ヒレンジャク

2018年6月18日 (月)

舳倉島の鳥(ヒレンジャク)

今日の舳倉島の野鳥は、ヒレンジャクです。

前の週にはキレンジャクも出ていたという舳倉島でしたが、民宿の前庭で、草地に来る鳥を観ていると、電線に連雀が1羽。

Hirenjyaku201805192240

ヒレンジャクです。

暫くして、グミの木のブッシュの中に降り立ちました。

Hirenjyaku201805192319s

Hirenjyaku201805192353s

何んと、グミの白い花を食べていました。

Hirenjyaku201805192357

栄養価は高いのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

我が町に来たヒレンジャク

今日の野鳥はヒレンジャクです。

レンジャクの渡来で知られた我が町のとある神社に、今年もレンジャクが入りました。今年は当たり年のようで、3年ぶりの飛来に出掛けてみました。

Hirenjyaku201802150172s

の枝に止まり、ヤドリギの種の糞を垂らすヒレンジャク。お馴染のシーンです。

先日までキレンジャクも混じっていたそうですが、この日は観えませんでした。

Hirenjyaku201802150242

Hirenjyaku201802150198

高ぁーい木の上に寄生したヤドリギの実を食べに集まって来ます。

Hirenjyaku201802150182

これは、俄仕立ての水場に降り立ったヒレンジャク。喉が渇くようで、

Hirenjyaku201802150275

近くの菜園の水溜めに降りて来て、害獣除けのネットに止まりましたが、近くて、後退りして何とか画角内に収めました。水が飲みたかったのですね?

Hirenjyaku201802150281

Hirenjyaku201802150297

喉の輪郭が薄く、下尾筒が褐色で、初列風切の白い斑と次列風切先端の色から雌の若鳥(第1回冬羽)としましたが、如何でしょうか?

下は、菜園の水溜めの周辺を飛び回るヒレンジャク

Hirenjyaku201802150305

Hirenjyaku201802150306

群で飛び回り、

Hirenjyaku201802150321

近くの木立に止まった群を数えると、9羽の群でした。

(撮影日:2018.02.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

樹液を舐めるヒレンジャク

今日の野鳥は、昨日に引き続き、1ヶ月以上も前の在庫の中からのヒレンジャク です。

キレンジャク のリベンジに赴いた湘南の山の公園の広場には、既にヒレンジャク の群れの姿はありませんでした。ヤブランの実を食べ尽くして他所へ移って行ったのでしょう。

キレンジャク の返り討ちに遭って引き揚げて来た駐車場で観たものは・・・。

なんと!抜けたはずのヒレンジャク の12羽の群れでした。

Hirenjyaku932320150318

観ていると、強剪定された植栽の切口から流れ出る樹液を舐めに遣って来たようでした。

Hirenjyaku939020150318

幹を垂れる樹液を舐めるヒレンジャク

Hirenjyaku937820150318

こんなポーズもレンジャクの特徴が出ていて良いですね。 (クリックで少し大きな写真になります。)

Hirenjyaku938420150318

綺麗な羽色をしたヒレンジャク は、雌雄ほぼ同色とのことですが、羽色には個体差があり、一番上の写真の個体のように次列風切の先端に白斑の無い個体や、一番下の写真の個体のように白斑があり、羽軸の先端部に赤い小さな斑がある個体がいるそうです。

また、初列風切羽の内弁の先端部に白線があり、畳んだ時に白い横段に見えるのが成鳥。横段が見えないのが若鳥とのこと。

併せて、尾羽の赤色の幅が広く、黒い喉の境界がはっきりしているのがオスとのことです。

よって、一番上の写真の個体は成鳥の(たぶん)オス。一番下の写真の個体はオスの若鳥でしょう。

英名を Japanese Waxwing と言うそうですが、世界的には日本を含む極東にしか居ない希少種で、Waxwing (蝋の翼)と言っても、次列風切先端の赤い小さな斑は、北半球全域に分布するキレンジャク Bohemian Waxwing ) の蝋状物質とは異なり、只の斑とか。

