ハヤブサ

2019年6月 5日 (水)

舳倉島遠征(ツミ他)

今日の舳倉島の野鳥は、ツミです。

Tsumi201905111111

島の西端の松林の一角に、隠れるようにしてツミの雄鳥が止まっていました。

Tsumi201905111114

いつもなら、渡りで疲れた小鳥たちが最初にたどり着く場所です。

「風が強く、ハイタカが出て、それにツミまで居たのじゃ鳥は無理」とは同行者の愚痴。

Hayabusa201905089177

そして、灯台の横の施設の屋上には、いつものハヤブサの姿が・・・・・

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

ため池のカモ達

帰省先の岡山の田舎での菜園作業もほぼ終了し、この週末に神奈川に帰宅致します。

7月の西日本豪雨と台風24号に寄る菜園のダメージは、県南や近隣の被災に比べると、大したことはありませんでしたが、水没した農機具小屋の耕運機や草刈機の修理、水没して使えなくなった肥料や資材の処分、そして、後片付けと掃除は、この時期に行う作物の収穫、植付作業とは比べものにならないほど大変でしたが、ここで全て終了致しました。

そして、帰宅を前に、先日、被災の爪痕を残す田舎の周辺の探鳥地(MF)を廻ってみました。

Hayabusa201811216531

先ず訪れたのは、隣町のダム湖。 オシドリミヤマホオジロが出迎えてくれる筈でしたが、周辺道路の取っ付きに猛禽のハヤブサが居て物色中。で、退散。

次に訪れたのは、ヒシが繁茂するため池。 平素は、カイツブリバンオオバンと外来獣のヌートリアが生息するため池です。

Hidorigamo201811216667

何やらカモ達が集まって賑やかな一角がありました。

ここに居た冬鳥のカモ類は、

Hidorigamo201811216625l

ヒドリガモの群と、

Hoshihajiro201811216566

ホシハジロと、

Yoshigamo201811216552

一羽のヨシガモの雄鳥と、

Okayoshigamo201811216714

オカヨシガモの番でしたが、好天に恵まれコントラストが強く、写真にはなりませんでした。

このため池での収穫は、

Hidorigamo201811216743

ヒドリガモの番が同時に羽ばたきをしてくれたこのシーンでした。

そして、次は、少し南の大きなため池へ向かいました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

秋の舳倉の鳥(ハイタカ等)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、猛禽のハイタカハヤブサです。

今回、島には猛禽の姿が目立ち、バーダー達を悩ませました。

Hayabusa201810144937

灯台横の「愛らんどたわー」に止り、獲物を物色するハヤブサです。 胸の縦斑が濃い春に居た亜成鳥の同一個体でしょう。海岸の草叢で、コガモの残骸を見ましたが、彼(彼女?)の仕業に違いありません。

そして今回目立ったのは、ハイタカオオタカツミハイタカ属の猛禽でした。

Haitaka201810165566

Haitaka201810165567

特にハイタカ、3羽ほどのハイタカが、島中の彼方此方でビュンビュンと飛び回るといった状況で、都度、飛翔姿を狙ってシャッターを押しました。

Haitaka201810165573

Haitaka201810165574_2

Haitaka201810165576

Haitaka201810165579

下は、林から急に出て来たハイタカ

Haitaka201810175736

Haitaka201810175737

何とか撮れた背撃ちのショットです。

秋の渡りの時期、大量の野鳥が渡りの疲れを癒しに島に降り立って来るのを待ち伏せする。猛禽類にとっては格好の餌場なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

舳倉島の鳥(ハヤブサ他)

