カワアイサ

2016年3月 7日 (月)

カワアイサの交尾シーン

今日は、カワアイサの交尾シーンを掲載致します。

この時期、番形成を終えたカモ類の擬似交尾シーンをよく目にしますが、カワアイサの交尾シーンを撮れるなんて思ってもみなかったことでした。

Kawaaisa841420160228

雄の頸上げシーンを撮っていると、

Kawaaisa842520160228

その脇で雌が頸を伏せているのに気が付きました。 まさか、これから交尾の開始?

Kawaaisa842720160228

Kawaaisa843320160228

Kawaaisa843920160228

Kawaaisa844620160228

すぐにも始まるかと思いきや

Kawaaisa844920160228

焦らせ行動でしょうか? 

Kawaaisa846020160228

雌の脇で待機です。

Kawaaisa846220160228

やっと乗っかりました。

Kawaaisa847520160228

交尾の開始です。

Kawaaisa848420160228

カモ類と同じく雌の後頭部の羽を咥えます。

Kawaaisa849420160228

Kawaaisa849720160228

しかし荒っぽい。

Kawaaisa850120160228

交尾終了でしょうか? その間、10秒でした。

Kawaaisa850820160228

雌の口開けは恍惚感からでしょうか?

Kawaaisa851120160228

Kawaaisa851220160228

それにしても雄のこの離れる所作は何でしょうか、雌を蹴飛ばして離れました。

細かに露出補正をする間も無く、白飛びの写真になりましたが、初めて撮ったカワアイサの交尾シーンでした。 この小河川でしか撮れない写真ですね。

(撮影日:2016.02.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

カワアイサの採餌シーン

今日の野鳥は、先日撮ったカワアイサの在庫写真から採餌シーンを掲載します。

Kawaaisa797320160228l

時折水面に顔を浸けて、餌の小魚を探しながら川岸の菜の花が写る水面を遡る若鳥ですが、成鳥雄の採餌能力には敵わないようでした。

Kawaaisa774420160228

大きなカマツカの様な魚を咥えて浮上しました。

Kawaaisa787420160228
Kawaaisa821620160228Kawaaisa821720160228Kawaaisa821820160228Kawaaisa787820160228

潜水シーンです。水の中では白飛びも気になりません。

100m程上流にある瀬の前まで採餌をしながら遡り、川面に頭を浸けながら下って来ます。 終日その繰り返しなのでしょうね。

Kawaaisa833720160228

これは、下る途中に出くわしたカイツブリとのツーショット。

明日は、カワアイサの交尾シーンを掲載致します。乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

県西の小河川のカワアイサ

今日の野鳥はカワアイサです。

素晴らしく良い天気になった3日前の日曜日。 早めに家事を済ませて、カワアイサの居る県西の小河川に出向きました。

満開の河津桜見物等で混み合う県道を通って、着いた小河川には菜の花も咲き、風も無く、川面は小春日和。

少し川筋を下ると、カワアイサの雄鳥1羽を含む4羽の群が見付かりました。

Kawaaisa765620160228s

Kawaaisa765920160228s

Kawaaisa766020160228s

いきなりの羽ばたきです。露出補正は間に合いません。

コントラストが強過ぎて、カワアイサの雄を撮る時は、白飛びと黒つぶれに注意しなければなりません。天気の良いのも良し悪しで、目にフラッシュが入るのは良いんですが、白い羽毛は飛んでしまいそうです。 細かい露出補正を強いられました。 (写真は全て、クリックで大きな写真になります。)

Kawaaisa767320160228l

カワアイサの番です。 他は雌の幼鳥2羽でした。

Kawaaisa769420160228l

Kawaaisa769820160228l

番のベストショットです。白飛びギリギリ。何とか雄の目も出ました。

Kawaaisa770720160228l

Kawaaisa782920160228l

雌雄単独と、

Kawaaisa796320160228l

雌の若鳥の羽ばたき。

Kawaaisa813820160228l

Kawaaisa836820160228s

雄の羽繕いです。 頭の緑色光沢が綺麗に撮れました。

この他、採餌シーンと、なんと、交尾(たぶん擬似)シーンも撮れましたので後日披露致しましょう。

(撮影日:2016.02.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

湖のカワアイサ

今日の野鳥はカワアイサ♀です。

昨年末に富士の山麓でマヒワの群れを撮った帰り、富士五湖の二つの湖を回ってみました。一つの湖には十数羽のカワアイサの群れが居ましたが、遠くて、また、日の光を浴びて雄鳥の白い羽が肉眼でも白飛びをしていて撮影は諦めました。

