ホシムクドリ

2024年2月 1日 (木)

県南を探鳥して鳥種を数えたら

例年比べ鳥影が少ない今冬季ですが、先月、兵庫県は豊岡の鳥友から、一日50種を目指して探鳥している旨の報告とその結果がLINEで送られて来ました。

面白い試みに、私も県南の探鳥地で遣ってみようと、天気の晴れ間をみて実行に移しました。

先ず赴いたのが真備の大池。向かう途中の小さな溜池でオカヨシガモダイサギコサギを眺め、

大池に着くと、いつものハシビロガモオカヨシガモヒドリガモマガモの群れと少数のミコアイサホシハジロキンクロハジロ等の冬鳥とオオバンカイツブリが迎えてくれましたが、例年と比べると数が少ない。

Mikoaisa202401272233

これはミコアイサの番。

ご婦人がパン屑を与えるヒドリガモの群れの中にはアメリカヒドリの姿も無く、聞くところによると、初冬に観えたメジロガモも何処かに行っちゃったとか。

カワウの大群が憩う池端の周囲で、ジョウビタキヒヨドリをカウントしましたが、いつものツグミシロハラの姿は無し。

次に向かったのは干拓地の公園。

トビハシブトガラスの数は不変。水路のオナガガモオカヨシガモヒドリガモを確認し、ここでやっとツグミの姿を確認。モズホオジロコガモハクセキレイをカウントしてメモっていると、上空を猛禽が、

Misago202401272244

ミサゴでした。

その後、海水路に1羽のカンムリカイツブリの姿を確認して隣の干拓地を流しました。

チュウヒ狙いのCMさん達が集うポイントはパスして、葦原沿いの農道を行くと、ムクドリの大群が草地で採餌するのに見とれ、広大な畑地でやっとヒバリタゲリの姿を見付けてメモ。

いつものケリのポイントに行くと、牛舎から歩いて出て来る3羽のケリに出くわし、

Keri202401272274

ハシボソガラスに追われて草地に降り立ちました。

その後、水路でカルガモ、農道脇でスズメ、農道に出て来たキジを観ていると、電線に2、30羽のホシムクドリが止まっているのが観え、草地に降りたところをカメラで狙いました。

Hoshimukudori202401272327

これがこの日のベストショットでしょうか?

次に向かったのは干拓地の西の大きな淡水池。

マガモホシハジロの群の中で採餌する10羽ほどのツクシガモの姿を観て大喜び。

Tsukushigamo202401272351 Tsukushigamo202401272407 Aoashishigi202401272379

ここでは公園の水路にも居たアオアシシギが1羽で採餌していました。

そして次は隣接する製鉄所を挟んだ海水路。

イソヒヨドリが所々の堤防の上に顔を出し、沖の堤防の上にはカワウの大群が羽を休め、その中で1羽のセグロカモメが肩身の狭い思いをして(?)いました。

探すと、期待していたウミアイサの5羽の群れが、

Umiaisa202401272424

鳥種が少ない中では癒されますね。

最後に向かったのは山越えの小さな漁港。

上空を素通りしたハイタカアオサギをカウントした後、カモメ類を探すと、

Kamome202401272449

何と、カモメの姿が。

亜種カモメの姿を観るのは久し振りでした。

という訳で、目標とした1日50種は達成出来ず、41種に終わりました。

| | | コメント (0)

2023年1月 6日 (金)

九州撮影行/鹿児島出水編 ⑩

今日の出水の野鳥は、干拓地に居たその他の野鳥達です。

Onagagamo202212097226

ツル達の塒立ちと同時に飛び立ったオナガガモの群。

Mozu202212097870

少し期待したのですが、

Mozu202212097873

只のモズでした。

Chougenbou202212097555

これも、足爪の黒い只のチョウゲンボウ

Hoshimukudori202212097269

ホシムクドリは常連です。

Tageri202212097778

タゲリの群が飛んで水を張った調整池に、

Tsukushigamo202212097537

其処には羽を休めるツクシガモの姿が。

Kawau202212097408

これは、干拓地の中央を流れる岩下川の河口に居たカワウの群。 

今回まだ、クロヅルソデグロヅルの姿を見ていません。

| | | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

ホシムクドリの飛翔姿

今日の野鳥も、干拓地のホシムクドリです。

Hoshimukudori202112022110

飛翔姿と言っても、カラスにちょっかいを出されて電線の周りを飛び回る姿ですが、

Hoshimukudori202112022111 Hoshimukudori202112022112 Hoshimukudori202112022146

そうでもなければなかなか撮れないシーンです。(笑)

