景で、写真の雰囲気が大分変ります。この丘の畑では、ネギサトイモショウガ陸稲等が作られていて、その畑の一番奥には常緑の森が続きます。上の写真のバックはその森の常緑樹の色です。

Nobitaki8676

上の写真のバックはサトイモ畑。

Nobitaki8706

上がネギ畑で下がショウガ畑のバックです。

Nobitaki8765

上の写真のバックは、空き地です。(笑)

Nobitaki8772

バックはネギ畑。 野鳥はノビタキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