今日の舳倉島の野鳥は、ハヤブサとその他の猛禽類です。

Hayabusa201805169861

東端の神社脇に立つ、古い電柱の上を定位置にしていたハヤブサが居ました。

黒褐色の密で大きな胸の縦斑が異様でしたが、ハヤブサの若鳥です。

飛び立ちを狙って暫し待機することに。

Hayabusa201805169895

Hayabusa201805169896

Hayabusa201805169897

Hayabusa201805169901

飛立ちました! しかも、こちら方向に。

Hayabusa201805169902

Hayabusa201805169903

Hayabusa201805169905

最後はズームダウンも利かず、フレームアウト。 下面も真っ黒い若鳥でした。

以下は、島で観た前出のハチクマ以外のその他の猛禽類です。

Misago201805148245

ミサゴに、

Nosuri201805158929

ノスリに、

Tsumi201805181818

ツミ♂です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

ハヤブサの飛翔姿

今日の野鳥もハヤブサです。

猛禽街道」のハヤブサでしたが、オオタカの若鳥を追い払った後、また舞い戻って来て、誇らしげに目の前を飛翔してくれました。

Hayabusa201802099347

青空をバックに連写したハヤブサの勇姿をご覧下さい。

Hayabusa201802099355

Hayabusa201802099358

Hayabusa201802099359

Hayabusa201802099360

Hayabusa201802099362

Hayabusa201802099363

Hayabusa201802099364

Hayabusa201802099365

Hayabusa201802099366

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

猛禽街道の隼と大鷹

今日の野鳥はハヤブサオオタカです。

我が町と隣の町を結ぶ郊外のとある街道、この街道を勝手に「猛禽街道」と呼んでいます。これまでに、亜種チョウセンチョウゲンボウを初め、オオタカノスリハイタカチョウゲンボウはもとより、毎年、ハヤブサが居付いて狩場にしている街道です。

今季は姿を見せず、心配していた矢先、

Hayabusa201802099229

街道脇のいつもの電柱にその姿を見付けました。

Hayabusa201802099236

体色からして昨季と同じ個体の様です。

Hayabusa201802099249

Hayabusa201802099250

Hayabusa201802099263

羽繕いをして、

Hayabusa201802099283

脱糞をした後に、

Hayabusa201802099291

Hayabusa201802099298

ドバトの群の居る方向に飛んで行きましたが、狩ではないようでした。

暫く行方を追っていると、

Hayabusa201802099299

はるか遠くで、他の猛禽とバトルを始めました。

Hayabusa201802099300

Hayabusa201802099301

モニターで確認すると、相手はオオタカの若鳥のようです。

Hayabusa201802099302

Hayabusa201802099303

オオタカの退散を確認して

Hayabusa201802099306

戻って来ましたが、縄張りに侵入して来たオオタカの若を追い払ったシーンでした。

餌となるドバトムクドリスズメ等の多い街道筋ですので、今後が期待出来そうです。

(撮影日:2018.02.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

舳倉島の猛禽達

今日の舳倉島の野鳥は、ハイタカハヤブサです。

島には、渡りの小鳥達を狙う猛禽が居ました。

Haitaka201710107938

Haitaka201710107946

島に到着するや否や、出迎えてくれたのはこのハイタカでした。 これじゃ小鳥は期待出来ないか?と懸念しましたが・・・

そして、灯台にはいつものハヤブサが居て、

Hayabusa201710108010

島中を飛び回っていました。

Hayabusa201710118683

同宿となった詳しい人からお聞きしたところによると、この個体は亜種シベリアハヤブサではないかとのこと。

2個体居て、今年から亜種ハヤブサと入れ替わったとも聞きました。

下は、この春に撮った同個体と思われるハヤブサです。

Hayabusa201705175988

Hayabusa201705175992

カテゴリー欄に「シベリアハヤブサ」を追加したいのは山々ですが、私には識別不能で断念しました。

下は、白みかけた早朝、民宿の前庭で見付けたコガモの死骸です。

Kogamo20171012_060815

どうもハヤブサに遣られたようでした。

島に下りる渡り途中の野鳥は体力を消耗していて捕り易いのでしょうね。

朝食に宿に戻った際には死骸は既にありませんでした。 トビハシブトガラスが持っていったようでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

