ミヤマガラス

2017年11月15日 (水)

電線に止まる黒い鳥達

今日の舳倉島の野鳥は、ミヤマガラスホシムクドリです。

秋の舳倉島から帰って来て早1ヶ月が経ちます。「まだ季節外れの野鳥シリーズを掲載するの?」とお叱りを受けそうですが、今しばらくお付合い下さい。 そうなんです。舳倉島は野鳥の話題に事欠かないんです。

舳倉島での朝の探鳥は夜明けと共に始まります。

朝食までの小一時間は民宿前の広場から東端のエリアで行います。 草叢やコンクリートの広場が探鳥のポイントですが、電線も重要なポイントです。

空抜けで、シルエットでしか確認出来ませんが、何目何科の何か?ぐらいは判別出来ます。

Miyamagarasu201710139446l

これはスズメ目カラス科ハシボソガラス

Miyamagarasu201710139444

と思いきや、近寄ってみると、何んとミヤマガラス

Miyamagarasu201710139460

堤防に降り立ったミヤマガラス達でしたが、朝食後にはもう、群の姿は見当たりませんでした。

Miyamagarasu201710139461

これは、嘴の元に黒い羽毛が生えているミヤマガラスの幼鳥です。

Hoshimukudori201710118341

そしてこれは、1羽で居たホシムクドリです。 すっかり冬羽に換羽していました。

(撮影日:2017.10.11&13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

鴉が鳴くから帰ーえろ♪

今日の諫早湾干拓地の野鳥はミヤマガラスです。

小雨に煙る干拓地の一角に、の大群が居ました。

Miyamagarasu031220161114l

Miyamagarasu028420161114bl

ミヤマガラスです。灰色の細い嘴と盛り上がったおでこ。

Miyamagarasu029620161114

電線に止まって鳴く時の尾羽を丸く広げる所作もミヤマガラスの特徴です。

午後の堤防土手にまたもや集団で集まって来て

Miyamagarasu070820161114

Miyamagarasu071620161114s

何やら何かが始まりました。

Miyamagarasu073320161114l

暫くして、猛禽でも現れたのか、アオサギもろ共一斉に飛び立ちました。

この日丸一日、幾つかある干拓地を虱潰しに探しましたが、強敵ナベコウは見付かりませんでした。

鴉が鳴くから帰ーえろ♪

明日は天気の予報。明日に賭けましょう!

**********************************************************************

宿への帰り道、諫早公園の「眼鏡橋」に寄りました。

Meganebashi238220161114

Meganebashi238320161114

Meganebashi239220161114

霧にうるんだ 眼鏡橋 そっとのぞけば あなたが見える~♪  」。 昔、カラオケで十八番だった、瀬川瑛子の「長崎の夜はむらさき」の台詞ですが、当然ここでもナベコウは見えませんでした。(余談です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

出水のミヤマガラス

観察センターが開く前の8時過ぎ、駐車場の傍の電線には朝日を浴びたミヤマガラスの群れが所狭しと並び、

Miyamagarasu085520150125

ツルの給餌場所にも、おこぼれを貰おうと集まっていました。

Miyamagarasu0861s20150125

(左クリックで少し大きな写真になります。)

Miyamagarasu085620150125

ミヤマガラスの成鳥ですが、嘴の付け根が黄色なのは皮膚が露出しているそうで、出っ張ったおでことこの嘴の色で容易に識別できます。

数万羽のミヤマガラスが冬鳥として九州を中心に日本各地に渡って来るそうです。

(撮影日:2015.01.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

干拓地に群れるミヤマガラス

碁盤の目をなぞる様にナベコウを探して歩いた諫早の干拓地にはミヤマガラスの群れが居ました。

Miyamagarasu070420150124

収穫後のトウモロコシ畑に群がるミヤマガラス

Miyamagarasu069620150124

トウモロコシの粒を摘んだこの子は嘴の色から若鳥のようです。 上嘴の基部には黒い羽毛(鼻毛?)が生えています。

Miyamagarasu069220150124

干拓地の土手の上で休むミヤマガラスの成鳥の群れ

この土手(内部堤防)の向こうに葦原と調整池が続き、そしてその先には、開門調査で揺れる潮受け堤防と水門があります。

Tyuuhi069020150124

葦原を餌を探して滑空するチュウヒ。 左奥に見えるのが潮受け堤防の水門です。広大な葦原は猛禽類の宝庫のようでした。

(撮影日:2015.01.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

生息域を拡げたミヤマガラス

先週の土曜日に渡良瀬遊水地の近くの町で撮ったミヤマガラスです。

ハイイロチュウヒを探しまわって塒入りのポイントに戻る途中、おかしな動きをするカラスの群れを観ました。その数は百羽を越え、旋回するは上下に舞うは、大きさの少し小さく見え、普通のカラスの大群とはどこか違います。すぐにミヤマガラスの群れと分かり舞い降りた辺りに急行しました。

辺りの電柱、電線に数羽の群れのかたまりで止まり、その中に、昨日アップした淡色型のコクマルガラスが混じっていました。

ミヤマガラスは丁度10年前に、ナベヅルマナヅルを撮りに行った鹿児島県出水で初撮りした野鳥です。その当時は、九州や西日本の一部でしか観えない大陸からの冬の渡り鳥でしたが、最近、渡来地も全国的に広がっている様です。

Miyamagarasu0478

Miyamagarasu0481

警戒心が強く、群れの一羽が人けを感じて飛立つと群れ全体が飛立ちます。

Miyamagarasu0556

群れが飛び立った後もコクマルガラスと一緒にこの一羽だけが暫く残って撮影に協力してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