もう一つの、コブハクチョウの居る湖には、カワアイサの雌鳥が一羽居ました。

Kawaaisa095820151222l

雌鳥も綺麗ですね。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

Kawaaisa095420151222

Kawaaisa095720151222

下は、半野生化した飼育鳥のコブハクチョウですが、数が増えましたね。

Kobuhakutyou097520151222

翼を膨らませたところを逆光で撮ってみました。

(撮影日:2015.12.22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

カワアイサの飛翔写真

昨日に引き続きカワアイサです。

待って居ればカワアイサの群れにコウライアイサが合流してくるのではないか?と甘い期待を抱いて2時間ほど粘ってみましたが、結果は駄目でした。

待っている間にカワアイサの飛翔写真を撮りましたので掲載いたしましょう。

Kawaaisa017620141203

これはオスの離水シーン。大きな足で水面を蹴って飛び立ちます。

Kawaaisa017920141203

川面を縫うように上流を目指して飛んで行きます。

Kawaaisa018020141203

メスの飛翔姿と

Kawaaisa028420141203

再度、オスの飛翔姿です。

次は、メスの着水シーンです。

Kawaaisa022920141203

草陰にしゃがんで撮影していたすぐ目の前に降り、こちらに気付いてあわてて遠ざかって行きました。happy01

Kawaaisa046720141203

水鳥の着水姿は風に乗る凧の様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

川にはカワアイサ

海にはウミアイサ、川にはカワアイサという単純なタイトルではありません。

Y新聞地方版に載ったコウライアイサの情報連絡を貰い、クマタカの撮影を切り上げて向かった県西の酒匂川にはコウライアイサは見えず、数羽のカワアイサのメスが居ました。

Kawaaisa031320141203

情報を貰ってからすぐに、小田原は酒匂川の近所に住む私の友人に電話し、川筋を探してくれるように頼みました。

小一時間が経って、彼から携帯に電話が入りました。河口近くからかなり上流域まで土手筋を軽トラで走ってカメラマンの姿を探してくれたそうですが、それらしきカメラマンは見えないとのこと。 数年前にコウライアイサのオスが出た流域もカバーしています。

新聞情報を下さったKさんからは、オートバイで駆け付けて川筋に居るがメスが2羽ほど中州に居るとの報告があり、数年前のポイントに向かいました。

Kawaaisa007720141203

川中に敷設されたコンクリート製のテトラの上で羽繕いをしているカワアイサを撮りました。

Kawaaisa041020141203

Kさんは既に引き上げられた後でしたが、暫くカワアイサのメスのパフォーマンスを撮っていると、上流からオスが交じったカワアイサの群れが採餌をしながら下って来ました。

Kawaaisa017220141203

久し振りに観るオスのカワアイサです。

Kawaaisa051020141203

下流のメスの群れと合流しました。

全部で10羽を数えましたが、オスは3羽ほどで、

Kawaaisa032320141203

中には上の写真のオスの様に頭から首にかけてバフ色の羽毛を残すものも居ました。

帰りにコンビニに寄り、残っていたY新聞の朝刊をSさんが購入して地方版を確認したところ、写真は確かにコウライアイサのオスで、撮影日は11月の12日とのことで3週間も前のことと分りました。もう抜けたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

日野川のカワアイサ

今日は年明けの在庫からカワアイサです。

去年は神奈川南西部の河川ではアイサ類の当たり年でしたが、オシドリの居るここ鳥取県根雨の日野川でもカワアイサの群れが現れました。

中国山地から日本海に注ぐこの日野川は鮎の遡上する河川だそうで、落ち鮎を狙って渡来するのでしょうか。

常設の「おしどり観察小屋」は川に面した特設のブラインドです。いろいろな野鳥が5~10mの至近距離まで近付いて来てくれます。下は、300mmの手持ちで撮ったカワアイサ♂の写真です。