Hoshimukudori202112022188

ちょっかいを逃れて電線に戻って来ても、次の襲来を警戒しなければなりません。

話は変わりますが、

この日も、デントコーンを刈り取った畑ではナベヅル達と一緒にカラスの群が落穂を採餌中でしたが、カラス達は収穫前の枝生りのコーンの房をもぎ取って食べます。

要するに、カラスはこの干拓地では害鳥です。

よって、干拓地の一画にはこんなものが、

Karasutrap20211202n9917

カラス捕獲用の罠です。

Karasutrap20211202n9916

中に数羽のハシブトガラスが入っていました。捕らわれたカラス達はこの後どうなるのでしょうかね?

| | | コメント (0)

2021年12月 4日 (土)

干拓地には冬の使者のホシムクが

今日の野鳥はホシムクドリです。

Tageri202112021812l

いや、これはタゲリの群です。

Tageri202112021948

5、60羽の群で干拓地の畑を行ったり来たり。

空を見上げていると電線に止まったカラスの群の中に二回り以上小さな鳥が、

Hoshimukudori202112022104Hoshimukudori202112022124

ホシムクドリです!

Hoshimukudori202112022143

光を浴びて緑青色や紫紺色に輝く羽に並んだ白いハート模様が綺麗です。

下は、道路脇の畑で採餌するホシムクドリです。

Hoshimukudori202112022150

畑地では、茶色の初列風切や雨覆、それと背の色が保護色になって目立ちませんね。

Hoshimukudori202112022154

大口を開けて土の塊を起こすホシムクドリの採餌シーンです。見上げでは見えませんが、上から見た肩羽の緑色が綺麗でした。

Hoshimukudori202112022168

手前はハクセキレイ

暫し、立ち止まって久し振りのホシムクドリを観察しました。

| | | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

久し振りの出水 ⑧

今日の出水の野鳥はホシムクドリです。

荒崎の民家の外れにある栴檀の木に2、30羽の椋鳥の群の姿がありました。よく見ると全てホシムクドリ

車を路肩に止めて、陽光に輝くホシムクドリを狙いました。

Hoshimukudori201912099786

金属光沢色に輝く羽に白いハート模様が映えていました。

Hoshimukudori201912099790

これは間接頭掻きをするホシムクドリ

Hoshimukudori201912099792Hoshimukudori201912099794

黄色に熟れた栴檀の実を食べるところを撮りたかったのですが、民家の敷地内で諦めました。

西日本、特に九州で越冬する数が多いそうです。

| | | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

星椋鳥がいーっぱい!

今日の野鳥はホシムクドリです。

午後3時を廻り、鳥影の無い公園を後にして干拓地に向かいました。猛禽でも居れば儲けものです。

Hoshimukudori201811146383

干拓地の碁盤の目の様な農道を流していると、電線にホシムクが!

Hoshimukudori201811146401

待っていると、椋鳥系の鳥が集まって来ました。

Hoshimukudori201811146464

なんと、全てがホシムクドリです。(この写真は別の地点で撮影したものですが、どこでもこんな感じ。)

Hoshimukudori201811146410

Hoshimukudori201811146416

Hoshimukudori201811146418

車から降りて真下まで近付いても、一向に飛び立つ気配無し! 余り警戒心が無いようでした。

Hoshimukudori201811146457

腹打ちだからかも知れませんが、真っ白く見えませんか? 白いハート型の斑が多過ぎて、これじゃ満天の星空の様です。

大昔、短期滞在していた米国東海岸の州にもホシムクドリEuropean Starling )は普通に居ましたが、今から130年ほど前にヨーロッパから New York に移入されたものが、瞬く間に全米(含むカナダ南部、メキシコ北部)に生息域を広げたそうです。

アメリカの図鑑(Field Guide to the Birds of North America : Second Edition)には、上の様な真っ白い個体の絵に、fall (秋羽)と記されていました。

Kasaokakantaku201811140382

干拓地で猛禽を探しましたが、居たのはノスリチョウゲンボウのみ。

Kite201811146485

キャベツ畑の上で舞うのは猛禽カイト! 良く出来ている小鳥脅しです。

この日、地元の顔見知りのお二人の方にお会いしました。他府県ナンバーでうろちょろしていると目立ちますものね。

聞くと、コチョウゲンボウ♂が出ていたとのこと。

少し探しましたが見付からず、陽が落ちてきたので退散致しました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

電線に止まる黒い鳥達

今日の舳倉島の野鳥は、ミヤマガラスホシムクドリです。

秋の舳倉島から帰って来て早1ヶ月が経ちます。「まだ季節外れの野鳥シリーズを掲載するの?」とお叱りを受けそうですが、今しばらくお付合い下さい。 そうなんです。舳倉島は野鳥の話題に事欠かないんです。

