メジロ

2019年3月 2日 (土)

端境期のMFでは(続き)

今日の野鳥は、昨日に引き続き、MFを徘徊して出会った野鳥達です。

山の公園の水場では、出は良くなかったものの、常連のカラ類が出て来ました。

Enaga201902245623

先ずは大写しのエナガですが、

Enaga201902245601

いつもの小群ではなく、番だけでした。 長い尾羽が少しカールしているところをみると、どうやら営巣して抱卵、または、育雛しているようです。エナガの繁殖期は早いですからね。

Enaga201902245630

Enaga201902245637

Enaga201902245638

しっかり水浴びをして行きました。

次は、

Shijyuukara201902245771

シジュウカラの雄鳥です。

Shijyuukara201902245772

繁殖期を迎えて羽色が凄く綺麗でした。

Mejiro201902245643

これはメジロが満開のこの時期ですので、水場に遣って来る数も僅かでした。

そして、いつものゴールデンタイムを過ぎ、期待した冬鳥に振られて帰る馬車道の脇で、急に木立に飛び上がる小鳥が・・・、動きからして、

Binzui201902245785

やはり、ビンズイでした。

Binzui201902245788

端境期。 MFはこんなもんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

今季も逢えた翡翠公園の大赤腹

新年早々の今日の野鳥は、暮の在庫の中から亜種オオアカハラとメジロです。

暮の庭掃除(実は年一度の庭木の強剪定)を午前中で切り上げ、今年もオオアカハラが遣って来ているとの情報を貰った県央の翡翠公園に出掛けてみました。

いつもの塒である階段脇の立木に姿を確認して待つこと5、6分。 斜面に降り立ち、その後、エノキの小枝に移りました。

Ooakahara201812240664

期待だにしなかった枝止まりです。

Ooakahara201812240656

黒く熟れたエノキの実を食べて、

Ooakahara201812240658

Ooakahara201812240674

今度はエノキの下の斜面に降りて、落ち葉の下から、これも黒いエノキの実を探し出して食べました。

Ooakahara201812240680

Ooakahara201812240723

大写しになりましたが、下は昨年のオオアカハラ

Ooakahara201712304646

首脇の白斑からして同一個体ですね。アリスイが途絶えてしまった翡翠公園ですが、このオオアカハラはいつから遣って来ているんでしょうか?

下は、満開で残るマユミの花に遣って来たメジロです。 

Mejiro201812240741

Mejiro201812240742

近過ぎて大写しになりましたが、まるでハナモモのように花を付けたマユミでした。

(撮影日:2018.12.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

残り柿に来る野鳥達

今日の野鳥は、公園の残りに遣って来る野鳥達です。

Yamagara201812130249s

これは、久し振りに撮ったヤマガラですが、思わぬ上出来のショットになりました。

柿色の腹が綺麗と言うか、創造主はヤマガラの腹を柿色にした?

次は、メジロ

Mejiro201812130368

群で流れる様に遣って来て、

Mejiro201812130217

Mejiro201812130400

Mejiro201812130401

流れる様に去って行きます。

Hiyodori201812130224s

ヒヨドリも、

Hiyodori201812130391

Tsugumi201812130199s

ツグミも、

Tsugumi201812130243

当分ここの残りの常連さんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

我家の梅の木に来たメジロ

今日は、東京湾・臨海公園の野鳥をお休みして、我家のメジロです。

Mejiro201803143797

我家の庭にあるの木は高田豊後という品種で、樹勢が強く庭木には向きませんが、近所の白梅が花を散らす3月中頃に白桃色の花をつける遅咲きのです。

そして、6月の声を聞く頃に、一果40g以上の大実をもたらしてくれ、梅酒に加工します。

そのの木は今が盛りとばかりに花をつけましたが、春一番メジロが遣って来て散らし、気が付けば、2日と持たない状態に。

急いで二階の窓を開け、今年の、の木に来るメジロを狙いました。

Mejiro201803143780

Mejiro201803143728

Mejiro201803143744

Mejiro201803143757

花の蜜を吸うものとばかり思っていましたが、

Mejiro201803143782

メジロが嘴に咥えた物は、なんと、羽虫のクサカゲロウの一種でした。

(撮影日:2018.03.14)


ときて、久し振りに駄作を、

風に散り 目白が散らす 梅の花  

        小雪の如く 庭に舞いけり  お粗末

駄作の追加です。

庭先に 目白来たりて 梅の花

        小雪の如く 舞い落ちるなり 

 

梅の花 小雪の如く 舞い散りて

       花満つ枝に 目白の番

いやはや、蛇足の駄作でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

冬の舞岡公園の野鳥達

今日の野鳥は、冬の舞岡公園で撮った野鳥達です。

以下、アイウエオ順に。

谷戸の奥で採餌するアリスイを観ていたら、

Aogera201801297600

アオゲラ♂が姿を見せました。距離40mはあったでしょうか?

