ムナグロ

2018年9月 1日 (土)

休耕田に居たムナグロ

残暑の続く先月の末、雨模様の一日を利用して、休耕田を廻ってみました。

情報を貰っていたタマシギポイントには、現在抱卵中とかで、タマシギの姿は見えませんでしたが、

Munaguro201808290045l

冬羽に換羽中の数羽のムナグロが居ました。

Munaguro201808290040

まだ少し黒い夏羽の残る個体も

Munaguro201808299975

Munaguro201808299980

Munaguro201808299983

Munaguro201808299985

Munaguro201808290049

ムナグロの群が飛立ったあとに

Takabushigi201808290050

一羽のタカブシギの姿がありました。

それにしても、年々少なくなってきた休耕田。今年は去年の半分位でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

与那国島の野鳥(ツバメチドリ他)

今日の与那国島の野鳥は、ムナグロツバメチドリです。

マイクロバスがサトウキビ畑の中の農道を通過している途中で、ガイドさんがムナグロの群を見付けました。

Munaguro201803306312

トラクターで掘り起こした大きな土塊の間に群の姿が観えましたが、遠い。

Munaguro201803306350

警戒してか、頭だけが見え隠れする者も居て、ミーアキャットの様でした。

中にツバメチドリが混じっていて、飛翔姿も観察出来ましたが、遠い。

ここは一旦引き上げて、夕刻にまた戻って来ると、ムナグロの群は農道から比較的近い場所に移動していて、その中に、ツバメチドリの姿がありました。

Tsubamechidori201803306781

何とか全身を撮ろうと、土塊の上に上がってくれる瞬間を待ってシャッターを押しました。目の下の白いアイリングと嘴基部の赤、そして、顎の隈取り。綺麗な夏羽のツバメチドリでした。

Tsubamechidori201803306785

Tsubamechidori201803306800

Tsubamechidori201803306805

Tsubamechidori201803306810

下は、

Taiwantsuchiinago201803296106

ツバメチドリが捕食していたタイワンツチイナゴ。奄美大島以南に生息するツチイナゴの仲間で、時に大発生してサトウキビに大被害をもたらす害虫だとか。

Munaguro201803306823

これは、ムナグロの群。3、40羽は居たでしょうか?これが与那国島最後のショットになりました。

珍鳥が渡る!春の与那国島」でしたが、余りに天気が好過ぎて、珍鳥は通過して行ったようでした。

しかし、石垣島のカタグロトビ、与那国島での期待だにしなかったミフウズラ等、まずまずの収穫があった旅でした。

最後に風景を少し、

Kubura20180330027

島の最西端、日本の最西端、西崎(いりざき)から眺めるカジキ釣りで知られる久部良漁港。 写真中央辺りに、マイクロバスの運転手さんが何度も説明してくれたカジキ釣りの故松方弘樹の別荘があります。

Yonaguniuma20180330046

そしてこれは、空港西側の北牧場。

Yonaguniuma20180330047

ヨナグニウマが放牧されています。 が、鳥影は無く、同行の女性陣にスコープを拝借して確認したのは、鳥影に見えた馬糞でした。

最終日の朝はホテル周辺で探鳥後、帰りのフライトに。ところがハップン!ANAの機体整備不良で石垣空港発の那覇便が一時間遅れることに。ガイドのさんの大奮闘で、東京組みは福岡廻りで、その日の内に羽田に帰り着くことが出来ましたが、石垣島で数時間の待ち時間が発生。

皆、荷物を置いて、カタグロトビの探鳥に。瓢箪から駒とはこのことで、「石垣で足止めを食らったらカタグロトビに。那覇で足止めならナンヨウショウビンに。」と、冗談半分に言っていたことがかたや現実に。

しかし、光線の具合が悪く写真は駄目。撮れたのは、

Ryuukyuumejiro201803285731

初日に撮ったこの亜種リュウキュウメジロだけでした。

長々と続けて来ました「石垣島・与那国島の野鳥」は今回が最終回です。ご訪問ありがとうございました。

そして、ご同行の皆様、ガイドの さん、さん、大変お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

小笠原の鳥(ムナグロ)

小笠原の野鳥の再開です。今日の野鳥はムナグロです。

9月9日、おがさわら丸は竹芝を出て丁度24時間で父島の二見港に入港しました。 当日のオプショナルツアーの「南島クルーズ」まで自由行動です。

小笠原に何度も来られている同行の方に、近くにシギチの集まる小さな浜(大村海岸)があることを教えていただき、「旅と鳥友」のブロガーである同行の T さんと一緒に行ってみました。

