ジョウビタキ

2017年11月30日 (木)

晩秋の木の実とジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキです。

県南の公園はまだ野鳥種も少なく、豊富な植栽であるセンダンの木の実も色付いてはいるものの熟れてはいないようでした。

居たのはヒヨドリジョウビタキ

木の実を食べに遣って来るジョウビタキの姿を追ってみました。

Jyoubitaki201711282209

これはハゼノキの実を食べに遣って来たジョウビタキの雄鳥。 蝋燭の原材料に使ったハゼノキの実は栄養価が高いらしく、

Jyoubitaki20171128z2203

何度も遣って来ていましたが、どうしてこんな無理な体勢で採取するのか不思議でした。

Jyoubitaki201711282217_2

これはセンダンの木に止まったジョウビタキ♂。

実がたわわに生った枝先には止ってくれず、良いショットは撮れませんでした。 センダンの実はジョウビタキには大き過ぎますね。

**********************************************************************

本日、「フィールド図鑑 日本の野鳥 」(文一総合出版 初版第1刷発行 2017年12月7日)を手にした。

BIRDER誌の「Field Report」の作者、水谷高英氏と、時々フィールドでお会いする叶内拓哉氏の解説によるイラスト野鳥図鑑だが、手に取って見て大満足。

北米の野鳥図鑑を含め、多々所有するイラスト版の中ではこれが最高! どう最高かはお手を取って実感下さい。

お蔭で、今日は昼間半日潰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

渡り途中のジョウビタキ

今日の舳倉島の野鳥は、ジョウビタキです。

島に渡った当日、民宿の近くでジョウビタキ♂の姿を見掛けました。

島を徘徊するバーダー達との間でも、「ジョウビタキの姿を見掛けたね!?」と挨拶代わりの情報交換をしていたのでしたが、

Jyoubitaki201710139513

その数日後。 島のいたる所でジョウビタキの姿が・・・

一体どの位の数のジョウビタキが入って来たのだろう?と思うぐらいに飛び交っていました。

Jyoubitaki201710139536

複数の個体を上手く同一画面に収めることが出来ませんでしたが、まだ縄張りを持たない渡り途中のジョウビタキの群の姿は圧巻でした。

Jyoubitaki201710139511

柵杭に止まるジョウビタキの雌鳥。

(撮影日:2017.10.13)

帰省中の岡山の菜園に遣って来ているジョウビタキは舳倉島経由の個体かも知れませんね?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

早春の野鳥(ジョウビタキ)

今日の「早春の野鳥」は、ジョウビタキです。

今季も方々でその可愛い姿を見せてくれたジョウビタキです。

剪定をする庭先で、撮影に訪れるフィールドで、そして、帰省して菜園作業をしているその傍らで、今日もジョウビタキの雄鳥が餌採りに遣って来ていました。

以下は、1ヶ月前に撮った公園のジョウビタキです。

Jyoubitaki201702223881

Jyoubitaki201702223864

Jyoubitaki201702223937

下は、雌鳥です。

Jyoubitaki201702224197

まだまだ居てくれそうですが、終認日は何日頃になるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

庭掃除を見に来たジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキ♀です。

暮の私の仕事としては、年賀状作りに加え、庭の掃除と庭木の剪定があります。年賀状作りは創作仕事であまり疲れませんが、後者の庭掃除は、3、4日、それも雨の降らない日に限られます。

野鳥撮影に出掛けたいのと、老木となった築山の木々達がヤル気を阻害しているようで、最近特に鬱陶しく感じるようになって来ました。

庭木の剪定枝は、15cm以下に剪定鋏でカットして、45Lのゴミ袋に入れて可燃ゴミとして出します。毎回、13袋以上を2、3回に分けて排出します。 そう、大変な作業なんです。