(撮影日:2015.03.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

湘南のヒレンジャク

今日の野鳥は、湘南の山の公園で撮ったヒレンジャク です。

キレンジャク を撮る合間に撮ったヒレンジャク とすると、少し贅沢で、罰が当たりますよね。

でも、事実そうで、ヒレンジャク には大変失礼を致しました。

Hirenjyaku804720150313s

採餌中に朽ちた丸太の上に止まってくれました。 冠羽が美しい見返りのポーズです 。

Hirenjyaku790620150313

洞に水を飲みに来たヒレンジャク

Hirenjyaku800220150313

太枝の上から実を残したヤブラン を物色中です。

Hirenjyaku806420150313

降り立ったところには余り実が残っていなく、

Hirenjyaku807820150313

探し当てたところには、

Hirenjyaku823520150313

未だこんなに実が残っていました。

観ていると、乾燥して皺くちゃになった実には見向きもせず、瑞々しい丸い実しか食べないようでした。

幸せなことに、今シーズンも、待望のヒレンジャクキレンジャク に逢えました。 これって、「緋黄こもごもの連雀に逢えた。」と言うのかな? 冗談です。

明日からまた「冬の道東の野鳥シリーズ」です。

**********************************************************************

実は今日、再度、湘南の山の公園に行って来ました。

皆様のBLOGで拝見するレンジャク の写真があまりにも素晴らしいので、リベンジに赴いたのですが、キレンジャクヒレンジャク も、昨日の午前中であらかた抜けてしまったそうで、リベンジどころか返り討ちに遭ってしまいました。

待つこと暫し、残っていた2羽のキレンジャク が何とか撮れて引き上げて来ました。

成果はいずれまたの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

ヒレンジャクの水の争奪戦

今日は、ヒレンジャクの飲み水の争奪戦、木の洞に出来た小さな水場でのバトルです。

広場のいくつかの高木の股に洞があり、雨が降れば小さな水溜りが出来るようです。その水溜りは、ヒレンジャクにとって格好の水飲み場になり、狭い洞ではいつもバトルが起こります。

広場にあった木の股の水飲み場は一羽がやっと入れる大きさで、毎回のようにバトルが生じていました。

では、そのバトルの連続写真を、

Hirenjyaku3071a

順番待ちをしていたのですが、待ちきれずに次のヒレンジャクが飛んできました。

Hirenjyaku3072a

バトルの始まりです。

Hirenjyaku3092aHirenjyaku3093aHirenjyaku3096aHirenjyaku3097aHirenjyaku3098aHirenjyaku3102a

後続は追いやられましたが、翼で払った会心の一撃のシーンをアップでどうぞ。

Hirenjyaku3097az

右の翼でパンチ? 否、昔懐かしい「空手チョップ」です。 汗でしょうか?何か飛び散っています。

やるものですねぇー

もう既にヤブランの実は食べ尽くされて、この山の公園からは移動していったのではと思います。 今期も十分に楽しませてくれました。

 

今回でヒレンジャクシリーズは終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

藪蘭の実を食べる緋連雀

今日は、ヒレンジャクの採餌シーンの写真です。

餌はもっぱら山の公園の広場に自生する藪蘭(ヤブラン)の青黒い実です。

Hirenjyaku2260a

リュウノヒゲの実の様に綺麗な色ではありませんが、黒いヤブランの実にも光沢があります。穂に数珠繋ぎの様に実が成り、この穂を見ていれば、何時までヒレンジャクがこの地に留まってくれそうか推定できるでしょう。

Hirenjyaku2400a

ヤブランの実を求めて群れが降り立ちます。

Hirenjyaku2805a

この場所にはまだまだ実が残っているようです。

Hirenjyaku2817a

穂先に残った実を求めて、ホバリングをするヒレンジャクもいました。

Hirenjyaku2832a

この場所は9割方食べ尽くされています。

Hirenjyaku2854a

”Good Shot!”・・・でしょう? 2羽が同時に実を咥えた瞬間です。

今回の群れの数は40羽弱とのこと。この分では、あと数日でヤブランの実は食べ尽くされてしまうでしょう。

また来シーズンの飛来を期待しましょう。 今度は黄色い友達も連れて来てくれます様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

桜とヒレンジャク

今週の日曜日、湘南の高台にある公園の広場では、数本の山桜が満開でした。

その広場に自生するヤブランの実を求めて、今年もヒレンジャクの群れがやって来てくれました。 そして、満開のの枝先に止まるヒレンジャクの姿を写真に収めようと、大勢の野鳥カメラマンが「桜とヒレンジャク」を狙ってやって来ていました。