Munaguro20170909z3993

白砂にコバルトブルーが映える海岸に、夏冬中間羽が混じる数羽のムナグロキョウジョシギの姿がありました。

航路上で海鳥ばかりを追い掛けていた目には、浜のシギチは新鮮でした。

Munaguro201709094006

地元大磯の海岸で目にするのと同じ濃緑青色の小石も印象的でした。

Munaguro201709094015

芝生のグラウンドで採餌していたムナグロ

Chichijima20170909n0097

大村海岸に流れ着いた(と言うより、落ちていた)椰子の実。

下は、母島の前浜に居たムナグロです。

Munaguro201709126835

Munaguro201709126879

Munaguro201709126998

春の三宅島でも群れの姿を観ましたが、ここ小笠原では越冬もするのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

三宅島のムナグロ

今日の三宅島の野鳥は、ムナグロです。

三宅島の観光地である「メガネ岩」を観に行き、同行のかみさんを近くの温泉施設「ふるさとの湯」に送り届けた後に、西海に突き出た溶岩台地をドライブしていると、数羽のシギが居ました。

Munaguro707620160514

ムナグロです。

Munaguro708420160514

春秋の渡りの季節に三宅島を経由して行くのですね。

Munaguro710020160514l_2

Munaguro712720160514l

上は、第一回夏羽の若鳥の様です。

**********************************************************************

下は、阿古地区にある「メガネ岩」。 

Meganeiwa732120160513

溶岩流が波の浸食を受けて、かつてはメガネ状に二箇所の穴があったそうです。

そして下は、昭和58年の噴火によって出来た薄木・粟辺地区にある「新鼻新山」。

Nippanashinzan734120160514

左奥は、大物釣りの太公望達が訪れる「三本岳」。 国の天然記念物であるカンムリウミスズメの繁殖場所としても有名です。

新山の頂で手を振るのは、高い所に上りたがる煙の様なうちのかみさんです。

Hamahirugao734320160514

そしてこれは、溶岩台地に群生するハマヒルガオの花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

キャベツ畑のムナグロ

今日の野鳥は昨日撮ったムナグロです。

数週間前にMFの休耕田でお会いしたSさんに、Sさんのフィールドをご案内していただきました。同じ湘南の少しばかり東側にあるSさんのフィールドは、休耕田もかなりあり、市街地に近い割には野鳥が多く生息していそうな場所でした。

数か所廻った後に、ムナグロを観に行きましょうと案内していただいたキャベツ畑には、6羽のムナグロが、葉を一杯に開いた綺麗なキャベツの若葉の間で休んでいました。

Munaguro7476

Munaguro7484

暫くすると、中でも未だ腹部に夏羽の残る1羽が畝の間に出て来てくれました。

Munaguro7500

そして、バッタを捕まえて食べました。

Munaguro7531

何度か地面に落としたり、首を振ったりしてバッタの足を取り払っていましたが、一息に呑み込んでしまいました。水を張った休耕田でも良く目にしますが、乾いた畑地も好み、餌は主に昆虫類とか。

今回新たなフィールドをご紹介いただいたSさんは、オオタカの捕食シーン専門にVIDEO撮影されておられるそうで、BDに録画したオオタカの捕食シーンをいただいて帰りましたが、拝見してその素晴らしいシーンに驚きました。今度Sさんにご指導を受け、その内にオオタカの捕食シーンをこのBLOGにアップしたく、ご期待下さい。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

休耕田に寄ってくれたムナグロ

今日の野鳥は、昨日休耕田で撮った渡り途中のムナグロです。

名前の由来である夏羽の胸の黒い羽は、冬羽への換羽で薄れ、腹部に僅かに残る個体もいます。そうです。これでは「腹黒」ですね。

十羽程の群れで、水を張った休耕田に降り立ち、何か賑やかに鳴いていました。

Munaguro4308

一緒に居たアカエリヒレアシシギは、人をあまり恐れず比較的近場に寄って来てくれましたが、このムナグロは休耕田の奥に留まり、近くに寄って来てはくれませんでした。

Munaguro4505

Munaguro4520

両翼を少し上げて背伸びをするムナグロ

Munaguro4619

東シベリアやアラスカ西部で繁殖し、南半球のオーストラリア、ニュージーランド等で夏を過ごすそうですが、渡りも大変な長旅です。春秋の渡りの途中に海岸や海辺の内陸部で観察されますが、春の海岸で観る胸と腹部が真っ黒い夏羽に換羽した姿は魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

渡り途中のムナグロ

今日は、日中の猛暑を避けて午後3時過ぎから近くの休耕田に渡り途中のシギチを探しに行きました。

雑草が少なく地肌が見える水を張った休耕田に、13羽のムナグロと4羽のトウネン、そしてコチドリが1羽、泥の中の餌を採っていました。

写真は夏羽が残るムナグロです。羽色はダイゼンに良く似ていますが、少し小形で、淡水域を好むそうです。

2週間ほど滞在して栄養を補給し、越冬地である南の地に渡って行きます。

Munaguro8683

Munaguro8667

Munaguro8707

Munaguro8733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