Jyoubitaki317520161219

そんな庭掃除の最中、剪定鋏のカタカタという音を聞き付けて、ジョウビタキの雌が姿を現しました。ほっと一息入れる心休まる瞬間です。

今季、我家の庭を縄張りに入れたのは一年振りの雌鳥のようです。

Jyoubitaki316120161219

剪定枝から落ちた虫を啄ばんだり、

Jyoubitaki320020161219

ベニシダレの枝先で庭の状況を見渡します。

Jyoubitaki322120161219

手摺に止まっておすまし顔でしたが、

Jyoubitaki322220161219

Jyoubitaki322320161219

口から木の実の種を吐き出しました。

我家の庭には、この時期、イヌツゲセンリョウマンリョウヤブランリュウノヒゲ等の赤、白、黄色、それに、青、紫色の木の実が大量に実っていて、採餌に事欠きません。もう直ぐ常連のシロハラも遣って来るでしょう。

Jyoubitaki323820161219

雌のジョウビタキも可愛いですね。 さて、庭掃除も後1日?です。

(撮影日:2016.12.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

菜園に戻って来たジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキです。

実家の裏庭で追いかけっこをする2羽のジョウビタキの姿を観たのは先月の30日。昨年より4、5日遅い初認でした。

そして、2、3日前、菜園でタマネギの苗を植え付けていると、山裾のの枯れ枝でチッチと鳴いて尾を振るジョウビタキの姿がありました。雄鳥でした。

Jyoubitaki9431z20161105

昨季と同じ個体でしょう。

またこれから半年、菜園脇でその可愛い姿を見せてくれるのです。嬉しくなってしまいます。

Jyoubitaki943220161105

これは、菜園から200mほど離れた山の上に居たジョウビタキ♂。 体色も薄く、別個体のようでした。

対岸のピラカンサスの実も真っ赤に熟れてきました。次は、シロハラツグミミヤマホオジロ達の到来を待つばかりです。もちろん、珍鳥も大歓迎です。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

昨季撮ったジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキです。

郷里岡山の田舎の菜園に姿を見せてくれていたジョウビタキの雄は、1週間ほど前に渡去したようです。

渡来は昨年末。 暮も押し迫り、葉の落ちた庭木の剪定に取り掛かると、剪定鋏の「カタ、カタ」という音を聞き付けてジョウビタキが姿を現したものでした。

我が家に来たジョウビタキは前年と同じ個体なのか?雌でした。

そして、暖冬で冬鳥が少ない中、ジョウビタキだけは、撮影に赴く方々であの可愛い姿を見せてくれました。

今日は、在庫の中から、昨季方々で撮ったジョウビタキを集めてみました。

Jyoubitaki005920151214

Jyoubitaki008520151214

寒空を思わせるグレーの背景の中のジョウビタキ♂も良いですね。

Jyoubitaki015820151217

マユミの枝に止まると、何か桃の節句の様な・・・。

Jyoubitaki015920151217

Jyoubitaki046020151217

夕刻の寒さに羽を膨らませたジョウビタキ。後ろのピンクはマユミです。

Jyoubitaki056020151219

センダンの高木の枝に止まるジョウビタキ♀です。抜けるような青空に白いお腹とセンダンの白い実が良く合っていました。

そしてこれは、

Jyoubitaki176420151225

亜種シベリアアオジの居た東京都下の公園の茂みから出て来たジョウビタキの雌。

**********************************************************************

下は、ジョウビタキにまつわる民話の紹介です。 

 昔々、スズメツバメジョウビタキ、の三姉妹が居りました。
 姉妹とも嫁ぎ、親元を離れていたのですが、
 ある日彼女らの元に母危篤の知らせが入ったのです。

 おはぐろを塗っていたスズメはその知らせに驚き、
 おはぐろを塗るのを途中で止めて、母親の元へと駆け付けました。
 そのため、親の死に目に間に合うことが出来ました。
 それを見ていた神様は、「何と親孝行だろう」と、
 「お前達は虫を追い掛けて食べることはない。
 人が作った五穀を分けて貰って生きなさい」と褒めました。