Kawaaisa9626

Kawaaisa9650

Kawaaisa9687

Kawaaisa9660

斜め上から見下ろしで撮れるところが観察小屋の有難いところです。なかなか出せない頭の羽の濃緑金属光沢も何とか出せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

脇役だった川秋沙

昨シーズンの県央を流れる川に出たコウライアイサ(♀とも♂のエクリプスとも言われた)、そして、同じ川の今シーズン出たウミアイサの♀。また、今度は、県西を流れる川のコウライアイサ♂とウミアイサ♂の出現には我々野鳥写真家やバーダー達は大層喜びましたが、いつも脇役を務めていたのが行動を共にされていた、言い方を替えると、金魚の糞の様に着き纏われていたカワアイサでした。

Kawaaisa6868

先にも書きましたが、箱根の芦ノ湖に大群で渡って来ていたカワアイサが移動して来たとの情報がありました。

Kawaaisa6884a

雄の体色の綺麗さとダイナミックな採餌シーンに魅了され、どうしても写真に収めたくて、冬季の寒い川筋にブラインドを張って撮影したこともありました。しかし、写真撮影は苦労します。雄の純白の体色は白とびがして、それを抑えると今度は顔の美しい濃緑の光沢色が出なくなります。

Kawaaisa6809a

雌のカワアイサですが、冠羽があり、これまた美しい姿をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

行動を共にするカワアイサ

今日の野鳥は、コウライアイサの♂が行動を共にするカワアイサの♀です。

Kawaaisa3144

Kouraiaisa3185

Kouraiaisa3207

この場所では2羽のカワアイサの♀が行動を共にしていましたが、いつも決まって上の写真右側の個体に寄り添う方が多いようでした。

お会いしたカメラマンの方の説では、風切羽の模様、顔の羽色等から、2羽の内の1羽はコウライアイサの♀ではないかとのことでしたが、意識して一緒のシーンを撮って観たところでは、

Kawaaisa2956

嘴の形状が同一なことと、特徴のウロコ模様が見られないことから、2羽共カワアイサと思います。おぼつかない私の判定では、コウライアイサが寄りつかない上の写真の前を泳ぐカワアイサは、どうも♂のエクリプスだと思います。

カワアイサは、神奈川県西部を流れるこのMFの川に、以前から十数羽の群れで越冬していました。芦ノ湖で越冬していた群れが移動して来たとも伝えられていました。

綺麗な容姿のカワアイサを撮りたいと挑戦しましたが、警戒心が強く、広い川筋ではどうにもならず、日の出前の朝暗いうちに、寒い河原にブラインドを張って待ちました。当ブログ開設前の今から3年ほど前の在庫写真から♂のカワアイサの写真を載せます。

Kawaaisa1704

カワアイサの♂には針状の冠羽はありませんが、金属光沢に輝く深緑色の頭部と赤い嘴、そして、白黒の派手な体色が映える好きな鳥の一種です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

山中湖のカワアイサ

今日の野鳥は先日ヒレンジャクを撮りに行った山中湖畔で撮ったカワアイサの雌です。

湖畔で水を飲みに来るヒレンジャクを待っていたら、一羽の水鳥が飛んで来て目の前に着水しました。湖岸に群れているマガモの雄かと思い何気なくレンズを向けるとカワアイサの雌でした。ほんの数分間でしたが、警戒する様子もなく目の前で水面に顔を浸けて採餌の仕草を繰り返していました。

今年はいたる所でカワアイサの群れの渡来の情報を耳にします。この山中湖にも百数十羽の群れが沖合に来ているとか。この雌の一羽は群れのポジションから離れて異常な行動を取っていたのですか、近くに群れを観ることが出来ませんでした。

Kawaaisa6135

羽色が美しいカワアイサの雄には冠羽はありませんが、 雌には、写真の様にボサボサの冠羽があります。

Kawaaisa6146

Kawaaisa6150

異常な行動で思い出しましたが、今日の帰りの通勤電車の中での出来ごと。海釣りから帰る達者そうなお爺さん二人組、チュウハイの500mL缶を飲みながら大声で釣り談義、挙句の果てには飲み干した空き缶をペコペコ鳴らす。眉を傾げた異常行動とは、混んだ車両の二人掛けの優先席だったことでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greeting | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨウロッパトウネン | ヨシガモ | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 趣味