Gabichou201801297614

これはご存知、外来種のガビチョウ。増えては居ないのでしょうかね?

Kawasemi201801297681

カワセミも雪解けで濁った池や氷の張った池では採餌が出来ないようで・・・

Ban201801297628

の湿地を歩くバン。幼鳥でしょうね。

Mejiro201801297610

そして最後は、ツルウメモドキの実を食べに遣って来たメジロです。

この日は、残念ながらヤマシギには逢えませんでした。

**********************************************************************

下は、公園入口の広場に居た外来種のタイワンリスです。

Taiwanrisu201801297688

Taiwanrisu201801297704

Taiwanrisu201801297730

Taiwanrisu201801297738

先日の大雪でひもじい思いをしたのか、4匹で一心に食事をしていました。

(撮影日:2018.01.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

暮の山の水場の野鳥達

今日の野鳥は、在庫から、暮の山の公園の水場に出て来た野鳥達です。

年末恒例の庭の植え込みの掃除を午前中までに終え、午後から山の公園の水場に出掛けてみました。 2ヶ月ぶりの水場でした。

Tsugumi201712233842s

広場のの木には、ツグミヒヨドリメジロ達が熟したに群れ、賑やかでした。

山の斜面では、

Binzui201712233861

Binzui201712233894

深い落葉の中で餌を探すビンズイの群れの姿があり、

Mejiro201712233915

水場では、いつものメジロの群れと、ヤマガラシジュウカラが水浴びに訪れ、

Shirohara201712233878

偶にシロハラシメ も、

Ruribitaki201712233904

Ruribitaki201712233958

そして、ルリビタキ♀やジョウビタキ♀が飛びまわり、余り姿を見せない

Uguisu201712233919

Uguisu201712233930

ウグイスや、まだ警戒心の強いトラツグミも奥に姿を見せました。

年明けのこれからが面白い山の公園の水場です。

(撮影日:2017.12.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

水場の賑やかなメジロ達

今日の野鳥はメジロです。

舳倉島でチョウセンメジロを観てからと言うもの、メジロの脇腹の色が気になります。

その腹の色黒さを洗い流す?かのように、

Mejiro201708282067

Mejiro201708282248_2

数羽のメジロが水盤に降立ち、賑やかに水浴びを繰り返していました。

Mejiro201708282246

水盤の上の止まり木で、降り場所を物色する2羽のメジロ

偶にはメジロも良いですね。?

(撮影日:2017.08.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

早春の野鳥(メジロ)

今日の「早春の野鳥」は、メジロです。

Mejiro201703078330

寒緋桜がまだ二分咲きの頃に、群で蜜を吸いに来たメジロです。

Mejiro201703078378

もう既に色褪せてしまっているでしょうが、寒緋桜は2~3分咲きの頃が野鳥写真にはうるさくなくて良いのかも。

Mejiro201703078354

Mejiro201703078366

小川の向こうの梅林にも、

Mejiro201703078329

春先は大忙しのメジロ達ですね。

(撮影日:2017.03.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

寒桜に来たメジロ

今日の野鳥はメジロです。

河津桜に来るメジロの写真を見掛ける時期は既に過ぎてしまいましたが、

Mejiro201702213404s

我が町の駅裏にある名水桜公園の開花し始めたカンザクラにも、数羽のメジロが遣って来て、

Mejiro201702213410

未だ数少ない開花したての花の蜜を吸っていました。

Mejiro201702213408

メジロの嘴は、カンザクラの花粉で黄色くなっていました。

(撮影日:2017.02.21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

侘助の蜜を吸いに来るメジロ

今日の野鳥はメジロです。

山の公園の水場の脇には今が盛りと咲いている椿(たぶん侘助)があり、ヒヨドリメジロがその蜜を吸いに遣って来ていました。

Mejiro201701109206s

Mejiro201701109207s

メジロは、水場の常連さんですが、いつ観ても可愛いですね。

下は、山の公園の展望台横から眺める冬富士の雄姿です。

Fuji201701109228

(撮影日:2017.01.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