そう言う私もその一人でした。

良い所に止まってくれず、枝、葉、はたまた、花被りの写真ばかりで、思うような「桜にヒレンジャク」は撮れませんでしたが、何とか収めた拙い写真をご覧ください。

Hirenjyaku2287a_2

バックが透けて、露出補正に苦労しました。

Hirenjyaku2976a

ヒレンジャクは、花の無い桜の枝にも止まり、

Hirenjyaku2808a

Hirenjyaku2933a

Hirenjyaku3159a

葉桜とヒレンジャク」になる始末。

Hirenjyaku2307a

これも良いんだけど、花が被ってる・・・・・

ヒレンジャクにとって、の枝はヤブランに降りるためのただの止まり木であって、文句の言えないなかなか難しい撮影でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

湘南のヒレンジャク

今日の野鳥は、日曜日に湘南の山の公園で撮ったヒレンジャクです。

隔年で渡来する群れの大きさに変化(の傾向)があるヒレンジャクです。昨シーズンが盛況でしたので今シーズンは期待薄かと思っていた矢先、鳥友達から飛来の情報を貰い出掛けてみました。

まだヤブランの実の残る広場に20羽ほどの群れでやって来ては、また、高木の枝に戻るという採餌のパターンを終日繰り返してくれました。

メディアの容量が無くなるほどのショット数で、木止まり(その中でも広場に咲いていた山桜の木に止まる姿も)、採餌、そして、水を求めてのバトルシーン等、存分に撮影を楽しみました。

今日は、その中で、木止まりのシーンを掲載致しましょう。

Hirenjyaku3004a

芽吹き始めた低木の幹に止まるヒレンジャク。いつ見ても綺麗な容姿です。

Hirenjyaku2202a

ツーショット。

Hirenjyaku3142a

3羽揃い組(?)。 もう1羽居たんですが。

Hirenjyaku2218a

鮮やかな羽色です。尾羽の先端の赤色部の幅が広いので雄の成鳥のようです。

ヤブランの実を狙って、群れで押し寄せるために待機組も居て、近くの低木に止まります。

Hirenjyaku3165a

Hirenjyaku3169a

Hirenjyaku2896a

時にはこんなポーズも。

採餌中に何かに怯えると一斉に奥の高木の枝に退避します。

Hirenjyaku2856a

ヤブランの実もまだ豊富に残っているのか採餌への飛来と高木への退避を頻繁に繰り返していました。

この山の公園の広場には、今が盛りと咲き誇った山桜の木があり、の枝に止まるヒレンジャクを何とかモノにしようと皆が挑戦していました。

明日は拙いヒレンジャクの写真を掲載します。

ところでこのヒレンジャク、極東の鳥で日本の固有種ではありませんが、学名、英名共に”日本”の名前が付いています。 いずれ韓国あたりから名前の変更を申し立てられるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

ヒレンジャク水場のバトル ③

今日もヒレンジャクです。 これで最後に致します。

水場のバトルの第3弾として大連続シーンを掲載します。 場所は2番ホール、ではなくて洞2です。

では、始めます。

Hirenjyaku2626_3

Hirenjyaku2628_3

Hirenjyaku2629_2

Hirenjyaku2630_2

Hirenjyaku2631_3

Hirenjyaku2632

Hirenjyaku2633

Hirenjyaku2634

Hirenjyaku2637

2羽で結託して1羽を追いやったものの、今度は結託した同志で順番取りの争いです。

えっ? 「動画にすれば良いのに?」・・・?  沢山貼り付けてごめんなさい。また何かのシーンで動画も掲載してみますが、連続のスチール写真も良いでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

ヒレンジャク水場のバトル ②

先日に続き、ヒレンジャクの水場のバトルシーン第2弾です。

狭い洞(洞2)でのバトルシーンの連続写真を掲載しましょう。

Hirenjyaku2697

Hirenjyaku2698

Hirenjyaku2699

Hirenjyaku2700

Hirenjyaku2702

「どうだい!」と、勝ち誇った様子が姿勢から見て取れます。

毎回バトルが生じるかと言うとそうでもありません。

Hirenjyaku2598

Hirenjyaku2599

Hirenjyaku2600

Hirenjyaku2607

バトルも無く、二番ホール(洞2)、チップインバーディー!」と言ったシーンもありました。

昔滞在したことのある米国東部にもレンジャクキレンジャク)が居て、英名は Cedar Waxwing といいました。 イーグル、アルバトロス等があるのなら、チップインバーディーをワックスウィングとしたらどうでしょうか。?と、冗談を言いたくなる飛び込みのシーンでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