舳倉島での朝の探鳥は夜明けと共に始まります。

朝食までの小一時間は民宿前の広場から東端のエリアで行います。 草叢やコンクリートの広場が探鳥のポイントですが、電線も重要なポイントです。

空抜けで、シルエットでしか確認出来ませんが、何目何科の何か?ぐらいは判別出来ます。

Miyamagarasu201710139446l

これはスズメ目カラス科ハシボソガラス

Miyamagarasu201710139444

と思いきや、近寄ってみると、何んとミヤマガラス

Miyamagarasu201710139460

堤防に降り立ったミヤマガラス達でしたが、朝食後にはもう、群の姿は見当たりませんでした。

Miyamagarasu201710139461

これは、嘴の元に黒い羽毛が生えているミヤマガラスの幼鳥です。

Hoshimukudori201710118341

そしてこれは、1羽で居たホシムクドリです。 すっかり冬羽に換羽していました。

(撮影日:2017.10.11&13)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

初めて観たホシムク50羽の群

今日の諫早湾干拓地の野鳥はホシムクドリです。

地元神奈川の鳥友から、いつになったらナベコウが出て来るの?と催促を受けましたが、今少しご辛抱を。 それほど諫早の干拓地は野鳥が豊富で、且つ、ナベコウについては泣きたくなる位の難敵だったのです。

Hoshimukudori016620161114l

電線に数珠生りの野鳥が居ました。 大きさからして只椋と思っていましたが、

Hoshimukudori016720161114l

良く観るとホシムクドリではあ~りませんか?

Hoshimukudori017520161114s

関東では、こんな光景には出会えません。

Hoshimukudori242520161115_2

翌日は、干拓地のクリーク脇の木立に集結していました。

Hoshimukudori095720161115l

Hoshimukudori173820161116

枝被りの中、この子だけ、何とか写せました。

(撮影日:2016.11.14~16)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

舳倉島の野鳥 ⑯ ホシムクドリ

舳倉島の野鳥第16弾はホシムクドリです。

舳倉島の最終日、朝方見掛けたコムクドリの群れに何時ぞや1羽の少し大きい黒っぽい鳥が紛れ込んでいました。

Hoshimukudori913820150518

夏羽のホシムクドリです。

Hoshimukudori907020150518

嘴は黄色で、冬羽に見られるハート型をした小さな白い斑はありません。

Hoshimukudori913220150518

空抜けでしたが、緑、青、紫に輝く光沢色の羽色は大変綺麗でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

ホシムクドリは LOVE BIRD?

先週末の野鳥撮影行の目的は、この初冬の珍鳥情報の一つであるホシムクドリの初撮りでした。

情報を貰っていた場所に到着し、先ず心配したのは地元の人達とトラブルがあったと聞く駐車場でした。確かに路上駐車しかなく、空き地を見つけて所有者の方に許可を請うことからスタートです。関係の無い先達の不備を詫びることから初めますが、目的を説明しても容易に承諾が貰えないのは同業者としても情けない話です。野鳥撮影者としての最低限のマナーは持ち合わせたいものです。

運良く駐車の許可を戴き、ホシムクドリの探索に廻りましたが、既に8名程のカメラマンがムクドリの群れにカメラを向けて本命の到来を待っておられる場所に遭遇し、枝被りでしたが、間も無く5羽のホシムクドリを確認できました。

その後は、近くの蓮田で越冬シギチを撮影しながら、ムクドリの群れが移動する度に確認すると言った行動を繰り返し、日没前の3時過ぎに、やっと適度な撮影距離で斜陽に照らされる個体を写真に収めることが出来ました。

表題の「ホシムクドリは LOVE BIRD?」の解釈は最後の写真で説明致します。

Hoshimukudori2149

30羽程のムクドリの群れの中に5羽のホシムクドリを見つけました。中央の3羽と上の右端、下の右奥の5羽です。枝被りで写真にはなりません。

Hoshimukudori3083

センダンの実を食べに来たムクドリの群れの中に1羽のホシムクドリが居り、空抜けですが、少しの時間、撮影に協力してくれました。

Hoshimukudori3180

Hoshimukudori_2

ホシムクドリ(星椋鳥)の命名は、全身にある白点が星に見えることに由来するそうですが、良く見ると白点は星ではなくハート型をしています。正に『LOVE BIRD』と呼ぶに相応しい羽紋であることが上の写真でお分かりになるでしょう。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