 おはぐろを塗っていたツバメはその知らせに驚いたのですが、
 おはぐろを綺麗に塗り、口紅をつけて、母親の元へと駆け付けました。
 そのため、親の死に目に間に合うことが出来ませんでした。
 それを見ていた神様は、「親不孝な娘だ」と、
 「お前達は一生虫だけを食べなさい」と叱ったそうです。

 おはぐろを塗っていたジョウビタキはその知らせに驚いたのですが、
 おはぐろを綺麗に塗り、その上、紋付で着飾り、母親の元へと駆け付けました。
 そのため、親の死に目に間に合うことが出来ませんでした。
 それを見ていた神様は、「何という親不孝者だろう」と、
 「お前達は金輪際、食べ物を食べてはいけない」と叱ったそうです。
 困り果てたジョウビタキは涙を流しながら神様に謝りました。

 その名残から、今でもジョウビタキは、お辞儀をして頭と尻尾を振っているのだそう
 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

顔白のジョウビタキ

今日の野鳥は、少し変わったジョウビタキです。

帰省した岡山の菜園では、縄張りを持った雄鳥が、元気に私の帰りを迎えてくれました。可愛いものですね。

一昨日に訪れた県南の干拓地の公園にも未だジョウビタキが居ましたが・・・・・、何かおかしい。

下は、そのジョウビタキですが、

Jyoubitaki182920160328l

雌鳥にしては両翼の色が黒く、雄鳥にしては顔の色が黒くない。

第一回冬羽の雄のジョウビタキでも、こんなに顔白ではない筈です。ニューハーフでもなく、一種の白色変異体でしょうか?

(撮影日:2016.03.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

雪の日のジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキ♂です。

現在帰省している岡山の実家は県西の山間部にあり、菜園の作付けの判断は「温暖地」と「寒冷地」の中間を採用します。

ということで、県北や山陰ほどでもありませんが、雪もそこそこに積もります。

先日、積雪6cmの大雪(?)となった菜園には、いつもの可愛いジョウビタキの姿がありました。

Jyoubitaki656520160119l

フェイジョアの枝先で何か小さな黒い実を食べるジョウビタキ

Jyoubitaki651420160119l

雪の付いたハナモモの枝に止まるジョウビタキ。 フォーカシング限界内の1.5mの至近に遣って来て、後すざりして撮りました。

Jyoubitaki658520160119l

赤い蕾みを付けたウメ(南高)の小枝に止まるジョウビタキ

Jyoubitaki656820160119

そしてこれは、イチジクの枝先に止まったジョウビタキ

白一面の菜園では、鮮やかなオレンジの羽色は良く目立って綺麗でした。

ジョウビタキが食べていたのは、

Jyoubitaki6540z20160119

菜園脇のサカキの実でした。

(撮影日:2016.01.19)

ジョウビタキは其処彼処に居て、しかも、撮り易く、今季撮った写真だけでも多数在庫しています。その内に特集を組むようです。coldsweats01

**********************************************************************

話は換わって、

昨日は、午前中に剪定枝の始末を終え、午後から、車で1時間の倉敷に映画を観に行きました。

題名は「LES SAISONS: シーズンズ 2万年の地球旅行」です。

野鳥は、アオガラから始まり、カケス、カササギ、カワセミ、アカゲラ、アトリ、そして、ゴシキヒワやスイスで撮ったムナジロカワガラス等。 クロヅル、ヤツガシラ、シロフクロウも。

ストーリーや笑福亭鶴瓶の大阪弁のナレーションは今一としても、野鳥をはじめとする野生動物の生き生きとした映像と、クリスタル ケイの歌うエンディングソング「Everlasting」は良かった!

映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」のサイトは下記のURLにアクセスしてみて下さい。野鳥好きには必見ですぞ。

http://gaga.ne.jp/seasons/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

河原のジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキです。

河口で探鳥をした後、川の中流域に足を伸ばしました。そこは、昨年同時期にカワアイサの群れが居たところです・・・・・が、何も居ない。暖冬の影響?