アオバトを狙うハヤブサの幼鳥

今日の野鳥はハヤブサです。

照ヶ崎に居た2時間ぐらいの間に、アオバトを狙って3度ほどハヤブサが現れました。

Hayabusa201709012286

Hayabusa201709012287

Hayabusa201709012288

身体に褐色味が残り、体下面に黒い縦斑が残る幼鳥です。

Hayabusa201709012296

アオバトに一度だけ襲い掛かりましたが、

Hayabusa201709012317

まだまだ未熟なのでしょうか?逃げられてしまいました。

海岸には食い尽くされたドバトの残骸が転がっていました。

(撮影日:2017.09.01)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

猛禽隼の飛立ち

今日の野鳥は昨日に続きハヤブサです。

ムクドリを捕食したハヤブサが食事を終えて飛立つシーンが撮れました。

Hayabusa617720161230

Hayabusa618620161230

食事を終えた後の勇ましい姿です。

Hayabusa623020161230

足と嘴に付着した羽毛を取り除き、

Hayabusa624020161230

ブルブルと羽繕いをした後、

Hayabusa626220161230

失礼ながらもこちらに尻を向けて脱糞し、

Hayabusa626620161230

飛立ちました。

以下、飛立ちの連続写真です。

Hayabusa626720161230

Hayabusa626820161230

Hayabusa627420161230

Hayabusa627620161230

Hayabusa627920161230

Hayabusa628020161230

Hayabusa628120161230

Hayabusa628620161230

この後は、街道脇のお決まりの電柱の上で暫しお休みの様でした。

(撮影日:2016.12.30)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

猛禽隼、椋鳥を捕食するの巻

今日の野鳥はハヤブサですが、タイトルに有ります様に、残酷な捕食シーンです。

よって、気持ちの悪くなる御仁は、どうかスルーして頂きたく、宜しくお願い致します。

いきなりですと問題ですので、紙面を開けるつもりで背景を少し・・・・・。

昨年末の30日、年末の掃除と正月の飾付けを終え、近くのMFに鳥撮りに出掛けました。MFに向かう途中、いつもの猛禽街道(勝手に付けた呼称です。)で、いつものハヤブサに出会いました。

車窓から見ると、電柱の上から田圃に降りたようでした。 何か捕ったのかな?

車を農道脇に止めて探すと、

(下の写真は全て、クリックで大きなサイズでご覧になれます。)

Hayabusa526920161230

冬枯れの田圃の畦道にムクドリを捕らえたハヤブサの姿がありました。

Hayabusa530220161230

暫くして食べ始めました。 こうなると警戒心が弱くなり、かなり近寄っても大丈夫。早速、近くに在住の鳥友Sさんに携帯で連絡し、距離20m程で撮影を始めました。

Hayabusa531420161230

Hayabusa532720161230

頭を引き千切って、丸呑み。

Hayabusa539320161230

Hayabusa542820161230

翼を引き千切って、これも丸呑み。

Hayabusa543620161230

Hayabusa547820161230

毟った羽毛が舞います。

Hayabusa555920161230

Hayabusa559020161230

サービス精神旺盛なのか、獲物を咥えて向きを変えてくれましたが、獲物のムクドリには既に頭も両翼も付いていません。

Hayabusa571520161230

Hayabusa579820161230

むしゃむしゃと一心に食べ、

Hayabusa581720161230

内臓もこの調子。

Hayabusa583320161230

一応周囲を警戒して、

Hayabusa601720161230

大きな塊で肉片を飲み込みます。

Hayabusa612920161230

残りの皮も羽毛を付けたまま引き千切って丸呑みです。

Hayabusa615220161230

ここらでやっと鳥友Sさんも間に合って、

Hayabusa616120161230

食事の最後を撮影出来たのでした。

Hayabusa617120161230

食事を終えて場所を離れるハヤブサ

この間、約30分。

飛び去った後の現場検証では、残るのは羽毛のみで、小さな肉片、骨片さえも一切残されては居ませんでした。

ムクドリには残酷でしたが、これが自然界の掟、食物連鎖の仕組みなのです。

餌食となった可哀相なムクドリに合掌。

(撮影日:2016.12.30)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