川には痩せ細った落ちアユでも居るはずですが・・・・・。 居ないのでしょうか?

これでは新機材のテストも儘なりません。

引き上げる途中で、やっとジョウビタキの雄に遇いました。

Jyoubitaki5775z20151210s

距離15m以上。500mmのズーム端。もちろん手持ちです。写真は下の写真から拡大トリミングしたものです。

Jyoubitaki577520151210

どうやら手振れ防止(VR機能)も描写性能も申し分無いようですね。

(撮影日:2015.12.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

菜園に降りてきたジョウビタキ

在庫の「創作珍鳥」も残すところ現時点での最終弾である第39弾の一種のみ。拙い「創作珍鳥」へのアクセス、ありがとうございました。

ところで、今日7日は、郷里岡山の田舎での菜園仕事(別称は百姓仕事ですが)を終えて、何も無ければ、神奈川への帰宅の途上です。

途中一泊して、大阪の緑地公園に寄り、その足で、帰省途中に寄った三重は松坂の河口で探鳥をして8日に帰宅する予定でいます。

菜園を離れる前々日。小屋脇の梅の梢で「カタカタ」と声がします。

Jyoubitaki289320151105

裏山から先日の?ジョウビタキ♂が降りて来てくれました。

隣の荒神様のの大木の天辺で、「キーキー」と鳴いて秋の到来を知らせてくれていたモズが去った後、寂しくなった菜園でしたが、

Jyoubitaki289420151105

今年も我が菜園のマスコットを演じてくれそうです。

**********************************************************************

今回の帰省中の野鳥撮影は不調に終わりましたが、海に川にと田舎の友人達が誘ってくれ、綺麗な自然と美味しい味覚を存分に味わいました。下はその一部のご報告です。

先ずは「四国多度津沖のいいだこ釣り」

Iidakotsuri049120151006

瀬戸大橋を眺めながらの「いいだこ釣り」です。同行の竿頭は350匹を釣ることも。

Iidako276520151031

食卓に並べた「いいだこの柔らか煮」です。もちろん私の手料理で、米糠と粗塩でヌルを取り、墨袋と目玉を落とし、足先も2cmほど落とします。自家製のショウガニンニクをすり込んだ酒入りの煮汁で、落し蓋をして中火で煮込みます。一匹50円から酷い時には500円にもなる高級料理です。coldsweats01

そして、県南を流れる清流河川での「シジミ捕り」

今年は多くて、幼友達との分業で、2時間で10kgの収穫でした。

Shijimi274320151031

これは私の分け前で、3日ほど砂出しをして水を切り、小袋に分けて冷凍にして使います。

極めつけは、道具を借りた幼友達の親戚で貰ったズガニでした。

Mokuzugani276320151031

甲羅の幅7cmほどの旨そうなズガニモクズガ二)でした。

Mokuzugani277920151101

さっそく蒸して食卓へ。 旨いのなんのって、頬(ほっぺた)が落ちそうでした。happy01  昔、北京で食べた上海蟹よりも旨かったのは、旬の新鮮さのせいでしょうかね。

ブドウ、それに無農薬野菜。秋は田舎が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greetings | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシカツオドリ | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカオネッタイチョウ | アカガシラカラスバト | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アナドリ | アビ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オウチュウ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオシロハラミズナギドリ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオムシクイ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガサワラノスリ | オガサワラヒヨドリ | オガサワラメジロ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オナガミズナギドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロアジサシ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライウグイス | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コシャクシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラオネッタイチョウ | シラガホオジロ | シラコバト | シロアジサシ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | シロハラミズナギドリ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チゴモズ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | チョウセンメジロ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロオウチュウ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシナガウグイス | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メグロ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 三宅島 | 下甑島 | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 奄美大島 | 小笠原 | 年賀状 | 沖縄 | 石垣・西表島 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 舳倉島 | 趣味